FC2ブログ

Peachy!!

100%(백퍼센트)の記録♡ For all Perfection

記事 "音楽放送リハーサル、気力戦がある...僕たちは高音で勝負"  

[XPインタビュー②】100%"音楽放送リハーサル、気力戦がある...僕たちは高音で勝負"

1487780179988697.jpg

グループ100%が4ヶ月ぶりに新曲'どこにいるの'で帰ってきた。
相変らず見せてくれることも、見せてあげたいものも多い100%は
今回の活動でファンたちには新しい姿を、大衆にはチームの名前を
確実に知らせるという目標をたてた。

100%は去る22日、4回目ミニアルバム'スケッチブック'を発表して活動に乗り出した。
タイトル曲'どこにいるの'をはじめとして収録された5曲は愛のはじまりと別れ、
その後まで、男の心の中で保管された彼女に対する話を盛り込んだ。

100%に各自好きな曲を聞いてみたら、まるで謀られたように
「タイトル曲'어디 있니(どこにいるの)'が最も良い」と異口同音に答えた。
タイトル曲を除けば、メンバーたちはそれぞれ違った曲を選択した。

ロッキョン「'夢占い'を録音しながら愛情が混ざる感じでした。
録音が終わっても楽しく探しています」

ヒョクジン「'昨日の私に会う'という本当に苦労して出てきた曲です。
何度も録音したのをやり直して、またやり直しました。
そのため、もっと愛着があります。」

ミヌ「'ゴージャス(Gorgeous)'は遊ぶ男の感じで、1度してみたかったコンセプトの曲です。
いつか1度このような曲で活動をしてみたいです。」

ジョンファン「ガイドを聞いた時から'夢占い'が本当に良かったです。
歌詞を合わせてからも最も良いようです。」

チャニョン「'ある日'のいきいきとした、幼い少年の告白感性を好きです。
高校生であるロッキョンの妹もこの歌が最も好きだといいましたよ。」

1487780260563743.jpg

高音には鍛練されているという100%だが、音楽放送の朝リハーサルは依然として手にあまる。
特に、前の出演陣がインイヤーを差し込み、歌を聞くとさらに気になる。

ロッキョン「一緒に歌を歌ってステージする人々であるから、
実際にアイドル グループの間に競争は必要だと思うんですよ。
そのせいか、朝のリハーサルの時、もっと上手くやろうと努力します。」として、
はにかむように勝負欲を表わした。 ライバルは誰かとたずねると、すぐに、
「前のチームと後のチーム」と冗談を言って笑いを誘った。

ミヌは「僕たちだけが感じることもありますが、
朝のリハーサルの時、お互いに気力の戦いがあります。
ダンスだったら余計にパワフルに踊って、高音もずっと上げるほうだ」としながら、
「僕たち同士の誇りならば、僕たちはMRを多く敷かないで、
ほとんどライブで勝負するということでしょう」と胸いっぱいに表わした。

デビュー5年目、同居同楽していたメンバーが脱退し、紆余曲折を経て、
長い空白期を持っていた100%。 まだ連絡を取り合うのかとたずねると
「たまにしてます。オンラインゲームでも会って一緒に楽しんでます」と
クールな回答を示した。

現在一緒にしているメンバーに一言を残してほしいと言うと、
手足が縮みあがるような表情をしていた100%は、
それでも勇気を出して、お互いに対する気持ちを告白しはじめた。

ミヌ「本当の家族だと思います。
空白期を過ぎてから、僕たち同士粘っこくなった感じがはるかに大きくなって、
本当にありがたいし、愛しています。
急いで過度な欲を出さなくても、ゆっくりと歩いて一緒に行きたいです。」

チャニョン「大変な時期もありましたが、あきらめずに一緒にできるということが、
本当にありがとうございます。」

ヒョクジン「終わりが分からないほど継続して家族でいたいです。
もっと几帳面な性格の末っ子がなりますね。」

ロッキョン「今新たなスタートを迎えたから、新しいことがたくさんできたらいいですね。
大変なことも嬉しいものでも、過去はみな忘れて新しくはじめたいです。」

ジョンファン「今のように楽しく活動したらいいですね。
良い成績も重要ですが、楽しくすることがもっと重要なようです。」


最後に、ファンに言いたいことをお願いすると、100%はより真剣な眼差しで言葉を選んだ。
最大限、前のメンバーが言った言葉と重複をしないように慎重な姿を見せた。

ロッキョン「僕たちがアルバムを出せば、ファンは「また1年後にくるだろう」といつも考えましたが、
今回は4ヶ月ぶりに出てくるようになってサプライズだったようです。
ステージでも驚くほどの姿を見せてあげたいし、
今回の活動では必ず良いニュースをプレゼントしたいです。」

ミヌ「1つずつ一緒に思い出を作るという感じで、焦らないで一緒に歩いていったらいいですね。
僕たちを信じてついてきてほしいです。」

ヒョクジン「問題も多く、空白期も長く、順調ではないのに、
僕たちのそばに残ってくれて見守ってくれて、本当にありがとうございました。
他に素敵な歌手の方々が多いですが、僕たちのそばに残ってくださって本当に感謝して、
今回のアルバムも楽しくしてみましょう。愛しています。」

ジョンファン「いつも感謝の気持ちが大きいです。
「チドカゲ」は強烈なコンセプトでしたが、今回は暖かいんですよ。
もっと暖かい感じで花冷えの寒さに勝ったらいいですね。」

チャニョン「2017年の開始を早くできることに感謝して、ファンたちと思い出を作るという考えです。
これからもファンの方々が僕たちを好んで下さるように、僕たちも良い姿をたくさんお見せします。」


記事ソース
関連記事

[edit]

category: ★100%記事

tag: 100%  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン  ジョンファン  ミヌ  백퍼센트 
tb: --   cm: --

カテゴリ

検索フォーム

軍隊情報

最新記事

リンク

カレンダー

News!!

翻訳(Translation)번역

100%の韓国デビューから

Birthday

QRコード

全記事表示リンク