FC2ブログ

Peachy!!

100%(백퍼센트)の記録♡ For all Perfection

170314 ビルボード東京 昼セットリスト   

<東京>2017年3月14日(火) Billboard Live Tokyo
昼公演:開演15:00(開場14:00)
夜公演:開演19:00(開場18:00)


一部 セットリスト

1、너와 나 (YOU&ME / ノワナ)


挨拶
JH「飲みたい・・」
CY「久しぶりに日本に来たじゃないですか。
その間なにをしていたか、メンバー同士で話し合いましょう。」
MN「活動がすごい忙しかったですよね。みなさんどうでしたか?
今回バラード曲で活動しましたので、体がすごく楽でした。
各自なにをしていたか話し合いましょうか。」
CY「ゲームをしました。」
RH「一緒にしました。」
CY「ロッキョンさんとジョンファンさんとスケジュール終わりにゲームをしました。」
RH「でもあきらめました。」
MN「すごいと思いました。その情熱があればなんでもできると思いますよ?」
HJ「お姉さんが近くに住んでいるので、会いに行ってきました。
ステージで踊るのはすごい久しぶりなので不思議です。」
MN「いい加減なやつなのに!
体が踊りたくてしょうがなかったです。」
CY「SketchUの韓国活動中にすごい踊りたいと思って、
他のグループの順番に踊っていました。」
TWICE

MN「放送局の楽屋の中に大きいモニターがあるんですね。
他のグループがステージをやってるのを僕たちは見れるんです。
ロッキョンが1番一生懸命見ていましたよ!
目が離せないみたいに!練習もしていましたよ!」

MN「今回の活動の中で大きいミスをしたことがあります。
同じステージの上でミスをしました。
僕は1節と2節の歌詞をまぜてしまって、ロッキョンさんは未知の音を出しました。
韓国活動、楽しかったよね。」

MN「今日ホワイトデーですね、みなさん。
みなさんラッキーな女性ですよね。僕たちとデートしているようですよね。」

JH「こういうステージはとても不思議ですよね。」
CY「座ってご飯食べてて・・・」
JH「美味しそうだね!」
MN「今日ホワイトデーでデートしたいと思って、
ホワイトラブというスペシャルコンサートを準備しました。
照明がピンクだから、みなさんをみても桜のように見える。」
CY「甘いステージも用意していますので・・」
HJ「ホワイトデーに100%がくる~~!!」
MN「今日本当に楽しいステージがたくさん用意されていますので、座って踊ってくださいね。
座って踊る方法を教えてあげます。体がたくさん動くとあまりカッコよくないんですよ。
手をたくさん動かしてください。分かりましたか?楽しむ時に手を振ってください!」


2、지독하게 (Better Day)

3、심장이 뛴다(BEAT)

4、SNOW


CY「今聞いていただいた曲は、
지독하게と심장이 뛴다(BEAT)、SNOWです。
みなさん、久しぶりにSNOWを聞いたんですよね?
SNOWはいつ聴いても涙が出そうになりますよね。
この曲を聞きながら涙をふきました。どうでしたか?」
JH「2月の10ASIAのコンサートのことを思い出しました。」
HJ「いつ歌ってもいい曲だと思います。」

MN「うれしいんですけど、お客さんが近すぎて・・・・・(笑)」
RH「심장이 뛴다(BEAT)を歌う時に笑い出しそうになって、すごいアイコンタクトをして」

RH「次の曲も集中して歌わないといけない。」
MN「悲しい曲を思い出しましょう、みなさん。何が1番悲しかったの?
昨日ご飯食べなかった時?甘い記憶でもいいよ?」
MN「次の曲はSweet Memories・・(笑)」
JH「悲しい曲」


5、Sweet Memories

6、WHY

7、예뻐서 그래(Cause You're Beautiful)

一度退場
映像メッセージ

8、ヒョクジンソロ ONE OK ROCK「Wherever you are」カバー
原曲 https://www.youtube.com/watch?v=V2Y-kLtNWUY

9、ロッキョンソロ back number - 「ハッピーエンド」カバー
原曲 https://www.youtube.com/watch?v=hzWDXge2ANM

10、全員 EXILE「Lovers Again」カバー
原曲 https://www.youtube.com/watch?v=XkhhAv5y5wk


MN「どうでしたか?ヒョクジンさん」
HJ「歌えてとても気持ちが良くて・・」
MN「なにかミスしてないですか?」
RH「うまかったよ!」
MN「ロッキョンはどうでしたか?」
RH「こういう歌は初めて歌ってみました。
息ができないくらいにずっと歌うジャンルは初めてです。
曲がすごい良かったんです。練習してきたんですけど、どうでしたか、みなさん。」
拍手
HJ「僕は前のリリースイベントで僕はファンのみなさんと約束していたんですよ。」
CY「元々いろんな候補曲があって、
この曲を聞いた瞬間にこれにしますと言ったんです。」
HJ「イントロ10秒くらいでこの曲にしますって言ったんです。」
CY「はまっちゃってこの曲にしました。」

RH「今までバラード曲をずっと歌い続けてきたので
雰囲気を変えていきたいと思います。」
MN「今みなさん眠たいようなので。ちょっと疲れてるようなので。」
MN「ちがうちがう!みんな酔ってる?」
JH「大阪!!」 ←(※ここは東京)

MN「照明のピンクピンクのような雰囲気ですけど。
みなさんすごいお酒飲んでそうですよね?すごい踊ってましたよね?見ましたよ!」
JH「わーすごいすごい」 ←日本語
MN「みんな酔ってるんじゃないですか?」
JH「ちょっとよっぱらそ?よっぱらそ?ちょっとよっぱらそ? 
僕もお酒ください!!」 ←日本語
CY HJ「だめだよ!?仕事中だよ!?」 ←日本語
HJ「楽しくやります!」
MN「みなさん、前回練習していただいた、かけ声を聞きたいと思います。
覚えてないの?How to cry?
ビルボードライブ会場で、1番大きい声を声援を」
HJ「くる~~」


