FC2ブログ

Peachy!!

100%(백퍼센트)の記録♡ For all Perfection

181123 AsianStarˈs 独占インタビュー  

アジアスターズ、100%独占インタビュー[インタビュー]

「彼らは2012年にデビューし、彼らはいまだ完全です。リーダーのミヌがいなくても、彼らはパーフェクションのための100%です。ロッキョン、ジョンファン、チャニョン、ヒョクジンの人生と音楽活動はただあなたのためのものです。

slider_40fdd92e1bc462973b0b7c3d8521764a.jpg

韓国グループ100%の男の子たちは独占インタビューを私たちに提供することに同意しました。
2012年にアンディ・リー(神話)のトップメディアにて、7人のメンバーで100%はデビューしたけれども、今は4人で活動しています。あなたは彼らの魅力的な個性や興味深いキャリアについて、デビューから現在まで、私たちのページや会社の公式サイトでもっと詳しく読むことができます。
Twitter(@ top_100percent)、Instagram(@ 100pergram)、Facebook(@ Official100percent)、Youtube(youtube.com/user/Top100percent)でプロフィールを確認して、フォローすることを忘れないでください。
そして、AsianStarのための彼らの告白はどうですか? あなたは今読むことができます。

MC「こんにちは、100%! 私はAsianstar.czの編集者です。本当にあなたたちの音楽キャリアに関する2、3の質問をすることができてうれしいです。 まず私たちの読者に自己紹介をしてください。」
ロッキョン「こんにちは、僕は100%ロッキョンです。」
ジョンファン「こんにちは、僕はジョンファン、100%のボーカルです。」
チャニョン「こんにちは、僕はチャニョンです。」
ヒョクジン「こんにちは、僕は100%のボーカル ヒョクジンです。」

MC「あなたは2012年に韓国でデビューしましたが、デビュー前にも活動しました。あなたははじまりについて何か特別なことを覚えていますか?」
ロッキョン「デビューしてその年の年末授賞式に上がった瞬間を覚えています。とても嬉しかったのですが、氷点下15度という厳しい寒さに袖なしの衣装を着て、外で公演をしました。その日のことを思い出すと、笑いも出てきてなつかしいです。」
ジョンファン「ミュージックバンクでデビュー時に、TEENTOPが応援に来てくれた記憶がありますがうれしかったです。」
チャニョン「リアリティで先にデビューしたと思って良さそうです。TEENTOPと一緒にリアリティ番組を撮りました。」
ヒョクジン「もっとかっこよく見せるために、一生懸命やせたことを覚えています。」

f1b8ad32e432cfd0378fda8173a881d9.jpg


MC「2017年にはじまった日本での宣伝活動について教えてください。オリコンデイリーチャート、ビルボードトップシングルセール8位...ファンは本当に感動しました。うわー素晴らしい、おめでとう。」
ロッキョン「新しい場所での新しい出発はいつも震えて緊張します。でもとてもときめいたりもしました。挑戦が好きなこともあって、日本のファンの方々が僕たちを待っている姿がとても感動的でした。」
ジョンファン「みなさんの応援に力を受けてうまくすることができました。ありがとうございます。」
チャニョン「今度の5番目のタイトル曲「28℃」もたくさん愛してください。」
ヒョクジン「好きな歌を毎日歌うことができて良いです。」

MC「今年、あなたたちはパーフェクションを本当に幸せにした4回のカムバックをしました。あなたたちのこれまでに明らかにされた歌のうち、どれがあなたの絶対のお気に入りですか?理由は?」
ロッキョン「グランブルーです。大きな意味が込められた活動だったので、いつまでも記憶に残りそうです。」
ジョンファン「맘。サウンドが本当にいい歌。」
チャニョン「맘という曲ですが、本当に歌が完全にはまっていて好みを狙撃してます。」




MC「あなたたちは、いつもあなたたちの歌と個性を通じて、私たちの生活に愛をもたらします。私たちはまたあなたたちが作詞や作曲に積極的に参加することにとても感心しています。どのコンセプトがあなたたちにとって特徴的なものでしょうか?」
ロッキョン「名前の通り、すべての面で100%を見せるのが目標なので、僕たちは音源よりもステージ上でのライブを強みにしています。」
チャニョン「パフォーマンスを見せながらライブを完璧にこなしていくこと。」

MC「あなたたちはこのタイプのジャンルを続けることを計画していますか?または様々なコンセプトを探究したいですか?」
ロッキョン「はい。1つのコンセプトだけにこだわらず、常に新しい姿を見せたいです。」
チャニョン「新しいことに挑戦してみたい。」
ジョンファン「今のままでありながら、新しいものもたくさん試してみたいです。」

MC「あなたたちの最新のカムバックは本当に特別でした。私はあなたたちがまたデビューしたような気がしたと言ったことを覚えています。どうか私たちに理由を説明してください。」
ロッキョン「これまで以上に集中して準備をしました。4人で新しい挑戦でしたし、カムバックステージの時は本当にたくさん緊張しました。」
ジョンファン「心構えが格別だったようです。なにか新しくはじめる気がした。」

MC「そして、私たちはあなたたちのMVと優れた振付が大好きです。맘(Heart)を聞いてそのMVを見ているうちに、まだ夏のような気分です。素晴らしい。かつて振付は本当に難しいと言いました。どうかそれを私たちのためにそれを表現できますか?あなたたちの怪我にもかかわらず、あなたたちのステージとダンスの練習ビデオは印象的で、私たちは本当にそれを楽しみました。」
ロッキョン「動きは大きくないですが、本当にきめ細かく集中して踊らなければ、このダンスを完璧に踊ることはできません。そのためなのか、1度踊った後は精神がなかったです。」
ヒョクジン「体に力が入って続いていくダンスなので本当に大変だった。」



MC「よく音楽業界で働く人々は子供の頃から音楽に情熱を持っていると言われています。あなたたちはいつも音楽キャリアを追うことを夢見てきましたか?」
ロッキョン「はい、僕は生まれ変わっても歌手をしたいです。疲れてつらい時も、音楽で力を得ているようです。」
ヒョクジン「幼い頃から姉と一緒にテレビの中の歌手をたくさん見た。アニメよりも音楽番組が良かったし、友達はゲームに行っても僕はカラオケに行って歌を歌って遊んだ。」

MC「ロールモデルはありますか?」
ロッキョン「パクヒョシン先輩です。」
チャニョン「神話先輩です。長い長寿グループになりたいです。」
ヒョクジン「GOD キムテウ先輩。」

1df54a7fc817c06dcaea18711fe7a455.jpg

MC「あなたは自由時間に何をしますか? 趣味や特別でめずらしい興味がありますか?」
ロッキョン「映画、マンガ、ドラマを観ますね。」
ジョンファン「ドラマをたくさん観ました。」
チャニョン「ゲームをしたり、最初から頭を空っぽにして何も考えません。」

MC「私たちはあなたたちは映画を観るのが好きだと聞きました。もしあなたたちが歌手になれる機会がなかったとしたら、あなたたちは何をしていたでしょうか?かつて演技をしようと思ったことはありますか?どうかどのような映画またはドラマでもいいので私たちにおすすめしてください。」
ロッキョン「演技のチャンスが来たら挑戦してみたいです。また見ても素晴らしいのは映画タイタニックです。」
チャニョン「はい。機会さえあれば演技してみたいです。おすすめの映画は「죽은 시인의 사회(死んだ詩人の社会)です。」

MC「あなたたちが達成したい最大の夢は何でしょうか?ミュージシャンとして、またあなたたちの私生活においては?」
ロッキョン「僕が誰かのロールモデルになることです。」
チャニョン「僕たちの歌を全ての人に知ってもらうこと。」

MC「今年と将来のあなたの計画はどうですか?」
ロッキョン「ファンの方々に早く会いたいです。」
チャニョン「もうすぐ日本で5番目のシングルが出ますから、たくさんの愛をお願いします。」
ヒョクジン「曲を一つは必ず書いて完成させたい!」



MC「チェコおよびスロバキアのファンは、あなたたちに会うことを待つことができません。あなたたちは私たちの国、スロバキア共和国やチェコ共和国について何か知っていますか?スロバキア共和国やチェコ共和国を旅行で訪れるのはどうですか?あなたたちはかつてここに来たことがありますか?」
ロッキョン「完全です。すぐにも行きたいです。」
チャニョン「名前からとても素敵な国だと思います。ぜひ行きたいです!」
ヒョクジン「海外旅行をちゃんとしたことがないようです。ぜひ行ってみたい。」

MC「お時間をいただき、質問にお答えいただきありがとうございます。私はあなたたちにおたずねしたいことはもっとたくさんありますが、今後100%についてより大きくポジティブなニュースを聞くことができれば幸いです。あなたたちがチェコとスロバキアのファンに伝えたいことはありますか?」
ロッキョン「機会があれば伺いしますから、100%をたくさん愛してください。チェコのファンの方々愛しています。」
ジョンファン「いつかファンのみなさんに会う機会があればいいと思います。」
ヒョクジン「遠く離れていますが、パーフェクションのみなさん、愛しています。」
チャニョン「君の瞳に乾杯」

59e94ddc0e6c0117266633336822c6e7.jpg
3c08e41cf379dd82b528c039bca5fed0.jpg
2cf214e82bb57b5ee01ec582835c4f77.jpg
be167fd3a9fa9db217cccfe90e3b700b.jpg

私たちはあなたたちの将来の計画のすべてでベストを祈り、あなたたちの夢が実現することを願っております。本当にありがとうございました。インタビューを電子メールで仲介して、私たちが100%に出会うのを手伝ってくださったトップメディアPR&マーケティング部のメンバーに感謝したいと思います。 本当にありがとう。もう一度ありがとう。」

記事ソース

※ロッキョンが話されている授賞式は「2012131-130101 MBC 歌謡大祭 」のことです。
※チャニョンがいわれているリアリティ出演番組はこちらです。

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  ジョンファン  チャンヨン  ヒョクジン 
tb: --   cm: --

Naver記事「100% - この秋夕にはこのようなめんこ遊びはいかがですか」   

この秋夕にはこのようなめんこ遊びはいかがですか。
100%ビッグマッチ、神めんこ VS プチプチめんこ!


こんにちは、パーフェクションのみなさん♡
民族固有の名節、秋夕が帰ってきました! 秋夕といえば、やはり大切な人たちと集まって楽しい時間を過ごすべきでしょう?
家族のような雰囲気の100%のメンバーたちも一緒に集まって楽しい時間を過ごしました!

IMG_8637.jpg
IMG_8704.jpg
IMG_8753.jpg

100%のように、秋夕を楽しく過ごすのは難しくないです~100%が推薦する方法を見てみましょうか?

STEP 1. 一緒に事前ゲームを決める!
IMG_8887.jpg
IMG_8893.jpg
IMG_8926.jpg

めんこを折る材料を獲得するために、事前のゲーム会議を開いた100%!
(会議間の可愛いロッキョンの姿はパーフェクションのためのボーナスプレゼント~)

ユンノリ、石投げ、チェギチャギ みんな良いです! 100%はチェギチャギに決めました~

この対決でチェギを最も多く満たした人が材料の優先権を獲得することになり、 誰がどんな材料でめんこを作ったのか見てみましょう

STEP 2.、ユニークな材料でめんこを折る!
事前ゲームを通じて、めんこ材料を獲得した100%!
このような材料でめんこを?! したい材料もあったそうです~

IMG_8952.jpg
IMG_8949.jpg
IMG_8953.jpg

ロッキョンは新聞紙、ジョンファンは色紙、そしてチャニョンは段ボールを選択!
チェギチャギ、上位は最強のめんこを作るための材料を選定しましたが それなら残りの人たちは?!

IMG_8957.jpg
IMG_8947.jpg

ヒョクジンはクッキングホイルを、ミヌはプチプチを選択したそうです!
"これ めんこの材料で合ってる? これ可能ですか?!"

腹をたてたけど、ゲームはしてみてこそ分かるもの! 最後まで一度見てみましょう~

STEP 2.5 合間のめんこ自慢TIME!
AS8A9898.jpg
AS8A9891.jpg
IMG_9022.jpg

新聞紙で作った最強のめんこから色とりどりにカラフルな色紙のめんこ、 そして、戦闘型 段ボールめんこまで完成!

AS8A9910.jpg

"アルミホイルの中に巻き紙で作ってもいいですか~?"
発想の転換で、新しい材料をGet! ヒョクジンの巻き紙めんこ

AS8A9907.jpg
IMG_8993.jpg

紆余曲折の末に誕生したミヌの大切なプチプチめんこ!
初めの途方にくれた様子はどこ?
大切なようにプチプチめんこを腕の中から放しません!

さあ めんこ自慢までしたのだから、今回は...

STEP 3. めんこ対決をする!
みんな作ったので、実戦ゲームをしなければならないでしょう?
100%のメンバーたちが競技が最も期待される選手たちを選びました!
そしてその投票結果、

IMG_9047.jpg
IMG_9079.jpg
IMG_9089.jpg

口をあんぐりと開ける結果が出たというが、その結果は映像で確認してみましょうか?

100% - 中秋節 めんこ(feat.プチプチ)

http://tv.naver.com/v/2126972

このように100%も楽しい秋夕を過ごしました
ミヌの推薦のように、プチプチめんこを作って一緒に楽しむならば、もっと豊かな秋夕になるでしょう?

AS8A9834.jpg

みなさん楽しくて豊かな秋夕を過ごしてください~ これまで100%でした!


記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ミヌ  ロッキョン  チャンヨン  ジョンファン  ヒョクジン 
tb: --   cm: --

記事 「怪しい歌手」本物の歌手ジャックは100%のヒョクジンだった。  

※ 「怪しい歌手」は、ステージ上の人気スターがステージ裏の隠れた実力者の複製歌手として憑依し、
熾烈な対決を繰り広げる、奇想天外な音楽バラエティー番組です。
※ 수상한가수 「受賞した歌手」と「怪しい歌手」どちらの意味もあり、
言葉をかけているとは思いますが、英語のタイトルを見ると「怪しい歌手」でしたので修正いたします<(_)>
当日の映像はこちら

[ヘラルドPOP]アンディがプロデュースしたアイドルグループ、
100%のボーカル ヒョクジンのステージは切実なものだった。


18日放送されたtvN芸能プログラム「怪しい歌手」(演出ミン・チョルギ」では、
複製歌手の後、隠れた実力者歌手の熾烈な対決が繰り広げられた。

ジヌンが複製したシャドウ歌手‘ジャック’の正体は、
アイドルグループ100%のボーカル ヒョクジンと明らかになった。
パク・ソヒョンは、
「100%は今でもパフォーマンスがあまりにも優れており、
今後も逆転する機会がいくらでもあると確信している人なので、まっすぐに進んでいただきたい」
として惜しみない称賛と激励をした。

さらに、ヒョクジンの怨念解消ソングのステージが繰り広げられ、
ヒョクジンはステージが本当に恋しいとして、死ぬまで歌を歌うことみたいですと話して、感動を与えた。
怨念解消ソングが終わって、チョンジヌンはステージ下でヒョクジンをぎゅっと抱きしめた。

記事ソース


「怪しい歌手」ヒョクジン
「長い空白期 100%を知らせることができ、胸がいっぱい」(インタビュー)


[スポーツワールド]ボーイズグループ100%のヒョクジンが
「怪しい歌手」を通じて強い印象を残した。

100% ヒョクジンは、18日放送されたtvN「怪しい歌手」に
複製歌手チョン・ジヌンと共に出演した。
「怪しい歌手」は、夢を歌うステージの裏実力者と、
彼らの夢を応援するステージ上のスターサポーター(複製歌手)が
幻想的な呼吸を作り出す音楽芸能番組.

日陰にいるにはもったいない実力者を知らせるために、スターサポーターは、
年齢、職業、家族関係、性別、趣味、事情など、
実力者に関する全てのものを把握して、完全にその人になって、
インタビューからステージ上のパフォーマンス、歌リップシンクまでリリースして、
大衆の視線をひきつける。

この日、キム・ゴンモの「カッコウの巣の上に飛んでいった鳥」で、
審査員と観客の肩が揺れるステージをプレゼントしたヒョクジンは
顔が公開された後「怨念解消ソング」で、K2の「彼女の恋人に」を熱唱した。
趣あふれるステージとともに、甘美なステージを同時にプレゼントしたヒョクジンは
実力派ボーカリストとして注目をあびて良い反応を得た。

早くステージが終わって残念だったけど、100%の名前を知らせることができたし、
チョンジヌンと特別な思い出を積んできたとして喜ぶヒョクジン.
そのせいか、彼の音楽の歩みがさらに一層待ち遠しくて期待される瞬間だった。

-「怪しい歌手」に出演しました。 ユニークな経験だと思えます。

「長い間の空白期によって、多くの方が'100%'というグループをよく知りませんでしたが、
良い趣旨を持っている番組「怪しい歌手」に出演して、
'100%'を知らせることができる機会が与えられてとても良かったです。」

-名前も顔も露出しないまま裏で歌った。 気持ちはどうでしたか。

「何か気持ちが妙だった。
うれしいのに、一方ではじぃんとして色々な感情が複合的に吹きつけました。
それでも、ジヌン兄さんが走れば、僕も一緒に走っておもしろく呼吸を合わせました。
満足しました。」

- '複製歌手チョン・ジヌンはステージに上がる前どんな話をしましたか。

「本当に全部置いて楽しもう!」「興奮してピッチが出てもいいから楽しく楽しんで歌ってほしい」
「一緒に遊んでこよう!」と言ってくれました」

-顔が公開された時の感じはどうでしたか。

「ドアが開くのにとても震えました。
ステージ裏から僕を知らせるために歌を熱心にしたとすれば、
公開された後にステージに上がった時は、
人をすべて見せて確実に知らせる場であり、とても緊張しました」

-長い空白期を持ったので、歌を歌ってステージに立つという感じが特別なようですね。
ヒョクジンにとって音楽とステージというのはどんな意味ですか。


「一度ステージに上がった人は、ステージの味を忘れることはできないようです。
空白期に多くの理由で大変な状況が多かったですが、
その中でも一番大変なのは、ステージに切実なほど立ちたかったけど、
心とともには簡単にはならない現実と、ステージに対する恋しさが一番大きかったです。
音楽は僕が息をしながら生きていく基本的な行動のようにそのもの。
僕の体の中の一部分です。」

-どんなボーカリストで大衆の記憶に残ったらと思いますか。

「僕のロールモデルはキム・テウ先輩です。
チーム活動をしながらも、独歩的なボーカルを大衆に認められたし、
ソロ活動にも大衆みんなが楽しめるヒット曲を排出して旺盛に活動されています。
また、オーディション番組から審査委員まで引き受けて、
すべての人に歌手での能力を認められているので、
僕も必ずそのように多くの人々の記憶の中に残ったら良いと思います。」

-今年の下半期の100%の活動計画は?

「国内でも海外でも、音楽放送やよび各種番組に出演して、
旺盛な活動を通じて、ファンの方々をたくさん訪ねようとします。
もしも過ぎ去って偶然に100%の活動の姿を見ることになれば、
多くの応援と関心お願いいたします。」

-最後に、活動の覚悟は?

「すべての方々に僕の経験、僕の感情、そして共感、祝賀など
歌で一つになって近付いていく歌手になるために、一生懸命瞬間すべてに積極的に歌いたいです。」

記事ソース


「怪しい歌手」 'チョン・ジヌン敗。100% ヒョクジンが本物の歌手

[OSEN] 「怪しい歌手」本物の歌手ジャックは100%のヒョクジンだった。

18日放送されたtvN「怪しい歌手」で、
複製歌手チョン・ジヌンは、ヒョクジンの代わりにジャックという名前でステージに立った。
キム・ゴンモの歌を情熱的に歌ったが、複製歌手ジャンドヨンに負けてしまった。

バックステージで登場した、本物の歌手はヒョクジン。
彼は「絶え間なく分からない空白期が長くて難しい時期がありましたが、
もう一度やってみようという気持ちで、昨年10月から活動しています。
一生懸命しているのできれいに見ていただけたらと思います」と感想を述べた。

パク・ソヒョンは「今後、逆転のチャンスはいくらもあると確信しています。
あきらめないで直進してください」と激励した。
チョン・ジヌンも「僕のために負けたようでごめん」として、「これからも歌い続けてほしい」と微笑を浮かべた。」

記事ソース


[エクスポーツニュース] 「怪しい歌手」'ジャックの正体は100% ヒョクジンだった。

18日放送されたtvN 「怪しい歌手」には、100%のヒョクジンが出演して歌唱力を誇った。

デビュー前から、ファンカフェ会員が2万人だったと明らかにしたジャックは、
「デビュー6年目ですが、まだ新人アイドルの扱いを受けます。
音楽番組に行けば「あの子たちは誰なの?」という声を聞きます。
2年間休んでチームが解散したといわれる方たちもおられました」と話した。

引き続き、ジャックは、キム・ゴンモの「カッコウの巣の上に飛んでいった鳥」を選曲して、
きれいな高音を披露しながら楽しいステージを作った。
複製歌手チョン・ジヌンのダンスが加わり、さらに一層楽しいステージが繰り広げられた。

しかし、最初の対決でオーディション 番組TOP4出身の장수に会ったジャックは、
1ラウンドで惜しく敗れた。
公開された彼の正体は、神話のアンディが製作したアイドル グループ、
100%のボーカル ヒョクジンだった。

彼は出演理由に対して、
「絶え間なく分からない空白期が長くて難しい時期がありましたが、
もう一度やってみようという気持ちで、昨年10月から活動しています。
一生懸命しているのできれいに見ていただけたらと思います」と震える感想を述べた。」

記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 100%  백퍼센트  ペクポ  ヒョクジン 
tb: --   cm: --

[ポップインタビュー②]100%「僕たちの音楽色?白になるよう願います」  

[ポップインタビュー②]100%「僕たちの音楽色?白になるよう願います」

①の続きです。

5年という時間が流れた。年次に計算したら既に6年目のグループになった。
過去2012年のシングル「WE, 100%」でデビューした100%は、
いつの間にか音楽放送の控室に行けば、最も年次が高い先輩になっていた。

しかし、空白期が長かったからだろうか。100%は自分たちがまだ新人のようだと話した。
自分たちは常にデビューする気持ちで活動をしていますが、放送局を訪ねて行く時は、
多くの後輩たちに挨拶を受ける先輩の立場というものがぎこちなく感じられもした。
また、物足りなさも大きかった。

201703061349533469188_20170308142127_01_20170308150511337.jpg

「何か残念だったという感じもあります。時間だけが6年満たした感じということでしょうか?」
(チャニョン)

「僕たちを6年目に見てくれるのだろうかと思って... 。僕たちは見せられるのも多いですが、
「あの子たちは6年目なのに、あの程度しかできないの?」と見られるかと思って、心配になったりもします。」
(ロッキョン)

「僕たちは、年次に対する考えをしない方がいいという感じです。
僕たちがデビューして5年になりましたが、活動をした時間に計算すれば、
本当に少しにしかなりませんでした。」(ミヌ)

100%は自分たちが消化可能な音楽の色についても、無限の可能性を残しておいた。
リーダーミヌは、100%の音楽の色について、
「白ならばいいですね。どんな色にでもなることができるでしょう。
事実僕たちが、100%を思い出した時にどのような色が浮かぶかを認識させることができないほど、
活動がなかったため、それが僕たちの強みだと思って、
いろいろな試みをしてみなければならないようです。」と率直に語った。
まだ聞かせる音楽と見せてくれるステージがさらに多いということだ。

「「ゴージャス」程度、遊んではいけません。徹底的に遊ばなければなりません。
クラブから本当にうまくやってる兄さんのように出てきて
「今日僕が最高だ」こんなコンセプトのステージがしてみたいです(笑)」
(ミヌ)

それなら、100%が持つ強みとは何だろうか。 毎日のように歌手たちのカムバック記事があふれて、
歌謡界のシーズンとオフシーズンを区分することが意味ないほど、
新しいグループが新しい曲を続けて発表する。
100%と同時期に活動しているボーイグループだけを見ても、
BTOB、防弾少年団、SF9、クロスジーン、VAV、ビクトン、NCT DREAM等がある。
ボーイグループ洪水ともいえる状況の中で、100%だけが持っている強みに対してたずねた。

「いつも話すことですが、僕たちの強みはステージ上のライブだと思います。
うん、他に何があるでしょうか(笑)」
(ヒョクジン)

「他のグループも本当に上手ですが、僕たちは今回ボーカルの成熟さと多様性をお見せしようしました。
今回みんなパフォーマンスに重点を置いて出てきましたが、
僕たちだけ他の色で出たんですよ。そこに集中して見ていただきたいと思います。
僕たちもそれなりのパフォーマンスをしながらライブを見せるグループでしたが、
今回はボーカルに重点をおこうして、パフォーマンスを除いたんですよ。」
(ロッキョン)

201703061349533469188_20170308142251_01_20170308150511377.jpg

100%は新曲「어디 있니(どこにいるの)」のステージをひたすらメンバーたちの声だけで満たした。
パフォーマンスはしばらくおろした。初めて試みたステージを自分たちではどのように見たのだろうか。

「事実、負担に少しなります。ひたすら声だけでステージを満たさなければならないので、
ちょっと心配になって、少しぎこちないです。体を動かしながら表現している途中で、
歌声と表情だけで感情を伝えなければならないのが、最初はぎこちなかったんですよ。」
(ヒョクジン)

「メンバーは素晴らしかったんですよ?メンバーみんな上手だと思いました。」
(チャンヨン)

「みんな客観的にモニタリングする方です。見ながら「かっこいい」「変だ」すぐに言ってくれます。
僕の場合には、眠そうに見えるという声を多く聞きました。元々目がちょっと眠いようにみえますが、
感情に没頭するともっと瞳を閉じるようになって、目を開けなさいと言うんですよ(笑)」
(ジョンファン)

「僕は、チャニョンがラップしながら出てくる時素敵でした。なんだかほろ苦いようです」
(ヒョクジン)

特にチャニョンがロッキョンの姿を真似して
「ロッキョン兄さんがアドリブをする時、体をちょうどポッピンします。」
と言うと、メンバー全員笑いを噴き出した。これにロッキョンは少し顔を赤くして、
「音楽番組が終わって出ますが、メンバーが他の方々もおられるエレベーターの前で
「ああ、ロクチャ(ロッキョンのニックネーム)ポッピンする?」と言いながら、
4人が突然ダンスを踊るんです。(...) 若干リズムのあるアドリブなので、
僕がそのリズムに乗らなければ声がそんなに感じられないようでした。
だから、自然にすると言ったけど….ちょっと恥ずかしかったです。」と言って、メンバーたちをさらに笑わせた。

「ロッキョンが歌に集中してるのがわかります。
僕たちは面白く真似しましたが、客観的に見た時、とてもかっこいいです。」
(ミヌ)

「ああ、僕はミヌ兄さんがヘアスタイルも金髪にして、
センターで顔がよく見えるように、5対5でぴったりわけて
「僕がビジュアルだ」このように出てくるのがカッコいいんですよ。
MVでも兄さんが女性主人公とせつないドラマを撮りましたが、
今回兄さんの「カッコよさ」は見えないかと思います。」
(ジョンファン)

201703051026771948_58bb6dc59b5a8_99_20170305111603_20170326222056f5a.jpg

その後もメンバーたちは、愉快にお互いの自慢話を続けた。
いたずらをしたりもしながら、インタビューの間ずっと笑いが絶えなかったし、
気持ちの良いエネルギーにあふれていた。 この気勢がファンにも伝えられたはずだ。
ミヌは、自分自身が聞いた気持ち良いほめ言葉の一つで、
「'愉快なエネルギーを与えるグループ」という言葉をあげた。

「僕たちの公演を見てくださった言葉をみると、エネルギーを注いでくる感じではなく、
受けてくる感じで若返るようですという方が多かったんですよ。
「僕たちがエネルギーを差し上げようと努力するだけに、
それを受け入れてくださるんだな、伝わっているんだな」そんな感じがしました。
観客の方々にエネルギーを差し上げているようで、今後もそういう言葉をたくさん聞きたいです。」
{ミヌ)

それなら、今後聞きたい賞賛や修飾語はどのようなものだろうか。

「「信じて聞く」100%です。「100%の歌は信じて聞くだけのことがある」
それとともに聴いていただけたらいいですね。
事実アイドルグループの歌に対する忌避がある方もいらっしゃるんですよね。
そんな先入観を僕たちは避けることができたら良いという考えです。
100%の歌は、アイドルグループだけど、
良くて聞くだけのことはあるという言葉を聞くことができるグループになりたいです。
100%は歌だけでステージをいっぱいに満たして、
私たちの耳を楽しませることができるんだ、そんな感じになれば、それが僕たちの成果だと思います。
それが今回のアルバム発売前に立てた目標でもあります。
それでも今回のアルバムを聞いてくださった方々の反応を見ると、
そのように受け入れてくれてくださっているようですね。
とても感謝して、これからもそう聞いていただきたいですね。」
(ミヌ)

③に続く(近日中にします<(_)>)


記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ 
tb: --   cm: --

記事 [スターの音楽]100%ミヌのおすすめ曲は?  

