FC2ブログ

Peachy!!

100%(백퍼센트)の記録♡ For all Perfection

記事 「ザ・ユニット」'イジョンハ、足の負傷にもかかわらず闘魂…少年たちの濃い友情  

180115

[スポーツ朝鮮ドットコム]「ザ・ユニット」イジョンハのステージに向けた炎闘魂は、彼と共にしようとする「緑ピカーナ」のチームメンバーの配慮、競争で咲いた少年たちの友情が、じーんとした感動をプレゼントした。

02018011601001114800080181.jpg
002018011601001114800080181.jpg

先週放送された「ザ・ユニット」21、22回では、「ユニットB」新曲音源発売ミッションで優勝を勝ち取ろうとする参加者の熾烈な接戦が繰り広げられた中で、「僕のもの」を披露した「緑ピカーナ」チームの粘っこいチームワークが視聴者たちの胸に深く食い込んだ。

先立ってイジョンハは、第3セルフプロデュースのミッションステージで、足に怪我をおい、このことは今後の課題挑戦にも大きな影響を及ぼす事項だったはず。
これに対しイジョンハは、ロッキョンの選択で「緑ピカーナ」チームになっても、たやすく出ることができず、切なさを加えた。

続いて、練習中のチームメンバーに、自分の状態を素直に打ち明けるイジョンハの勇気に満ちた子供な行動がまた一度胸を鳴らした。
「足を怪我したといって、僕が逃げることは兄さんたちにも見せたくなかった」としながらも、ステージに上がったり、あるいは立つことができなくても関係ないから、チームの一員としていたい。」と本気を涙で吐露したもの。

イジョンハにロッキョンは、
「話をしてくれて本当にありがとう。1人でそんなに苦労しなくていいよ。兄さんがおまえを選んだんだ。足を怪我をしたことは全く気にしなかったよ。」と唯一精神的苦労が激しいイジョンハをなだめて、リーダーらしい面貌を見せてくれた。

虚心坦懐な告白の末に、お互いの本音を誰よりさらによく知るようになった「緑ピカーナ」チームのステージの準備はよどみなく進行された。チームメンバーがイジョンハが疎外されないで、引き立って見えるように意見を提示すれば、イジョンハもステージ演出の考えを加えて、積極的に参加した。

引き続き、お互いをかばって描いて出て行った「僕のもの」は、観客の前で華やかに完成した。中毒性のあるリフレーンとポイント振り付けに、早目に国民フックソング登板を予感させていただけに、「緑ピカーナ」の「내꺼 僕のもの」のステージは、彼らの才気はつらつとした演出と交わって、見て楽しさ、聴く楽しみを最高潮に引き上げた。

このように、自分の身体的限界にもかかわらず、絶対あきらめなかったイジョンハと、またそんな彼を最後まで信じたチームメンバーがあったので、「내꺼 僕のもの」のステージは、さらに深い意味を持つようになった。
今回のミッションを通じて、さらに一寸成長した「緑ピカーナ」の将来にもきらびやかな光がいっぱいになることを望むユニットメーカーの応援があふれている。

KBSアイドル再起動プロジェクト「ザ・ユニット」は、毎週土曜日の夜10時45分放送され、ティモンで進行中の3次国民ユニット投票は25日(木)まで参加することができる。

記事ソース

関連記事

[edit]

category: ★THE Unit

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  더유닛  theunit  록현 
tb: --   cm: --

カテゴリ

検索フォーム

軍隊情報

最新記事

リンク

カレンダー

News!!

翻訳(Translation)번역

100%の韓国デビューから

Birthday

QRコード

全記事表示リンク