11、How to cry

12、エターナル

MN「雰囲気がすごいいいですね。
JH「大丈夫ですか。」
MN「酔っぱらってるんですか?」
これいくつ?これはなんこ? 見えないんですか?」
JH僕たちは誰ですか?」 ←日本語
MN「ここはどこですか?分かりますか?」
JH「ここはビルボードライブです!」 ←日本語

CY「僕たちはまだ酔ってないけど僕たち。
パーフェクションだけちょっと酔ってるね。
仕事中なので飲みません~」
MN「みなさん飲んでるのはアルコールですか?アルコール?
分かりますよ、アルコールを飲んでる人は。顔をみれば顔が赤いです(笑)」
雰囲気がいいですね、とても。」

ピアノ

MN「スペシャルなステージを用意しました。
今日はホワイトデーだから、みなさんと僕たちとラブソングです。
飲みながら聴いてください!」


13、니가 예쁘다(U beauty)アコースティックVer

一時退場 スクリーン映像

14、어디 있니(どこにいるの)

CY「今回のミニアルバムのタイトルはスケッチブックです。
スケッチブックは愛する彼女のことをわわわ忘れないため、
常に愛しく思いながらスケッチブックに描くという意味です。」 ←日本語

拍手

JH「そして、聴いていただいた歌はsketchUです。
SketchUは、僕たちのトレードマークの爽快なハイトーンで、
せつなく別れた恋人に呼びかけるような悲しい歌です。」 ←日本語

拍手

MN「どうでしたか?
僕たち、バラード曲でカムバックして活動したのは初めてでしたよね。」
僕たちに似合わないかと思って、最初は心配しました。」
HJ「僕たちに似合う曲はないでしょ?」
MN「そうだね」

JH「僕は(かけ声の)ヨギソ!が好きです!」 ←日本語
MN「みなさんがこんな大きな声でかけ声をしてくださると思わなくて!」
RH「僕たち日本語を頑張ってコミュニケーションをとらないとですね!」
MN「僕たちの日本のステージは全部日本語でできるように・・」
僕「今日はMCをやりたかったですよ。
MN「二部はヒョクジンがやって!ホントにホントに!」
HJ「できるように、もっともっと勉強します!」
MN「次の曲は僕たちも、皆さんもすごい好きな曲。なんでしょうね?너라서 !」


15、너라서 (君だから・ノラソ)

16、어제의 나를 만나다(昨日の私に会う)



HJ「収録曲なんですけど、어제의 나를 만나다(昨日の私に会う)という曲です。」
JH「ごめんね~♪ごめんなさい~♪」 ←日本語
MN「みなさん、あと2曲しか残ってないです。」
MN「寝ちゃだめですよ?」

MN「今日ホワイトデーに、
僕たちと一緒にカッコいいステージを作ってくださってどうもありがとうございます。」

JH「この甘いホワイトデーにパーフェクションのみなさんと愛を分かち合ったと思います。
来年のホワイトデーも一緒に過ごしましょう!」
MN「来年のホワイトデーはちょっと違うように。
パーフェクションがどこで過ごすか分かりませんが」

HJ「次のコンサートでも歌、パフォーマンス、全部、
みなさんにカッコいいステージをお見せできるようにたくさん練習します。
そのために、もっともっと勉強して、たくさんお見せします。」

MN「最近、覚えている未熟な単語ですが、
日本語をちょっとずつまぜてトークすることも可能ですが、流れがスムーズではないので・・。
今日のステージはあまり日本語で話してるわけではないですけど、
次回のステージは日本語で話すようにします。」

CY「僕はこの新しい会場で楽しい時間を過ごせてとても良かったと思います。
ロマンティックなとこが多いですよね。
ロマンティックな時間をみなさんと過ごしたいと思います。」
2部も必ず戻ってきます!!」

RH「最後に順番がまわってくる時がとってもつらいです。
みなさんともっと近くなったような気がして。
前の会場で歌う時は、みなさん立ってらっしゃるから、足が痛いって言ってるから。。
今日は、体はテーブルに向って横で、首だけ前を見ていてみなさん首が・・・(笑)」
MN「首の運動になりますね(笑)」

MN「ニコファーレでは、楽屋からモニターで客席を見れるんです。
みなさんがお帰りになる様子が見えるんです!

~ファンが腰をおさえて帰る様子を再現~
MN「みなさんお帰りの時とてもおもしろかったです。」

RH「こういう会場での公演をたくさんやりたいです。
近くでしたいです。全てがよく見えますよ。」
MN「1人1人の顔が全部よく見えていいですよね。」
NH「明日から日本のプロモーションがはじまりますよね。たくさん来てください」

MN「次の曲はアルバムの収録曲어느 날(ある日)と、
今日の公演の雰囲気に似合う나 같은 놈(Guy like me)です。


17、어느 날(ONE DAY/ある日)

18、나 같은 놈(Guy like me)


退場・アンコール

19、해몽(夢占い)

20、Only U

MN「100%でした!最高!」


※トークはだいたいの概要です。雰囲気でお願いいたします。
※転載・SNSへの持ち出し禁止でお願いいたします<(_)>

関連記事

[edit]

category: 170314-17 WHITE LOVE

tag: 백퍼센트  ペクポ  100% 
tb: --   cm: --

カテゴリ

検索フォーム

軍隊情報

最新記事

リンク

カレンダー

News!!

翻訳(Translation)번역

100%の韓国デビューから

Birthday

QRコード

全記事表示リンク