FC2ブログ

Peachy!!

100%(백퍼센트)の記録♡ For all Perfection

記事 100%"高音のタイトル曲戦略、通じたでしょうか"(インタビュー)  

100%"高音のタイトル曲戦略、通じたでしょうか"(インタビュー)
170223 (6)

アイドルグループ100%(チャニョン、ジョンファン、ロッキョン、ミヌ、ヒョクジン)は、
去る22日に発表した新しいミニアルバム「スケッチブック」のタイトル曲
'어디 있니(どこにいるの)'を掲げ、活動を再開した。 空白期間は思ったより長かった。
5人組の再編以後、準備期間も長くなり、活動を中断することになった100%は(※1)
今回のアルバムに対する特別な心構えを持っていた。

戦略も新しく練り直した。
ボーイズグループのステージで難なく見ることができるパワフルなパフォーマンスの代わりに、
スタンディングマイクを立てて、ボーカルに集中する差別化を試みた。
音楽放送のステージでも100%のステージは雰囲気の転換においては、なかなか良い効果をかもし出した。

さらにタイトル曲'어디 있니(どこにいるの)'には、
簡単に消化するのが難しい高音パートが含まれている。
チームのボーカルラインであるロッキョンとヒョクジンが高音パートを引き受けて、サビの部分を消化して
'어디 있니(どこにいるの)'の中心軸として存在感を示した。
去る23日エムネット'MCOUNTDOWN'ステージを皮切りに
'어디 있니(どこにいるの)'活動をはじめた100%は
「僕たちの戦略はうまく通じましたか?」とたずねて、反応に対して知りたい姿を見せた。

'어디 있니(どこにいるの)'は、ある1人の男の愛とせつない別れ、
そして恋人を忘れることができない懐かしさなどの感情を入れたミディアムテンポの曲だ。
100%はここに高音まで加えて、歌詞の内容に含まれた感性を最大化した。

100%は今回の新曲について「以前のアルバムにも高音パートがありましたが、
今回はもう少しアップグレードされたと思ってもらったらいいでしょう」として、
「高音パートからの僕たちの声がより濃い訴える力で聞こえると思います」と話した。

「100%だけの強みが何であるかについてたくさん考えてみました。
周りでも僕たちが贈る高音パートを奇跡的に見ていただいたんですよ。
だからより一層期待をたくさんして下さいました。もちろん高音だけに固執するのはないです。
ただし、以前の活動で贈った振り付けを極力減らして、歌だけで勝負しようとしました。」(ミヌ)

「高音を毎回ライブで消化するのは正直なところ負担に思いますが、練習するほど、心はより楽になるようです。
今はライブステージ自体に対する負担はないほうです。」(ヒョクジン)

メンバーミヌは「高音パートを聞いた後、ファンたちが僕たちの喉の調子を心配してくれる」
と笑って、「梨の果汁や桔梗の根を宅配便で送ってくれて、ありがたくてよく食べました」と語った。

2017022814345893956_2_99_20170228151810.jpg

2012年デビューした100%ももう活動して5年を超えた。
7人組で結成、野心的な活動をはじめた100%は
以後メンバー脱退とメンバーミヌの軍入隊などでチーム再編という変化を迎え、
しばらく活動を中断しなければならなかった。
2年以上の期間は100%に多くの意味を伝えるようにしてくれた時間だった。

「デビュー当時の口数もあまりなく、緊張した状況で活動を続けていた時期はだいぶ過ぎさった感じですね。
今はメンバーみんなおしゃべりになるほど、相当親しくなりました。
2人のメンバーがチームを去りましたが、さみしさが大きくは感じられません。」

リーダーミヌの特別な芸能界経歴に対する疑問も加えた。
事実、歌手活動をする以前に、俳優として芸能界活動を開始したミヌは、
いわゆるライジングスターとして注目される演技者だったが、突然やってきたスランプによって、
ターニングポイントを迎えることになった。
5歳以上幼い友人たちと一緒に100%のメンバーとして活動をして、
新しいスタートラインに立たなければならなかった。

「その時までも俳優に対する熱望が大きく、
100%の合流も流されるようにすることになりました。
活動をこれ以上止めることができなくて合流したものの、今では歌手として真剣に活動を続けています。
もちろんいつでも機会があれば俳優活動も再びしたいです。」

100%は日本活動を通じて、認知度を高める戦略も続けている。
100%は3月中旬まで'어디 있니(どこにいるの)'の活動を続けた後、
日本で新しいアルバムを持って現地ファンの前に立つ計画だ。
またホワイトデーの3月14日には日本ビルボードライブでコンサートも開催する。

「新人の立場で立つことのできないところで公演の機会をいただき、本当にありがたくて、一所懸命やりたいと思います。」

100%に今年の目標を聞くと
「休む暇もなく活動すること」という答えが出てきた。
100%は「ステージの渇きが本当にひどかったです。
今のように活動することだけでも感謝するだけ」として、
「こんなに忙しく過ごすことを知りませんでした。
ファンたちもたくさんの愛をくださって、今回の活動はいい予感がします」と答えた。

「昨年は僕たちの活動のターニングポイントだったとすれば、今年は本当に100%が人気アイドルグループに
仲間入りできる年にしたいです。 多くのファンたちが本当に僕たちの音楽を知って、
「大丈夫だ」「次の音楽も期待できる」などの反応を得るのがより大きな目標です。
素敵な姿をお見せしたいです。」

(※1 実際はミヌ兵役前も、カムバックや仕事がなかっただけで、5人はいつでも動ける状態でした。
カムバックは2014秋、2015春という発言もありましたが、実際のカムバックは2016年10月で、2年3か月の空白期でした)


記事ソース
関連記事

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ミヌ 
tb: --   cm: --

カテゴリ

検索フォーム

軍隊情報

最新記事

リンク

カレンダー

News!!

翻訳(Translation)번역

100%の韓国デビューから

Birthday

QRコード

全記事表示リンク