#백퍼센트(전예슬 기자)
#100%(ジョン・イェスル記者)

「100%は、第一印象から最後の姿まで記憶から忘れられないようです。
単独で進行したインタビューだったので、少しゆったりとした雰囲気の中で続けることができたから。
特にすべてのインタビューが終了し、最後の挨拶を交わした後、ほとんどの人は席を離れがちですが、
メンバーのヒョクジンは静かに近づいてきて、名刺を要請しました。
(通常はインタビューがはじまる前に記者が名刺を渡しますが、
メンバーの数が多いグループの場合、渡さない時があります。)
インタビューを進めた人を記憶しようとするものでした。
あわつぶの記憶に残るインタビューであり、グループであり、メンバーでした。」

記事ソース



おすすめの記事