FC2ブログ

Peachy!!

100%(백퍼센트)の記録♡ For all Perfection

【個別インタビュー】100% 「笑いのツボ・食の好みも同じ」チームワークの良さで飛躍目指す  

KOREPO
【個別インタビュー】充電完了 「100%」が日本デビュー! 
「笑いのツボ・食の好みも同じ」チームワークの良さで飛躍目指す

hyakupa-m2.jpg
hyakupa-m.jpg
「100%」左からジョンファン、チャンヨン、ミヌ、ヒョクジン、ロクヒョン

「100%の努力と100%のチームワークにより完成された、
ミヌ、ロクヒョン、ジョンファン、チャンヨン、ヒョクジンの5人からなる
ボーイズグループ「100%」(ヒャクパーセント)が、1月25日(水)にリリースされる
Japan Debut Single「How to cry」で待望の日本デビュー! 

デビュー曲「How to cry」は日本の作曲家・SHOWが手掛けたオリジナル楽曲で、
たった一つの嘘が招いた男の悲哀をパワフルなビートに乗せたダンスナンバー。
彼らの特徴である、一糸乱れぬパフォーマンスは必見だ。
また、収録曲には日本のダンス&ボーカルグループの楽曲も数多く手掛けているMitsu.Jも参加するなど、
全て日本オリジナル楽曲で構成されている。

「100%」、個別インタビュー

 2014年7月に韓国で発表した「100% Cool Summer Album“SUNKISS”」以降、
約2年間の充電期間を経て、昨年10月に「Time Leap」で活動を再開させた彼らが、
ついに日本でも新たな幕開けを飾る! 

 1月14日(土)からリリースイベントをスタートさせ、
日本各地でプロモーションを展開している彼らに、デビューを控えた心境から、
デビュー曲「How to cry」の注目ポイント、MV撮影秘話、今後の目標までさまざまな話を聞いた。


―まずは自己紹介と、それぞれチャームポイントを教えてください。

ロクヒョン:こんにちは。ボーカル、ロクヒョンです。
優しくて、よく笑う明るい性格で、笑顔が可愛いです。あと、歌うことが大好きです。

ミヌ:こんにちは。リーダー、ミヌです。ポジティブな性格で、いつもハイテンションです。
それを面倒くさがるメンバーもいるんですけど。(笑)
そして、頭の回転が速いです。顔は全体的な組み合わせが素晴らしいと思います(笑)。

ジョンファン:こんにちは。ボーカル、ジョンファンです。声がすごく柔らかいです。
それと、目の大きさが左右違うんですが、特に左目が可愛いです。泣きぼくろも2つあります(笑)。

チャンヨン:こんにちは。ラップを担当しているチャンヨンです。エクボがキレイです。
それと目が魅力的だと思います。

ヒョクジン:こんにちは。ボーカル、ヒョクジンです。僕も目がキレイです(笑)。

―ミヌさんがハイテンションになると、面倒くさがるメンバーがいるとおっしゃいましたが、
誰が一番面倒くさがるんですか? 


ミヌ:毎回違いますね。僕はメンバーのコンディションに関係なく、いつもからかっているんです。
たぶん、ロクヒョンが一番疲れていると思いますね(笑)。

―ロクヒョンさんから見て、ミヌさんはどんな人ですか? 面倒くさいですか? 

ロクヒョン:いいえ。温かくて、面白い人です! 

ミヌ:僕はもともと孤独な人なんです(笑)

ロクヒョン:そうらしいです。ハハハ

ジョンファン:さっき、(ミヌが)頭の回転が速いって言ったじゃないですか。
話がとても上手で、リリースイベントでも、いつもトークをリードしてくれますね。

―では、それぞれ100%自信のあることを教えてください。

ロクヒョン:歌、笑顔、愛嬌。掃除も自信があります! それから、水泳。
スピードは自信がないんですけど、フォームはすごくいいと思います。

ミヌ:好きなことにおいては、簡単に諦めないです。だから、周りから諦めろと言われても、
自分が信じたものは最後まで諦めず、やり抜く自信があります。

ジョンファン:柔らかい声と、早くシャワーを浴びることです。

チャンヨン:瞬間的に暗記することと、作詞です。

ヒョクジン:演歌、トロットですね。あと、可愛いポーズ(笑)。

―座右の銘は? 

