OSEN
100%、日本コンサートで故ミヌ追悼.. "いつもそばにいます"


img_l (1)
img_l (2)
img_l (3)
img_l.jpg
グループ100%が日本で行われたコンサートで故ミヌを追悼した。

この21日と30日100%は、日本の東京と大阪で春のコンサート「100%スプリングコンサート2018 - ブロッサム」を開催して、ファンと一緒にリーダー故ミヌを追悼する時間を持った。

今回の公演で100%は故ミヌを追悼する時間を別途用意した。追悼のステージに先立ち、ヒョクジンは「今は4人ですが、ミヌと一緒にコンサートをすると思ってくれたらうれしい。このステージ上にはマイクが5つあります」と話した。またチャニョンは、「この場にいるみなさんと一緒にこれを見ながら歌いたい」と次のステージを説明、ロッキョンは「僕たちとみなさん、そしてミヌの思い出です。」と付け加えた。
続いて、VCR映像を通じて、故ミヌの映像とメッセージが流れ出ると同時に、100%のメンバーは追悼曲として、日本での2枚目のシングル収録曲である「Monochrome(モノクローム)」を歌って、故ミヌに対する懐かしさを表した。ステージを終えた100%のメンバーは、「ミヌはいつもそばにいます」とファンの心をなぐさめた。

また100%のメンバー全員で、故ミヌのソロ曲予定だった「Cherry」のステージを繰り広げた。ロッキョンは「Cherryは元々ミヌが準備した曲でしたが、みんなで歌うことに決めて、みなさんに披露することになりました」と説明した。

100%は最後の曲で、日本の3枚目のシングルアルバムの収録曲「ナガレボシ」を披露して雰囲気を転換させた。歌を歌いながらステージの下に降りてきてファンサービスをして、明るい姿を見せるなどして、悲しみに沈んだファンの心をなぐさめ、明るい雰囲気の中で公演を終えた。

100%はこの21日と30日、日本の東京、大阪などで春のコンサート「100%スプリングコンサート2018 - ブロッサム」を盛況のうちに終えた。

記事ソース

※1200-800できれいな画像です。クリック拡大してから保存するときれいです。



スポンサーリンク
pick up