FC2ブログ

Peachy!!

100%(백퍼센트)の記録♡ For all Perfection

[ポップインタビュー②]100%「僕たちの音楽色?白になるよう願います」  

[ポップインタビュー②]100%「僕たちの音楽色?白になるよう願います」

①の続きです。

5年という時間が流れた。年次に計算したら既に6年目のグループになった。
過去2012年のシングル「WE, 100%」でデビューした100%は、
いつの間にか音楽放送の控室に行けば、最も年次が高い先輩になっていた。

しかし、空白期が長かったからだろうか。100%は自分たちがまだ新人のようだと話した。
自分たちは常にデビューする気持ちで活動をしていますが、放送局を訪ねて行く時は、
多くの後輩たちに挨拶を受ける先輩の立場というものがぎこちなく感じられもした。
また、物足りなさも大きかった。

201703061349533469188_20170308142127_01_20170308150511337.jpg

「何か残念だったという感じもあります。時間だけが6年満たした感じということでしょうか?」
(チャニョン)

「僕たちを6年目に見てくれるのだろうかと思って... 。僕たちは見せられるのも多いですが、
「あの子たちは6年目なのに、あの程度しかできないの?」と見られるかと思って、心配になったりもします。」
(ロッキョン)

「僕たちは、年次に対する考えをしない方がいいという感じです。
僕たちがデビューして5年になりましたが、活動をした時間に計算すれば、
本当に少しにしかなりませんでした。」(ミヌ)

100%は自分たちが消化可能な音楽の色についても、無限の可能性を残しておいた。
リーダーミヌは、100%の音楽の色について、
「白ならばいいですね。どんな色にでもなることができるでしょう。
事実僕たちが、100%を思い出した時にどのような色が浮かぶかを認識させることができないほど、
活動がなかったため、それが僕たちの強みだと思って、
いろいろな試みをしてみなければならないようです。」と率直に語った。
まだ聞かせる音楽と見せてくれるステージがさらに多いということだ。

「「ゴージャス」程度、遊んではいけません。徹底的に遊ばなければなりません。
クラブから本当にうまくやってる兄さんのように出てきて
「今日僕が最高だ」こんなコンセプトのステージがしてみたいです(笑)」
(ミヌ)

それなら、100%が持つ強みとは何だろうか。 毎日のように歌手たちのカムバック記事があふれて、
歌謡界のシーズンとオフシーズンを区分することが意味ないほど、
新しいグループが新しい曲を続けて発表する。
100%と同時期に活動しているボーイグループだけを見ても、
BTOB、防弾少年団、SF9、クロスジーン、VAV、ビクトン、NCT DREAM等がある。
ボーイグループ洪水ともいえる状況の中で、100%だけが持っている強みに対してたずねた。

「いつも話すことですが、僕たちの強みはステージ上のライブだと思います。
うん、他に何があるでしょうか(笑)」
(ヒョクジン)

「他のグループも本当に上手ですが、僕たちは今回ボーカルの成熟さと多様性をお見せしようしました。
今回みんなパフォーマンスに重点を置いて出てきましたが、
僕たちだけ他の色で出たんですよ。そこに集中して見ていただきたいと思います。
僕たちもそれなりのパフォーマンスをしながらライブを見せるグループでしたが、
今回はボーカルに重点をおこうして、パフォーマンスを除いたんですよ。」
(ロッキョン)

201703061349533469188_20170308142251_01_20170308150511377.jpg

100%は新曲「어디 있니(どこにいるの)」のステージをひたすらメンバーたちの声だけで満たした。
パフォーマンスはしばらくおろした。初めて試みたステージを自分たちではどのように見たのだろうか。

「事実、負担に少しなります。ひたすら声だけでステージを満たさなければならないので、
ちょっと心配になって、少しぎこちないです。体を動かしながら表現している途中で、
歌声と表情だけで感情を伝えなければならないのが、最初はぎこちなかったんですよ。」
(ヒョクジン)

