Peachy!!

100%(백퍼센트)の記録♡ For all Perfection

140806 100%「いつか僕たちの時が来るだろうと思っています」(インタビュー)  

2014080614144256923_1.jpg
100% TOP MEDIA提供

[Sports Today記者]
にぎやかな、音楽番組の控室の扉を開けて入って行くと、
5人のキラキラした目つきが目に入ってきた。
さわやかではつらつとしているが、時には真摯なグループ100%のインタビューは、
何度も笑顔にする力をみせてくれた。
100%が夏を狙って出した、清涼な「니가 예쁘다(U Beauty)」の活動が終わりに向かう今、
彼らに会ってきた。

「本来、暗い雰囲気の舞台ばかりしていて、明るいコンセプトを初めてすることになりましたが、
前から本当にしてみたかったです。
最初は、表情や振りつけがぎこちなかったが、練習をたくさんしましたよ。
僕の考えでは、みんな明るいコンセプトがよく似合うけど、
特にロクヒョン兄が1番よく似合うと思います。
しかし、ロクヒョン兄はそれなりに大変でしたよ(笑)」(ヒョクジン

「暗い雰囲気の曲をたくさんしてみると、
練習する時も、強いポーズや目つきをたくさん練習しました。
最初は、舞台で笑いながら歌うのがぎこちなかったんですよ。
メンバー全員が適応するのに時間が必要でした。
それでも、今回のコンセプトに、みんなよく似合ってないですか?(笑)」(ロクヒョン

2014080614144256923_2.jpg
100%の「니가 예쁘다(U Beauty)」ステージキャプチャ

これまで100%は、強烈なパフォーマンスと共に、暗く、暗鬱な雰囲気の舞台を披露してきた。
今までの舞台で見せてくれた100%の声は、
別れた恋人に向かって帰ってきてと叫ぶ切なさだった。
こうした100%が「さわやかではつらつとした彼氏ドル」で帰ってくるとした時に、
果たして、彼らがこのようなコンセプトをよく消化することができるのかと心配する声もあった。
彼らはそのような心配に「本当に熱心にしました」と異口同音に答えた。

ジョンファンは、
「ミュージックビデオの撮影前のリップシンクの練習で、みんな応答がなかった」と
照れくさそうに顔をほころばせた。
続いて、「だから、明るくする練習が必要だった」として、
「大衆が、「この子たちも笑うことができるグループだ」と思われるように努力した」と言って、
表情演技とコンセプトのために、刻苦の情熱を明らかにした。
続いて、チャンボムは、
「予想外に僕はこのコンセプトがとても良かった」と、
特有のポジティブな姿で、今回のコンセプトの裏話を解放してくれた。

「デビューして、パフォーマンスライブを強みに打ち出しました。
100%というと、最初に思いつくキーワードでしたから。
いつも「次のアルバムは、今よりもっと上手く、熱心にしなければない」という欲があります(笑)
だから、100%の舞台では、個人の長所を現すよりも、
「100%が」 引き立つ群舞や舞台で構成しています。
そうしたら、メンバー各自が、個人的な欲を静かにそっと下ろします。」(ロクヒョン

このため、メンバーたちは、1人1人の姿にフォーカスを合わせる代わりに、100%を作った。
すべてのメンバーは、「それが僕たちが前面に出せる最大の長所」とあげて、
「完璧な舞台のために、5人全員が心を集めました」と目を輝かせた。
何よりも、デビュー当時から、100%は強力なパフォーマンスでアイデンティティを探し、
「舞台を見る」面白味をプレゼントして、音楽ファンたちの視線をひきつけた。
だから、新曲「니가 예쁘다(U Beauty)」も、彼らの舞台は、群舞中心の演出で作られた。

2014080108383522206_3.jpg
100% チャンