FC2ブログ

Peachy!!

100%(백퍼센트)の記録♡ For all Perfection

[ポップインタビュー③】100%'感謝の挨拶  

[ポップインタビュー③】100%が伝えた'ごにょごにょ'感謝の挨拶"味方でいてくれてうれしい"

インタビュー②から続き

100%という名前の前には「実力派グループ」「ボーカル金持ちグループ」という修飾語がついてまわる。
それだけ100%にはボーカル的な面で、どのグループにもひけをとらない実力を持っている。
だからといって、パフォーマンス力が他のグループに比べて劣ることもない。
このようにしっかりとした実力は、ファンに100%の歌を探して聞いてステージを見させる。
しかし、何よりも100%の最大の強みは、まさに粘着性があるチームワークだった。

201703080946503764930_20170308142647_01_20170308145011346.jpg

デビュー6年目になり、一緒にした時間もそれだけ積もって、
依然として宿舎生活をしながら、日常を共有している。
グループのメッセンジャールームが静かな日はないという彼ら。
それぞれチームでどのようなポジションを担っているのかと聞くと、
お互いに「悪口」発言もはばからず、メンバーたちのあふれる遊び心と絆の強さを表わした。

特にチーム内の「時計」の役割をしているというチャニョンは、
ヒョクジンと日本の宿泊施設を一緒に使ったエピソードを伝えて、
「僕はもう用意ができなくて。僕が必ず6時に一緒に起きて、
荷物をまとめるのを手伝ってくれと言ったが、翌日6時に起こしたら
「僕は20分から準備するね。」と言ってずっと寝てるのです。
そこで腹が立って「僕はアラームか?」そんな気がして」と言って、メンバーを爆笑させた。

ここで他のメンバーたちも言葉を加えた。
お互いによく知ってて親しいだけに、メンバーたちについてしたい話が絶えない様子だった。

ミヌ
「ヒョクジンと同じ部屋を使う状況を経験してみたくないけど、
宿舎生活をするからか明らかに知っています(笑)
メンバーの性向が少しずつ違って、本当に耐えられない性向があります。
ヒョクジンは服を壊すように脱いで置いて行ってこそ、心に安定が生じるようです。
部屋の中に入ってみるとびっくりするほどです。僕はそういうのに耐えられません。
ジョンファンも日本で同じホテルの部屋を使いましたが、汚名をきましたよ。
それでもあの程度なら、僕が後ろからついてまわりながら準備してあげられますが、ヒョクジンは...」

ジョンファン
「最近直そうと努力しています。」

ヒョクジン
「ありがとうございます。さらに一生懸命頑張ります。賞賛を食べて育ちますね(笑)」

末っ子ヒョクジンを「ディス」っていたメンバーたちに、お互いの賞賛を再びお願いした。
グループ内に1人ずつはいるという、
いわゆる「イプドク妖精(多くの人がファンになるきっかけとなるメンバー)」、100%では誰か聞いてみた。

ミヌ
「僕が見た時は、ジョンファンのようです。若干アイドル上位です。かわいい顔で。
だから、最初はジョンファンをお好きになる方が多いんですよ。
ところがジョンファンを見て好きになったけど、最終的には僕でしょう(笑)」

ロッキョン
「人はあのように自信がなければなりません。」

ジョンファン
「僕は大丈夫です。僕は個人だと考えません。
僕を見て入ってきたけど、グループ内の他の人を好きなのはかまいませんよ。」

ミヌ
「確かに、ジョンファンがパフォーマンスを担当しているので目がいくようです。
ステージの上で可愛いながらも、カリスマあってセクシーで、
そのような部分がぴったりアイドルに合っていることのようです。」

201703080946503764930_20170308142655_01_20170308145011372.jpg

100%はリーダーミヌから末っ子ヒョクジンまで、実の兄弟以上に厚い関係を維持していた。
メンバーに「喜劇人」「しょうもない」をつとめているという評価を聞いたミヌは、
このようなメンバー間の関係にほほえましさを表わした。

ミヌ
「僕は日ごとにしょうもなくなるようです。
でも口先だけの言葉ではなく、しょうもなくなるほど良いです。
初めてデビューした時は、僕たちの間だけでもルールが必要で、
特に僕はメンバーと年の差があるから、規制もなくてはならないと思いました。
でも今は分かってみんなうまくやるじゃないですか。
また僕たちの間だけでもとてもよく分かってるから、いらない規制をするよりも、
みんな友達のように過ごしています。ところが日増しに立ち並びますね(笑)」

100%は、過去2012年のシングル「WE、100%」でデビューした。
以後デビュー曲「나쁜 놈 (BADBOY)」をはじめ、「나 같은 놈(Guy like me)」「Want U Back」
「심장이 뛴다(BEAT)」「니가 예쁘다(U beauty)」などの曲で活動して、認知度を積んできた。
しかし、いくつかのメンバーがチームを去り、リーダーミヌが軍に入隊するなど、
メンバーたちに、2年以上の長い空白期が訪れた。
その苦労を持ちこたえさせた原動力はまさにメンバーだった。

ロッキョン
「お互いの夢と目標が同じなので、持ちこたえられたようです。
1つになった時に、相乗効果が出ますが、それがよく合って今まで来られたようです。
ただ幸せなだけではないから、苦しくても、その夢や目標を考えて持ちこたえるじゃないですか。
正直に言って、僕たちは苦しい時期をあまりにも多く経験してきて、
お互いの大変ないくつかの点をよく分かっているし、
それと共に、お互いのそばを守ってくれたことが、つらい時期を耐えられるようにしてくれました。」