【スターたちの音楽]100%ミヌ - 、リーダーたちの推薦曲は?
※明日ライブで時間がなくてペクポだけ訳します、どうもすみません<(_)>

thumb_4hny4201703161908161144.jpg

★スターたちはどのような音楽を好んで聴いているか。
音楽は私たちの生活と密接につながっている。
朝、目覚めた時から眠るまで、道を歩いていても私たちのそばに留まっている。

それなら、大韓民国の芸能界スターたちが好んで聞く曲は何だろうか。
そして彼らが推薦する曲はどんな音楽だろうか。
このような疑問を解決しようと、イシュー・デイリーは'共通点'を持ったスターに聞いて
'スターたちの音楽'を聞かせたいと思う。

今回はTOP MEDIAに属している100%の輝くリーダーの推薦曲である。
100%はリーダーミヌを中心に、
ヒョクジン、ロッキョン、チャニョン、ジョンファンの計5人のメンバーで構成されている。
2012年シングルアルバム'WE、100%'でデビューした彼らは、
2014年'U Beauty'活動後、約2年の空白期を破って、再び歌謡界に戻ってきた。
最近では、日本で成功的なデビューを行って'韓流アイドル'として翼を広げている。

TOPMEDIAの100%。
チームのリーダーが推薦する曲は何だろうか。
1日1曲からファンに必ずおすすめしたい曲まで調べてみよう。

★1日1曲
100% ミヌ: 「I Could Give You Love」Lasse Lindh


ドラマ「ロマンスが必要2012」のOSTに収録された曲。
夢幻的なメロディーにアコースティックな演奏と歌詞が映像とマッチしている。
「一日をはじめる時や移動中の車の中で聞くと、わけもなく気分が良くなりますよ。
特に天気の良い日に聞けばドキドキするようになります。」


★つらい時に自分をなぐさめている曲
100% ミヌ: 「내 입술 따뜻한 커피처럼」 샵(THE S#ARP)


~泣かないで もう過ぎたことだよ 人生という線の上じゃただの点だよ
生きていれば誰しもが経験することだよ 大人になるための過程にすぎないよ~

「大変で、すべてをあきらめてしまいたい時に、この歌、特にその部分を聞くと、
なだめてくれるかのように、疲れた心を癒してくれるような気がします。」



記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: ペクポ  백퍼센트  100%  ミヌ 
tb: --   cm: --

記事 【ホワイトデーおすすめの曲①】100% #Only U  

【ホワイトデーおすすめの曲①】100% #Only U

2017031401822_0_99_20170314151503.jpg

「여자친구 GFRIEND と100%が'ホワイトデーとよく合う歌を推薦した。

여자친구 GFRIENDは去る6日、4枚目のミニアルバム'THE AWAKENING'の発売を記念して
インタビューを行っており、
100%も先月22日にミニアルバム'スケッチブック'発売記念インタビューを進めた。
この両チームにそれぞれ、14日ホワイトデーが近づいてくるだけに、
自分たちのアルバムの収録曲のうち、ホワイトデーと似合うおすすめの曲をお願いした。

여자친구 GFRIENDの推薦曲は '화이트'と '물들어요'
(説明略。すみません<(_)>)

2017031401822_2_99_20170314151503.jpg

◆ミヌの推薦曲「Flavor」
Flavor 100% 日本語字幕

100%の最初のミニアルバム「Real 100%」に収録された「Flavor」は、
100%の感性バラードを望んでいたリスナーが好むようなせつない曲で、
メンバー1人1人のせつないボイスと個性的なラップが調和を成している。
ミヌは該当曲を推薦しながら、
「ベタベタすることはありますがホワイトデーだから」という言葉を残し、
これに対しロッキョンは、「ミヌ兄はベタベタしなければ好きじゃない」と石の直球を飛ばして笑いを誘った。


◆ロッキョンの推薦曲「예뻐서 그래」
100%V - 예뻐서 그래

声に重点を置いて結成したユニット「100%V」の最初のシングルアルバムに収録された曲である。
Vは、Voice、Victoryの意味で、100%のメンバーの中で、
ロッキョン、ヒョクジン、ジョンファン、チャンヨンで構成された。
収録曲である「예뻐서 그래」は「彼女がきれいなので、たびたび見つめることになる」という歌詞が印象的な曲で、
はつらつとした歌詞くらい明るいメロディーが、愛がはじまった時のときめく感情をそのまま伝える。
誰かに必ず聞かせたい、また聞きたい告白ソングである。


◆チャニョンの推薦曲「Only U」
백퍼센트(100%) Only U M/V

100%の最初のミニアルバム「Real 100%」に収録された「Only U」は、
軽快なダンス曲で恋に落ちた男の胸のときめきを表現した歌詞が耳をひきつける。
はつらつとしたメロディがアコースティックなギターの旋律とあいまって、誰でも恋に落ちたくなる。」




記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ 
tb: --   cm: --

記事 100%"ボーカル的な長所、他のグループにも認められて"  

[ポップインタビュー①】
100%"ボーカル的な長所、他のグループにも認められて"


グループ100%が4ヶ月ぶりにカムバックした。
2年3ヶ月という長い空白期、ファンたちの待つことを償ってくれるかのように、
あるいは渇きを満たしてくれるとでもするかのように、100%は日本活動を終えるやいなや、
国内カムバックのお知らせをサプライズ発表をして新しいアルバムを公開した。

100%は現在の新曲‘어디 있니’で活動中だ。
昨年10月発表したアルバム‘TIME LEAP’以後、4ヶ月ぶりだ。
当時100%はタイトル曲‘지독하게 (Better Day)’で長い空白期を破って活動を再開したし、
日本に渡っては、ショーケースをはじめとするプロモーション日程を消化してファンたちに会った。
その後の海外日程が終わるやいなや直ちに国内で再び新曲活動をはじめた。
忙しい日程だが、メンバーの顔はこれまで以上に明るかった。

201703051026771948_58bb6dc59b5a8_99_20170305111603.jpg

「今、休む暇もなく活動を続けていますが、それが本当に気持ちいいです。
僕たちは空白期が長かったでしょう。本当に活動したかったです。
このように忙しく動くのが、長い間望んできたことなので、忙しい渦中でも幸せです。
また「어디 있니」初放送以来、歌が良いと言ってくださる方が多くて、本当に気持ちいいです」(ミヌ)

「僕たちがダンス曲をしている中、今回はステージで歌だけなんですよ。
準備する時も、新しい気持ちで準備をしたし、自然に歌に感情を被せなければと思って活動を準備しました。
うまくいったようで気持ちがいいです。」(ジョンファン)

アルバムタイトル「スケッチブック」には、100%が絵の具と筆になって、
愛がはじまる感じと終わる感じをすべて描くという意味を込めた。
また愛する恋人との瞬間を忘れたくなくてスケッチブックに記録しておくという意味も持っている。

特に、タイトル曲「어디 있니(どこにいるの)」は、100%の声を聞かせることに重点を置いた曲だ。
ステージの上でパフォーマンスを最小限に抑え、ひたすらメンバーたちの声に集中するようにした。
「ボーカル金持ちグループ」という修飾語があるほど、
ボーカルのほうに特化されたグループであるだけに、その強みを十分に生かした。

「僕たちはこれまでダンスをしてライブを一緒にお見せしましたが、
今回は歌だけ聞かせて差し上げるステージを準備する必要がありました。
アルバム全体的に歌に神経をたくさん使いました。
僕たちの強みをよく見せしようとするには、耳に集中できることに気を使われなければと思って、
録音も修正を繰り返しながら心血を注ぎました。」(ミヌ)

「歌がとても高音です。
だから、高音部分が持つ訴求力のようなものを、さらに感じられるように気を遣いました。」(ヒョクジン)

「今回はダンスがないので、感情を見せる演技にさらに集中をたくさんしました。」(チャニョン)

100%が挙げた「어디 있니」の「キリングパート」は、
耳がぱっと晴れたさわやかな高音部分と、メンバーの声が持つ魅力が際立つ部分だった。
ヒョクジンは「高音にポイントを合わせようとするなら、最後の前兆になる部分がキリングパートだと思います。
2節では、前兆となって音がより高くなるんですよ」と説明して、
ロッキョンは「僕はミヌ兄の部分が本当によく聞こえます。
兄がぱっと盛り上げてくれて、ステージを集中して見たら本当によく聞こえるんです。」と伝えた。

2017030702636_0.jpg

100%は昨年「지독하게 (Better Day)」でカムバックし、「超高音」と「毒群舞」を打ち出した。
それだけ得意のボーカルラインの高音を存分に誇り、
ファンの耳を完全に虜にする、魅力の強いステージを見せてくれた。
今回の新曲「어디 있니」もメンバーが「朝に歌うのは少しきつかったです」とふざけて言うほど、
とても高い音域で成り立っている。
だから、ファンはボーカルラインのメンバーたちの喉の状態を心配したりもした。

「「TIME LEAP」のアルバム収録曲も高音だったけど、今回の曲はより高音です。
「지독하게 (Better Day)」の歌を初めて聞いた時も「どうしよう」と思ったけど、
熱心に練習をするからライブをする時楽に歌いました。
今でも練習をたくさんして鍛錬になったようです。」(ヒョクジン)

「ドライリハーサルする時、緊張をたくさんして上がります。
リハーサルの時、他のアーティストの方々も待っておられるんですよね。
他の歌手の方々が聞いておられるからさらに緊張します。
お互いに少し競争意識があるから、上手にする姿をお見せしたい気持ちがあります。
前後のチームはインイヤーで聞いているんですよ。
僕たちはボーカルを強みに押すグループなので、その方々にも認められたいのです。

GOT7のジャクソンと知り合いですが「지독하게 (Better Day)」活動時に、
「兄大当たり、超かっこいい」といってくれて良かったです」(ロッキョン)

100%の新しいアルバム「スケッチブック」を最初から最後のトラックまでずっと聞いていると
特異な点を発見することができる。
歌詞とメロディが反転されている曲たちが聞く楽しさを倍増させてくれるという点だ。
タイトル曲「어디 있니(どこにいるの)」だけを見ても、
別れた恋人をしのぶ別れの曲だが、メロディは明るい雰囲気で美しい。
「ある日」は沈んだような雰囲気を醸し出すメロディーが胸が痛い愛の物語を歌うようだが、
歌詞を見ると告白を控えたときめきを話している。
3曲目「夢占い」は、別れを否定する内容であるがメロディーは軽快である。

「盛りだくさんの感じがあるアルバムであり、そのままで聞けば憂鬱なアルバムかと思えるのに、
その中に告白の歌もあり、可愛いところが隠されている曲もあります。
僕たちも歌いながらとても楽しかったアルバムです。」(ミヌ)

「タイトル曲は、別れた恋人をせつなく歌って探す悲しい内容なのに、メロディーは明るくて歌詞は悲しい。
ボーカルの高音のために、さらにせつなく聞こえるのがポイントである曲です。」(チャニョン)

「タイトル曲もいいけど、今回のアルバムは特に収録曲にも神経をとてもたくさん使いました。
録音も修正もたくさんして歌がみな良いです。」(ヒョクジン)

201703061348323396596_20170308141526_01_20170308145711327.jpg

「タイムリープ」のアルバムも同じでしたが「スケッチブック」のアルバムは、
メンバーが自信を持つほど、聞く人々の感性に触れて、耳元にぐるぐるまわる曲で満たされた。
アルバム収録曲の話をして、「ある日」で「特別な休みの日ではないけど、
あなたがする返事によって、多分最も素晴らしい日になるだろう」という部分が特に良かったとほめると、
「僕たちは味気ないと考えました。
「なぜ特別な休みの日を考えながら告白しなければならない?」と思いました。」(ジョンファン)
「僕たちはちょっと自信感のある歌詞だったら良いのに、しきりに子供のように恥ずかしがって、
臆病な男の心情を描いた歌詞じゃないですか。
録音しながら「もっと幼くなる」と笑いました。」(ロッキョン)と愉快に自分の感想を伝えた。

このように「スケッチブック」のアルバムは、
全曲がタイトル曲といってもおかしくないほど良い曲がトラックを満たしている。
その中で「어디 있니(どこにいるの)」がタイトル曲に選ばれた理由は何だろうか。

「インパクトがありました。
1度聞いた時に「어디 있니(どこにいるの)」という歌詞が僕たちに残ったことのようです。
また、僕たちが前に出すことができる強みが高音でボーカルなので、
そのような点をアピールする良い曲だと思いました。」(ロッキョン)

「僕たちは少し壮大な重い曲が好きなようです。
僕たちの家族が「なぜお前たちはみな重くて壮大な曲を好きなんだ?」といいましたよ。」(ヒョクジン)

「僕たちはまだそんなに認知度があるグループではないから、
静かな歌を歌えば、大衆の方々が僕たちを覚えられないようです。
だから、ポイントとなる部分を聞かせてあげられる曲を探すことになることのようです。」(ロッキョン)

「ステージをした時にぴったり爆発する感じがあってこそ、目がいくんですよね。
「어디 있니」を初めて聞いた時、「これタイトルだね」と思いました。
僕たちは、実際に100%を先にお知らせして、歌を聞くようにする認知度はないと考えて、
歌で最初にアピールして、100%を見つけることができるようにするには、
耳にすっぽり入ってくる曲をしなければならないと考えました。」(ミヌ)

②に続く

記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン  ジョンファン  ミヌ 
tb: --   cm: --

記事 100%"先にデビューしたTEENTOP、喪失感が大きかった"  

[ささやかなインタビュー]100%"先にデビューしたTEENTOP、喪失感大きかった"
2017030702636_0.jpg

「画用紙といえるようです。白い画用紙にはどんな色にも染まることができるでしょう。
今回はバラードを持って出てきたように、いくつかの取り組みをして、
いくつかの色をよく消化していると思います。」

100%の色をたずねた質問に、悩んだ末に出した答えだった。

「いろいろな色を消化することができる」という言葉のように、
100%はインタビューの間中ずっと盛りだくさんの魅力で愉快な時間を作ってくれた。
歌を歌う100%を見るのとは明らかに違った楽しみだった。
このインタビューでは、本インタビューですべて入れられなかったささやかなエピソードをここに入れた。

インタビューを回っているが、大変な点はないですか?

「すごく面白いです。 早い時間だから、メンバーが眠たがる感じはありますが、
普通のインタビューをすると、騷いでふざけて笑っているうちに終わっています。」

(インタビューに点数を付けたら?)

「僕たちの100点のようでありますが、
必要とされて差し上げなければならない情報をすべて差し上げながら楽しんでいます。
一緒にインタビューした方々皆ファンになりました。」

- TEENTOP、UP10TIONと比較した場合、事務所内での位置づけは?

「すべてのアーティストの中で、
最も年次が古いアンモナイトと始祖鳥のようなメンバーが2名存在していて、簡単に触れられない感じ?
最初、先にデビューを準備しましたが、後に練習生として来たTEENTOPが先にデビューしました。
喪失感も大きくて大変でしたが、僕たちが事務所に長くなってみたら、
その方々なりに、僕たちを大切にする方法だったようです。
おそるおそるうまく作って出したい気持ちでそうしてくださったようです。
アピールできる部分を会社に話しやすいです。」

(会社で意見をよく聞きいれるほうですか?)

「そんなこともないけど、言われたことはするほうです。」

2017030702636_1.jpg

- お互いに力になったメンバーの言葉がありますか?

「言葉よりは、僕たち同士で旅行に行きました。
「僕たちこれからうまくやっていこう」「一生懸命やってみよう」と
固める旅行に出発したのに、その時お酒を飲みながら、
これからもうまくやっていこうと言った一言が多く届いたようです。」

(旅行で記憶に残るエピソードはありますか?)

「一日一日が面白かったです。元々僕たち本当に笑わせるんですよ。
旅行に行った時は、旅行という気持ちからもっとおもしろいですね。」

- 「リーダー」を任せてもかまわないほど信頼できるメンバーは?

「ありません(笑)
実は僕も、僕はリーダーとして適していないと考えて、お互いに助け合いながら足りない部分を満たしています。」

(悩みがあったとき打ち明ける人は?)

「困難が生じた時、探す分野で違います。
ロッキョンは長い過ごしてきたし、事務所の中での過酷な状況やチームの方向について話をして、
ジョンファンとは何か不満が生じたり、過ごして大変な点を話します。
このようなことから感じる理性的判断、考えが似ています。
賢明ではっきりしている友達にアドバイスを聞くこともあります。
チャニョンはこのような場合、仕事的な部分の他に、ストレスを受けた時に、予想できないエネルギーをくれる友達です。
反転の魅力があって、頼ろうとしなくても「リフレッシュ」させてくれます。
ヒョクジンは僕が見てヒーリングを受ける友達です。末っ子で可愛い性質で、
故郷が慶尚道のほうなので、他の土地から遠くに来た同質感もあります。」(ミヌ)

-メンバーたちと一緒にしたい番組があるなら?

「昔、神話放送のようなリアリティー番組を僕たち同士でしてみたいです。
単独で、メンバー同士でやってみたことないので、1度ぐらいはしてみたいです。
僕たちを無人島のようなところに投げて(?) 過ごすようにして、
カメラだけがぽつんとあって、狩猟もして、ご飯もして、そのような姿を見せたいです。」

-ロールモデルがあるならば?

「デビューの時は東方神起先輩でしたが、これからは僕たちの色を作って、
後輩たちが僕たちをロールモデルにしてくださったらという希望ができました。
そのような素敵な先輩になりたいです。 それほど素敵なことがどこにあるでしょうか。」

2017030702636_2.jpg

-最後に、必ず言いたかったことや、受けたかった質問がありますか?

「言いたいことはここ(100%20問20答)にありました。」↓


-100%知っていくこと(メンバー別 20問20答) 
★これはかなり正確に伝えたかったので、비위쥬 さんに訳を頼みました。後日また貼りますね!★

100%、ミヌ"冷笑的表情、誤解を受けることが多いです"
http://thestar.chosun.com/site/data/html_dir/2017/02/28/2017022801793.html

100%ロッキョン"歌手となったきっかけは? 周りの友達の推薦"
http://thestar.chosun.com/site/data/html_dir/2017/02/28/2017022801839.html

100%ジョンファン"脳がセクシーな方が理想"
http://thestar.chosun.com/site/data/html_dir/2017/02/28/2017022801947.html

100%チャニョン"好きな芸能人がげっぷをしたらどうですか。"
http://thestar.chosun.com/site/data/html_dir/2017/02/28/2017022801955.html

100%ヒョクジン"趣味は歴史の勉強すること"
http://thestar.chosun.com/site/data/html_dir/2017/02/28/2017022801985.html


記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ 
tb: --   cm: --

[話題 会ってきた人] 100%  

#백퍼센트(전예슬 기자)
#100%(ジョン・イェスル記者)

「100%は、第一印象から最後の姿まで記憶から忘れられないようです。
単独で進行したインタビューだったので、少しゆったりとした雰囲気の中で続けることができたから。
特にすべてのインタビューが終了し、最後の挨拶を交わした後、ほとんどの人は席を離れがちですが、
メンバーのヒョクジンは静かに近づいてきて、名刺を要請しました。
(通常はインタビューがはじまる前に記者が名刺を渡しますが、
メンバーの数が多いグループの場合、渡さない時があります。)
インタビューを進めた人を記憶しようとするものでした。
あわつぶの記憶に残るインタビューであり、グループであり、メンバーでした。」

記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ 
tb: --   cm: --

記事 Korepoコレポ「10asia+StarJAPAN 創刊記念LIVE」  

Korepoコレポ
#100パーセント のレポです!
「取材レポ」(100%編)ソンジェ(超新星)、MYNAME、100%、ハンビョル 豪華共演が実現!
“日本のファンの皆さんは僕たちの力です” 10asia+StarJAPAN 創刊記念LIVE開催!
http://korepo.com/archives/300171















記事中に画像が38枚あります。
こちら↓にサムネイルがあるので一覧からみてみてくださいね。
http://korepo.com/archives/300171/4

メンバーアップの15枚だけ下記に貼っておきます!

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ロッキョン  ペクポ  ヒョクジン  ジョンファン  ミヌ 
tb: --   cm: --

[ファクトiNスター]スターインタビュー100%出演 ネタバレ記事  

[ファクトiNスター]スターインタビュー100%出演
20170302_120120.jpg

芸能プログラム「ファクトiNスター」のスターインタビュー撮影のために
せつないバラード「어디 있니(どこにいるの)」でカムバックした
グループ100%がサンアムtbsオープンスタジオを訪ねてきてくれました。

KakaoTalk_20170302_173825103.jpg

撮影開始前のセルカタイムを通じて
緊張をほぐす100%!!

DSC00590.jpg
20170302_120535.jpg
20170302_121602.jpg

バラードコンセプトに合わせてじっくりと
撮影準備をしていますよ。

20170302_121822.jpg

メンバーたちの即興ダンス

※才能あふれるアイドルらしく
撮影がはじまると気の利いた姿も
たくさん放出してくれました。

20170302_121245.jpg
20170302_121542.jpg

既に「ファクトiNスタースターインタビュー」を訪問して下さったアイドルの方たちは
みんなダンス曲でパートを変えることに挑戦したくださったんです
バラード曲「어디 있니(どこにいるの)」のパートを変えるのが
より一層おもしろさを誘発する理由は
メインボーカルラインの超高音パートを
他のメンバーが消化しなければならないから
歴代最高難易度★★★★★



※映像の観戦ポイント
★チャニョンとロッキョンのお互いのパートを変えること
(ラッパーとメインボーカルのパート交換)
★"어디 있니"はメンバーパートの最適化されたカスタム曲だった


100%の愛嬌タイム

音楽番組では見られない100%の愛嬌タイム


"100%"の「오빠야」愛嬌映像
ねえオッパ♥♥♥
私本当に好きな人ができて~~
目の前にちらつく かっこいい100%のしっとりとした声!


デビュー曲「나쁜 놈 (BADBOY)」アイマスクダンス


100%のガールグループのカバーダンス


チャニョン チアリーディング

本来"100%"といえばダンスを置いてはいけないでしょう
パーフェクションのためにいろんなダンス映像を解放します


100%のタイトル曲-「어디 있니」

とてもとても~たくさんの写真と映像をもっと上げたいけど
本番の楽しさのためにこれでネタバレを終わらせます ♥♥

DSC00584.jpg
DSC00588.jpg
DSC00603.jpg
DSC00605.jpg

◆ネタバレでみな伝えられなかった
100%のメンバーのいろんな個人技は
本番で見ることができるとしたら
3月17日午後8時
ファクトiNスター必ず本番死守!~!~!~!