ロクヒョン:「最後のパズルまで合わせよう」。
周りから、根性があると言われるんですが、何事も最後までやり遂げるタイプです。

ミヌ:「自分に勝とう」。面倒くさくて、疲れて、諦めたくなっても、
それに打ち勝たなきゃいけないと思っています。

ジョンファン:「今を生きろ」

チャンヨン:「流れるままに」

ヒョクジン:「やらなくて後悔するより、やって後悔したほうがいい」。
人間は、後悔する生き物だから(笑)。

―「100%」の皆さんは、
「100%の努力と100%のチームワークにより完成された5人からなるグループ」ということですが、
いままで努力してきた中で、大変だったことは何ですか? 


チャンヨン:デビュー前、ダンスの動きを一つずつ合わせていくことです。
視線から、手の角度、体の角度などを全員で合わせるのが大変でした。
でもその訓練があったからこそ、いまの「100%」になったんだと思います。

ミヌ:あと、これはチームワークにつながると思うんですが、一緒に耐えてきたということですね。
充電期間とか、デビューに向けて一緒に走ってきた時間とか、
力を合わせて頑張らないといけない時間が多かったんですが、
それを一緒に乗り越えてきたから、グループの絆がよりいっそう深まったんじゃないかと思います。

―大変な時期は、やはりリーダーのミヌさんが中心となって、まとめてきたんですか? 

チャンヨン:そうですね。リーダーが「頑張ろう」とメンバーを鼓舞してくれたので、
再始動できたんじゃないかなと思います。

ミヌ:僕は軍隊に行ってきたんですが、その間のブランクがとても長くて、
メンバーたちにとっては、待つだけのつらい時間だったと思うんです。
僕は、誰よりもメンバーたちが上手くやれるし、努力しているということを知っていたんですが、
あまりにも充電期間が長かったので、メンバーたちがすごく疲れていたんですよ。
だから、軍隊から戻ってきたとき、「もう1回頑張ろう」というようなことを言ったと思います。

―チームワークの良さを感じるのはどんなときですか? 

ロクヒョン:笑いのツボが同じとか、食事のメニューを決めるときとか、
どこかに行くとき、みんなの意見が同じで、パッと決められるので、そういう瞬間瞬間に感じます。

チャンヨン:普段も仲が良いんですが、アルバムを出すたびにチームワークが良くなっていくなと感じます。
たくさん練習をしなきゃいけないので、みんなが集中して、心を一つにして頑張ろうという気持ちになりますね。

―メンバー同士、SNSでグループチャットなどをしていたりするんですか? 

一同:ハイ! 

ミヌ:本当にうるさいです(笑)

ロクヒョン:いつも一緒にいるんですが、たまに離れるときもあるじゃないですか。
僕がグループチャットを確認するのが、いつもみんなより遅いんですが、
もう読めないぐらいなんです。300通ぐらいやり取りがあるんで。

―300通って、何分でそんな数になるんですか? 

ミヌ:たくさん話すときは20分ぐらいで? 
実はさっきも来る途中、僕がメッセージを入れたんですが、同じ空間にいるときとか、
練習室で一緒に練習しているときも、グループチャットでふざけ合ったりしています。
だから、一緒にいてもそれぐらいだから、各自、実家に帰るときは、グループチャットが爆発しますね(笑)。

―誰が一番メッセージを送るんですか? 

(全員がミヌを指す)
チャンヨン:(ミヌを指して)1番、(ジョンファンを指して)2番。

ロクヒョン:(ミヌとジョンファンの)2人が多いですね。
あと、ヘン顔とかヘンな写真を連続で送ってくるのがチャンヨン。

ミヌ:こっそりメンバーのことを撮っているんですよ。
だから、もしチャンヨンが携帯電話を失くしたら、大変なことになると思います(笑)。

―グループチャットも習慣化しているようですが、
それぞれこれだけは欠かさな いという毎日の習慣はありますか?

 
ロクヒョン:整理整頓ですね。自分がいたところは、キレイにします。
それと、常にボディローションを塗っています。

ミヌ:ストレッチです。いつからか、ケアしなきゃいけないなと気になるようになって、
寝る前にベッドで顔もストレッチするし、起きてからもストレッチしますね。

ジョンファン:ゲームです。

チャンヨン:僕も携帯ゲームです。

ヒョクジン:僕は気付けば、のどを開いて、発声練習をしています。

ジョンファン:うわ~、カッコいい! 

―1月25日(水)「How to cry」で日本正式デビューおめでとうございます! 

一同:ありがとうございます! 

―いまの心境はいかがですか? 