「メンバーは素晴らしかったんですよ?メンバーみんな上手だと思いました。」
(チャンヨン)

「みんな客観的にモニタリングする方です。見ながら「かっこいい」「変だ」すぐに言ってくれます。
僕の場合には、眠そうに見えるという声を多く聞きました。元々目がちょっと眠いようにみえますが、
感情に没頭するともっと瞳を閉じるようになって、目を開けなさいと言うんですよ(笑)」
(ジョンファン)

「僕は、チャニョンがラップしながら出てくる時素敵でした。なんだかほろ苦いようです」
(ヒョクジン)

特にチャニョンがロッキョンの姿を真似して
「ロッキョン兄さんがアドリブをする時、体をちょうどポッピンします。」
と言うと、メンバー全員笑いを噴き出した。これにロッキョンは少し顔を赤くして、
「音楽番組が終わって出ますが、メンバーが他の方々もおられるエレベーターの前で
「ああ、ロクチャ(ロッキョンのニックネーム)ポッピンする?」と言いながら、
4人が突然ダンスを踊るんです。(...) 若干リズムのあるアドリブなので、
僕がそのリズムに乗らなければ声がそんなに感じられないようでした。
だから、自然にすると言ったけど….ちょっと恥ずかしかったです。」と言って、メンバーたちをさらに笑わせた。

「ロッキョンが歌に集中してるのがわかります。
僕たちは面白く真似しましたが、客観的に見た時、とてもかっこいいです。」
(ミヌ)

「ああ、僕はミヌ兄さんがヘアスタイルも金髪にして、
センターで顔がよく見えるように、5対5でぴったりわけて
「僕がビジュアルだ」このように出てくるのがカッコいいんですよ。
MVでも兄さんが女性主人公とせつないドラマを撮りましたが、
今回兄さんの「カッコよさ」は見えないかと思います。」
(ジョンファン)

201703051026771948_58bb6dc59b5a8_99_20170305111603_20170326222056f5a.jpg

その後もメンバーたちは、愉快にお互いの自慢話を続けた。
いたずらをしたりもしながら、インタビューの間ずっと笑いが絶えなかったし、
気持ちの良いエネルギーにあふれていた。 この気勢がファンにも伝えられたはずだ。
ミヌは、自分自身が聞いた気持ち良いほめ言葉の一つで、
「'愉快なエネルギーを与えるグループ」という言葉をあげた。

「僕たちの公演を見てくださった言葉をみると、エネルギーを注いでくる感じではなく、
受けてくる感じで若返るようですという方が多かったんですよ。
「僕たちがエネルギーを差し上げようと努力するだけに、
それを受け入れてくださるんだな、伝わっているんだな」そんな感じがしました。
観客の方々にエネルギーを差し上げているようで、今後もそういう言葉をたくさん聞きたいです。」
{ミヌ)

それなら、今後聞きたい賞賛や修飾語はどのようなものだろうか。

「「信じて聞く」100%です。「100%の歌は信じて聞くだけのことがある」
それとともに聴いていただけたらいいですね。
事実アイドルグループの歌に対する忌避がある方もいらっしゃるんですよね。
そんな先入観を僕たちは避けることができたら良いという考えです。
100%の歌は、アイドルグループだけど、
良くて聞くだけのことはあるという言葉を聞くことができるグループになりたいです。
100%は歌だけでステージをいっぱいに満たして、
私たちの耳を楽しませることができるんだ、そんな感じになれば、それが僕たちの成果だと思います。
それが今回のアルバム発売前に立てた目標でもあります。
それでも今回のアルバムを聞いてくださった方々の反応を見ると、
そのように受け入れてくれてくださっているようですね。
とても感謝して、これからもそう聞いていただきたいですね。」
(ミヌ)

③に続く(近日中にします<(_)>)


記事ソース
関連記事

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ 
tb: --   cm: --

カテゴリ

検索フォーム

軍隊情報

最新記事

リンク

カレンダー

News!!

翻訳(Translation)번역

100%の韓国デビューから

Birthday

QRコード

全記事表示リンク