記事ソース

本番放送はこちらから
http://peachy100.blog.fc2.com/blog-entry-2122.html


[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン  ジョンファン  ミヌ 
tb: --   cm: --

記事 100% 新しく出発する感じ 焦燥感ない  

[インタビュー]100% 新しく出発する感じ 焦燥感ない

201703051026771948_58bb6dc59b5a8_99_20170305111603.jpg

去る2012年にデビューして今年で6年目グループだが、大衆には相変らず見慣れなく感じられる名前だ。
年次に比べて、活動も多くなかったし、認知度を積む機会も少なかった。
だが、歌の実力は誰と比較しても遅れをとらない。もう一度初心に帰った100%の話だ。

去る2月、100%はミニアルバム'スケッチブック'を発売して、タイトル曲'어디 있니(どこにいるの)'で活動をはじめた。
別れた後の後悔と痛みを、100%のトレードマークである高音でより一層最大化させた'어디 있니(どこにいるの)'は、
パフォーマンスを排除してボーカルにより一層集中した。

ミヌは「路線を変えたわけではなく、今回のアルバムで100%のスペクトルを広げようと思いました。
僕たちのステージを見て「バラードをしながらも、ステージをいっぱい満たすことができるんだね」
という認識を差し上げたかったです」という考えを明らかにした。

特に高音を強調することに対して、ロッキョンは最初は負担だったが今は大丈夫としながら
「差別化も必要で、僕たちの長所が高音にあるからそこに合わせるようです。
僕たちが前に出すことができる色が必要なようで好ましいようで、以降はさまざまな幅を広げて、
色々な音楽をしてみたいです。」と答えた。

2017030702587_1_99_20170307173604.jpg

今回の「スケッチブック」は、アルバムに続き、SWEETUNEと意気投合した。
100%にSWEETUNEとの呼吸を聞くと
「僕たちが持っている色を大切にしてくださって、魅力をよく選んでいただくようです」と感謝の気持ちを伝えた。
結果も満足だと。

さらに成熟した感性も目立つ。
特にミュージックビデオの男の主役でも熱演したミヌは
「僕たちは別れの歌が多かったが、別れの後の感情が変わったようです」として
「初めての歌が別れた後、怒りであれば、今回のアルバムは、別れた後の空虚、自己考察のような雰囲気で、
聞く方の年齢層が高くなっても共感することができそうです」と答えた。

完成度が高く、満足のいく結果が誕生したのは明らかな事実だ。
しかし、ラップメイキング(ラップの作詞)に参加したチャニョンを除いて、
メンバーの参加が少ない部分が少し残念に感じられた。
ミヌは「メンバー全員が作詞作曲の勉強をしていますが、空白の期間も長く、
年次に比べて、活動回数、アルバムが多くはなくて、
ゆっくりすれば、いつかは自作曲ものせることができるのではないかと思います」と話した。

正規アルバムを一度も発売していないことに対する物足りなさはないのか気になった。
ロッキョンは「僕たちが活動した時期は長くないので、
実際には中途半端な正規アルバムが出ても残念そうです」として、
「もう少し弾力を受けた時に正規アルバムが出たら良いし、
今はしっかりとした姿を1つずつお見せしたほうが良いです。
正規アルバムを出すならば、その時は自作曲を入れたいです」と表した。

2017030702587_2_99_20170307173604.jpg

メンバーが引き続き言及したように、100%には常に長い空白期が存在してきた。
各アルバムを発売するタームも長かったし、
去年'TIME LEAP'が発売されるまでは、なんと2年3ヶ月という時間がかかった。
空白期だけでも大変なことが明らかな事実なのに、
2014年にはメンバーサンフンが脱退したし、続いて2016年にはチャンボムが脱退した。
残りのメンバーたちも、脱退そして'100%'というグループに対して悩む他はない時間だった。

ロッキョンは「男性には軍隊の問題もあるから、これからの未来がよく分からなかった時に、
軍隊に先に行こうかとも考えましたが、あきらめる心は絶対にありませんでした。
あの時、お互いを置いたとしたら、おそらく今大変ではなかったんでしょうか」とメンバーのせつない心を伝えた。
実際この時期にミヌは軍を終わらせて帰ってきた。
チャニョンも「状況が精神的に大変なだけでした」と脱退については考えてみなかったと答えた。

大変な時期を耐えることができた原動力は、誰でもない自分たちであった。
メンバーたちがお互いに力になって、「チームワーク」が固かったから「100%」を守ることができた。
「紆余曲折を経験してみると、お互いが必要であることをみんな認識しました。
もうチームワークのために努力する過程がなく、一緒にいると楽しくて面白いです」

同年にデビューしたEXO、B.A.P、BTOBなど、さまざまなアイドルとの比較は大きく意識しない。
「空白期が長くなり、路線を別にしました。
新たに出発する感じが強く、年次に応じてある程度なしとげなければならないと、
そんな焦りを出せば、すぐに疲れて放棄しそうです。
その方たちと比較することは全くないようで、僕たち同士の道を作ることが重要なようです。
早く上がるのもいいですが、ゆっくりと長い時間大衆のそばに留まって呼吸をしたいです。」

「可能性が高いグループになりたいです。 ファンの流入が多いことももちろん良いですが、
多くの方のプレイリストに歌が良くてたくさんあったらという望みがあります。
焦らないで、ゆっくり僕たちの音楽をたくさん聞きたがってくださる方々が増えるなら幸せなようです。
良いステージで一生懸命努力して、一歩一歩上がることができる歌手になります。
歌をたくさん愛していただいて応援してくださったら良いでしょう。」


記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン  ジョンファン  ミヌ 
tb: --   cm: --

記事 100%、実力が100%…チームワークも100%(インタビュー)  

100%、実力が100%…チームワークも100%(インタビュー)

ミヌ、ロッキョン、ジョンファン、チャニョン、ヒョクジンで構成された、5人組グループ100%をもう少し詳しく見てみると、
歌とダンス、何1つ抜け落ちることのない、優れたグループであることを知ることができる。
実力派という言葉を聞くには、全く不足のない歌とパフォーマンス、
粘着性のあるチームワークを通じて出てくるグループの化学反応には十分に注目をしてみる必要がある。

昨年10月に2年の空白期を破って「지독하게 (Better Day)」でカムバックした100%は、
今回は長い待機なしにすぐに戻ってきた。
4ヶ月ぶりのカムバックは、メンバーたちにも嬉しいニュースだった。
ロッキョンは「ひとまず早く再び出てくることができてよかった。
日本活動をしていたところ、突然録音をすることになりましたが、韓国でカムバックというのがとても良かった」と話した。

201703051026771948_58bb6dc59b5a8_99_20170305111603.jpg

「지독하게 (Better Day)」で強いイメージを披露したとすれば、
今回のタイトル曲「어디 있니(どこにいるの)」は、離れた恋人を探す感情が重要な曲だ。
これに加えて「지독하게 (Better Day)」超高音というタイトルを付けて、
高音を前に出したように、今回の曲でもヴォーカルメンバーたちの高音が特徴的である。
2回連続で100%と作業したSWEETUNEが、彼らの能力値をきちんと評価したからだ。

「「지독하게 (Better Day)」よりも高いです。僕たちの曲の中で最も高いと思います。
プロデューサーの方が高音が私たちの強みだと思って、その色を見せてあげたがったようです。
ガイドを初めて聞いた時から既に高かったです。できるだろうか?できるんだろうか?でしたよ」

長年の間、多くのアイドルグループと優れた結果を見せてきたSWEETUNEとの連続作業はどうだったのかも気になる。
チャニョンは「僕たちの長所をうまく引き出してくれようとして、楽しく作業をしたようです」と話した。
ヒョクジンは「楽しくしましたが大変でした。歌ってから全部ひっくり返してまたやり直したこともあります」として
「僕たちの意見をたくさん聞いてくださいました。意思疎通が多くできた作業でした」と所感を明らかにした。
ロッキョンは「曲と僕たちのボーカル色を合わせようとたくさん苦悶されました」と作業過程について話した。

0002591877_002_20170304100022143.jpg

アルバムの全体的主題歌が愛であるだけに、どれくらい愛について分かりますかとたずねると、
アイドルの模範解答がかえってきた。長兄であるミヌは、1番最初にしらじらしい表情で
「僕たちがどのように分かります。本やドラマを通じて学んだのです」と答えた。
メンバーたちも「僕たちが言いたいことを兄が言いました。両親を愛する心でした」
と同調しながら、当たり前のように言葉を続けた。

「事実、僕たちも成熟したと思って歌を歌いましたが、
作曲家の兄は30代の淡々としたものを希望されました。それが大変でした。
歌を歌わなければならない立場では、混乱がありました」(ロッキョン)

「ロッキョンとヒョクジンが歌った「昨日の私に会う」という曲は、僕が聞いてみても、
30代くらいになってこそ理解できる虚しさがありました。
歌詞が深くて録音をものすごくたくさん修正しました。」(ミヌ)

「プロデューサーの方が望む感情の表現が難しいとみると、SWEETUNE兄が録音しながら
「酒をやろうか?」と聞いたりもしました。」(チャニョン)

ロッキョンはさらに「録音が終わって会話をしていると欲がわいたと言われました。
だから、要求されることがさらに多くなりました」と、
プロデューサーが彼らにどれだけの能力を引き出したがっていたのかを話した。
ミヌは「そのような要求にむしろ感謝しました」と、欲を出してくれたことがありがたかったとした。

0002591877_003_20170304100022168.jpg

芸能人に最も困難なことは、活動をすることができない時間である。
100%はそれでもメンバー同士で団結して、危機をうまく乗り越えてきた。
長兄と末っ子との年齢差が8才あるが、罪のない、隔てのない、序列のない関係は、
彼らが長く一緒いることのできる理由に見えた。
弟がミュージックビデオの中でミヌの演技に対し話して、「僕たちも知らなかったが俳優が合うよ」
「喜劇人だと思っていたけど、映画関係者だった。 ソ・俳優だった」と話すなど、
絶え間なくミヌをからかうかと思えば、序列1位を主張する末っ子ヒョクジンに
「そうだ君が1位ね」としてモラジュギをする姿で彼らの関係が見えた。
「2年休んだらみんなそうなります」という、解脱したような言葉も省けない。

そのような時間を持ちこたえて、もう一度リリースすることになった今回のアルバムは、
100%のスペクトルを広げることができた貴重な機会だった。
ミヌは「僕たちのアルバムを聴いてステージを見た時、
「あのようにステージをいっぱい満たすことができるんだね」と思ってもらえたら、
今回のアルバムは成功した感じのようだ」とした。

「スペクトルを広げることができる機会、できるものがもっと無限になる機会になるように願います。
これからもお見せすることが多いですが、
「信じて聞く100%の音楽」という信頼をあげることができる機会になったらいいですね。
耳を楽しくして差し上げます。」(ミヌ)

ジョンファンは「みなさんがどのような歌手が好きであれ、
そのプレイリストには、100%があるようにしたい」と素敵な言葉を付け加えて、抱負を伝えた。


記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン  ジョンファン  ミヌ 
tb: --   cm: --

記事 100%"波風の中、粘っこくなったチームワーク..友情ではなく家族愛"  

[インタビュー]100%"波風の中、粘っこくなったチームワーク..友情ではなく家族愛"
201703051026771948_58bb6dc59b5a8_99_20170305111603.jpg

去る2012年にデビューしたグループ100%(ヒョクジン、ロッキョン、チャニョン、ミヌ、ジョンファン)は
いつのまにか6年目のグループになった。
決して短くない時間の中、彼らは音楽の絆を離すことなく続けてきたが、自身の意志とは異なり、
国内アルバムの成績は良くなかった。
しかし、もう少し近くで100%を見てみると、容貌から実力まで、抜け目のないグループであることが分かる。

今回は「超絶高音」で帰ってきた。
最近発売した新曲「어디 있니(どこにいるの)」は、別れた恋人をせつなく呼ぶ悲しいバラードだ。
洗練されたメロディの中に100%特有の高音が耳をひきつける。
「지독하게 (Better Day)」に続いて2回連続で100%と作業したSWEETUNEは、彼らの魅力を倍増させた。

「今回のアルバムは本当に準備をたくさんしました。
修正の録音もたくさんしました。熱心にしただけに結果が良いと思います。 周りの反応も違います。
しかし、チャートの成績は欲がないように静かです。
今回は僕たちの色だけははっきりと見せたようなので満足しています。」

100%は今回のアルバムで専売特許であるダンスを置いて、スタンドマイクを握った。
'超絶高音'に集中して、歌唱力を十分に証明してみせるという意志だ。
ボーカルを担当しているヒョクジンは、「高音に対する負担感はありません。ファンたちが好きであれば、
もっと高音を出すように努力するのが僕たちがすべきことではないか」と打ち明けた。

「今回は歌がとても良くて、歌そのものに対する自信がありました。
そのため 'アイドルだからダンスを必ず踊らなければならない?'という気がしました
ダンスをすれば、歌をお知らせするのにひょっとして邪魔になるかと思って歌だけに集中することにしました。
それで華麗なダンスを踊るかわりに、スタンドマイクの前に立つことになりました。」

201703051026771948_58bb6dc648bb6_99_20170305111603.jpg

このように100%は、歌とダンス、何1つ不足したものがないグループだ。
実力派という修飾語が付いても、全く過言ではないほど。
これに欠点のないパフォーマンスを通して出てくる固いチームワークも100%の強みだ。
100%のメンバーらも口を揃えて
「僕たちは友情、義理、このようなものではなく家族愛があります」と強調した。

「メンバーの再編成など、いろいろな荒波を経験してみると、僕たちの間で生き残ろうとする共同の目標ができました。
お互いがどんな存在なのか分かるようになって、'お前じゃなければならない'という気持ちが生じたようです。
妬みや嫉妬ではなく、メンバーそれぞれの必要性を認識するようになりました。
そして、お互いを大切にすることになったようです。 僕たちは僕たち同士で尊重して、ありがたく思います。
そのような過程が僕たちのチームワークを粘っこくさせたようです。」

さらにヒョクジンは、自分自身に芸能番組の交渉が来ても、ミヌに渡すことを約束して、特別な義理を誇示した。
彼は「ミヌ兄さんが話がうまい。そして、誰よりも100%を考えている人です。
僕たちがおなかがすいたといえば、母親のようにさっとご飯を作ってくれたりもします」と自慢した。
これに対しミヌも、「どこに出ていこうとも、機会があれば、100%を知らせてきます」と答えた。

しかし、あいにく100%は、複数の音源強者たちのカムバック時期とかみ合うようになった。
100%は、「小さな希望があるとすれば、その歌手のファンの方々が、一緒に活動する僕たちにも関心を持ってくれたら嬉しいです。
好きな歌手の音楽も聴きながら、僕たちの歌もプレイリストに追加してほしいです」と呼びかけた。

それなら、100%の目標は何だろうか。
100%は「白い画用紙のようなグループになりたいです。
白い画用紙のように、どのような服を着せても消化したいです。
今回はバラードに戻ってきましたが、様々なジャンルの曲に挑戦する計画です。
音楽的スペクトラムを広げると、僕たちができるものもさらに多様化することができないでしょうか。
白いイメージを守っていきたいです」と抱負を表わした。

「たまにアイドルの歌は避ける方々がいらっしゃいます。
しかし、100%の歌は大丈夫だという認識を差し上げたいです。
100%というグループが「いろんな音楽するんだね」「幅を広げていくんだね」と認めてくれる日が来ると信じています。
アイドルという路線を否定して、ということではありません。
しかし、今後も100%の音楽だけは信じてお聞きになってもかまいません。」


記事ソース

※以前までPC表記を優先した改行をしてきましたが、
スマホでは改行が多くなり読みにくいという意見もあり、テストとしてしばらく
少しスマホ表記も意識して長めの文章で改行、羅列してみます<()>

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン  ジョンファン  ミヌ 
tb: --   cm: --

記事 100%「NCT DREAM、男が見てもかわいいグループ」(インタビュー)  

100%「NCT DREAM、男が見てもかわいいグループ」(インタビュー)
100-nct-dream.jpg

100%がNCT DREAMに向けた愛情(?)を表した。
先月22日、新しいミニアルバム'スケッチブック(SKETCH BOOK)'を発売し、タイトル曲'어디 있니(どこにいるの)'でカムバックした100%が注目している新人グループを問う質問に、NCT DREAMと答えた。
チャニョンは「その友達がさわやかで上手だったんですよ。幼い友達なのに目がいって、男が見てもとても可愛かった」と話した。
ミヌは「本物のステージから降りてくるのに、初対面なのに可愛いかったので、よくやったなとなでたかった」と付け加えた。
さらにロッキョンは
「彼らの1番年上が僕の妹と年齢が同じです。
僕の妹も1999年生まれなのに、それよりも若い友達がいると聞いて、びくっと驚きました」として
「僕たちだけおじさんにみえる」と心配の心を表した。

続いて、100%は、デビュー6年目のグループとして残念なことがあるか?という質問に、もう一度の年齢について言及した。
チャニョンは「僕たちの平均年齢が少しあるのが残念だ」「今出てくる友達はとても若いのに、それがうらやましかった。
後輩のようではなく、同じ同期のような感じなのに、僕たちがあまりにも先輩で年齢も多い」と話した。

さらに、最近のエピソードを伝えて
「驚いたことがありますが、音楽番組で僕たちのデビューが最も古かったんです。
僕たちは気楽でも、その方たちには僕たちがご迷惑でしょう?おじさんたちが出てくるといって」
と冗談混じりの返事で笑いを誘った。

100%は最近タイトル曲'어디 있니(どこにいるの)'で活発な活動を繰り広げている。


記事ソース


[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  NCTDREAM  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン  ジョンファン  ミヌ 
tb: --   cm: --

[フォト]100% 視線捕らえるイケメンのビジュアル  

【CBCニュース]グループ100%が、2月27日午後アリラン国際放送スタジオで行われた
アリランTVの音楽番組「シンプリーK-POP(Simply K-POP)」254回の録画に参加して素敵な舞台を披露している。
301552_92673_5450.jpg
301554_92677_5616.jpg
301553_92675_5529.jpg
301555_92679_577.jpg
301550_92671_5337.jpg

※チャニョンのはありませんでした<(_)>
記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tb: --   cm: --

記事 100%"2年3ヶ月の空白期、最悪であり最高の時間"  

170228 100%"2年3ヶ月の空白期、最悪であり最高の時間"

170223 (6)

グループ100%(ヒョクジン、ロッキョン、チャニョン、ミヌ、ジョンファン)は、
2012年9月にデビューしてもう6年目を迎えたグループである。
少なくない時間、アイドルの道を歩んできたが、期待とは裏腹に、活動が止まっていたことが多かった。
その時間に、100%はたくさん挫折したし、一方、より多くの夢を見た。

去る2014年3月、1番上の兄であり、リーダーであるミヌが入隊した後に、
ミヌを除いて短い活動の後、長い空白期が続いた。
ひっきりなしのカムバックと活動を通じて、生命力を増していくアイドルに
2年3ヶ月の空白期は耐えがたい厳しい時間だった。

「暗鬱(あんうつ)」という言葉で綴られた2年余りの時間、旅行もして、将来のための準備もした。
ただし100%は自ら望んではおらず、与えられた空白期だったので、重苦しいため息の日々だったと振り返った。
その一方で続いた一言。
「その2年が1番大変でしたが、1番幸せな感情も持ってきました。」

その時以降、ミヌが兵役を終え、再び1つになることになり、前とは違った。
「再び心を集めました。100%というグループについて考えてみました。
以前は会社や他人が提示してくれることを受け入れたとすれば、今は僕たちの人生も見渡すことによって、
メンバーたちを同じ道を行くパートナーとして認識するようになりました。
そのような過程を通じて、とても粘っこくなる契機になりました。」

ヒョクジンはまた
「その当時は不幸でしたが、その期間があるためさらに粘っこい友情と家族愛が発生したようです。
お互いをより尊重するようになりました。」として、
「1番大切なことは、ほとんどのことは痛くないです」と打ち明けた。
誰でも経験しえる成長痛だが、
「ほとんどのことは痛くないようになりました」という言葉が痛く聞こえた。

ミヌはリーダーであり、1番上の兄として、メンバーたちを促して、雰囲気をやわらかくした。
「メンバーがそれぞれ100%という共同のグループに根を下ろして、最後まで一生懸命いってみたい」として、
「焦りも野望も捨てて、したい音楽をしながら、余裕を持ちたいです」と強調した。

201702281340123689_2_99_20170228134703.jpg

今回のカムバックで100%は専売特許ダンスを置いて、マイクを握った。
特有の高音と感性が目立つアルバムだ。
「アイドルグループなのに、音楽だけで満たすことができるという認識を差し上げたかった」という100%は
「僕たちがとても成熟して、強烈な男性のセクシー美をお見せしたかったが、
バラードで初お目見えすることになりました」とカムバックコンセプトを紹介した。

振りつけの練習が抜けた場所は録音が占めた。
明け方まで振りつけ練習をしていたら、今度は明け方まで録音室にいた。
することができなくて再び歌って、直しては歌った。
「ダンスではなく、ひたすら顔と表情と歌、声だけ聞こえるから、さらに負担になって緊張する気がします。
ダンスがなくてぎこちないです。」

「本当に作ってみたいアルバムでした。
可能性を開いておいて、より多様な音楽をしたいです。
100%がどのような形態にでも変身できるということをお知らせしたいです。
'信じて聞く100%(믿고 듣는 백퍼센트)'として→'믿듣백'という言葉を聞けたら本当に良いです。」

タイトル曲'어디 있니(どこにいるの)'は、別れた恋人を切なく歌う悲しいバラード。
100%特有の高音が耳を刺激する。
別れの後の後悔と結局元に戻すことはできない状況の痛みを叫んで歌うようなボーカルがさらに切なくて感じられ、 歌が終わっても、1人残された男の悲しい余韻がずっと耳元から離れない曲だ。

記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン  ジョンファン  ミヌ 
tb: --   cm: --

記事 100%"高音のタイトル曲戦略、通じたでしょうか"(インタビュー)  

100%"高音のタイトル曲戦略、通じたでしょうか"(インタビュー)
170223 (6)

アイドルグループ100%(チャニョン、ジョンファン、ロッキョン、ミヌ、ヒョクジン)は、
去る22日に発表した新しいミニアルバム「スケッチブック」のタイトル曲
'어디 있니(どこにいるの)'を掲げ、活動を再開した。 空白期間は思ったより長かった。
5人組の再編以後、準備期間も長くなり、活動を中断することになった100%は(※1)
今回のアルバムに対する特別な心構えを持っていた。

戦略も新しく練り直した。
ボーイズグループのステージで難なく見ることができるパワフルなパフォーマンスの代わりに、
スタンディングマイクを立てて、ボーカルに集中する差別化を試みた。
音楽放送のステージでも100%のステージは雰囲気の転換においては、なかなか良い効果をかもし出した。

さらにタイトル曲'어디 있니(どこにいるの)'には、
簡単に消化するのが難しい高音パートが含まれている。
チームのボーカルラインであるロッキョンとヒョクジンが高音パートを引き受けて、サビの部分を消化して
'어디 있니(どこにいるの)'の中心軸として存在感を示した。
去る23日エムネット'MCOUNTDOWN'ステージを皮切りに
'어디 있니(どこにいるの)'活動をはじめた100%は
「僕たちの戦略はうまく通じましたか?」とたずねて、反応に対して知りたい姿を見せた。

'어디 있니(どこにいるの)'は、ある1人の男の愛とせつない別れ、
そして恋人を忘れることができない懐かしさなどの感情を入れたミディアムテンポの曲だ。
100%はここに高音まで加えて、歌詞の内容に含まれた感性を最大化した。

100%は今回の新曲について「以前のアルバムにも高音パートがありましたが、
今回はもう少しアップグレードされたと思ってもらったらいいでしょう」として、
「高音パートからの僕たちの声がより濃い訴える力で聞こえると思います」と話した。

「100%だけの強みが何であるかについてたくさん考えてみました。
周りでも僕たちが贈る高音パートを奇跡的に見ていただいたんですよ。
だからより一層期待をたくさんして下さいました。もちろん高音だけに固執するのはないです。
ただし、以前の活動で贈った振り付けを極力減らして、歌だけで勝負しようとしました。」(ミヌ)

「高音を毎回ライブで消化するのは正直なところ負担に思いますが、練習するほど、心はより楽になるようです。
今はライブステージ自体に対する負担はないほうです。」(ヒョクジン)

メンバーミヌは「高音パートを聞いた後、ファンたちが僕たちの喉の調子を心配してくれる」
と笑って、「梨の果汁や桔梗の根を宅配便で送ってくれて、ありがたくてよく食べました」と語った。

2017022814345893956_2_99_20170228151810.jpg

2012年デビューした100%ももう活動して5年を超えた。
7人組で結成、野心的な活動をはじめた100%は
以後メンバー脱退とメンバーミヌの軍入隊などでチーム再編という変化を迎え、
しばらく活動を中断しなければならなかった。
2年以上の期間は100%に多くの意味を伝えるようにしてくれた時間だった。

「デビュー当時の口数もあまりなく、緊張した状況で活動を続けていた時期はだいぶ過ぎさった感じですね。
今はメンバーみんなおしゃべりになるほど、相当親しくなりました。
2人のメンバーがチームを去りましたが、さみしさが大きくは感じられません。」

リーダーミヌの特別な芸能界経歴に対する疑問も加えた。
事実、歌手活動をする以前に、俳優として芸能界活動を開始したミヌは、
いわゆるライジングスターとして注目される演技者だったが、突然やってきたスランプによって、
ターニングポイントを迎えることになった。
5歳以上幼い友人たちと一緒に100%のメンバーとして活動をして、
新しいスタートラインに立たなければならなかった。

「その時までも俳優に対する熱望が大きく、
100%の合流も流されるようにすることになりました。
活動をこれ以上止めることができなくて合流したものの、今では歌手として真剣に活動を続けています。
もちろんいつでも機会があれば俳優活動も再びしたいです。」

100%は日本活動を通じて、認知度を高める戦略も続けている。
100%は3月中旬まで'어디 있니(どこにいるの)'の活動を続けた後、
日本で新しいアルバムを持って現地ファンの前に立つ計画だ。
またホワイトデーの3月14日には日本ビルボードライブでコンサートも開催する。

「新人の立場で立つことのできないところで公演の機会をいただき、本当にありがたくて、一所懸命やりたいと思います。」

100%に今年の目標を聞くと
「休む暇もなく活動すること」という答えが出てきた。
100%は「ステージの渇きが本当にひどかったです。
今のように活動することだけでも感謝するだけ」として、
「こんなに忙しく過ごすことを知りませんでした。
ファンたちもたくさんの愛をくださって、今回の活動はいい予感がします」と答えた。

「昨年は僕たちの活動のターニングポイントだったとすれば、今年は本当に100%が人気アイドルグループに
仲間入りできる年にしたいです。 多くのファンたちが本当に僕たちの音楽を知って、
「大丈夫だ」「次の音楽も期待できる」などの反応を得るのがより大きな目標です。
素敵な姿をお見せしたいです。」

(※1 実際はミヌ兵役前も、カムバックや仕事がなかっただけで、5人はいつでも動ける状態でした。
カムバックは2014秋、2015春という発言もありましたが、実際のカムバックは2016年10月で、2年3か月の空白期でした)


記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ミヌ 
tb: --   cm: --

記事 100%の'スケッチブック'トーク #魅力 #風 #リアリティ②  

100%の'スケッチブック'トーク #魅力 #風 #リアリティ(インタビュー②)
1487780179988697.jpg

100%が22日に発表した新曲のタイトルは「'スケッチブック(SKETCHBOOK)'」
何でも描けるように白く空けておいた空間を意味する。

ただのアルバムだけではなく、100%の魅力もスケッチブックと同じようだ。
それぞれ異なる絵柄の5人のキャラクターが集まり、
100%というスケッチブックの中で、バランスを保ちながら、より美しく楽しい、そして大きな絵を作っている最中である。

10.アルバムのタイトル「スケッチブック」の意味は?

ヒョクジン:スケッチブックには何でも描くことができるではないですか。100%が絵の具と筆になって、
愛がはじまる瞬間から最後を迎える瞬間までの感情を5段階で描いたアルバムです。
タイトル曲ももちろんいいですが、収録曲も全部いいです。 それぞれの話が全部違います。

10.トラックが計5個だ。メンバー1人ずつ最も好きな曲とその曲の感じを色で紹介してみようか?

チャニョン:タイトル曲'어디 있니(どこにいるの)'は別れた恋人をせつなく探している曲です。
メロディーは明るいですが歌詞は悲しい。ボーカルのメンバーたちの高音がさらに切なく聞こえます。
僕は水色、灰色が少し混じった水色の感じです。雨がくる前の空のように。

ヒョクジン:2番トラック'ある日'は、愛の最初の段階です。告白に行く、いきいきとした気持ちを込めました。
ベビーピンクに近いのではないでしょうか?

ジョンファン:3番トラックは'夢占い'です。
彼女が別れようという言葉をいう夢を見て「これは現実か? 夢か?」こんがらかる、かわいい歌です。
色は赤色。(100%:赤い色だって?) そうです。リンゴの赤です。
歌詞もメロディーもかわいいし、赤ちゃんのようなまた少し馬鹿のようでもある感じです。
それでリンゴを思い出しました。 (ヒョクジン:僕はLEDのようにいくつかの色が輝く感じでした)

ロッキョン:4番トラック'ゴージャス(GORGEOUS)'は、自信あふれる曲です。
好きな相手に勇気を出して告白する気持ちを込めました。 緑が似合います。
濃い緑のペンキのように光沢がある感じ?

ミヌ:最後のトラックは'昨日の私を会う'です。ロッキョンとヒョクジンが歌ったユニット曲です。
別れた男が感じる虚しさや寂しさを歌いました。
泣き叫ぶ感じはなくごつんと下ろした感じと言えます。
成熟した悲しみが感じられて僕はシルク素材の紫を思い浮かべました。

1487780260563743.jpg

10.最近最も幸せだった'ある日'は?

ミヌ:日本デビューシングルを発売した初日、ファンたちとのイベントがありました。
その夜にオリコンデイリーチャートが発表されました。
公演をしているのに、社長が呼びました。
行ったところ、デイリーチャート7位に僕たちが上がったというのです。
聞いた瞬間、嬉しかったり安堵感も入って幸せでした。

ヒョクジン:メンバーたちみんなとても喜びました。
ミヌ兄は涙も見せました。

ミヌ:感動を感じる時、涙をよく流します(笑)

10.日本デビューまでしましたが、今年両国で忙しく活動する。

ロッキョン:とりあえず3月にビルボードジャパン公演のステージに立つことになりました。
デビューしたばかりの僕たちが上がることができるというのが光栄です。
倖田來未など、日本の有名なアーティストたちがたくさん参加したステージです。
まだも僕たちがその公演に一緒するというのが実感ができません(笑)

10.最近思い出す夢を「夢占い」してみよう。

チャニョン:僕ができます。この前夢の中でジョンファン兄と戦いました。起きて兄に話したところ
「チャニョン、兄は君を愛してるのになぜそのような夢を見た?」でした(一同笑)

ジョンファン:2日前のことです。

ヒョクジン:夢の中で不思議なことがありました。明らかに夢でしたが、僕の目がカメラでした。
僕は出てこず、屋上、電柱などにまたがる空だけずっと出てきたよ。

ロッキョン:目を開けて寝たんじゃないの?(一同笑)

ヒョクジン:もう100%が空高く上がるという意味ではないでしょうか!(笑)

10.今度は隣の席に座ったメンバーの「ゴージャス(gorgeous、とても素敵な)」部分をあげてみよう。

ヒョクジン:ミヌ兄が「어디 있니(どこにいるの)」のミュージックビデオで演技をしましたが、
100%のメンバーだから忘れていたミヌ兄の俳優としての姿を発見しました。 かなり素晴らしかったです。

ミヌ:どれほどつまらなく見てたの?(笑)
ロッキョンの素敵な部分は、いつも自分を管理する節制美? 常に努力する友人です。
体に努力が染みていて、その努力で結果を作成するのに慣れている友人です。
偶然の幸運を望まず、努力で何かを得る姿がかっこいいです。幼い頃から見ているが、本当に正直な友人です。
気に入った?

ロッキョン:気に入った(笑)
チャニョンは責任感がとても強い友人です。
今回全曲ラップメイキングをすべてしましたが、その短い時間に5曲のラップを3回修正しました。
ストレスが少なくなかったはずなのに、いつも1人で練習室に先に出てきて、また最後まで残ってラップメイキングをしました。
こうして完成したパートを録音する姿が心強くて素晴らしかったです。

チャニョン:ジョンファン兄は、踊る時とてもかっこいいです。
(ヒョクジン:今回の活動はダンスがないじゃん!)
踊る時男らしいというか、そんなパワフルな魅力があり、また動作ごとに体をきれいに扱うことができます。
ところが、またギターを弾く時は教会のお兄さんのような柔らかさがあります。
男らしい面と柔らかな面を同時に備えています。

ジョンファン:ヒョクジンはやっぱり歌う時が1番かっこいい。また情が多いです。
いつもささいな部分で、ヒョクジンが僕のことを思って、こんなに配慮してくれるんだと感じることが多いです。

10.今度は反対に、このメンバーに望むことは?

チャニョン:僕が最初にします(一同笑)
ロッキョン兄はメッセンジャーをちょっとよく読んで。
実際ヒョクジンも似ているけど、2人がメッセンジャーをよく読みません。
グループチャットでは常に答えが遅れます。
食事はメニューをしなければならないが1人返事をしないから電話をします。

ロッキョン:携帯電話に気を使いません。もっと早く電話をくれたら(笑)

ミヌ:そうしておいて、自分の言いたいことがあったら、チャットルームで1人ですごく楽しくするじゃないか。

ロッキョン:とにかくこれから努力してみます(笑)
ミヌ兄に望むことは、今回の「スケッチブック」の活動をして、また日本活動も続くだろうから、
チームをよくリードして欲しいということ。 今のように今後ともよろしくお願いします。
実はいつもとてもよくしてくれていて望むところがありません。
あ、そしてヒョクジンと約束したことがあります。宿舎をきれいにしてください(一同笑)

ミヌ:最近のタイトル曲「어디 있니(どこにいるの)」で詩を作ったことがあります。
「ヒョクジンよ、約束の時間になったがどこにいるの」が一節でした(一同笑)
ヒョクジンタイムがあります。いつも10〜20分遅れます。
それに伴う理由がありますが、自分の生活習慣のためにそうなっています。

ヒョクジン:不思議です。10分早く出て行けば、必ず地下鉄が3分さらに遅く来て、財布を置いてきて。
遅刻を減らそうと努力しています。
僕が過度に遅いならば、ジョンファン兄は過度に速い。少しゆるめて欲しいです。
移動する時に「早く行こう」と促した場合、僕の心臓がドキドキドキドキ走る。僕はあまりにも手一杯で。
(チャニョン:残りのメンバーは2人の中間です。僕たちのようにすれば遅くもなく早くもないよ)

ジョンファン:僕はメンバーみんなにいいたいと思う。 今後も今のように楽しく活動したらいいでしょう。

ロッキョン:僕はチャニョンに一言言いたい。僕たちは一生懸命宿舎を片付けましょう。
僕たち2人、それなりにきちんとした方です。

ジョンファン:それならヒョクジン、僕たちは一生懸命散らかしてみよう(一同笑)

10.100%が叶えたいことを言ってみよう。

ミヌ:数値的な目標は、実際意味がなかったよ。
長い空白期を持ちながら、100%が今後進むべき方向について、僕たちの間でたくさん話しをしました。
短期間の順位にこだわることよりも、僕たちがやりたい音楽を心を集めていくのが夢です。
その過程を楽しみながらしたいです。

ヒョクジン:僕はカラオケに100%の収録曲も上がってほしいという夢があります(一同笑)
僕たちの歌は高音に相当するのではないでしょうか。
男性の方たちが高音を歌うことを好む傾向があります。
たくさん歌っていただいて、愛唱曲チャートに上がっていって欲しいです(笑)

10.最後に、今回の活動の覚悟を言ってほしい。

ジョンファン:天気が相当寒いのではないでしょうか
みなさんの心に100%だけの暖かい色を着せてあげたいです。

ミヌ:愛してくださるファンの方々に常に感謝をして、
これからも一緒に僕たちの「スケッチブック」を韓服の水彩画のように美しく満たしたいです。


記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン 
tb: --   cm: --

記事 100%「ユ・ヒヨルのスケッチブック」に出演したい①  

100%「ユ・ヒヨルのスケッチブック」に出演したい(インタビュー①)

170223 (6)

100%は22日新曲「スケッチブック(SKETCHBOOK)」を発表した。
100%の声とハーモニーが筆と絵の具になって、愛に対する感情をまた上塗りした。

100%に会ったのは、まさに音源発表前日の21日午後。
タイトル曲「어디 있니(どこにいるの)」についてたずねると、
「曲がとてもいいです。ちょっと聞いてみられますか?」とびっくり先行公開をプレゼントしてくれた。
やがて前奏がはじまると、みんな息を殺した。

100%は歌を歌った彼らだから、何十回、いや何百回より聞いた歌だろうに、一緒に耳を傾けた。
メンバー各自集中したり、またリズムを乗って歌を楽しんだ。
期待とときめきの空気が一緒に漂った。
歌が終わって、「広い海のパノラマを眺める感じだった」と感想を出すと、100%は明るく笑った。
精魂を込めた結果に対する誇り、見る人まで満たされるようにさせる笑いだった。

10. 4ヶ月ぶりにカムバックである。
昨年10月に「チドカゲ」で活動した後、比較的短い時間で、今回のアルバムを準備しなければならなかった。

ミヌ:そうです。「チドカゲ」の活動が終わった後、すぐに日本で正式デビューアルバムを出しました。
関連イベントやコンサートをしながら、忙しく過ごしてすぐ韓国活動をすることになりました。
日本でも「スケッチブック」の準備を地道にしました。日本で新曲を練習して、韓国で録音して、また修正して。

ヒョクジン:韓国に戻ったら録音スタジオに暮らしたも同然でした。1週間あれば6日は録音スタジオにいました

チャンヨン:落ち着かなかったけど、早くファンのみなさんにお会いすることができるという考えで喜んで臨みました。

ミヌ:実際に韓国で私たちを長く待ってくださったファンの方々がいるでしょう。
僕たちは、韓国での空白期に日本でも活動をしていますが、韓国のファンの方々は不安な気持ちでした。
今回のカムバックで安心させてあげることができたようです。 今年休む暇もなく活動したいと思います。

10.今回のタイトル曲「어디 있니(どこにいるの)」は、デビュー後初めてリリースするバラード曲だ。

ミヌ:そうです。 だから、より反応が気になりました。曲があまりにも良くてたくさん聞いてもらいたいです。

ロッキョン:もともとこの曲にも振りつけを入れるつもりでしたが、準備の過程で振りつけよりは、
歌に集中してボーカル的な面で勝負をかけてみようという話が出ました。
だから、ライブの練習に集中しました。

10.個人的に「어디 있니(どこにいるの)」を聞いたらすぐに浮かんだのが、海のパノラマであった。
クールな感じというか。メンバーたちは「어디 있니(どこにいるの)」の第一印象はどうだったか?

ミヌ:過去のタイトル曲「チドカゲ」を聞いた時も「これができるだろうか?」だったけど、
ロッキョンとヒョクジンがそれをやり遂げました。
「어디 있니(どこにいるの)」も同じでした。「できるだろうか?」だったが録音して出てきて、
僕たちのメンバーたちの声とよく合うようでした。

ジョンファン:まず高音が高くて(笑)歌がすごくいい気がしました。
同時にパフォーマンスを作るのが難しいという考えになりました。
少しバンドの音楽のような感じもありました。

10.スイチュンと2度目の作業である。

ミヌ:スイチュン兄が僕たちの各自の個性と長所を生かすよう、たくさん見守ってくれてお任せくださった。

ヒョクジン:僕は主にディレクティングする席に座っていました(笑)

10.録音エピソードが気になる。

ヒョクジン:ジョンファン兄はディレクティングを短く与えなければなりません。
長くなると、さらに混乱に陥ります(笑)

ロッキョン:チャニョンが1人でラッパーだから、残りのメンバーが希望する感じにラップの歌詞を多く書きました。

ジョンファン:特にチャニョンに対する期待値が大きいため、要求事項も多かったようです。
ストレスも受けたはずなのに、よくやってくれました。

10.100%の歌は高音を抜きにして話をすることができない。メインボーカルのロッキョンヒョクジンの功労が大きい。

ロッキョン:「チドカゲ」が特に高かったです。1度したからこそ鍛えられました。
一段階発展をして「어디 있니(どこにいるの)」の録音する時は「チドカゲ」より簡単でした。
喉に無理がいかないラインで音を楽に出す方法を体得しました。

ヒョクジン:最初は実は難しかったです。
毎アルバムを出すたびに、クエストを破る気持ちなのに、練習してみると良かったです(笑)

2017021511082480867-540x360_99_20170222154703.jpg

10. 2月のカムバック大乱に集中しなければならない。
今月とりわけ多くの人気歌手たちのカムバックが続いている。

ミヌ:僕たちがカムバックする時はいつもそうでした(一同笑) かえってチャンスだと思います。
音楽放送番組に出ると、他の歌手たちを見にいらした方々にまで、僕たちのステージをお見せすることができるじゃないですか。

10.芸能番組でもたくさん見たいと思う。

ミヌ:JTBC「知っているお兄さん」に出たらうまくできそうです。お兄さんらと一緒におもしろそうです。

チャニョン:僕は僕たちの間でリアリティ番組を撮ってみたいと思います。
tvN「三食ご飯」のようなコンセプトで、僕たち同士で料理してご飯を食べて、こんな内容?

ミヌ:ファンの方々にもまだお見せしていない僕たちの可愛げがあります。
野生バラエティーをすれば、お見せすることができる魅力が多いようです。
山に閉じこめて(100%:山より海か!)
無人島に閉じこめて、ジョンファンに肉を捕ってこい(魚を釣ってこい)と注文すれば、よく捕ってきそうです。

ジョンファン:僕はtvN「SNLコリア」に出てみたいです。コミックコント演技に自信があります。

10.デビュー6年目、100%の色は何ですか?

チャニョン:デビュー時は強烈なパフォーマンスをお見せしたとすれば、今はダンス曲だけでなく、
バラードなど、様々なジャンルを消化することができるようです。
1つのことに限定されていない虹の色といえます。

ミヌ:白色であるようです。いくつかの色も着てみて、真っ黒にもやってみて、
結局再び最初に戻って、別のジャンルを消化することができるチームです。

ジョンファン:それなら僕は茶色です。可愛いプードルの色です。みんなよく見ると可愛い(一同笑)
ファンの方々が僕たちを可愛がってくださるが、ひとまず僕も可愛く、メンバーも可愛い。
デビューの時より、むしろ今がもっと可愛いようです。

10.「スケッチブック」を通じて達成したい目標があるならば?

ロッキョン:音楽で大衆の方々と多くコミュニケーションができるグループになりたいです。
「信じて聴く」グループになるための一歩になることを願います。

ミヌ:今回のアルバムが橋渡しの役割をしたらいいね。 僕たちのスペクトルを広げて、
様々な音楽でアルバムをいっぱいに満たすことができるグループという信頼を大衆の方に知らせたいです。

ヒョクジン:アルバムタイトルが「スケッチブック」ではないですか。
KBS2「ユ・ヒヨルのスケッチブック」に必ず出たいです(一同笑)

ロッキョン:以前に、最後の順番で出演したことがあります。 僕たちのステージの途中でエンディング字幕が上がりました(笑)
再び「ユ・ヒヨルのスケッチブック」で歌を歌う機会ができたら良いと思います。
②に続く

★インタビューで出てきた字幕が途中で出てきた出演回です(HDあり)

130112 100% Guy like me Sketchbook 投稿者 100forever

記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン  ジョンファン  ミヌ 
tb: --   cm: --

記事 "音楽放送リハーサル、気力戦がある...僕たちは高音で勝負"  

[XPインタビュー②】100%"音楽放送リハーサル、気力戦がある...僕たちは高音で勝負"

1487780179988697.jpg

グループ100%が4ヶ月ぶりに新曲'どこにいるの'で帰ってきた。
相変らず見せてくれることも、見せてあげたいものも多い100%は
今回の活動でファンたちには新しい姿を、大衆にはチームの名前を
確実に知らせるという目標をたてた。

100%は去る22日、4回目ミニアルバム'スケッチブック'を発表して活動に乗り出した。
タイトル曲'どこにいるの'をはじめとして収録された5曲は愛のはじまりと別れ、
その後まで、男の心の中で保管された彼女に対する話を盛り込んだ。

100%に各自好きな曲を聞いてみたら、まるで謀られたように
「タイトル曲'어디 있니(どこにいるの)'が最も良い」と異口同音に答えた。
タイトル曲を除けば、メンバーたちはそれぞれ違った曲を選択した。

ロッキョン「'夢占い'を録音しながら愛情が混ざる感じでした。
録音が終わっても楽しく探しています」

ヒョクジン「'昨日の私に会う'という本当に苦労して出てきた曲です。
何度も録音したのをやり直して、またやり直しました。
そのため、もっと愛着があります。」

ミヌ「'ゴージャス(Gorgeous)'は遊ぶ男の感じで、1度してみたかったコンセプトの曲です。
いつか1度このような曲で活動をしてみたいです。」

ジョンファン「ガイドを聞いた時から'夢占い'が本当に良かったです。
歌詞を合わせてからも最も良いようです。」

チャニョン「'ある日'のいきいきとした、幼い少年の告白感性を好きです。
高校生であるロッキョンの妹もこの歌が最も好きだといいましたよ。」

1487780260563743.jpg

高音には鍛練されているという100%だが、音楽放送の朝リハーサルは依然として手にあまる。
特に、前の出演陣がインイヤーを差し込み、歌を聞くとさらに気になる。

ロッキョン「一緒に歌を歌ってステージする人々であるから、
実際にアイドル グループの間に競争は必要だと思うんですよ。
そのせいか、朝のリハーサルの時、もっと上手くやろうと努力します。」として、
はにかむように勝負欲を表わした。 ライバルは誰かとたずねると、すぐに、
「前のチームと後のチーム」と冗談を言って笑いを誘った。

ミヌは「僕たちだけが感じることもありますが、
朝のリハーサルの時、お互いに気力の戦いがあります。
ダンスだったら余計にパワフルに踊って、高音もずっと上げるほうだ」としながら、
「僕たち同士の誇りならば、僕たちはMRを多く敷かないで、
ほとんどライブで勝負するということでしょう」と胸いっぱいに表わした。

デビュー5年目、同居同楽していたメンバーが脱退し、紆余曲折を経て、
長い空白期を持っていた100%。 まだ連絡を取り合うのかとたずねると
「たまにしてます。オンラインゲームでも会って一緒に楽しんでます」と
クールな回答を示した。

現在一緒にしているメンバーに一言を残してほしいと言うと、
手足が縮みあがるような表情をしていた100%は、
それでも勇気を出して、お互いに対する気持ちを告白しはじめた。

ミヌ「本当の家族だと思います。
空白期を過ぎてから、僕たち同士粘っこくなった感じがはるかに大きくなって、
本当にありがたいし、愛しています。
急いで過度な欲を出さなくても、ゆっくりと歩いて一緒に行きたいです。」

チャニョン「大変な時期もありましたが、あきらめずに一緒にできるということが、
本当にありがとうございます。」

ヒョクジン「終わりが分からないほど継続して家族でいたいです。
もっと几帳面な性格の末っ子がなりますね。」

ロッキョン「今新たなスタートを迎えたから、新しいことがたくさんできたらいいですね。
大変なことも嬉しいものでも、過去はみな忘れて新しくはじめたいです。」

ジョンファン「今のように楽しく活動したらいいですね。
良い成績も重要ですが、楽しくすることがもっと重要なようです。」


最後に、ファンに言いたいことをお願いすると、100%はより真剣な眼差しで言葉を選んだ。
最大限、前のメンバーが言った言葉と重複をしないように慎重な姿を見せた。

ロッキョン「僕たちがアルバムを出せば、ファンは「また1年後にくるだろう」といつも考えましたが、
今回は4ヶ月ぶりに出てくるようになってサプライズだったようです。
ステージでも驚くほどの姿を見せてあげたいし、
今回の活動では必ず良いニュースをプレゼントしたいです。」

ミヌ「1つずつ一緒に思い出を作るという感じで、焦らないで一緒に歩いていったらいいですね。
僕たちを信じてついてきてほしいです。」

ヒョクジン「問題も多く、空白期も長く、順調ではないのに、
僕たちのそばに残ってくれて見守ってくれて、本当にありがとうございました。
他に素敵な歌手の方々が多いですが、僕たちのそばに残ってくださって本当に感謝して、
今回のアルバムも楽しくしてみましょう。愛しています。」

ジョンファン「いつも感謝の気持ちが大きいです。
「チドカゲ」は強烈なコンセプトでしたが、今回は暖かいんですよ。
もっと暖かい感じで花冷えの寒さに勝ったらいいですね。」

チャニョン「2017年の開始を早くできることに感謝して、ファンたちと思い出を作るという考えです。
これからもファンの方々が僕たちを好んで下さるように、僕たちも良い姿をたくさんお見せします。」


記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 100%  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン  ジョンファン  ミヌ  백퍼센트 
tb: --   cm: --

記事 100%"喜びの涙、日本単独コンサート予定"  

[10+STARJAPAN LIVE]100%"喜びの涙、日本単独コンサート予定"
2017022717480074553-540x304.jpg
「10+STARJAPAN LIVE」コンサートで熱唱中の100%

「多くの方々の前で歌を歌うことができて嬉しい。」
グループ100%の言葉だ。

100%は去る26日午後2時と6時、
日本の埼玉県大宮ソニックシティ大ホ-ルで行われた
グローバルマガジン10+STAR日本版「10+STARJAPAN LIVE」に参加した。

今回「10+STARJAPAN LIVE」コンサートは、
グローバルマガジン10+STARを発刊するコリアエンターテイメントグループと
日本のIS FIELD、代表嶋田豪さん)が共同で主催した。

公演の火ぶたを切った100%は、昨年10月に発表した「チドカゲ」を熱唱、公演の火ぶたを切った。
また、去る22日に出した新曲「スケッチブック」のタイトル曲「어디 있니(どこにいるの)」を歌った。
また「Snow」「나 같은 놈」「니가 예쁘다」なども相次いでプレゼントした。

それだけでなく、彼らは日本語の曲も滑らかに消化し、ファンたちの熱い歓声を導いた。
「How to cry」がそれだ。

100%は、10+STARJAPANの創刊記念コンサートに、
「ハンビョル、マイネーム、ソンジェと一緒にステージに立つことができて光栄です」と所感を伝えた。

続いて「みなさんに僕たちの魅力を見せることができるように努力します」と覚悟も固めた。
すべて日本語で消化し、ファンとの積極的なコミュニケーションに集中した。

彼らは、優れた歌唱力に派手なパフォーマンスを披露しながら、
完成度の高いステージを整えた。
またファンの反応を自然に誘導し、客席の雰囲気を盛り上げた。

ステージが続く中、ロッキョンは
「多くの方々の前で歌を歌うことができてとても嬉しい」と
手に余る感想を伝え、他のメンバーも
「嬉しくて涙が出そうだった」と口を揃えた。

日本デビューシングル「How to cry」を歌い、ステージを終えた100%。

最後にミヌは、
「100%のニューアルバム「スケッチブック」の日本プロモーションが3月から行われます。
東京と大阪でコンサートも開く計画です」と明らかにしてファンの歓声を得た。


記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン  ジョンファン  ミヌ 
tb: --   cm: --

記事 還流MPOST<写真10枚>   

【写真】100% 日本デビュー記念『100% “How to cry” SHOWCASE』

レポート

at ニコファーレ六本木 フォトギャラリー
C5l2ffOUwAAtNtI.jpg
C5l2fv3UoAAZJtg.jpg
C5l2fv8UoAAGZZp.jpg
C5l2kupU4AAKB9r.jpg
C5l2kupUYAEqi8h.jpg
C5l2sqGVUAIa7CN.jpg
C5l2sqHUoAE-ZIi.jpg
C5l2y0RVAAQMwAz.jpg
C5l2y0RVMAALUOf.jpg
C5l225GVUAE4AyW.jpg
C5l225HVUAA_T9P.jpg
C5l279BUwAIVMgr.jpg
C5l279CUsAAzgVb.jpg

記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ミヌ  ロッキョン  チャンヨン  ジョンファン  ヒョクジン 
tb: --   cm: --

記事 「어디 있니(どこにいるの)」カラオケ高音挑戦曲作りたくて  

[XPインタビュー①]100%"新曲「어디 있니(どこにいるの)」、カラオケ高音挑戦曲作りたくて"

グループ100%がもう一度「超絶」高音に戻ってきた。
新曲「어디 있니(どこにいるの)」は、100%だけの色を多くまとい、洗練されたメロディーを誇っている。
ボーカルラインのロッキョンとヒョクジンは、
過去のアルバムのタイトル曲「チドカゲ」よりも高い音域を駆使して、
一度は挑戦したい「カラオケ高音挑戦曲」を作りたいという意志を表明した。

100%は22日、4番目のミニアルバム「スケッチブック(SKETCHBOOK)」を発表した。
「スケッチブック」は、愛する彼女を忘れないために瞬間ごとを懐かしがって、
スケッチブックに描くという意味で、愛のはじまりと別れ、その後までの総5曲を収録して、
男の心の中に大事に保管された彼女の話を盛りこんだ。

今回の活動は、100%の歴史の中で最も短い空白期を持った。
「チドカゲ」の前、2年余りの空白期を持ったことと比較して、今回は4ヶ月ぶりにカムバックしたこと。

これに対し、リーダーミヌは「「チドカゲ」は成績は高くはなかったけど、
僕たちを喜んでくださる感じ、待っててくださった感じが強かったんです」として、
「僕たちもこんなに早く活動をすることになるとは思わなかったけど、
1年のはじまりを活動的にすることになってわくわくしてうれしいです」と、カムバックの所感を伝えた。

ヒョクジンは、"ファンサイン会の時「満月を5回見終わったらカムバックするよ」と
ファンたちに約束したけど、それを守ったようで胸がいっぱいです"と
ファン馬鹿な姿を見せた。 いつも活動のはじまりと同時に、
空白期が長くなるのかと恐れるファンに申し訳なかったと。

100%の4枚目のミニアルバム'スケッチブック'のタイトル曲
'어디 있니(どこにいるの)'は、別れた恋人を100%のトレードマークである
クールな高音でせつなく呼ぶ悲しい歌。
'チドカゲ'に続き、サビのヒョクジンとロッキョンの高音が引き立つ。

チャニョンは"別れた恋人をせつなく呼んで探す歌ですが、
メロディーが明るいのに対して歌詞が悲しいです。
そんな感性がボーカルの高音のためにもっと切なくて聞こえます"と、曲のポイントを紹介した。
ミヌも「そのギャップを感じながら聞いたら、より良いと思います」と曲に対する自負心をあらわした。

'어디 있니(どこにいるの)'はバラード曲なので、
パフォーマンスをしないでスタンディング マイクを活用して雰囲気を出す。
チャニョンは"別に振りつけを練習しないから、
スタンディング マイクをカッコよく持って練習しました"と冗談を言った。
ミヌは"スタンディングマイクを握って、カッコよく挨拶するのも練習しましたよ"として笑いを誘った。
でも残念なことに、スタンディングマイクは放送局スタッフが持ってくると。
メンバーはスタンディングマイクを持って、カッコよく入場する姿を見せることができないとして残念がった。

去る21日'어디 있니(どこにいるの)'ティーザーが公開されるやいなや、
ファンたちはロッキョンとヒョクジンの喉の心配からした。
高音が100%の特出した魅力であることは正しいが'チドカゲ'よりも高い高音が出てくることは
想像もできなかったファンたちなので出てきた反応だった。

"'チドカゲ'の時も、最初のガイドを受けて、'これをどうしよう?'と考えたけど、実際にしてみると、
音楽放送の朝のリハーサルまでライブになったんですよ。
だから、'어디 있니(どこにいるの)'も挑戦したところ、
練習しているからできないことはなかったんですよ。
喉を考えて練習をしたので心配しなくてもかまいません。"

ヒョクジンはこのように高い高音を出さなければならない、
'어디 있니(どこにいるの)'がカラオケ人気チャートに登録されればよいという風を表わした。

"この頃、男性の方々もカラオケで'高音挑戦曲'など、
たくさんされるでしょう。
100%の'어디 있니(どこにいるの)'がその人気チャートにあがって、
多くの方々が挑戦して下さったらいいですね。"

記事ソース
※画像はいつもと同じものなので省略しました。すみません。

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン  ジョンファン  ミヌ 
tb: --   cm: --

記事 100%が直接作ったセルカ自己紹介書"僕たちは~"  

[インタビュー①]100%“EXOと同じ年デビュー、試練の後粘っこくなりましたよ”

170223 (6)

2012年9月にデビューした6年目のグループ
100%(ミヌ、ロッキョン、ジョンファン、チャニョン、ヒョクジン)は、
同年デビューしたEXO、BTOBなどに比べて、
相対的に知名度が不足している歌手だ。
しかし「相対的」という表現は、100%には合わない。
少なくともグループが信じていく共通の目標の前では。

170223 (4)

ミヌの軍入隊とメンバーの再整備などを経て、
自然に空白期に突入した100%は、解散説に包まれたりもした。
ヒョクジンは「心が痛かった」と解散説を言及し
「そんな時期、試練を早く経験したおかげで、僕たちはより粘っこくなった」と
チームワークを自負した。

メンバーは、個人的な活動も100%という大きな根の下ですることを約束していた。

2006年KBS2ドラマ「四捨五入3」を通じて、演技者で先にデビューしたミヌは、
「歌手活動をはじめたら、グループに集中しなければならないので
演技活動はできなかった」として、俳優活動の再開を希望、
加えて、100%の代表芸能人らしいジョークで芸能活動にも自信を示した。

20170221003490_0_20170222070414551_201702240057150f0.jpg

チャニョンも演技活動を希望した。
特に、100%5メンバーの中で唯一のラップパートを担当している、
彼の話がはじまるとすぐに、メンバーたちは
「最初はボーカルパートだった」
「高校生の時、初めて会ったけどすごく明るく笑った。資本主義笑顔?」
「ラップをしながら暗くなった」
「イ・スンギな感じだった」など、チャニョンに対する愛情を表現した。
これに対しチャニョンは
「うーん.. 高校生の時チアリーディングをしたし、
笑顔を飛ばさなければならなかった。その時は熟してないリンゴだった」
と言い返した。

同じ演技、芸能活動を希望しても、ジョンファンはもう少し具体的だった。
彼は「「SNLクルーがしたい。
SNL式コントが好きでコント演技には自信がある」と自分の強みを紹介した。

※SNL Korea・・ tvNの生放送コメディ番組であり、様々なコントとギャグ、歌などを生放送する。

記者が「もしかしてパンソリを勉強したのですか」
とたずねるほど、超高音が強みであるロッキョンは
「パンソリ専攻ではありませんが、よく似合うという話を聞きました。
ステージに立つことができる機会があれば、無条件OKです。
ミュージカルをしたこともあります。
歌をすることができる活動であれば、僕は良いです」
と歌への情熱を見せてくれた。

※パンソリ(판소리)は、朝鮮の伝統的民俗芸能。
1人の歌い手と太鼓の奏者によって奏でられる物語性のある歌と打楽器の演奏。

170223 (5)
170223 (2)

このように100%はメンバー全員がボーカルで引き立つグループである。
ボーカルの自信がメンバーからにじみ出る。
音色がみな違うという点は、100%の音楽を豊かにする要因だ。
22日に発表された「어디 있니(どこにいるの)」は、
グループのボーカル的力量を全部映し出した。
これまで見せてくれた振り付けパフォーマンスも排除した。

「ステージ構想をしながら、振り付けを入れるか悩みましたが、
100%はアイドルグループだが、
歌だけでステージを満たすことができることをお見せしたかったです。
大衆にそのような印象だけを残しても、成功的な活動のようです。
本当に「어디 있니(どこにいるの)」は、
老若男女誰が聞いても安らかな歌ですよ。
周りにいらっしゃるお母さん、お父様にも聞かせてください(笑)」(ミヌ)

記事ソース

[インタビュー②】100%が直接作ったセルカ自己紹介書"僕たちは~"

グループ100%(ミヌ、ロッキョン、ジョンファン、チャニョン、ヒョクジン)が
東亜ドットコムとのインタビューで、手書きでグループとメンバーを紹介した。
明らかに手はかっこを埋めましたが、口は黙っていなかった。
このように100%は芸能感が充満して可愛げがあふれるグループだった。
これから100%5メンバーの話を聞いてみよう。
直接撮られたセルカはファン サービス~100%

SPORTS1 (5)

◆ ‘ハンサム、知的である、雰囲気が高級感のある感じ’ ミヌ

100%>100%で(チャニョンが、ジョンファンが) ユーモア感覚が優れている
100%>100%(ロッキョンが)ファン調教にとても長けている
100%>100%で(末っ子ヒョクジンが)刃物群舞の弱い部分 第一人者だ
100%>100%で(僕)は最もエロい、あるいは<<セクシーである>>

Q. ミヌさんの次に、チャニョンさんが100%のユーモア担当で選ばれました。

“チャニョンはとんでもない魅力があります。
一般常識では出てくることのできない返事を時々したりします。
無理にそうするのではありません。
それを聞いてれば爆笑します” (ミヌ)

SPORTS1 (1)

◆「世界で1番可愛い」ロッキョン

100%>100%で(ミヌ)は、ユーモアのセンスが優れている
100%>100%で(ミヌ、ヒョクジン)は、ファン調教に非常に長けている
100%>100%で(ヒョクジンㅠ)は、刃物群舞の弱い部分の第一人者である<ヤダ-->
100%>100%で(ミヌ)は、最も<<エロい>>あるいはセクシーである。

Q.ミヌさんはエロいですか?

「はい 脳がセクシーな男です」(ミヌ)

「兄は、エロいとセクシーなものの境界を知らないようです」(ロッキョン)

「時事や教養に関心が高く、検索もたくさんしています」(ミヌ)

「ところで本当の兄は、時事に感心が高いようです。
僕たちのチャットルームに必ず、
SBS「それが知りたい」今週何をするのかをアップします」(ミヌを除く100%)

「必ず見るようにリンクを貼るけど答えがありません」(ミヌ)

「僕は事件や事故、ミステリー、このようなものを好きなので、
ミヌ兄がおすすめしてくれたらたまに見たりします。」(ジョンファン)

SPORTS1 (3)

◆「やわらかいカリスマ」ジョンファン

100%>100%で(ミヌ)は、ユーモアのセンスが優れている
100%>100%で(ミヌ)は、ファン調教に非常に長けている
100%>100%で(ヒョクジン)は、刃物群舞で弱い部分 第一人者である
100%>100%で(チャニョン)は、最もエロいもしくはセクシーである

SPORTS1 (2)

◆「反転魅力」チャンヨン

100%>100%で(ミヌ)は、ユーモアのセンスが優れている
100%>100%で(ヒョクジンとミヌ)は、ファン調教に非常に長けている
100%>100%で(クッパヒョクジン)は、刃物群舞の弱い部分 第一人者である
100%>100%で(ミヌの脳)は、最も<<エロい>>あるいはセクシーである

Q、ヒョクジンさんはなぜクッパですか?

「クッパが好きです。」 (チャンヨン)

SPORTS1 (4)

◆「超高音、末っ子」ヒョクジン

100%>100%で(チャニョン)は、ユーモアのセンスが優れている。
100%>100%で(100%)は、ファン調教に非常に長けている
100%>100%で(僕)は、刃物群舞の弱い部分 第一人者である
100%>100%で(ミヌ)は、最もエロいもしくはセクシーである

Q.ヒョクジンさんを含む、すべてのメンバーが
ヒョクジンを刃物群舞の弱い部分 第一人者に選びました

“全員一致ですか。僕まででしょうか? (笑)
慣れてることにだまされて大切さを失ってはいけないのに
僕は慣れていることによくだまされます。
タイトル曲の歌詞や振りつけもたびたび忘れてしまうんですよ” (ヒョクジン)


TO.ファン

"アイドル洪水時代じゃないですか。
その多くの歌手たちの中で100%を調べてくれてありがたくて、
なんと言ったらいいのか分からないほど借りがある感じです。
報いる方法は… 素敵な姿で堂々と活動することです。
焦らないでゆっくり、早く上がるよりゆっくりと疲れずに行くのが重要なようです。
僕はきれいな水彩画を描くように美しい思い出を作ってみます。"(ミヌ)

"どんな状況でもファンたちが応援してくださるじゃないですか。
本当にありがたくて、そのために歌うことができる力を得ています。
歌を歌う上で必ず必要な存在。
良い思い出をたくさん作ったら良くて、いつもそばにあったらと思います。"(ロッキョン)

"今回のアルバムも楽しく一緒に~暖かい歌でみなさんの心を溶かしに来ました。
もう少し後で会いましょう。"(ジョンファン)

"寒い時期にカムバックしたし、良い思い出を積みながら、
凍りついた手を暖かく溶かしてみましょう。"(チャニョン)

"いつも空白期が長くて気にかかって申し訳なかったけど、
4ヵ月ぶりのカムバックなら1番短い空白期じゃないですか。
とても幸せです。 早く会うことになって良くて... よく過ごしているかも知りたいし...
今回の活動、わちゃわちゃじゃれあいながらしてみます"(ヒョクジン)


記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  ペクポ  100%  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン  ジョンファン  ミヌ 
tb: --   cm: --

記事 100%を探して! 新曲'어디 있니(どこにいるの)'M/V撮影場で!  

170223 100%を探して! 新曲'어디 있니(どこにいるの)'M/V撮影場で!
IMG_8931.jpg
22日!100%の新しいアルバム「SKETCHBOOK」が公開されました!

백퍼센트_어디_있니_온라인표지
ミヌの熱演が目立つタイトル曲'어디 있니(どこにいるの)'のミュージックビデオも確認しましたか。

歌も悲しいのに心を痛めるミヌの演技を見るとさらにウルウルㅠ

そんな場合じゃないです~
涙をふいて元気に、'어디 있니(どこにいるの)'MV撮影現場にいる
100%のメンバーたちを探しにいきました
素敵さと可愛気が共存する100%を探してみますね~

'어디 있니(どこにいるの)'男主人公!
ブラウン管を破って出るビジュアルリーダーミヌ
どこにいるの~

IMG_8086.jpg
別れた恋人を送り出し、空虚な男の心

IMG_8434.jpg
ベッドシーン!!!悲しみに包まれたおぼろげな姿

IMG_8448.jpg
カメラがオフになるとカッコよさから可愛さへターン〜

IMG_8356.jpg
ミヌの愛がたっぷりと込められた手のハート受けて帰ってください~

100%のプロ高音ドルを探しに行ってみましょうか
どこにいるの~
IMG_8732.jpg
100%の「歌財布1」「狂った高音」「高音金持ち」「声帯ハンサム」であり、
メインボーカルのロッキョンです。

IMG_8770.jpg
カメラとアイコンタクトタイム!
薄い微笑みでお坊ちゃまビジュアルぷんぷん!!
ロッキョンの他に「歌財布2」がまたあるそうですね?
どこにいるの~

IMG_8638.jpg
(絵です絵‼)フレームの中に閉じ込められたヒョクジンの素敵な姿

IMG_8754.jpg
IMG_8775.jpg
ロッキョンと共に高音を担当している、
夢を破るプンプン末っ子ヒョクジンです~V
今回'SKETCHBOOK'アルバム収録曲のうち、
'歌財布1'と'歌財布'なロッキョンとヒョクジンのデュエット
'昨日の私に会う'で途方もない感性を見せました。
もちろん、タイトル曲'어디 있니(どこにいるの)'では
感性充電100%となった狂った高音で、耳をパーン~!開けてくれました!

今回のアルバムで全ての曲のラップを作った、
ラップ神ラップ王チャニョン!
どこにいるの~
IMG_8950.jpg
チャニョンを訪ねてみると、両指をあのように握って~
チャニョンイがラップをしているチャニョンニョンニョン~
ラップをする姿がとても素敵です。
IMG_8901.jpg
素敵すぎて可愛くいらっしゃるときは必ずチャニョンもV~

火を灯す少年ジョンファンは
どこにいるの~
IMG_8467.jpg
火を持って迎えに出たジョンファンに会いました!

IMG_87490.jpg
IMG_8788.jpg
(天使が降臨したㄷㄷ)
「어디 있니(どこにいるの)」のMVが公開されて開かれた
#天使の羽 のイベント!
ロッキョン・ジョンファンがその主人公でした!
みんな鷹の目と手でキャプチャーよくできました?^^

IMG_8866.jpg
100%の'어디 있니(どこにいるの)'MV撮影現場でみつかった
メンバーたちに会ってみました!
天使もなって素敵さ爆発だったけど、また可愛さも怠らなかったんです!

100%は新しいアルバム'SKETCHBOOK'のタイトル曲
'어디 있니(どこにいるの)'ステージでみなさまたちをたずねます!
100%をたくさん愛していただいて'어디 있니(どこにいるの)'
たくさん聞いてください~
じゃアンニョン!

記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン  ジョンファン  ミヌ 
tb: --   cm: --

記事 100%「どこにいるの」、5色の声で描いた別れの感性  

「100%が哀切な別れの感性を盛り込んだ曲で戻ってきた。

100%は22日0時に新しいアルバム'スケッチブック'(SKETCHBOOK)を発売した。
この10月に発売したミニアルバム'タイムリープ'(TIME LEAP)以来4ヵ月ぶりのカムバックである。

この10月、100%は2年3ヵ月の空白期を破って、新アルバムを発表しており、
'タイムリープ'タイトル曲'チドカゲ'で
ファンの長年の渇きを解消してくれる活発な活動を繰り広げた。
このようにカムバックを知らせた国内活動以降、日本へ渡り、ステージに上がり、
日本活動を終えた後、13日、新しいアルバムの知らせを伝えた。

100%の新しいアルバムのタイトル'スケッチブック'は、
恋人を忘れないために、毎瞬間を懐かしがって、
スケッチブックに描くという意味を盛り込んでおり、
恋のはじまりと別れまでの話がアルバム全体にわたって盛り込まれている。
収録曲は愛という感情を通じて感じることができる幸せと別れの痛みなどを描いており、
様々な色を盛り込んでいる曲が100%の多彩な魅力を表現する。

タイトル曲'どこにいるの'は、別れた後の後悔と痛みを表現した曲である。
100%のメンバーたちの魅力的な音色と
ブリティッシュポップロックスタイルのメロディーが調和して曲の感性を最大限にさせる。
特にメインボーカルロッキョンとヒョクジンの哀切な高音は、
別れた恋人に向けた叫びのように感じられる。

歌詞

100%の前作'タイムリープ'は、収録曲すべて'別れ'について歌った。
タイトル曲'チドカゲ'は別れを受け入れず、
なんとかもう一度愛した瞬間に戻りたいとすがる姿を描いた。
'どこにいるの'は、'チドカゲ'で100%が見せた感性の延長線と見ることができる。

'チドカゲ'当時、100%は別れの痛みを致命的な'超高音'と'毒群舞'で表現した。
これを通じてグループ100%の歌唱力とパフォーマンスの実力をもう一度大衆に証明し、
ファンには長く待っててくれただけに、さらに活発に活動することを約束した。
もう今回のアルバムでは100%の音楽色を明らかにするとともに、
さまざまな雰囲気の曲を消化可能なグループであることを示す見通しだ。

5人のメンバーは今回のステージでまた、どのようなパフォーマンスを見せてくれるのか。
100%のカムバックが待たれる。」

記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ 
tb: --   cm: --

170222 100% スポーツワールド(メンバーインタビュー)  

100%ジョンファン"不確かな愛の歌、多くの真心を込めた"(インタビュー①)
20170221003492_0_20170222070316804.jpg

ボーイズグループ100%のジョンファンが
ニューアルバム「スケッチブック」でカムバックした所感を明らかにした。

100%のジョンファンは、最近のスポーツワールドとのインタビューで、
「新しいミニアルバム「スケッチブック」で帰ってきました。
これまで録音室ではかなり多くの時間を過ごしましたが、
タイトル曲「어디 있니(どこにいるの)」から収録曲まで
神経を使わない曲がないほど、多くの精魂を込めました。」と切りだし、
「今回のアルバムは、愛の5段階をそれぞれ違った曲で表現しました。
告白から別れまでの過程を歌に込めましたが、
明るい歌だけど悲しく、悲しい歌だけど明るい感じの曲があります。
逆説的な感じが強いけど、おかげで不確かな愛の歌に完成されたようです」と
アルバムに対する紹介と期待感を表わした。

100%は、新しいアルバム「スケッチブック」でカムバック、
タイトル曲「어디 있니(どこにいるの)」で本格的な活動に突入する予定だ。
記事ソース


100% チャニョン"パフォーマンスはありませんが、濃い感性+高音を満たした"(インタビュー②)
20170221003490_0_20170222070414551.jpg

ボーイズグループ100%のチャニョンが
ニューアルバム「スケッチブック」でカムバックした所感を明らかにした。

100%のチャンヨンは、最近スポーツワールドとのインタビューで
「新曲「어디 있니(どこにいるの)」で帰ってきました。
離れた恋人に恋い焦がれた男の姿を描いた歌です。
メロディーは明るいですが、歌詞を見るととても切なくて悲しい曲」
と切りだし、「ボーカルラインの超高音が引き立つ歌のためか、
さらに切なく聞こえるようです。
今回の曲はパフォーマンスはありませんが、
代わりに100%だけの濃い感性を満たしたので期待してもよいでしょう」
と話して目を引いた。
記事ソース


100% ヒョクジン"アルバムごとに高まる高音、クエストを打ち壊す気分で聞いて"(インタビュー③)
20170221003495_0_20170222070514675.jpg

ボーイズグループ100% ヒョクジンが
ニューアルバム「スケッチブック」でカムバックした中で、
高音に対する思いを明らかにした。

100%のヒョクジンは、最近のスポーツワールドとのインタビューで
「新曲「어디 있니(どこにいるの)」は、100%が発表した曲の中で、
歴代級の高音が入った曲である。とても歌うのが難しい曲で、
ライブのために練習も本当にたくさんしました」と口を開き、
「アルバムを1枚1枚出すたびに(高音のために)クエストを破ってる感じです。
毎回限界に挑戦する気持ちなのに、限界を超えるたびに、妙な快感があります。
それとともに、いつボス級のモンスターが出てこないかと期待している」と
気の利いた話術を披露した。

また、ヒョクジンは「(高音が)毎回負担もありますが、
それでいて期待もされているのが事実です」と力を込めて話し、
100%を代表する色が高音だけに、ファンの期待に応えられるように、
良い曲と感性と高音をお届けできるように努力します」と話して目を引いた。
記事ソース


100% ロッキョン"高音は武器であり強み、逃したくない」(インタビュー④)
20170221003493_0_20170222070614552.jpg

ボーイズグループ100%のロッキョンが
新しいアルバム「スケッチブック」でカムバック、
トレードマークの「高音」に対する思いを明らかにした。

100%のロッキョンは、最近のスポーツワールドとのインタビューで
「新曲「어디 있니(どこにいるの)」で帰ってきました。
100%が歌った歌の中で最も高い高音が盛りこまれた曲なので、
率直に言って負担になるのは事実です」と切りだし
「ライブをする時、もしかしたらミスするかと思って負担が大きいです。
したがって、さらに練習に熱中するようになりますが、
いつのまにか高音がこの100%の色であり、
武器となっているという点で満たされるように感じられます」と伝えた。
続いてロッキョンは
「たまには高音のない気楽な歌を歌えばどうだろうかと思うこともありますが、
実際に高音がなければ物足りないようです」と冗談を言って
「むやみに張りあげる高音ではなく、濃い感性を盛り込んだ高音で
多くの方々の耳を楽しませたいです」と力強い抱負を明らかにした。
記事ソース


100% ミヌ"成功的日本活動、カムバックに大きな力になった"(インタビュー⑤)
20170221003494_0_20170222070714614.jpg

ボーイズグループ100%のミヌが
日本での活動を成功裏に終えた所感を明らかにした。

100%のミヌは最近、スポーツワールドとのインタビューで、
「タイムリープの活動まで空白期がかなり長かったんです。
それで、日本の活動をするにあたって、心配が先にきたし、
僕たちを誰もが分かってくれないと思いました」と切りだし
「ところが、実際に日本に行くと僕たちを待ってくれていたファンがいて、
期待以上の成績表を受けました。また活動をすればするほど、
ますます訪ねてきてくださるファンが増えるのを見て、
やりがいと感謝を同時に感じました」と伝えた。

100%は1月、日本デビューシングル「How to cry」を発表し、
日本最大のレコード店タワーレコードのデイリー総合チャート1位を達成している。
また日本デビュー後、オリコンデイリーチャート7位という良い成果も出した。

これに対してミヌは、
「日本のファンたちの関心と愛のおかげで、大きな力を得たし、
今回のアルバムを準備するのにはずみがついた」と明らかにし、
「韓国のファンたちはもちろん、日本のファンたちも
100%を忘れずに待ってくださったという点で、責任感も一緒に感じた瞬間でした。
ファンの期待に応えられるように、良い音楽で報いることができる100%になります」と
格別な覚悟を明らかにして目を引いた。
記事ソース


[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン  ジョンファン  ミヌ 
tb: --   cm: --

記事 100%、超絶高音新曲でカムバック!充電完了  

★100%"新曲「どこにいるの」、途方もない高音...鍛えられた"
0000705001_001_20170221212911488.jpg

グループ100%が高音を鍛練したと明らかにした。
19日ネイバーV ライブを通じて
'カムバック切迫! 事前に会う100%の<スケッチブック>'が放送された。
この日100%は新しいアルバム'スケッチブック'のタイトル曲'どこにいるの'に対して
「'チドカゲ'もとても高い高音であったけどこれから鍛練になった"として
"高音に鍛練されて、この頃はちょうどあふれでる"と話した。
引き続き"'チドカゲ'の時も録音が本当に大変だったけど、
活動する時には本当にちょうど声を出すことができた"として
"さらに'どこにいるの'はその曲よりさらに高いけど、今回も似ているようだ"と付け加えた。

100%は活動目標に対して、
"新しい試みをしたアルバムですが、100%はこういう歌を歌うことができるということを
大衆に知らせることが目的であり目標だ"と答えて、期待感を高めた。

記事ソース


★100%、超絶高音新曲でカムバック!充電完了
1487680663728319.jpg

グループ100%だけのトレードマークである、
超絶高音が込められた新曲「どこにいるの」は、どんな魅力を持っているのだろうか。

21日ネイバーVライブを通じて
「カムバック間近!事前に会う100%の<スケッチブック>」が放送された。
この日の100%は22日0時に新譜「スケッチブック」の発表を控えて、
本格ネタバレ放送を進行した。
タイトル曲「どこにいるの」をはじめ、アルバムに収録された
5曲のプレビューをライブで披露するのはもちろん、
ミュージックビデオ鑑賞ポイントまで公開し、期待感を高めた。

「どこにいるの」のミュージックビデオに、男主人公で出たミヌの演技に他のメンバーは
「僕たちが知っているミヌ兄ではない」と驚きを表し、
ミヌは「僕をどれほどつまらなくみてたのか」と反論して笑いを誘った。
ミヌはミュージックビデオ撮影中、聴いた100%の歌が本当に良かったと自負感を示した。

100%は新しいアルバム「スケッチブック」のタイトル曲「どこにいるの」について、
「チドカゲもとても高い高音だったけどこれから鍛えられた」とし、
「高音が鍛えられて最近ではあふれでてくる」と話した。
続いて、チドカゲの時も録音が本当に大変だったけど、
活動する時には本当にちょうど出てきたとし
さらに、어디 있니(どこにいるのは、その曲よりも高くて、
今回も似たようになるだろうと付け加えた。
100%は活動の目標について「新しい試みをしたアルバムですが、
100%がこんな歌を歌うことができるということを
大衆に知らせることが目的であり、目標だと答えて期待感を高めた。
メンバーたちは「今夜発表、本当に震える」とし、
「曲もたくさん聞いていただいて、ミュージックビデオもたくさん見て欲しい」
とファンに呼びかけた。
100%は22日0時、全音源サイトを通じて、
新しいアルバム「スケッチブック」を公開して活発な活動に乗り出す。

記事ソース


[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン  ジョンファン  ミヌ 
tb: --   cm: --

記事 100%Vアプリ新譜「スケッチブック」不思議なアルバム  

2017022121115964670-540x305.jpg

‘Vアプリ’ 100%“新譜‘スケッチブック’不思議なアルバム、必ずお聞きにならなければならない”

グループ100%がカムバックを控えて、新譜‘スケッチブック’を紹介した。
100%は21日午後、ネイバーVライブを通じて、
‘カムバック切迫! 事前にう100% スケッチブック(SKETCHBOOK)’生放送を進行、
新譜‘スケッチブック’に収録された5つのトラックを1つずつ説明した。

この日チャニョンはタイトル曲‘どこにいるの’に対して、
“メロディは明るいようにみえるが歌詞は悲しい歌”と紹介して、好奇心を高めた。
引き続きボーカル ロッキョンがリフレイン一節を歌って感心を誘った。
ミヌは、“今回のアルバムは明るい感じであるようにみえて、
歌詞は悲しくて、暗い感じのようだけど、ときめく歌詞の曲が多い。
‘ある日’は後者の曲”として、“だから今回のアルバムを必ずお聞きにならなければならない。
聞けば様々な感じに不思議なことだろう”と自信を示した。

100%は22日0時、新譜‘スケッチブック’を出してタイトル曲‘どこにいるの’で活動に乗り出す。

記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ 
tb: --   cm: --

記事[スターキャスト]'不朽の名曲' 安らぎのような友達 RH HJ  

[スターキャスト]'不朽の名曲' 制服を着た彼氏ニエルの安らぎのような友達
※100%部分のみ抜粋 (時間がなくどうもすみません<(_)>)

2月18日に放送されたKBS2TV'不朽の名曲-伝説を歌う'で
ニエルがキムミヌの'安らぎのような友達'ステージを見事に披露しましたが
みなさん確認されましたか?

ニエルの学生時代、練習生生活を一緒にしていた友達を
不朽の名曲に招待しました!
ドアの取っ手を回す前から、中は騒々しさが伝わってきて気がずーんと! ←?
それではニエルがいるクラスに入ってみます!



ドアを開けて入って行くと…
1番後部の窓側席に座って音楽を聞いているその男主人公? OㅁO!!

制服を着て登場したニエルです!
私の名前は'ニエル'と名札を誇っています。
ニエルのために駆けつけた親しい友達もいます!
学生時代を一緒に過ごした安らぎのような友達です。

100723359_4.jpg
100723715_5.jpg

ニエルが練習生の時から、歌とダンスを習ったという、
100%のロッキョンとヒョクジンが駆けつけてくれました。

練習生の時から、ニエルとリッキーに基礎からすべての
歌と振り付けなどたくさん教えてくれたロッキョンです。

100725041_8.jpg

ニエルがロッキョン兄を眺める時 とても蜂蜜がぽたぽた(甘い、優しいという意味)。
兄を見ているだけでもうれしいニエルの笑顔。
兄を本当に好きなのを隠すことができないみたいです。
目が合ってニエルとロッキョンはすぐ状況劇に入りました。

100746176_9.jpg

"兄さん笑って。笑ってスマイル これじゃ僕が悪い人じゃん~"
本当に小説の中に出てくる男の主人公たちのように、状況劇に陥った姿です

100746680_10.jpg

もちろん最後はカッコよくアイコンタクトで仕上げ。
この学校はどこでしょうか
和やかさが冗談じゃないですね!ㅠ

100748463_14.jpg

緊張したのかしてないのかイタズラっこの笑顔を浮かべるリッキーを見て
ヒョクジンがなでなで
"普段どおりにすればいい"

100748886_15.jpg
100749224_16.jpg

4人が作る幻想のステージ!
長時間一緒にしてきたから呼吸が本当によく合いましたね!
本放送の時、LEDスクリーンには
ニエル、リッキー、ロッキョン、ヒョクジンの以前の写真が出ました。

100831253_17.jpg

100831663_18.jpg

一人だったら震えた不朽の名曲のリハーサルも
一緒だからハハホホ笑い声が絶えませんでした。
一緒に出てくる部分とジェスチャーも入念にチェックして
お互いに歌と表情をとらえたりもしました。

100832438_20.jpg

ニエルの二枚目のソロ'LOVE AFFAIR…'
アルバムを開きながら、ニエルに感嘆するヒョクジンは
しばらくアルバムを手から離しませんでした。

100833212_22.jpg

このように4人が立つステージは初めてだから
インタビューもお互いにしてくれて~
ステージの最後の動作も一緒に相談していました!