ロクヒョン:まだ実感がわかないです。初めてのことなので。
でも、池袋サンシャインシティでのリリースイベントで、
初めてMVがLEDビジョンで流れたんですが、不思議な感じでした。

ミヌ:ここに来るとき、車の中で初めてCDのパッケージを見たんですが、
“あぁ~、僕たちデビューするんだなぁ”と。

ヒョクジン:僕もそうです。CDのパッケージを見て、デビューすることを実感しました。

―パワフルなビートのダンスナンバー「How to cry」がデビュー曲となりましたが。

ミヌ:僕たちの強みは、激しいダンスを踊りながらも、安定した高音、
パワフルなパフォーマンスをお見せすることだと思っています。
そういう僕たちの魅力をアピールするのに、ぴったりな曲です。

―キレイなフォーメーションダンスも目を引きますが、
ファンも一緒にできるダンスがあれば教えてください。


ミヌ:サビの「Tell me how to cry」での手の動きですね。
涙がキラキラ、みたいな感じで、可愛く見えると思います。

―「How to cry」のMVはどんなコンセプトで撮影されたんですか? 

ミヌ:別れた彼女との思い出を振り返りながら、懐かしさ、切なさを表現しているんですが、
メンバーごとにストーリーがあるので、そのテーマにそってそれぞれ撮影しました。

―撮影エピソードがあれば教えてください。

ロクヒョン:僕は大きな水たまりの真ん中に立つシーンだったんですけど、
そこまで水に入って行かなきゃいけないのかなと思っていたら、
監督さんがおんぶをして、連れて行ってくださったんです(笑)。
そこまではよかったんですが、一人になって、そこから動くこともできず、ちょっと怖かったです。
でも、すごく面白い経験でした。

ヒョクジン:僕は指輪を見つめて、投げるシーンだったんですけど、
その指輪が僕の指のサイズに合っていなくて、親指にはめても大きかったんですよ。
だから、不自然に見えないよう、角度を工夫して、指にはめて撮影しました。

ミヌ:メンバーそれぞれ、別れた彼女との思い出の品を捨てたり、
壊したりするシーンだったんですけど、(ヒョクジンは)指輪、(チャンヨンは)ベッド、
(ジョンファンは)時計、僕は手紙、(ロクヒョンは)水だったんで…。

ロクヒョン:水じゃなくて、写真! 僕のは、写真を水に捨てるというシーン。

ミヌ:えっ!? てっきり、水だから彼女が…

ロクヒョン:水の中で死んだと? 

ヒョクジン:人魚だね(笑)

ミヌ:そうなんだ~。勘違いしていました。
なんで、水たまりの真ん中で、立っているんだろうと思っていました(笑)

チャンヨン:僕は、エピソードまではないんですけど、普段ベッドで寝転がるのが好きなんですよ。
だから、今回ベッドで寝て、起き上がるシーンを撮影したんですが、
ずっとそこで寝ていたいと思うぐらい気持ち良かったです。

ロクヒョン:その気持ち、分かる気がします。
その日、チャンヨンの次が僕の撮影で、チャンヨンのモニタリングをしていたんですけど、
心地よい日差しと風を浴びながら、チャンヨンのコートの襟にはファーも付いていたので、
すごく気持ち良かったと思いますよ。

ジョンファン:僕は石で時計を壊すシーンだったんですけど、ストレスが解消できました(笑)
何かを壊すというのが初めてだったので、スカッとする感じがありました。

―「How to cry」はひとつの嘘が招いた男の悲哀をつづった歌詞ということですが、
メンバーの皆さんの中で、嘘が上手なのは誰ですか? 


一同:ミヌ兄さん! 

ミヌ:いつ!? 

ロクヒョン:いつも、いつも! 

ミヌ:(驚いたように)そんなこと言われるなんて、屈辱的です。

ロクヒョン:(ミヌは)人を騙すことに楽しさを感じるタイプです。

チャンヨン:嘘よりも、演技に近い感じですね。

ミヌ:あ~、もともと「100%」が結成される前、俳優としてデビューしていたので、
いつも演技の練習をしているんです(笑)

ロクヒョン:嘘です! 

一同:(大爆笑)

―今回のデビューシングルは、
ほかの収録曲もすべて日本オリジナル楽曲ということですが、歌ってみていかがでしたか? 


ロクヒョン:「つ」の発音が難しかったです。

ヒョクジン:僕のパートで「笑い続けてる」という歌詞があるんですが、いまでも発音が大変です。

ミヌ:でも、日本語と韓国語の文法はそれほど違わないので、歌詞をもらったときに、
韓国語訳もあったんですけど、感情の流れとかも似ているので、
ほかの言語よりは表現しやすかったです。

チャンヨン:僕はラップなので、発音もそうだし、言葉数も多かったので、
最初は練習するのに大変でした。歌詞の意味を考えるというより、
まず日本語を口になじませないといけなかったので、それに苦労しましたが、いまはパーフェクトです! 

