FC2ブログ

Peachy!!

100%(백퍼센트)の記録♡ For all Perfection

記事 100% 新しく出発する感じ 焦燥感ない  

[インタビュー]100% 新しく出発する感じ 焦燥感ない

201703051026771948_58bb6dc59b5a8_99_20170305111603.jpg

去る2012年にデビューして今年で6年目グループだが、大衆には相変らず見慣れなく感じられる名前だ。
年次に比べて、活動も多くなかったし、認知度を積む機会も少なかった。
だが、歌の実力は誰と比較しても遅れをとらない。もう一度初心に帰った100%の話だ。

去る2月、100%はミニアルバム'スケッチブック'を発売して、タイトル曲'어디 있니(どこにいるの)'で活動をはじめた。
別れた後の後悔と痛みを、100%のトレードマークである高音でより一層最大化させた'어디 있니(どこにいるの)'は、
パフォーマンスを排除してボーカルにより一層集中した。

ミヌは「路線を変えたわけではなく、今回のアルバムで100%のスペクトルを広げようと思いました。
僕たちのステージを見て「バラードをしながらも、ステージをいっぱい満たすことができるんだね」
という認識を差し上げたかったです」という考えを明らかにした。

特に高音を強調することに対して、ロッキョンは最初は負担だったが今は大丈夫としながら
「差別化も必要で、僕たちの長所が高音にあるからそこに合わせるようです。
僕たちが前に出すことができる色が必要なようで好ましいようで、以降はさまざまな幅を広げて、
色々な音楽をしてみたいです。」と答えた。

2017030702587_1_99_20170307173604.jpg

今回の「スケッチブック」は、アルバムに続き、SWEETUNEと意気投合した。
100%にSWEETUNEとの呼吸を聞くと
「僕たちが持っている色を大切にしてくださって、魅力をよく選んでいただくようです」と感謝の気持ちを伝えた。
結果も満足だと。

さらに成熟した感性も目立つ。
特にミュージックビデオの男の主役でも熱演したミヌは
「僕たちは別れの歌が多かったが、別れの後の感情が変わったようです」として
「初めての歌が別れた後、怒りであれば、今回のアルバムは、別れた後の空虚、自己考察のような雰囲気で、
聞く方の年齢層が高くなっても共感することができそうです」と答えた。

完成度が高く、満足のいく結果が誕生したのは明らかな事実だ。
しかし、ラップメイキング(ラップの作詞)に参加したチャニョンを除いて、
メンバーの参加が少ない部分が少し残念に感じられた。
ミヌは「メンバー全員が作詞作曲の勉強をしていますが、空白の期間も長く、
年次に比べて、活動回数、アルバムが多くはなくて、
ゆっくりすれば、いつかは自作曲ものせることができるのではないかと思います」と話した。

正規アルバムを一度も発売していないことに対する物足りなさはないのか気になった。
ロッキョンは「僕たちが活動した時期は長くないので、
実際には中途半端な正規アルバムが出ても残念そうです」として、
「もう少し弾力を受けた時に正規アルバムが出たら良いし、
今はしっかりとした姿を1つずつお見せしたほうが良いです。
正規アルバムを出すならば、その時は自作曲を入れたいです」と表した。

2017030702587_2_99_20170307173604.jpg

メンバーが引き続き言及したように、100%には常に長い空白期が存在してきた。
各アルバムを発売するタームも長かったし、
去年'TIME LEAP'が発売されるまでは、なんと2年3ヶ月という時間がかかった。
空白期だけでも大変なことが明らかな事実なのに、
2014年にはメンバーサンフンが脱退したし、続いて2016年にはチャンボムが脱退した。
残りのメンバーたちも、脱退そして'100%'というグループに対して悩む他はない時間だった。

ロッキョンは「男性には軍隊の問題もあるから、これからの未来がよく分からなかった時に、
軍隊に先に行こうかとも考えましたが、あきらめる心は絶対にありませんでした。
あの時、お互いを置いたとしたら、おそらく今大変ではなかったんでしょうか」とメンバーのせつない心を伝えた。
実際この時期にミヌは軍を終わらせて帰ってきた。
チャニョンも「状況が精神的に大変なだけでした」と脱退については考えてみなかったと答えた。

大変な時期を耐えることができた原動力は、誰でもない自分たちであった。
メンバーたちがお互いに力になって、「チームワーク」が固かったから「100%」を守ることができた。
「紆余曲折を経験してみると、お互いが必要であることをみんな認識しました。
もうチームワークのために努力する過程がなく、一緒にいると楽しくて面白いです」

同年にデビューしたEXO、B.A.P、BTOBなど、さまざまなアイドルとの比較は大きく意識しない。
「空白期が長くなり、路線を別にしました。
新たに出発する感じが強く、年次に応じてある程度なしとげなければならないと、
そんな焦りを出せば、すぐに疲れて放棄しそうです。
その方たちと比較することは全くないようで、僕たち同士の道を作ることが重要なようです。
早く上がるのもいいですが、ゆっくりと長い時間大衆のそばに留まって呼吸をしたいです。」

「可能性が高いグループになりたいです。 ファンの流入が多いことももちろん良いですが、
多くの方のプレイリストに歌が良くてたくさんあったらという望みがあります。
焦らないで、ゆっくり僕たちの音楽をたくさん聞きたがってくださる方々が増えるなら幸せなようです。
良いステージで一生懸命努力して、一歩一歩上がることができる歌手になります。
歌をたくさん愛していただいて応援してくださったら良いでしょう。」


記事ソース
関連記事

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン  ジョンファン  ミヌ 
tb: --   cm: --

カテゴリ

検索フォーム

軍隊情報

最新記事

リンク

カレンダー

News!!

翻訳(Translation)번역

100%の韓国デビューから

Birthday

QRコード

全記事表示リンク