100833792_24.jpg

長い時間を共にした、
ニエル、リッキー、ヒョクジン、ロッキョンの友情が
最も輝いていた'不朽の名曲''安らぎのような友達のステージ~!
初めて4人が立ったステージを見て満たされて、
胸がいっぱいになったニエル、
その心はいつも変わらず輝くでしょう!
それでは、次のスターキャストでお会いする時までアンニョン~

*本当に変わったことが1つ~~~もないリッキーのボーナスセルカ写真*

100834024_25.jpg
100834173_26.jpg


記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン 
tb: --   cm: --

100% 22日カムバックを控えて新アルバム「スケッチブック」ネタバレ  

100% 公式ツイッター
백퍼센트, 22일 컴백 앞두고 새 앨범 '스케치북' 스포일러
(출처 : 스포츠월드 | 네이버 TV연예)
100%、22日カムバックを控えて新しいアルバム「スケッチブック」スポイラー

※各社写真と記事同一です。
(出処:スポーツワールド)
(出処:10ASIA)
(出処:ALL K-POP)

20170214002480_0_20170214163712337.jpg

グループ100%がバレンタインデーチョコレートを作りながら
新しいアルバム「スケッチブック(SKETCHBOOK)」ネタばれをした。

14日100%が、ネイバーVアプリ生放送'☆
復帰記念☆100%のハンドメイドチョコレート教室'を通じて
新しいアルバム「スケッチブック(SKETCHBOOK)」とタイトル曲について
カムバックのネタばれをした。

100%は奇襲カムバックアルバムを発表した後、
復帰記念バレンタインデーチョコレートを作る準備をして登場した。
100%は最初のチョコレートは下手だけどファンにあげたいという思いを放送して
丁寧にチョコレートを作った。

100%は"カムバックのお知らせにみんなびっくりしたでしょう"とし、
新しいアルバム'スケッチブック(SKETCHBOOK)'に対する話を切り出した。
"男が恋をはじめ、別れまでに感じることができる段階別の感情をあらわした"と
「スケッチブック」にはすべてのことを描くことができるじゃないですか。
100%が筆と絵の具になりました、1枚の水彩画を見るようだろう」と
新しいアルバム「スケッチブック」に対するヒントを語った。

また、リーダーミヌはまだ公開されていないタイトル曲について
「聞いたら本当にうん?うん.うん! となる」として、
3段リアクションを直接演技して積極的に説明した。

100%は来る22日0時に、
新しいアルバム「スケッチブック(SKETCHBOOK)」を公開する予定だ。

記事ソース
記事ソース
記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ 
tb: --   cm: --

How to cry 記事  

Korepoさま
★100%(#ヒャクパーセント)の千葉・イクスピアリで行われた公開記者会見のレポを掲載しました~!
「取材レポ」100%、シングル「How to cry」でついに日本デビュー!
寒さを吹き飛ばす公開記者会見を開催!

http://korepo.com/archives/292647

★タイトル曲について、#ミヌ さんは
「好きな女性と別れた男性の悲しい感情を込めた、
強いビートのかっこいいダンス曲」と紹介してくれました。
「取材レポ」100%(#ヒャクパーセント)、
シングル「How to cry」でついに日本デビュー

★#ロクヒョン さん、リリイベで
「ファンの方がたくさんの思い出を作ってくれた」と語っていました!
「取材レポ」100%、シングル「How to cry」でついに日本デビュー!
寒さを吹き飛ばす公開記者会見を開催!

★#ジョンファン さんは「みなさんがいるから、
僕たちは毎日毎日ドキドキします」とコメント。
「取材レポ」100%、シングル「How to cry」でついに日本デビュー!
寒さを吹き飛ばす公開記者会見を開催!

★#チャンヨン さん、日本デビューが決った時
「期待半分、ワクワク半分、心配半分」だったそうですよ。
「取材レポ」100%、シングル「How to cry」でついに日本デビュー!
寒さを吹き飛ばす公開記者会見を開催!

★#ヒョクジン さん、日本語を勉強して日本のテレビ番組に出演したいそうです。
頑張ってほしいですね♡「取材レポ」100%、
シングル「How to cry」でついに日本デビュー!
寒さを吹き飛ばす公開記者会見を開催!


韓ペン Kanpenさま
【イベントレポ】 ~100% (ヒャクパーセント)~
1月25日『How to cry』で日本デビュー!公開記者会見開催。
「これからも一生懸命やってステージの上で常に100%の姿をお見せできるように努力します!」  
#백퍼센트
kan1.jpg
kan2.jpg
kan3.jpg
kan4.jpg
kan5.jpg
kan6.jpg
kan7.jpg
kan8.jpg
kan9.jpg
kan10.jpg
kan11.jpg
kan12.jpg
kan13.jpg
kan14.jpg
kan15.jpg
kan16.jpg
kan17.jpg
kan18.jpg

http://kanpen.asia/archives/18610

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  ペクポ  100%  ロッキョン  ミヌ  ジョンファン  チャンヨン  ヒョクジン 
tb: --   cm: --

【個別インタビュー】100% 「笑いのツボ・食の好みも同じ」チームワークの良さで飛躍目指す  

KOREPO
【個別インタビュー】充電完了 「100%」が日本デビュー! 
「笑いのツボ・食の好みも同じ」チームワークの良さで飛躍目指す

hyakupa-m2.jpg
hyakupa-m.jpg
「100%」左からジョンファン、チャンヨン、ミヌ、ヒョクジン、ロクヒョン

「100%の努力と100%のチームワークにより完成された、
ミヌ、ロクヒョン、ジョンファン、チャンヨン、ヒョクジンの5人からなる
ボーイズグループ「100%」(ヒャクパーセント)が、1月25日(水)にリリースされる
Japan Debut Single「How to cry」で待望の日本デビュー! 

デビュー曲「How to cry」は日本の作曲家・SHOWが手掛けたオリジナル楽曲で、
たった一つの嘘が招いた男の悲哀をパワフルなビートに乗せたダンスナンバー。
彼らの特徴である、一糸乱れぬパフォーマンスは必見だ。
また、収録曲には日本のダンス&ボーカルグループの楽曲も数多く手掛けているMitsu.Jも参加するなど、
全て日本オリジナル楽曲で構成されている。

「100%」、個別インタビュー

 2014年7月に韓国で発表した「100% Cool Summer Album“SUNKISS”」以降、
約2年間の充電期間を経て、昨年10月に「Time Leap」で活動を再開させた彼らが、
ついに日本でも新たな幕開けを飾る! 

 1月14日(土)からリリースイベントをスタートさせ、
日本各地でプロモーションを展開している彼らに、デビューを控えた心境から、
デビュー曲「How to cry」の注目ポイント、MV撮影秘話、今後の目標までさまざまな話を聞いた。


―まずは自己紹介と、それぞれチャームポイントを教えてください。

ロクヒョン:こんにちは。ボーカル、ロクヒョンです。
優しくて、よく笑う明るい性格で、笑顔が可愛いです。あと、歌うことが大好きです。

ミヌ:こんにちは。リーダー、ミヌです。ポジティブな性格で、いつもハイテンションです。
それを面倒くさがるメンバーもいるんですけど。(笑)
そして、頭の回転が速いです。顔は全体的な組み合わせが素晴らしいと思います(笑)。

ジョンファン:こんにちは。ボーカル、ジョンファンです。声がすごく柔らかいです。
それと、目の大きさが左右違うんですが、特に左目が可愛いです。泣きぼくろも2つあります(笑)。

チャンヨン:こんにちは。ラップを担当しているチャンヨンです。エクボがキレイです。
それと目が魅力的だと思います。

ヒョクジン:こんにちは。ボーカル、ヒョクジンです。僕も目がキレイです(笑)。

―ミヌさんがハイテンションになると、面倒くさがるメンバーがいるとおっしゃいましたが、
誰が一番面倒くさがるんですか? 


ミヌ:毎回違いますね。僕はメンバーのコンディションに関係なく、いつもからかっているんです。
たぶん、ロクヒョンが一番疲れていると思いますね(笑)。

―ロクヒョンさんから見て、ミヌさんはどんな人ですか? 面倒くさいですか? 

ロクヒョン:いいえ。温かくて、面白い人です! 

ミヌ:僕はもともと孤独な人なんです(笑)

ロクヒョン:そうらしいです。ハハハ

ジョンファン:さっき、(ミヌが)頭の回転が速いって言ったじゃないですか。
話がとても上手で、リリースイベントでも、いつもトークをリードしてくれますね。

―では、それぞれ100%自信のあることを教えてください。

ロクヒョン:歌、笑顔、愛嬌。掃除も自信があります! それから、水泳。
スピードは自信がないんですけど、フォームはすごくいいと思います。

ミヌ:好きなことにおいては、簡単に諦めないです。だから、周りから諦めろと言われても、
自分が信じたものは最後まで諦めず、やり抜く自信があります。

ジョンファン:柔らかい声と、早くシャワーを浴びることです。

チャンヨン:瞬間的に暗記することと、作詞です。

ヒョクジン:演歌、トロットですね。あと、可愛いポーズ(笑)。

―座右の銘は? 

ロクヒョン:「最後のパズルまで合わせよう」。
周りから、根性があると言われるんですが、何事も最後までやり遂げるタイプです。

ミヌ:「自分に勝とう」。面倒くさくて、疲れて、諦めたくなっても、
それに打ち勝たなきゃいけないと思っています。

ジョンファン:「今を生きろ」

チャンヨン:「流れるままに」

ヒョクジン:「やらなくて後悔するより、やって後悔したほうがいい」。
人間は、後悔する生き物だから(笑)。

―「100%」の皆さんは、
「100%の努力と100%のチームワークにより完成された5人からなるグループ」ということですが、
いままで努力してきた中で、大変だったことは何ですか? 


チャンヨン:デビュー前、ダンスの動きを一つずつ合わせていくことです。
視線から、手の角度、体の角度などを全員で合わせるのが大変でした。
でもその訓練があったからこそ、いまの「100%」になったんだと思います。

ミヌ:あと、これはチームワークにつながると思うんですが、一緒に耐えてきたということですね。
充電期間とか、デビューに向けて一緒に走ってきた時間とか、
力を合わせて頑張らないといけない時間が多かったんですが、
それを一緒に乗り越えてきたから、グループの絆がよりいっそう深まったんじゃないかと思います。

―大変な時期は、やはりリーダーのミヌさんが中心となって、まとめてきたんですか? 

チャンヨン:そうですね。リーダーが「頑張ろう」とメンバーを鼓舞してくれたので、
再始動できたんじゃないかなと思います。

ミヌ:僕は軍隊に行ってきたんですが、その間のブランクがとても長くて、
メンバーたちにとっては、待つだけのつらい時間だったと思うんです。
僕は、誰よりもメンバーたちが上手くやれるし、努力しているということを知っていたんですが、
あまりにも充電期間が長かったので、メンバーたちがすごく疲れていたんですよ。
だから、軍隊から戻ってきたとき、「もう1回頑張ろう」というようなことを言ったと思います。

―チームワークの良さを感じるのはどんなときですか? 

ロクヒョン:笑いのツボが同じとか、食事のメニューを決めるときとか、
どこかに行くとき、みんなの意見が同じで、パッと決められるので、そういう瞬間瞬間に感じます。

チャンヨン:普段も仲が良いんですが、アルバムを出すたびにチームワークが良くなっていくなと感じます。
たくさん練習をしなきゃいけないので、みんなが集中して、心を一つにして頑張ろうという気持ちになりますね。

―メンバー同士、SNSでグループチャットなどをしていたりするんですか? 

一同:ハイ! 

ミヌ:本当にうるさいです(笑)

ロクヒョン:いつも一緒にいるんですが、たまに離れるときもあるじゃないですか。
僕がグループチャットを確認するのが、いつもみんなより遅いんですが、
もう読めないぐらいなんです。300通ぐらいやり取りがあるんで。

―300通って、何分でそんな数になるんですか? 

ミヌ:たくさん話すときは20分ぐらいで? 
実はさっきも来る途中、僕がメッセージを入れたんですが、同じ空間にいるときとか、
練習室で一緒に練習しているときも、グループチャットでふざけ合ったりしています。
だから、一緒にいてもそれぐらいだから、各自、実家に帰るときは、グループチャットが爆発しますね(笑)。

―誰が一番メッセージを送るんですか? 

(全員がミヌを指す)
チャンヨン:(ミヌを指して)1番、(ジョンファンを指して)2番。

ロクヒョン:(ミヌとジョンファンの)2人が多いですね。
あと、ヘン顔とかヘンな写真を連続で送ってくるのがチャンヨン。

ミヌ:こっそりメンバーのことを撮っているんですよ。
だから、もしチャンヨンが携帯電話を失くしたら、大変なことになると思います(笑)。

―グループチャットも習慣化しているようですが、
それぞれこれだけは欠かさな いという毎日の習慣はありますか?

 
ロクヒョン:整理整頓ですね。自分がいたところは、キレイにします。
それと、常にボディローションを塗っています。

ミヌ:ストレッチです。いつからか、ケアしなきゃいけないなと気になるようになって、
寝る前にベッドで顔もストレッチするし、起きてからもストレッチしますね。

ジョンファン:ゲームです。

チャンヨン:僕も携帯ゲームです。

ヒョクジン:僕は気付けば、のどを開いて、発声練習をしています。

ジョンファン:うわ~、カッコいい! 

―1月25日(水)「How to cry」で日本正式デビューおめでとうございます! 

一同:ありがとうございます! 

―いまの心境はいかがですか? 

ロクヒョン:まだ実感がわかないです。初めてのことなので。
でも、池袋サンシャインシティでのリリースイベントで、
初めてMVがLEDビジョンで流れたんですが、不思議な感じでした。

ミヌ:ここに来るとき、車の中で初めてCDのパッケージを見たんですが、
“あぁ~、僕たちデビューするんだなぁ”と。

ヒョクジン:僕もそうです。CDのパッケージを見て、デビューすることを実感しました。

―パワフルなビートのダンスナンバー「How to cry」がデビュー曲となりましたが。

ミヌ:僕たちの強みは、激しいダンスを踊りながらも、安定した高音、
パワフルなパフォーマンスをお見せすることだと思っています。
そういう僕たちの魅力をアピールするのに、ぴったりな曲です。

―キレイなフォーメーションダンスも目を引きますが、
ファンも一緒にできるダンスがあれば教えてください。


ミヌ:サビの「Tell me how to cry」での手の動きですね。
涙がキラキラ、みたいな感じで、可愛く見えると思います。

―「How to cry」のMVはどんなコンセプトで撮影されたんですか? 

ミヌ:別れた彼女との思い出を振り返りながら、懐かしさ、切なさを表現しているんですが、
メンバーごとにストーリーがあるので、そのテーマにそってそれぞれ撮影しました。

―撮影エピソードがあれば教えてください。

ロクヒョン:僕は大きな水たまりの真ん中に立つシーンだったんですけど、
そこまで水に入って行かなきゃいけないのかなと思っていたら、
監督さんがおんぶをして、連れて行ってくださったんです(笑)。
そこまではよかったんですが、一人になって、そこから動くこともできず、ちょっと怖かったです。
でも、すごく面白い経験でした。

ヒョクジン:僕は指輪を見つめて、投げるシーンだったんですけど、
その指輪が僕の指のサイズに合っていなくて、親指にはめても大きかったんですよ。
だから、不自然に見えないよう、角度を工夫して、指にはめて撮影しました。

ミヌ:メンバーそれぞれ、別れた彼女との思い出の品を捨てたり、
壊したりするシーンだったんですけど、(ヒョクジンは)指輪、(チャンヨンは)ベッド、
(ジョンファンは)時計、僕は手紙、(ロクヒョンは)水だったんで…。

ロクヒョン:水じゃなくて、写真! 僕のは、写真を水に捨てるというシーン。

ミヌ:えっ!? てっきり、水だから彼女が…

ロクヒョン:水の中で死んだと? 

ヒョクジン:人魚だね(笑)

ミヌ:そうなんだ~。勘違いしていました。
なんで、水たまりの真ん中で、立っているんだろうと思っていました(笑)

チャンヨン:僕は、エピソードまではないんですけど、普段ベッドで寝転がるのが好きなんですよ。
だから、今回ベッドで寝て、起き上がるシーンを撮影したんですが、
ずっとそこで寝ていたいと思うぐらい気持ち良かったです。

ロクヒョン:その気持ち、分かる気がします。
その日、チャンヨンの次が僕の撮影で、チャンヨンのモニタリングをしていたんですけど、
心地よい日差しと風を浴びながら、チャンヨンのコートの襟にはファーも付いていたので、
すごく気持ち良かったと思いますよ。

ジョンファン:僕は石で時計を壊すシーンだったんですけど、ストレスが解消できました(笑)
何かを壊すというのが初めてだったので、スカッとする感じがありました。

―「How to cry」はひとつの嘘が招いた男の悲哀をつづった歌詞ということですが、
メンバーの皆さんの中で、嘘が上手なのは誰ですか? 


一同:ミヌ兄さん! 

ミヌ:いつ!? 

ロクヒョン:いつも、いつも! 

ミヌ:(驚いたように)そんなこと言われるなんて、屈辱的です。

ロクヒョン:(ミヌは)人を騙すことに楽しさを感じるタイプです。

チャンヨン:嘘よりも、演技に近い感じですね。

ミヌ:あ~、もともと「100%」が結成される前、俳優としてデビューしていたので、
いつも演技の練習をしているんです(笑)

ロクヒョン:嘘です! 

一同:(大爆笑)

―今回のデビューシングルは、
ほかの収録曲もすべて日本オリジナル楽曲ということですが、歌ってみていかがでしたか? 


ロクヒョン:「つ」の発音が難しかったです。

ヒョクジン:僕のパートで「笑い続けてる」という歌詞があるんですが、いまでも発音が大変です。

ミヌ:でも、日本語と韓国語の文法はそれほど違わないので、歌詞をもらったときに、
韓国語訳もあったんですけど、感情の流れとかも似ているので、
ほかの言語よりは表現しやすかったです。

チャンヨン:僕はラップなので、発音もそうだし、言葉数も多かったので、
最初は練習するのに大変でした。歌詞の意味を考えるというより、
まず日本語を口になじませないといけなかったので、それに苦労しましたが、いまはパーフェクトです! 

一同:お~。

チャンヨン:…(パーフェクトというのは)嘘です(笑)

―でも、すでにリリースイベントなどでも披露してきたので、
だいぶ慣れてきたんじゃないですか? 


ロクヒョン:そうですね。収録曲も含め、だいぶ歌い慣れてきました。

―そして、22日(日)大阪、29日(日)東京でショーケースも開催されますね。

ミヌ:僕たちがどういう部分を日本でアピールしたいのか、
今回のデビューシングルを聴いてもらえれば分かると思うんですが、
そういう自分たちのカラーを最大限見せられるシングルを引っさげたショーケースになるので、
「100%」の魅力を存分にお見せできるステージを準備中です。
だから、ショーケースに来てくださった方々に、
「100%」ってこういうグループなんだなって分かってもらえるような、
目と耳を魅了できるステージをお見せしたいと思っています。

―日本での活動が本格的に始まりましたが、今後の目標を教えてください。

ミヌ:いつも言っているんですが、東京ドームでコンサートをすることです! 
で、そこでこれを言ってみたいです。「アリーナ、1階も2階も盛り上がってる~? 」

ロクヒョン:それをぜひ言いたいんですって。ハハハ

ミヌ:映像を見て、コレだなって思いました(笑)

ヒョクジン:あと、僕たちの曲がオリコンチャートにランクインすること! 

ロクヒョン:それから、渋谷のスクランブル交差点の周りに、
僕たちの大きい写真が飾られたらいいなと思います。

ヒョクジン:それも一番大きいところに飾られたら、うれしいですね。

チャンヨン:僕は今回の収録曲に「snow」という曲があるんですが、
映画やドラマにタイアップされたらいいなと思います。

―日本の活動で、挑戦したいことはありますか? 

ロクヒョン:日本語をもっと勉強して、日本の番組に出たいです! 

ミヌ:僕は木村拓哉さんが好きなので、ドラマで共演できたらうれしいですね。

―木村さんとはどういう関係性の役で共演されたいんですか? 

ミヌ:木村さんが主人公だから…。

ヒョクジン:木村さんの友達! 

ロクヒョン:違うよ。ヒロインを奪い合う三角関係! 

ヒロインが最後に2人のどちらかを選択しなければいけないという設定で。

ミヌ:お~(ロクヒョンとハイタッチ)。木村さんも好きですが、西島秀俊さんとも共演したいですね。

ヒョクジン:ヒロインは? 

ミヌ:竹内結子さん! 

ヒョクジン:もう自分でドラマを制作すれば? (笑)

ミヌ:木村拓哉さん、西島秀俊さん、竹内結子さん、そして…。

一同:ソ・ミヌ! ハハハ。

―ミヌさんのほかに、演技に挑戦してみたいというメンバーの方は? 

チャンヨン:僕、やりたいです! 
最近、亀梨和也さん主演のドラマ「怪盗 山猫」を見たんですけど、
ああいうクレイジーな役をやってみたいです。ヒロインは広瀬すずさんで(笑)。

―最後、ファンにメッセージをお願いします。

ミヌ:「100%」がいよいよ日本で、正式デビューします! 
カッコよく、さまざまな姿をお見せしようと頑張っていますので、ぜひたくさん応援してください! 


 全員がニコニコ、笑顔が絶えない、和気あいあいとした雰囲気を漂わせ、
SNSでのグループチャットのエピソード一つをとってもそうだし、「座右の銘」を聞いたとき、
ミヌとロクヒョンは間髪入れずに答えたが、残りの3人がしばらく考え込んでしまうと、
「ないの? 」とからかって場を和やかにするなど、仲の良さが随所ににじみ出ていた「100%」。

しっかり充電を完了させ、自分たちの魅力を最大限表現できるというデビュー曲
「How to cry」を引っさげ、日本での活動にも夢を膨らませる彼らから目が離せない! 

hyakupa-6.jpg
hyakupa-5.jpg
hyakupa-92.jpg
hyakupa-9.jpg
hyakupa-1.jpg
hyakupa-2.jpg
hyakupa-3.jpg
hyakupa-4.jpg
hyakupa-7.jpg
hyakupa-8.jpg

記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ 
tb: --   cm: --

170202 korepo記事「充電完了!! 100%が100% 日本デビュー! 「笑いのツボ・食の好みも同じ」 チームワークの良さで飛躍目指す!  

korepoさま記事
充電完了!! 100%が100% 日本デビュー!
「笑いのツボ・食の好みも同じ」
チームワークの良さで飛躍目指す!

こちらから!
http://korepo.com/archives/289840

korepo2.jpg
korepo1.jpg
korepo3.jpg
korepo4.jpg
korepo5.jpg
korepo6.jpg
korepo7.jpg
korepo8.jpg
korepo9.jpg
C3o3VXKWEAAfXre.jpg
C3o3VXKXAAErG2V.jpg
C3o3VXLW8AAdgRp.jpg
C3o3VXLWIAAY9ex.jpg
C3o5_PYWMAEymx7_201702030159240f0.jpg
C3o5_PQWYAAf-Su_20170203015922329.jpg
C3o5_PQWMAM-MCF_201702030159218b0.jpg
C3o5_PbWAAEIeD2_20170203015919449.jpg

※クリック拡大 →保存(高画質)

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン  ジョンファン  ミヌ 
tb: --   cm: --

170125 ⽇本デビュー記念公開記者会⾒ 開催!!  

⽇本デビュー記念公開記者会⾒

【⽇程】2017年 1⽉ 25⽇(⽔)
【時間】15:00〜
【受付】14:00〜
【会場】舞浜・イクスピアリ
2F セレブレーション・プラザ
【内容】公開記者会⾒、ミニライブ

記事ソース http://korepo.com/archives/283066

1月25日(水)イクスピアリ リリースイベント
【イベント詳細】
◆日時:2017年1月25日(水)
◆時間:①15:00~/②18:00~
◆会場:イクスピアリ 2F セレブレーション・プラザ
◆観覧エリア「先行入場整理券」配布時間:10:00~(ディズニーストア横スロープにて)
◆CD販売開始時間:10:00~(ディズニーストア横スロープにて)
【イベント内容】
●ミニライブ&トークショー
●特典会(特典券が必要となります)
・握手会
・サイン会
・2ショットセルカ会


記者会見がありマスコミも集まると思うので、
100%のお祝いと応援のために、
Perfectionはできたら一部15時に参加できるといいですね\(^o^)/


[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン  ジョンファン  ミヌ 
tb: --   cm: --

100%記事 まとめ *更新  

* 時期が新しいものが上です。彼らの発言がはいった記事のみ翻訳します。

150329 [スポーツソウルl記事]100% 始球する「100%」ヒョクジン

150329 [OSEN記事]100%、ネクセンのハンヒョンフィと認証ショット 「学生時代の友人」

141225 雑誌「JAPAKO」 日本語訳 2-1

141225 雑誌「JAPAKO」 日本語訳 2-2

141022 [JAPAKO記事] 100%「あなたの質問に答えます!」

140907【インタビュー]"今回の秋夕は「再充電」の時間"母ととても会いたい"

140827 [雑誌] KOREANWAVE 58 「メンバーの長所&短所!?」

140806 [記事翻訳]「いつか僕たちの時が来るだろうと思っています」

140804 Mnet「JJANG!」 動画インタビュー

140724 K★BOYS vol,2 「100%の魅力は華麗な群舞/5人組になって再始動!」

140602 [ChatterBox] 100% 一問一答インタビュー 翻訳

140420 [インタビュー]100%、愛の前で率直な5人の男

140414 [インタビュー]100%、身近な「フランケンシュタイン」を夢見る

140414 [インタビュー]「変身完了」100%「僕たちは満開をひかえたつぼみ」

140414 [インタビュー]100%「可愛いvs男の中の男」の二重生活

140414 [100%怨念解消インタビュー1]「相次ぐ悪材料、僕たちだけに集まってくる・・恨んだ」

140414 [100%鬱憤晴らしインタビュー2] 「単独リアリティー番組をさせてください!」


140408 100%[インタビュー①]ボーリング場デート...平均75点?信じられない

140407 100%[インタビュー②]ビリヤードデート...威風堂々「ビリヤード王」は誰?

140407 100%[インタビュー③]「恋愛ですか?今はあまりしたくありません。」


140404 [記事]100%、しっかりした実力の感性「女心がときめく」

140404 [記事]100%「心臓がときめく」5男の魅力対決

140403 [インタビュー]ロクヒョン「中島美嘉の曲を聞いて共感し、僕の心のような歌だ」

140401 [記事]「心がときめく」本を読む男 100%の図書館襲撃①

140401 [記事]「心がときめく」本を読む男 100%の図書館襲撃②


140320 [記事]100%、インタビュー再構成!充電完了インタビュー

140319 [記事]母校に行った100%「僕たちの学生時代は..」インタビュー

140319 100%、新たに生まれる僕の姿は?

140319 100%MV19禁判定事実予想(インタビュー①)4-1

140319 100%のメンバーの軍入隊、脱退憂鬱だったが(インタビュー②)4-2


140318 10Asia

★100%「男」5人と楽しい漢江のデート(インタビュー記事)その1

★100%「男」5人と楽しい漢江のデート(インタビュー記事)その2

★100%「男」5人と楽しい漢江のデート(インタビュー記事)その3

★100%「男」5人と楽しい漢江のデート(インタビュー記事)その4

★100%「男」5人と楽しい漢江のデート(インタビュー記事)その5

★100%「男」5人と楽しい漢江のデート(インタビュー記事)その6



140318 [記事]「5人組で帰ってきたグループ100%」

140314 [フォトグラビア]実力派グループ100%

140314 [インタビュー]100% アイドルを越えた実力「心臓がときめく」

140314 [記事]100%撮影「パワーアップ! エネルギーアップ!」

140201 「500日記念」記事 まとめ

140101 「メンバーで作った振付と悪い奴は!?」

140101 「突っ込みQuestionで、メンバーの"The Real"に迫る!」



131028発売 雑誌「NYLON(ナイロン)12月号」インタビュー

130824 「LIVE EVENT IN JAPAN Real 100%」インタビューまとめ

130722 「プロフィールやメンバーからメンバーへの手紙など」

130630 「My Name is...」インタビュー(ミヌ、チャンヨン、ヒョクジン、ジョンファン)

130630 「My Name is...」インタビュー(サンフン、ロクヒョン、チャンボム)


130628 Joynews「新・獣ドル」100%との愉快爽快おしゃべりタイム

130626 「My Name is...」100%インタビュー (2)

130622 100%「2013年を締め括る日記帳には、鶏の足のような一年だったと書きたい」

130617 100% Soompiインタビュー訳

130224 「TEENTOPとは13人兄弟!大騒ぎの仲良し共同生活!? 」

130224 「100%メンバー♡プロフィール 2013」



130121 神話アンディ、誕生日を祝うトークコンサート開催…100%

121227 「TEENTOPとの関係や宿舎生活 !?」

121031 [記事翻訳]実力ドル 100% 「TVをつければいつも出てくる'国民グループ'になります」

121031 [記事翻訳]実力ドル 100%、魅力探検大百科事典「カリスマ?キューティー!」



121022 [記事翻訳]100%、東方神起から認められて・・「5年後、気になる後輩」

121014 100%「CDを食べたと言われたとき、一番うれしかったです!」

121006 TEENTOPの兄弟グループ 100% "危うく「ドリームボート」でデビューするところだった」①

121006 [インタビュー]「CD飲み込んだアイドル 100%"ライブの秘訣は...」②




Continued...