一同:お~。

チャンヨン:…(パーフェクトというのは)嘘です(笑)

―でも、すでにリリースイベントなどでも披露してきたので、
だいぶ慣れてきたんじゃないですか? 


ロクヒョン:そうですね。収録曲も含め、だいぶ歌い慣れてきました。

―そして、22日(日)大阪、29日(日)東京でショーケースも開催されますね。

ミヌ:僕たちがどういう部分を日本でアピールしたいのか、
今回のデビューシングルを聴いてもらえれば分かると思うんですが、
そういう自分たちのカラーを最大限見せられるシングルを引っさげたショーケースになるので、
「100%」の魅力を存分にお見せできるステージを準備中です。
だから、ショーケースに来てくださった方々に、
「100%」ってこういうグループなんだなって分かってもらえるような、
目と耳を魅了できるステージをお見せしたいと思っています。

―日本での活動が本格的に始まりましたが、今後の目標を教えてください。

ミヌ:いつも言っているんですが、東京ドームでコンサートをすることです! 
で、そこでこれを言ってみたいです。「アリーナ、1階も2階も盛り上がってる~? 」

ロクヒョン:それをぜひ言いたいんですって。ハハハ

ミヌ:映像を見て、コレだなって思いました(笑)

ヒョクジン:あと、僕たちの曲がオリコンチャートにランクインすること! 

ロクヒョン:それから、渋谷のスクランブル交差点の周りに、
僕たちの大きい写真が飾られたらいいなと思います。

ヒョクジン:それも一番大きいところに飾られたら、うれしいですね。

チャンヨン:僕は今回の収録曲に「snow」という曲があるんですが、
映画やドラマにタイアップされたらいいなと思います。

―日本の活動で、挑戦したいことはありますか? 

ロクヒョン:日本語をもっと勉強して、日本の番組に出たいです! 

ミヌ:僕は木村拓哉さんが好きなので、ドラマで共演できたらうれしいですね。

―木村さんとはどういう関係性の役で共演されたいんですか? 

ミヌ:木村さんが主人公だから…。

ヒョクジン:木村さんの友達! 

ロクヒョン:違うよ。ヒロインを奪い合う三角関係! 

ヒロインが最後に2人のどちらかを選択しなければいけないという設定で。

ミヌ:お~(ロクヒョンとハイタッチ)。木村さんも好きですが、西島秀俊さんとも共演したいですね。

ヒョクジン:ヒロインは? 

ミヌ:竹内結子さん! 

ヒョクジン:もう自分でドラマを制作すれば? (笑)

ミヌ:木村拓哉さん、西島秀俊さん、竹内結子さん、そして…。

一同:ソ・ミヌ! ハハハ。

―ミヌさんのほかに、演技に挑戦してみたいというメンバーの方は? 

チャンヨン:僕、やりたいです! 
最近、亀梨和也さん主演のドラマ「怪盗 山猫」を見たんですけど、
ああいうクレイジーな役をやってみたいです。ヒロインは広瀬すずさんで(笑)。

―最後、ファンにメッセージをお願いします。

ミヌ:「100%」がいよいよ日本で、正式デビューします! 
カッコよく、さまざまな姿をお見せしようと頑張っていますので、ぜひたくさん応援してください! 


 全員がニコニコ、笑顔が絶えない、和気あいあいとした雰囲気を漂わせ、
SNSでのグループチャットのエピソード一つをとってもそうだし、「座右の銘」を聞いたとき、
ミヌとロクヒョンは間髪入れずに答えたが、残りの3人がしばらく考え込んでしまうと、
「ないの? 」とからかって場を和やかにするなど、仲の良さが随所ににじみ出ていた「100%」。

しっかり充電を完了させ、自分たちの魅力を最大限表現できるというデビュー曲
「How to cry」を引っさげ、日本での活動にも夢を膨らませる彼らから目が離せない! 

hyakupa-6.jpg
hyakupa-5.jpg
hyakupa-92.jpg
hyakupa-9.jpg
hyakupa-1.jpg
hyakupa-2.jpg
hyakupa-3.jpg
hyakupa-4.jpg
hyakupa-7.jpg
hyakupa-8.jpg

記事ソース

関連記事

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ 
tb: --   cm: --

カテゴリ

検索フォーム

軍隊情報

最新記事

リンク

カレンダー

News!!

翻訳(Translation)번역

100%の韓国デビューから

Birthday

QRコード

全記事表示リンク