ミヌ
「空白期があった時も、僕たちはなんとか耐えてみようとしていたのではなく、
そのまま大変なら大変なようにぶつかりました。
そのような形でしていたら、より(絆が)固くなったようです。
お互いに望む方向とか未来が同じなのだから、一緒に持ちこたえることができたと思います。」

201703080946503764930_20170308143222_01_20170308145011383.jpg

100%に最もつらかった2年3ヶ月の時間。
その時間を回顧する100%の一言一言には、メンバーに向けた感謝の気持ちがにじみでていた。
変わらずに、お互いのそばで同じ夢を見ているメンバーたちに対する愛情も感じることができた。
しかし、普段からささいないたずらはたくさんしても、くすぐったい言葉はできないという100%。
お互いにありがたかった点を話す機会を与えると言うと嫌がるようだった。
しかし、すぐに最年少のヒョクジンを皮切りに、慎重に本音を打ち明けた。
慣れていないメンバーの言葉に、多少ぎこちなかったりもしたが、
ミヌは「早く話して。僕今くすぐったいから」と言ってほほ笑みを隠すことができなかった。

ヒョクジン
「足りない僕を導いてくれるチームメンバーに、率直にごめんなさい。
僕も短所を直したいですが、それが思うようにうまくできなくて。
それで僕もイライラして、メンバーたちも同じ話をどれほどされたでしょう。
それを理解してるから、申し訳なくて...。
それが繰り返されるから、メンバーたちの顔色をみることになりました。
でも僕は耐えられませんでした。
顔色を見ないために、僕は強引にして、なんとか神経を使わないふりをしましたが、
そうしながらも、心の中では申し訳ないと思います。
もっと発展する末っ子になるから、僕に厳しい発言をたくさんしてください。賞賛もしてください。」

ジョンファン
「今のように、こんなに楽しく活動できる雰囲気を一緒につくってくれてありがとうございます。」

ミヌ
「僕はちょうどこの4人が僕たちのメンバーで良かったし、ありがとう。
他でもないこの4人が僕のメンバーなので感謝して、ありがたくて良かったです。」

チャニョン
「みんなレコーダーをつけて、僕が話すから(笑)
僕は生まれて1番良かったことが1つあります。
それはまさに僕たちのメンバーたちに会ったということ」

ロッキョン
「音楽をすることもとても幸せなのに、一緒に仕事をしながら笑って楽しんで、
大変な時期に、お互い応援してくれて、
言葉に出さなくても最初に気づいて用意をしてくれるメンバーがいて幸せです。
いつもたくさん愛して、一緒に隣で友達のように、いたずらすることができるメンバーがいて、
1日1日楽しくて、笑って楽しめる人がそばにいるというのが、僕の味方がいるというのがとてもいいですね。」

201703080946503764930_20170308142859_01_20170308145011409.jpg

このようなメンバーたちの義理と友情が100%というグループを守ってきた。
しかし、100%の名前を守ったのは、メンバーだけではなかった。
長い空白期を待ってくれ、再び戻ってきた彼らを歓声で迎えてくれたファン
「パーフェクション」(100%ファンクラブ名)も100%を守ってくれた人たちであった。
100%にメンバーたちと同様ありがたいファンたちだった。

チャニョン
「「지독하게 (Better Day)」で活動する時に、これから本当にたびたび会おうと言いましたが、
その約束を守り続けたいです。」

ミヌ
「僕たちを誇りに思ってくださって、応援してくださって、
力になってくださる視線が感じられます。それにあまりにも感謝します。
僕たちは目立った成果を見せられなかったけど、
いつも心の中で僕たちをベストと考えていただいて応援してくださって、心強く守ってくださる方々が、
どこへ行っても、僕たち堂々とステージに立つことができるようにしてくれる原動力であると思います。
だからとても感謝します。
これからも、どこでもカッコよく堂々と100%だけのステージを披露できるように最善を尽くしますから、
いつも僕たちのそばにいて欲しいです。」

ロッキョン
「僕たちが再起動して、一生懸命に活動をしていますが、ファンの方々も自信を持ってたらいいですね。
僕たちを好きなように堂々としていたらいいですね。
そのような歌手になろうと僕たちも努力しなければでしょう?
ファンの方々も僕たちを好きなら堂々としてもらえたら嬉しいです。」

ミヌ
「パーフェクションであることを誇りに思っていられるよう、さらに努力しますね。
ファンの立場で考えた時に、人数が少なければ、少し萎縮して恥ずかしいこともあるじゃないですか。
そうしないためには、僕たちがもっと努力して、たくさん団結できるように活発に活動しますよ。
ファンの方々がしょげないように、僕たちもさらに努力するし、
ファンの方々もいつも僕たちをそう思ってくださってることに感謝して、
そのようにお互いに励ましあいながら、大きくなっていくことができたらいいですね。」


記事ソース
関連記事

[edit]

category: BetterDay 活動

tb: --   cm: --

カテゴリ

検索フォーム

軍隊情報

最新記事

リンク

カレンダー

News!!

翻訳(Translation)번역

100%の韓国デビューから

Birthday

QRコード

全記事表示リンク