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  チャンヨン  ヒョクジン  ジョンファン 
tb: --   cm: --

161208 [記事]100%、日本電撃的にデビュー!来年1月25日シングル発表  

100%、日本電撃的にデビュー!来年1月25日シングル発表
(出典:スターニュース|ネイバーTV芸能)

2016120810023416657_1_99_20161208100617.jpg

「5人組のボーイズグループ100%が日本で電撃的にデビューする。
8日、所属会社のティオピメディアによると、
100%は来年1月25日、日本デビューシングルアルバムを発表する。

今回のデビューシングルアルバム「How to cry」は、
日本の作曲家'SHOW'が作詞作曲した、パワフルなビートのダンス曲だ。
'SHOW'はVIXX、Bernard Park、ニコルなど、韓国の歌手たちの日本アルバムに参加したことがある。

この10月、国内で'TIME LEAP'のタイトル曲「지독하게 (Better Day)」で、
揺れない核高音ライブやパワフルな毒群舞を同時に見せ愛を受けた100%は国内活動を終えて、
日本で開かれた'TIME LEAP'発売記念プロモーションとショーケースを通じて、日本のファンの心をとらえた。

特に、先週11月20日、東京ニコファーレ公演で生中継されたショーケースでは、
生放送総視聴数2万5000回あまりを突破するなど、100%に対する多くの関心を実感させた。
また、生放送を見た視聴者を対象にしたリサーチでは、94%が「満足した」とアンケート結果が出て、
ニコファーレの関係者たちから賛辞と感嘆を受けており、満足度94%はまれに見る数値という裏話だ。

公演の関係者は「100%のライブの実力とパフォーマンス、
公演の間、吹きだすエネルギーが、現場にいた観客たちだけでなく、視聴者にそのまま伝わったようだ」、
「今後、日本活動がますます期待される」と明らかにした。

一方、100%は日本デビューシングルアルバムの事前プロモーションのために、9日から日本に滞在する予定だ。」


記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン  ジョンファン  ミヌ 
tb: --   cm: --

[記事】100%、すべての心配は100%全部消してもいい… '今はステージの上だけ歩こう'  

[HDストーリー】100%、すべての心配は100%全部消してもいい…
'今はステージの上だけ歩こう'

[トップスターニュース=HDストーリー記者]

「そう、容易ではない日々であったし、決心したことでも、
1つもうまくいかない道だったというのは知っています。
もちろん、私たちが知っているその心は、
あなたたちの心のほんの一部なのでしょうが。

1477639636-5-org.jpg

推薦してくれた曲を聴いてみて、急に涙があふれるところでした。
あなたたちの心があまりにもよく伝わってきたので、いたずらにもう1度歌を聴きました。

1477639657-55-org.jpg

そして、再び戻ってきた100%。
'チドカゲ'で戻ってきた5人の男たち。
ありがとう、また戻ってきてくれて。

1477639671-55-org.jpg

今回の振り付けも大ヒット的でカッコ良さ爆爆で温かくて、
そのままみんなしたそうですが。 歌もいいのに本当に良いのに!

1477639683-33-org.jpg

どの記事でもそうですよ。
人が生きるということはすべてそこそこだといいますが、
君の人生は特に幸せだったら良いということですよ。
あなたたちを見る心がそうなんですよ。

1477639706-17-org.jpg

四捨五入からトッタブラザーズまで、芸能感度も演技も抜群なあなたたち。
それでもステージの上で歌うのが一番素敵に見えます。

1477639725-1-org.jpg

世界のきれいな言葉を一つ一つきれいに折って、
あなたたちに伝えたいのですが、
5人の男の未来は、一つ一つたたんで置いたきれいな言葉よりもっと輝くので、
しばらく惜しんでおきますね。

1477639743-50-org.jpg

世界は思ったより美しいといいます。
だから、あなたたちの残りの生涯も思ったより美しいことを願っています。

1477639761-35-org.jpg

夢みていた世界とは違う現実にたくさん失望したし、
また、ますます疲れていったが、それでももうすぐ行われる100%の世界
私たちが君たちをいつも応援します。

1477639782-76-org.jpg

花道も、その何の道も必要ありません。
100% 私たち今のステージの上だけ歩きます。 (=これからはアイドルらしくたくさん活動してください) *1
あなたたちの元にはパーフェクションがいます。 これからだ 100%!」 *2

*1*2 번역Help:현주누나♡
Translation help:. hyunju sister♡

↓高画質 画像です^^
記事ソース

※後日修正します。取り急ぎですみません<(_)>

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン  ジョンファン  ミヌ 
tb: --   cm: --

TIME LEAP☆カムバック★100%「TIME LEAP」鑑賞ポイントを暴く!<記事>  

'TIME LEAP' gamsang pointeu pahechigi!
☆カムバック★100%「TIME LEAP」鑑賞ポイントを暴く!

1400Time_Leap.jpg

皆さん!100%が、新しいアルバム「TIME LEAP」でカムバックをしました!

今回のアルバム「TIME LEAP」は
「時間を飛び超えて、行きたい時間に戻る」という意味を持っています。

100%が新たに出発するだけに、今の100%の瞬間を
「タイムリープ」になぞらえたんですが、
これよりよく似合うタイトルはないでしょう?^^

*100%オススメ!「チドカゲ」のキリングパーツは?
タイトル曲「チドカゲ」のキリングパーツを紹介してください。100%!

DP8B3357.jpg

Q.ミヌの「チドカゲ」キリングパーツは~?

A."독이라도 네가 없는 여긴 아니야"
(毒でも君がいない ここじゃない)

その導入部が、「チドカゲ」の全体的ないくつかの雰囲気を含蓄的に示す部分であるようで、
本当に毒と感じられるほど痛みと苦渋が出てるけど、
それでも「君がいないよりはましだ」的なそんな歌詞が短くすべて含まれた感じなので、
そのパートがかなり心が痛かったんですよ。
それでそこが最も良いのではないかと思います~!

DP8B2630.jpg

Q.ロッキョンの「チドカゲ」キリングパーツは~?

A.
"미친 짓이란 걸 알아도 난 너를 찾아 갈거야"
(j狂気の沙汰だということを知っていても、僕は君を探しにいくよ)

この部分が、僕はキリングパートだと思います。
なぜなら、歌詞も直接的なのに、僕たちの振付に首を拭くような、首磨きダンスがあって、
自分自身に対するこの苦しみをより直接的に表現をしたようで、
僕を固く締めつけている孤独を放出させて、とても会いたい、
そんなことがたくさん含まれている部分であるようで、1番のポイントとなる部分であると思います。

DP8B2955.jpg

Q.ジョンファンの「チドカゲ」キリングパーツは~?

A.
"달콤하게 날 녹여버리고"
(甘く日溶かしてしまって)

この部分が1番気に入りますが、
それは通常...溶かすのは熱いものでどんなものも溶かすでしょう。
でも熱いことで溶かすのではなく、なんか「甘く私を溶かしてしまう」という表現が
ちょっと好みだと思ったようです。
想像をするとぴったりそのような感じがしますね。隠喩的な部分が良かったです!

ツ・ナウクオニトニョ

Q.チャニョンの「チドカゲ」キリングパーツは〜?

A.
"미쳐가나봐 거울 속에 비친 내 모습이 거지 같애"
(狂っていくようで、鏡の中に映った自分の姿が気にくわなくて)

このパートが1番くる感じです。
理由は~これは今鏡の中の自分の姿を見ても、ちょうど廃人のようで、
今のこのような状況でも物乞いのようなので、
この物乞いのようという表現自体が共感をたくさんすることができるのです。
そして、僕が書いた歌詞なので、余計に気に入っています~~

ヌケツコヌ蘋(1)

Q.ヒョクジンの「チドカゲ」キリングパーツは〜?

A.
"지독하게 아파도 난 네게 돌아 갈 거야 "
(ひどく痛くても、僕は君に戻っていくよ)

良いといいながらも良くない、半々のキリングパートであると思います。
僕はひどく痛いけど、愛する人がいるからひどく痛くても、
痛いことを分かっている人に戻るということじゃないですか。
それがなんか、良いといいながらも、良くないです^^
多分僕ならそうすると思うけど、その主人公のような姿が嫌で、良くて良くない(?)
でも僕はこのパートのメロディーが好きです!


100%が直接教える「チドカゲ」のキリングパートをみな記憶したでしょう!
歌を聞くたびに、メンバーたちの言葉を思い出すでしょう。

100%のメンバーがMV撮影現場で新しいアルバム「TIME LEAP」について
話があるということです!


100%のメンバーごとに異なる空間でのMVが撮影されたのですが、
その中で悲しむメンバーの表情を見ていると、一緒に胸が痛くなるようです。
それでは、撮影現場でメンバーたちをもう少し近くに訪ねて行ってみましょう!

ミヌ
DP8B3122.jpg
DP8B3152.jpg
DP8B3186.jpg

ガラスの床の上で、リーダーの力を誇っているミヌ。
横になって作っている表情が誰かを考えているようですね!
誰を考えているんですか?! パーフェクション?

ロッキョン
キマヌケツコヌ蘋(1)
キマヌケツコヌ蘋(2)
キマヌケツコヌ・jpg

変わらない100%の宝物 ボーカルロッキョンの撮影時間!
苦しむ演技を練習して、また練習していたロッキョン。
頭を抱えてとらえたロッキョンの演技はすごいです!

ジョンファン
DP8B2834.jpg
DP8B2777.jpg

白いシャツを着て、水に濡れているジョンファンです。
水に濡れた子犬のように憂愁に満ちた悲しい目つき

チャニョン
DP8B3920.jpg
DP8B3918.jpg

トンネルのような橋の下で撮影をしたチャニョン。
夜だと寒くなったために、体を丸くしゃがみこんだ様子は本当に可愛いでしょ。
撮影が始まると、カリスマ爆発する反転魅力を見せてくれたチャニョンです〜

ヒョクジン
DP8B2293.jpg
DP8B2346.jpg

階段を上がったり下がったり、何かを熱心に探してまわりましたが〜
果たしてそれは何だったのでしょう〜?


*'チドカゲ'M/V撮影場のゴマ粒の100%
しばらく休憩タイム~!
100%のメンバーたちは何をしてるんでしょう?

タレタッステー」

「チドカゲ」を聞きながら歌の練習もして〜

タレタッステー」_(1)
タレタッステー」_(2)

チャンヨンとヒョクジンのいたずらなセルカタイムも繰り広げられました
ジョンファンのバスタブを占領した93ライン

タレタッステー」_(3)

もっとかっこいい姿のために、メイクアップも几帳面に!
唇はいつもしっとりするように!

タレタッステー」_(4)

「後でパーフェクションに見せなくちゃ〜」
所有欲があふれるようにさせる浴槽セルカを残すジョンファン。
パーフェクションに早く見せてくれるように願います!

タレタッステー」_(5)

霧の中でも光るビジュアルです!自然に手が集められる感じだと言えるきらめき...

タレタッステー」_(6)
タレタッステー」_(7)

カメラがオンになる前から笑顔100%フル充電したミヌの姿です
笑顔を見ると、さらに気分が良くなりますね!

タレタッステー」_(8)

ミュージックビデオでは、自転車も登場します!
メンバーたちと撮影現場の中をぐるぐる〜 時間を割いて運動をするミヌ。

*'チドカゲ'M/Vの中の空間に

DP8B3296.jpg

ミヌの黒いガラスの床
床にあったガラスの床が突然割れたエピソードをご存知ですか!
この写真を撮る前まで
「フィク!!>< ガラスの床が急に割れたらどうしよう」としたミヌですが、
本当に自然に割れて鳥肌が! これは....大当たりの兆し?

キマヌー」

ロッキョンの寝室
「ようこそ~~僕の部屋良いでしょう?ちょっと赤いからそう良い場所です"
赤い照明が妙な雰囲気を作り出したロッキョンの寝室です。
彼女を思い出しながら物思いにふけっていたロッキョンの姿と笑顔は反転ですね

DP8B2969.jpg
チセネッ_ー」_(1)

ジョンファンの浴槽
撮影が入る時は致命的なまなざしを発射したが、カメラの電源が切れるとすぐに〜
「浴槽ではアカスリでしょ!」
足を上げて明るくアカスリ動作を見せてくれたジョンファン。

DP8B3920.jpg
DP8B4137.jpg

トンネル橋の中のチャニョン
薄暗いトンネルの中では、チャニョンの表情がより一層悲しく見えますね
このトンネルの中では、チャニョンだけでなく、
すべてのメンバーが皆一緒に登場します。
かっこよく歩いていく姿があるという話をして
「これから前に進む100%という意味とぴったり合うことのようです」

ヌナウクオニトニョ


廊下の中のヒョクジン

ロッキョンの寝室と同じく赤い照明が、
ヒョクジンをもっと意味深長な表情をつくるようにしました。
指先に握っているレバーは...?
"これを下せば、どんなことが起きるか気になるでしょう?"
茶目っ気あふれるヒョクジンのいたずらはずっと続きました。

DP8B3571.jpg


久しぶりにご挨拶をする100%でした!

100%が教える「TIME LEAP」鑑賞ポイントも見ましたか?
'チドカゲ'MVを撮りながら、わくわくしている100%のメンバーたちの姿を写真にしてみました。
これから100%の'チドカゲ'活動をたくさん見守ってくださって、
100%もたくさん愛してください~

スホタホ_グステチ・jpg

DP8B3390.jpg

"愛してます~♥"

백퍼센트(100%)_지독하게 (Better Day) M/V

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ 
tb: --   cm: --

100% 10Asia 記事  

130622 100%「2013年を締め括る日記帳には、鶏の足のような一年だったと書きたい」

130630 「My Name is...」インタビュー(ミヌ、チャンヨン、ヒョクジン、ジョンファン)

130630 「My Name is...」インタビュー(サンフン、ロクヒョン、チャンボム)



131120 100% V、新曲「帰り道」を本日(20日)リリース!

140318 100%、フランケンシュタインに変身した5人の男たち…パフォーマンスは“起承転結”

140323 5人組でカムバックした100%との“楽しい漢江デート”

140327 100% 、いじめ撲滅の先頭に立つ…いじめ防止キャンペーン広報大使に就任

140328 100% ロクヒョン、安定したライブ実力の秘訣は“ランニングマシン”?

140411 【PHOTO】100%「M COUNTDOWN」に出演“カリスマ性溢れる白いスーツ”

140413 【ステージ拡大鏡】100%「心臓が跳ねる」編

150528 100%チャンヨン、デビュー後初の演技デビュー...「警察庁の人々」に出演

161005 10Asia「100%、10月13日 5人組再編成初のカムバック」

161010 タイトル曲「Better Day」MV予告映像公開“切なさ溢れる声&表情に関心集中”

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン  ジョンファン  ミヌ 
tb: --   cm: --

160914 【スターキャスト】初顔合わせフォト ここにみんな集まったよTOP★秋夕の挨拶  

【スターキャスト】初顔合わせフォト ここにみんな集まったよTOP★秋夕の挨拶

※時間が足りず100%のみ抜粋<(_)>
143725381_1.jpg

143727974_2.jpg

1名ずつ見ても、あまりにハンサムな23人、まさにTOP★です。 (上の左側から年齢順)

今日スターキャストファミリーの皆さんに、秋夕(チュソク)のご挨拶をしようと、
TOP Media所属のアーティスト全員が総出動しました。
まさに、アンディとTEENTOP、100%、パクドンミン、UP10TIONまで!

#ラブソングを呼ぶようなTOP 男たちの秋夕挨拶撮影現場!

143732331_5.jpg
ミヌさん

144241122_13.jpg
ロッキョン

143735444_7.jpg
ジョンファン

143801573_19.jpg
チャニョン

143757934_16.jpg
ヒョクジン

"楽しい秋夕を送ってくださいという心を込めたハートを発射します! どうぞ♥"
TOP★の完璧な花童子の100%!

143817120_28.jpg
100%

10代から30代まで! TOP★は、それぞれの年齢層も多様で、
一番年長者(?)であるアンディから、末っ子のシャオまで!
各世代を代表するポーズを準備したTOP★! 
10代から30代まで、ポーズも色とりどりでした。
10代から30代までTOP★だけを見つめること #今日は_ぴったりだよ

割合を最も多く占める20代! 20歳から29歳まで、
この20代が考えるポーズは?

143823557_32.jpg

なぜハートなのかは、音声サポートされているテキストにて伝えさせていただきます!
チョンジ 「僕たちはハートだハート」
ケプ「なぜ20代がハート」
ロッキョン「どうして 僕はハートがいいな」
ニエル「いや ハートでいいんじゃないの?お前らはどう思う?」
ソニョル「僕もハートがいいと思います」
チャンジョ「ああなぜハートが分からないなぜ兄さんだけが分からない」
ケプ「そうじゃなくて、なぜ20代のポーズがハートなのかと」
ドンミン「20代は愛だよ愛」
チャンヨン「愛がなに ケプ兄 僕と愛そう」
クン「僕たちはたくさん愛を受けているのだから、
その愛をスターキャスト家族に配るというハートで合ってるでしょう 兄さん?」
リキ「そうだ、ケプ兄 僕たちハートしよう」

こんなハート紛争(?)を終えて、ハートで一心同体! (チャンジョ​​)

30代はまた、ポーズを準備したというのですが、
アンディ&ミヌが考える30代のポーズ!

143824722_33.jpg

まるで2人組のグループを見るようですね!
アンディ「僕たちは、ぴったりこれでいい(腕組みをする)」
ミヌ「ここでこのように手を伸ばせば!」

その時、その時代のポーズを再現するアンディとミヌ!
この素晴らしい暖かい雰囲気の男を一枚で表現するのは?

143828271_34.jpg

Welcome to TOP★
80年生から98年生まで、年齢順に立って出来上がり
韓服ポーズもTOPスタイルで?

143829769_35.jpg

"楽しくて豊かな秋夕をお過ごしください!"

ビーグルビーグルとにぎやかな秋夕ビームの撮影現場!
TOP★が一堂に集まって伝える秋夕のあいさつ!
映像で会ってみてください!

最後までスターキャストファミリーのことを思う ♯君が_きれい♬
スターキャストファミリーの皆様に送る直筆メッセージ

IMG_20160914_154802.jpg

文/写真/映像= TOP Media
記事ソース


※상견례(サンギョンニェ)・・ 初顔合わせ、結納、

※「추석(チュソク)秋夕」は日本でいうお盆のような時期。
旧正月と同じく、秋夕には家族や親戚が一同に集います。
ほとんどの飲食店や市場などはお休みとなります。
2016年の秋夕は、9月14日(水)~9月18日(日)の5連休です。

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ 
tb: --   cm: --

・・・  

160618 彼らの記事が出ました。
ここに書くことを考え迷いましたが、
ここに来てくださる方々は100%の味方であると信じ、伝えたいと思います。



「所属事務所の深刻な無関心に、狙撃文をあげたメンバー」


35860bb2d45d07424d2b6b641a2006a6.jpg
a203fec24773e8fbe4ea3626f2c0e8dc.jpg

ミヌさんインスタグラム

「除隊し、3か月が経った。
いつまで我慢をしなければならないの ティオピよ
10年の間、言われるまま全部したじゃない?
僕がそんなに悪いことでもしたの?
忍耐力はもう限界だ。
手に負えないようだったら、離してくれ!
かわいそうと思わないの???
あまりにも苦しいから
僕は眠ることもできず、このことを書いている
僕もどうか仕事をしたいよ」


「彼は軍隊に行って、残りのメンバーたちは、2014年7月で活動が止まったままです」


9abd768dc8eef7df3350b5fc6209d922.jpg

903fdb970df9c33e1ee78e463d2efd81.jpg


「話を聞いたら、俳優を希望しているメンバーを連れてきては、歌手をさせたり、
歌の上手なメンバーを連れてきては、実力を活用もしないというあまりにもひどい会社の行為に、
ファンでもない私も腹が立つのに、ファンたちはどんなに大変だろうかと思う。
現在あのインスタグラムは削除されている状態です」

(번역:현주누나 All Translation: hyunju sister 감사합니다!!)


※この記事は、ツイッターで既に約 800以上RTされ、韓国で関心も高いようです。

※この彼のインスタ自体は2016年3月2日に書かれたものです。
パーフェクションになにかできることはないかと模索しますが、、
彼らの才能を信じ、彼らに応援の言葉をおくることが1番の応援ではないのかなと思います。。
前が見えず、おそらく不安で苦しんでるだろう彼ら6人に、多くのをおくりたいです!!


1400日は、7月21日、4周年は、9月20日になります。
お祝いのケーキを贈る予定ですので、また後日ここで募集詳細の記事を出しますね。
少しでも、1ミリでも、パーフェクションが彼らの元気になれたらいいと思います。。
백퍼센트 파이팅‼


記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tb: --   cm: --

100%チャニョン、デビュー後初の演技デビュー...「警察庁の人々」に出演  

[10ASIA]100%チャニョン、デビュー後初の演技デビュー...
「警察庁の人々」に出演

2015052815070667222-540x304_99_20150528150905.jpg
チャンヨン

グループ100%のチャニョンが、デビュー後、初演技デビューを行う。
28日午後放送されるMBC ‘警察庁の人々2015’の第5話で、
チャニョンは犯罪事例の再構成ドラマの再現演技で、視聴者たちに存在を知らせる予定だ。

チャニョンは、10代殺人と呼ばれるテーマの犯罪ストーリーのドラマで、
家出未成年のメンバーであるパクミンス役を担って、熱演を広げた。
ドラマの中で、チャニョンは、リアルで自然な10代の青少年の演技を披露するものと期待される。

公開された撮影現場のスチールカットで、
チャニョンは10代の家出少年の不安定な目つきをリアルに表現し、
ドラマに対する期待感はもちろん、チャンヨンが引き受けた役に対する疑問をもまた高めさせた。
また、重い撮影現場の雰囲気の中で、初めての演技挑戦であることが感じられないほど、
正確に助演の役割をやり遂げたという裏話である。

‘警察庁の人々2015’は、
1990年代韓国の社会像を描いて、空前のヒットを記録した「警察庁の人々」のリメイク作で、
犯罪事例の再構成ドラマを通じて事件を分析し、現職警察官のリアルな事後トークを通じて、
犯罪被害防止のための有益な情報を提供する番組である。

100%チャニョンの初めての演技を見ることができる「警察庁人2015」の第5話は、
5月28日午後11時15分に放送される。
記事ソース

★番組について
★番組WEBサイト

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  チャンヨン  ペクポ 
tb: --   cm: --

[スポーツソウルl記事]100% 始球する「100%」ヒョクジン  

2015 KBOリーグ(ネクセンvsハンファ)
[スポーツソウル]29日、木洞球場で「2015 KBOリーグ」ネクセンとハンファの試合が行われた。
100%ヒョクジンが始球をしている。
2015032901001764000118081 (2)

記事ソース


[SSフォト] 100%ヒョクジン 「このようにフワフワの重さだとか」
l_2015032901001764600118161.jpg
2015 KBOリーグ(ネクセンvsハンファ)
[スポーツソウル]29日、木洞球場で「2015 KBOリーグ」ネクセンとハンファの試合が行われた。
100%ヒョクジンは始球後、トックドルに抱かれて、グラウンドを抜けだした。

前日の試合では、ネクセンが12回延長戦の末に、サヨナラ本塁打で逆転勝ちをおさめた。
一方、ネクセンは、先発投手でハンヒョンフイ、ハンファは宋恩範をそれぞれ打ち出した。

記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ヒョクジン 
tb: --   cm: --

[OSEN記事]100%、ネクセンのハンヒョンフィと認証ショット 「学生時代の友人」  

100%、ネクセンのハンヒョンフィと認証ショット 「学生時代の友人」
CBPthpjUsAAsTqf.jpg

グループ100%が ネクセンの投手ハンヒョンフイ選手と撮影された認証ショットを公開した。

100%は29日、ソウル木洞野球場で開かれた、2015プロ野球ネクセンとハンファの開幕戦で、
ヒョクジンとチャンヨンが始球と試打、そして、ロクヒョンが国歌を斉唱して、
野球場を訪れたファンから大きな拍手を受けた。

特に、始球に出た100%のヒョクジンは、
ネクセンの投手ハンヒョンフイ選手と学生時代からの友人関係で、
ハンヒョンフイ選手とネクセンを応援する友情の始球を展開した。
100%のヒョクジンは、ネクセンのユニフォームに、ヒョクジンとハンヒョンフイ選手の名前を刻み、
背番号もまた、ハンヒョンフイ選手の番号である63番を刻む特別な友情を誇示した。

100%はまた、試合開始に先立って、公式SNSを通じて、
ハンヒョンフイ選手と一緒に撮った応援の写真を
「今日ネクセンの応援にきました。ヒョクジンの友人、今日先発投手のハンヒョンフイ選手と一緒に!
一生懸命応援します!ファイティング!」という文章と共に公開して目を引いた。

100%が公開した写真を見たネチズンたちは、
 「ハンヒョンフイ選手と友達なの?」 「彼らの友情は素晴らしいね」 
「100%は衣服もよく似合ってる」 「100%とトックドルが可愛すぎ」など、様々な反応を見せた。

tokdol.jpg 턱돌(トックドル)動画


記事ソース

ネクセンは先発でハンヒョンフイを前に出し連勝を狙って、
ハンファは宋恩範で、金星根監督就任後、初勝利を狙う。

201503291437776623_55178fd7d5383.jpg

記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ 
tb: --   cm: --

130617 100% Soompiインタビュー訳  

130617 Soompi[独占] 100% メンバーインタビュー
941665_563781240311048_915135879_n_20150327145755438.jpg

ホットなボーイズグループ100%は最近、彼らのファーストミニアルバム “Real 100%”から、
「Want U Back」をひきさげて、音楽シーンに熾烈に戻ってきた。
グループは、すべてのメンバーがスポーティな6パックの腹筋と
きわめて引き締まった筋肉ボディで、男らしく変身したと話題になった。

* six-packs・・ よく鍛えられた、6つに割れた腹筋。

彼らの甘いバラードソング “Guy Like Me”で、
グループの広い範囲と複数の才能ある一面を示した後、
カリスマイメージへのグループの復帰を示した。

100%は、それぞれがユニークな個性と役割のある、
リーダーのミヌ、ロクヒョン、ジョンファン、チャンヨン、チャンボム、ヒョクジン、
そして最年少のサンフンの7人で構成されている。
100%のファンは、Soompi’s exclusiveで書かれたインタビューを通して、
ファンが知らない、メンバーが誰を最高に考えているか、メンバーにどんなおかしい習慣があるかなど、
それぞれのメンバーについて詳しく知ることができる。


「今すぐ下記のインタビューを読んでください!

1. あなたたちは、6か月後にカムバックしたことをあなたたちのファンに対してどう感じていますか?

ミヌ
まず第一に、僕たちは、僕たちを長い間待っていたファンの方にとても申し訳ないと感じています。
僕たちがこのカムバックのために準備をしたのと同じくらい、
多様で積極的なプロモーション活動を通じて、ファンにお返しをしたいと思っています。
そして、僕たちははじめからもう一度デビューしているように感じています。

ロクヒョン
僕はとても幸せで興奮していますが、他方で緊張もしています。
僕はファンが僕たちのことを忘れているかもしれないと心配しています。
僕たちは再びデビュー・ステージをしようとしているようなものです。

ジョンファン
僕たちがダンスソングでステージに立つのは2回目ですが…僕たちは再びデビューするような感じです。

チャンヨン
私たちは長い休憩をしていたので、僕たちは再びデビューをするような感じです。
僕は興奮していて幸せです。

チャンボム
僕の中に、ファンがまだ僕たちのことを覚えているのかどうか、不安と疑問があります。
それとは別に興奮していて、再びファンに会うのが待ちきれません。

ヒョクジン
僕たちはまだルーキーですが、長い休憩があったので、
ファンが僕たちを忘れてしまったのではないかと恐れて心配をしています。
今僕たちはカムバックで一生懸命やっていて、再びデビューするかように、僕は最善を尽くしています。

サンフン
僕たちの休憩がとても長かったので、僕は僕たちが再びデビューしているように感じています。

2. どのようなコンセプトが1番好きですか?あなたは合っていると思いますか?

ミヌ
かわいくて楽しいコンセプトは快適です。しかし暗いコンセプトはもう少し楽しいです。
それはより僕たちの全体的なカリスマを際立たせると思います。

ロクヒョン
僕は、どんなスタイルやコンセプトでも扱うことができるようにしたいです。
それは、歌手がステージで表現することができる最高のイメージではないですか?

ジョンファン
僕はまだ本当に分からないです。僕は、将来的にはより多様なコンセプトを試してみたいです。

チャンヨン
でも、僕は僕たちの現在のコンセプトがよく僕たちに合っていると思います。

チャンボム
僕は、僕たちはどんなコンセプトでも扱うことができると思います。

ヒョクジン
デビューで、僕たちも男らしいコンセプトがあったので、
だから僕は、陽気で明るいコンセプトを試してみたいと思います。

サンフン
僕は、現在のコンセプトが僕にとって1番合っている思います。

3. リーダーは、1番年上であることからプレッシャーを感じますか?
(ミヌは1980年代に生まれた唯一の人です!)


ミヌ
全くありません。若いメンバーは、とてもよく僕の指導に従ってくれて、
僕に強さをくれる友人のようにいつも一緒にいます。
だから、僕は僕がリーダーであるというプレッシャーを感じません。
しかしながら、僕は僕がチームのために十分でなければならないと感じています。

4. あなたは、事務所で話したりぶらぶらする友達はできましたか?

ミヌ
僕たちはとてもよくうまくやっています!

ロクヒョン
僕たちは、それが問題になったほどよくうまくやっていっています。
僕たちは多くの冗談をしてそして休日には一緒にぶらぶらしています。

ジョンファン
アンディ兄はとてもよく僕たちの世話をしてくれます
そして、僕たちはまるで兄弟であるかように、TEENTOPのメンバーとそばにあります。

チャンヨン
はい。僕たちは、問題になるくらい親しいです。

チャンボム
僕たちはアンディ兄とTEENTOPとまるで家族のように親しいです。

ヒョクジン
はい。 僕たちは、家族と同じくらい親しいです。

サンフン
僕たちは、TEENTOP友達と、たくさん冗談を言い合ってぶらぶらしています。

5. グループで見かけが最高なのは誰ですか?

ミヌ
うーん... 僕は..それはミヌだと思います(?)

ロクヒョン
オルチャンだったミヌ

ジョンファン
彼らはみんないいです。でも個人的には、僕はサンフン、、僕たちの最年少が見て最もいいと思います。
彼は男らしい特徴を備えています。

チャンヨン
チャンヨン

チャンボム
ミヌ兄

ヒョクジン
ミヌ兄

サンフン
このメンバーから選ぶのは難しいです。

6. あなたは、アイドルとして誰に敬意を持ち、尊敬していますか?

ミヌ
僕は、父を尊敬しています。
いずれ、僕が結婚をして家族を持つ時、僕は僕の父のようになりたいです。

ロクヒョン
ビヨンセとクリスブラウン。
僕は、これら2人のアーティストを本当に愛しています。
僕は、彼らがすべての瞬間に最高のステージを見せるために、
一生懸命やっているのを見て驚くべきことだと思います。
彼らのライブとパフォーマンスはあまりにも素晴らしいです。

ジョンファン
僕は、パクジェボム先輩が本当に好きです。
彼がステージで示す自由は本当にカッコいいです。

チャンヨン
僕が尊敬する人々は、僕の両親です。 アイドルでは、E-Sens, Dynamic DuoとTygaです。

チャンボム
僕が尊敬する人は、僕の父です。 アイドルでは、G-Dragonです。

ヒョクジン
キウテウ先輩。

サンフン
絶対に、神話先輩です。僕は、僕たちのグループが神話と同じくらい長い経歴が欲しいです。

7. ミヌには、将来映画やドラマをするための計画がありますか?
(彼は以前に演技の経験を持っています。)


ミヌ
もし機会があれば、僕は本当に、良いプロジェクトに参加したいと思います。

8. あなたは自由な時間に何をしますか?

ミヌ
僕はメンバーと映画を見ます。
そして、僕たちの忙しいスケジュールのため、連絡を取ることができていない、
すべての友達や親戚を呼びます。

ロクヒョン
僕は映画を見ます、または、散歩に行きます。
僕は、歩くのが好きです。だから、僕は公園に行って歩きます。

ジョンファン
僕は映画を見たり、おいしい食べ物を食べることが好きです。

チャンヨン
僕は映画を見るか、いつものように寝ます。

チャンボム
僕は眠るか、映画を見ます。
僕もまた運動するか、first-person shooter (FPS)のゲームをします。

ヒョクジン
僕はカラオケに行くのが好きです。 行く時はストレスを解消するために3~4時間歌います。

サンフン
僕は運動するのが本当に好きです。
僕は、漢江に自転車に乗っていって、そこでバスケットボールをしたいです。

9. あなたが孤島で生き残るために、
1人のメンバーだけ連れて行かなければならない場合、それは誰でしょうか?
あなたが持っていくだろう、5つのものは何ですか?

ミヌ
サンフン、その生活を維持するために強力な能力がある?
おかしいチャンヨン? 選ぶのは難しいㅠㅠ
僕は、発電機、ノートパソコン、充電器、100箱のラーメン、そしてカメラを携帯します。

ロクヒョン
僕はチャンボムと行きます。彼はじっとしていることができないから、僕は退屈しません。
僕は、食べ物、通信機器、ボート、香水と化粧品類を携帯します。

ジョンファン
僕はサンフンと行きます。僕は、彼が一生懸命働いて多くのことをするだろうと思っています。
僕は、素敵な車と素敵な家を持っていくよ。
正直なところ、僕はこれについて考えたことがありませんでした。

チャンヨン
僕はみんな一緒に行きたいと思います。
7人のメンバーなので、僕たちはたくさんのことをすることができます。
僕は、食べ物、テレビ、ベッド、釣り竿とサッカーボールを携帯します。

チャンボム
僕はロクヒョンと行きます。
僕は、食べ物、コンピュータ、携帯電話、飛行機とシャワールームを携帯します。

ヒョクジン
僕はサンフンと行きます。
僕たちが一緒に行くなら、僕は僕たちは生き残ることができると思います。 ハハ!
僕は、釣り竿、ライター、腕時計、テントと本を携帯します。

サンフン
僕はチャンヨンを選びます。 彼は強いです。
僕は、ナイフ、食べ物、医療グッズ、水とライターを携帯します。

10. あなたは休暇で行ってみたい場所がどこかありますか?

ミヌ
ピピ島。 いつか、単独、または特別な誰かと、僕は絶対にそこに旅行がしたいです。

ロクヒョン
スイス、シドニーとグアム。
僕は本当にこれら3つの場所に行ってみたいです。
でも正直にいうと、場所はどこでもいいです。僕は旅行が好きです。

ジョンファン
オーストラリアと日本。

チャンヨン
僕はアメリカやイギリスに行きたいと思います。

チャンボム
僕は日本に行きたいです。

ヒョクジン
釜山。釜山が故郷なので、僕はそこで家族と一緒に時間を過ごしたいと思います。

サンフン
ヨーロッパ旅行!

11. メンバーの、ファンが知らない、いくつかのおかしい習慣は何ですか?

ミヌ
時々、寝ている時、僕はベッドから落ちます。
それが起こったら、僕は静かにベッドに戻ることがとても恥ずかしいです。
僕がこれを告白したのは初めてです。誰も知りません。

ロクヒョン
僕はそれがおかしいことだとは思わないけど、
僕は散歩に行く時、僕は、空と雲を見てしばらく止まっているのが好きです。
正直にいうと、僕は特におもしろい趣味を持っていません。

ジョンファン
僕は泳ぐことが好きです。

チャンヨン
僕は僕の眉毛に触れるのが好きです。

チャンボム
僕はチャンヨンと FPSゲームをするのが好きです。

ヒョクジン
僕は、面白い写真を真似するのが好きです。

サンフン
僕はさっき言ったように、運動が好きです。」



** おそらく疲れている時の取材で、後半は質問と答がまちまちでおもしろいです(^^;
記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tb: --   cm: --

121006 BNT Newsインタビュー①  

TEENTOPの兄弟グループ 100% "危うく「ドリームボート」でデビューするところだった」①

8eefbd6a2d8da8483dea767d3cd12621.jpg

TEENTOPを一気に上の方にあげて、プロデューサーとしての能力を見せてくれた神話のアンディが、
9月、野心的に準備した第3のアイドルグループを出撃させた。
100%(完全体)を意味するエネルギッシュボーイグループ100%がその主役だ。

以前より兄弟グループTEENTOPと共に、リアリティー番組を撮影して存在感を知らせた100%は、
9月21日KBS「ミュージックバンク」でデビューした後、
CDを飲み込んだようなライブと一寸の誤差もない刃物群舞で好評を得た。
「アイドル洪水」に背を向けたネチズンにさえ、寛大な愛を受けているほどだ。
最近はその異例の反応に、歌謡関係者たちも驚いている様子だ。

スポットライトを単独で独占するのにはすべて理由があった。
もちろん、大邱オルチャン出身であり、KBS成長ドラマ「四捨五入3」を通じて俳優としてデビューしたミヌ、
ティーオーピーメディアの最初の男性デュオグループ「ジャンパー」のメンバーだったロクヒョンが
チームに所属しているという点も有利になった。
しかし、ロクヒョンの場合、7年間、TOP MEDIAに身を置いて、練習生生活をした実力派ボーカルであり、
他のメンバーたちも平均3年間、夢のために大変な時間を過ごしてきた。
その苦労の実りが少しずつ見えてきている。

まだ芸能人のステータスを真似している若い学生のように見える100%。
リーダーミヌを初めて見て、芸能人だと思ったほど、純粋さを秘めた7人の近況に、
韓経ドットコムbntニュースが会ってみた。


100%という名前に対するそれぞれの思いは?

(ミヌ)
社長が最初に「強靭なやつら」という意味を持つ「ドリームボート」という名前をくださったが、
とても可愛らしい印象が強くてあんまりでした。
2番目に与えられた名前が「100%」だったが、すぐに大丈夫だと言いましたよ。
ドリームボートに比べると感謝した名前です。

(ジョンファン)
表記した時、数字と%記号が入る形がきれいなので、僕は気に入りました。
ところが、意外にデビューしてから変だといわれる方々が多かったんですよ。

アンディが100%のチーム製作にどれくらい関与しましたか?

(ミヌ)
ほとんどされたと思っていいです。
メンバー構成も直接されたし、モニターも几帳面に取りまとめてくださいました。
僕たちに直接フィードバックは入って来ないけど、指示が伝わってきたりして。
(ジョンファン)
主に後からよく用意をしてくださる方です。ご飯もたくさん買ってくださって。

アンディがしてくれたアドバイスの中で最も記憶に残っているのは?

(ミヌ)
「1位2位は、とても小さな差で分かれる。
小さなこと一つおろそかに思わず、君たち同士よく合わせて行きなさい」とおっしゃってくださいました。
1位2位の差はとても些細であるということでしたよ。

大衆はあふれるアイドルに拒否感を感じていますが、不安ではないですか?

(ミヌ)
あったりします。
しかし、どうせアイドルの歌、とあらかじめ耳を閉じる方々であれば、
どのように説得をしても、耳が閉じ目を閉じていると思います。
まず、僕たちを見てくださる方々に認められたら、
その方々が口コミをたててくださるだろうと思います。
まずは良い歌で勝負をしなければならないんじゃないでしょうか。

それにもかかわらず、極端なアンチもなく、ある程度の立ち位置を取りました。
その原動力は何でしょう?

(ジョンファン)
会社が頑張ってくださったおかげです。
(ミヌ)
僕たちが見るには隙間が多いのに、よく見てくださっていると思います。
刃物群舞の中で、安定したライブをお見せすることができたら成功だと思っていたけど、
そのように見ていただけて本当に幸いだと思います。
(ロクヒョン)
結局、原動力はパワフルな刃物群舞の中でぶれないライブでしょう。
(すべてのメンバー)
刃物群舞という言葉は抜かなければならないですね。
一生、刃物群舞ばかりすることはできないでしょう?
(ロクヒョン)
それなら、強烈なパフォーマンスの中で安定したライブにします。

デビュー後、一番龍になった(カッコよくなった)メンバーは誰?

(満場一致:ヒョクジン)
僕もそう思います。
最初はミヌ兄は僕をマネージャーと間違えるほどでした。
(ミヌ)
この友人は、釜山から練習生で来ましたが、
最初、誰かが事務所の前に立っているから、マネージャーだと思いました。
当時、マネージャーを求めていたんですよ。
体型も、表情も、立っている姿も、すべての面でメンバー感でないようだったんですよ。
それに普通は練習服は着てこないで持って来るのに、
この友人はトレーニング服を着て立っていて、誤解をしたようです。
(ヒョクジン)
それに学生の時だから髪もすごく短かったんです。

逆に、チームで最もハンサムなメンバーは誰?

(満場一致ミヌ)
はい、そうです。大邱オルチャン出身だよ、ハハ.
しかし、どうやら僕は事前デビューをした状態ようなもので。
はじめに、僕が入ってきた時、メンバーたちは「芸能人だ!」と言ったそうです。
この結果にとても満足しています。

ミヌ、(若さの)管理の秘訣でもあるのか?

(ミヌ)
管理することはないです。
しばらく作品がたくさんでひっきりなしでストレスを受けた時は、
周囲から「たくさん老けた」とされましたよ。
だけど、歌手の準備をしながら、弟たちと過ごしていたら、たくさん明るくなって幼稚になりました。
若い気を吸いこんでそうなのかな?

ミヌの普段の性格は「唐突なシック横柄」と言うが、リーダーとして大丈夫ですか?

(ミヌ)
突拍子もない性格は、一緒につきあって遊ぶ時は良いと思います。
しかし、助言したり、指摘する時は、それなりにすごく冷たいです。
せっぱつまったら、チャンヨンは僕に冷凍人間と言いますが。
(チャンヨン)
僕はあまりひどい目にあっていません
(ミヌ)
いつもは、躁病のように明るいほうだから、どうも冷たい時との差が大きいほうでしょう。
弟たちは適応するのは難しがります。
(ヒョクジン)
この兄は、歌を聴きながら泣いてそうです。
そうするうちに、イヤホンを抜けば、笑いながら楽しく遊んでたりね。

(写真提供:ティーオーピーメディア)


記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ 
tb: --   cm: --

121006 BNT Newsインタビュー②  

[インタビュー]「CD飲み込んだアイドル 100%"ライブの秘訣は...」②

8eefbd6a2d8da8483dea767d3cd12621 (1)

ステージの上ではカリスマ美少年だが、事務所に並んで座った100%は、
間違いなく、20代前半の遊び心があふれる男子学生である。
末っ子ラインがわいわい騒げば、普通は兄さんたちが立ち上がって雰囲気をまとめるのだろうが、
このチームの自由気ままさは魅力的である。

本人たち自身も、
「移動するときはいつも一緒に騒いで、同じように一緒に眠る。
誰一人として指摘することことなく、いつもみんなうるさい」と言う。
特にこのようなチームの雰囲気を、兄弟グループTEENTOPと共有しているという点が目をひく。
対外的には、厳格に向こうが先輩だが、内部的に序列が上だ。
時には、呼称の前で小さくなる100%だ。

ヒョクジンとB1A4のサンドゥルは同じボーカル学院出身だけど、親交はどのくらい?

(ヒョクジン)
ため口するほど親しい間ではなかったけど、僕はたくさん慕いました。
しかし、会ってなくてかなり長い間になりました。およそ2年?
サンドゥル兄がオーディションに合格して、釜山からソウルに上った時に、
バナナ牛乳を買って、「頑張れよ、僕は行く」とくれたんですよ。
だから、僕は電話で、
「ソウルで必ず会ってください。僕も成功しますよ。放送局で会いましょう。」と言いました。
最近、カカオトークをしてみたけど連絡がないんですよ。
今はもう携帯電話を持ってないと分かっています。
学院に通う時、院長先生が僕たち2人はとても似ていたと言いました..ハハ
(ミヌ)
では、後で放送局で会うことになれば、君もバナナ牛乳を渡しながら「僕が来ました」と言ったら良いね。

ロクヒョンは2009年、男性デュオのジャンパーでデビューしたが、
再び練習生の身分に復帰しなければならなかった。気持ちが傷ついて当然だが?

(ロクヒョン)
残念でしたよ。
しかし、既にそのようにされてしまいましたが、再度やるのではなく、
新たに出発するのが僕にもっと合うようでした。
実は、ジャンパーが解体した後、軍隊に行こうかと考えてもみましたが、
練習するのが最も気持ちがいいんですよ。
そうでもしなければ、うつ病がきたようでした。
僕は少し長い練習生をしてみたら、会社も内心僕に期待をたくさんかけるようで、
今度はうまくやらないといけない、
揺れる姿を見せてはいけないという考えをたくさんすることになりましたよ。
最終的にみると、このように素晴らしい機会がきましたね。

ライブに対する好評がもちきりだけど、秘訣があるならば?

(ロクヒョン)
もともと、毎晩ジョギングを少しするほうです。
人が多いから声をあげることができないけど、歌は口ずさみます。
やはりライブは走るのが一番良いことですよ。
だから、ジャンパーで活動した時も本当に多く走りました。
不思議なことに、ジャンパーも、「ミュージックバンク」でデビューしたけど、
今回も「ミュージックバンク」でデビューすることになって、ジーンとしました。
その時も「ミュージックバンク」のライブはうまくいったけど、
今回も「ミュージックバンク」のステージのMR除去映像が上がってきましたよ。
でも実は僕は、僕がライブをどのようにしたのかもよく分からないです。

* MR除去映像・・ MR(伴奏およびコーラス)を除去した映像で、
実際の歌唱力を評価する尺度とされている。

100%ボーカルに対する自らの評価は?

(ロクヒョン)
いうことしたらそうですね
(ジョンファン)
まず高音が最高ですね。
ヒョクジンが高音を担当していますが、デビュー曲「BADBOY」では、
そうなのを感じることができなかったでしょう。
まだ隠しているからです。
(ロクヒョン)
100%ボーカルといえば、もう一つ訴える力です。
僕はその部分がちょっと強いようです。
(ミヌ)
ボーカルたちごとに、カラーと個性がはっきりしていて、聴きやすいといわれましたよ。

最初のステージで間違えたことはありますか?

(ロクヒョン)
カメラがどこを撮っているのか分からなかったんですよ。
ステージに立ってみたのが3年ぶりだから、忘れてしまいました。
どのカメラが僕の顔を撮っているかどうか分からなくて、正面を見て歌を歌ったのを覚えています。

サンフンとチャンヨンはそれぞれ
「1秒キム·スヒョン」「アトム」というニックネームがありますが?

(チャンヨン)
髪をこのようにカットしているからです。写真も撮りました。
似ていたことを認めます。
僕はこんなニックネームが初めてできたが、本当に気にいっています。
(サンフン)
率直に言って申し上げるときまり悪いけど、似ていると思います。
しかし、このような話はキム·スヒョン先輩がまだ有名でない時からたくさん聞きましたよ。
最近人気が最高なのに、このような声を聞いて、僕はとても良いですね。
おっしゃってくださる方々、本当に感謝します。
(ロクヒョン)
この友(サンフン)がはじめに来た時、ちょうど「ドリームハイ」ブームが起きていた時で、
僕たちも似ていると思いました。

チャンヨンは特に猟奇写真が多いが、普段の性格が気になります。

(ミヌ)
普段から壊れるのを恐れていません。天然ぼけもあって。
僕たちが撮影されたバラエティを見ると、チャンヨンが主に壊れるほうです。
バラエティの有望株ですよ。
(チャンヨン)
グループのコメディアンを担当しています。
バラエティに出るならば? トークならミヌ兄でしょう。

末っ子ラインがなんと4人!100%内の序列とそれに伴う役割は何ですか?

(サンフン)
僕が一番末っ子ですが、僕と同い年が3人もいて、
兄弟関係なくすべての仕事の役割を分けてします。
(ミヌ)
たまにみると、弟が兄のようです。
しかし基本的には弟がある程度してくれるほうでしょう。
指示をしなくても、水を持ってきて、こうした世話をしてくれるからさせる必要もないですよ。
しかし、皿洗いのように、誰が見ても良くないことは、ゲームを通じて共有したりしています。
(ジョンファン)
弟たちがしなければならない仕事には線引きがあります。
時には、弟という理由だけでするには、くやしいこともあるけど、そんな時はジャンケンでしょう。
(ミヌ)
末っ子が4人として、これといって飛びかかったこともなく、
いつもそうしてきたし、相談する雰囲気です。
弟たちも言うことは言ってとても自由です。

年下のTEENTOPが先輩グループになりましたが?

(ミヌ)
それでもお互いに守るべきことはすべて守ってます。
TEENTOP友達も先にデビューしたことを前に出すことはないですよ。
バラエティの録画しながら、突然先輩と呼べと言って、とてもぎこちなかったが、
実際、「見るのも不快である」と、コメントが上がってきたりもしました。
(ヒョクジン)
みんな一緒に集まってチームで代表の意見を言う時には、TEENTOP先輩、
それぞれの名前を言う時はため口ですることにしました。

先輩がTEENTOPであるから、より多く気を使う部分がありますか?

(ミヌ)
インターネットを見れば、「やはり刃物群舞」という話をたくさんしてくださっています。
たいてい振りつけ上で期待をたくさんして下さるんですよ。
それだけ神経も使っています。
デビュー前は普通12時間くらい練習をしましたし、デビューが迫ってからは15時間もしました。

一番模範としたいグループは?

(ミヌ)
神話先輩と東方神起先輩です。
特に、神話先輩のチームワークと長い生命、
東方神起先輩たちの完璧なパフォーマンスに似ていたいです。

これからの覚悟は?

(サンフン)
新人賞を受けるために、チーム名のように100%のすべての姿をお見せできるように努力します。
(チャンボム)
演技、バラエティ、多方面で活動したいです。いつも初心を失いません。
(写真提供:ティーオーピーメディア)


記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  TEENTOP 
tb: --   cm: --

雑誌「JAPAKO」 日本語訳 2-1  

10454561_797343030310394_3125836206519064984_n_2014102221581809d.png
「JAPAKO」 100% 10ページ掲載
雑誌詳細はこちら
WEBインタビューはこちら

★インタビュー記事は全て英語で意訳ありなので、
だいたいのニュアンスでお願いします<(_)>)


100%は2012年、「Bad boy」でデビューした。
彼らはTOP Mediaに所属し、現在グループは5人だ。
ヨーロッパで、彼らはファーストシングルでとても早く人気を得た。
彼らは「「君がきれい(U beauty)」 」で現在カムバック中である。
この新しいリリースによって、彼らはより多くの注目を集めている。

JAPAKOミュージックでは、いくつかの質問を彼らにたずねるチャンスを得た。
あなたは、メンバーのとても親切な回答を通して、彼らをみることができる。
僕たちは、あなたが僕たちがしたのと同じくらい、インタビューを楽しむことを願う。
彼らが多分すぐ、ヨーロッパのパーフェクションを訪れることができるように、
彼らにたくさんの支持を示することを忘れないで!


ONE HUNDRED PERCENT KIND(100%の本質)

★もしあなたがヨーロッパでパフォーム(公演、仕事など)をするとしたら、
どの国でしてみたいですか?そして、その理由は?


ジョンファン: 僕たちはヨーロッパのファンがいさえすれば、公演する国は選びません。

ロクヒョン: 僕は特にドイツで公演をしてみたいです。
僕たちのフェイスブックに、ドイツからメッセージをくれるファンがとても多いです。

チャンボム: 僕もドイツでしてみたいです。ロクヒョンと同じ理由です。

ヒョクジン: 僕は1日イタリアで公演してみたいです。
なぜなら、イタリアのファンが僕たちのコンサートに来てくれたからです。
もしも可能なら、僕は本当にイタリアで公演がしてみたいです!

チャンヨン: フランスのパリ。
なぜなら、韓国のアーティストはフランスでたくさん公演しています。
僕もそこでしてみたいです!

★あなたたちのヨーロッパのファンについてどう思いますか?

ジョンファン: 僕たちは実際今までヨーロッパで公演してないので、
完全には分からないけど、彼らは本当に情熱的なようだし、僕たちに多くの支持を示してくれます。

ロクヒョン: それは本当に魅力的です。
僕は思う 「彼らは本当に、僕たちを知っていますか?」

チャンボム: 僕は100%愛する、大切なプレゼントとして彼らのことを考えています!
ヨーロッパのパーフェクションは最高です!

ヒョクジン: 僕は本当にヨーロッパのファンがいることに魅了され、そして感謝しています。
K-POP最高!

チャンヨン: なぜか分からないけど、
僕はヨーロッパのファンはとても、とても美しくなると思います。

★コンサートやショーケースをすること以外で、
他のどのようなイベントを、あなたたちのヨーロッパのファンのために催したいですか?


ジョンファン: もし僕たちがヨーロッパツアーをするなら、
その国の有名なランドマークの前で、ファンと一緒に写真を撮りたいです!

ロクヒョン: 僕はできるならファンとたくさん話したいけど、言葉の壁があります。
僕はそれができそうに思いません。
だから、僕は僕たちのパフォーマンスを見に来たファンのために、わたがしを作りたいです。

チャンボム: 僕はファンミーティングをしたいです。
ファンミーティングは、ファンと僕たちが個人的交流をすることができます。

ヒョクジン: 僕はファンとキャンプがしたいです。
なぜなら、ヨーロッパはとても美しく、僕たちがどこにいったとしても、それは壮観でしょう。

チャンヨン: 僕は高級レストランでファンと一緒に夕食を食べたいです。
そして、家族のように一緒に時間を過ごしたいです。


[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  チャンヨン  ヒョクジン  ジョンファン 
tb: --   cm: --

カテゴリ

検索フォーム

軍隊情報

最新記事

リンク

カレンダー

News!!

翻訳(Translation)번역

YouTube

100%の韓国デビューから

Birthday

QRコード

全記事表示リンク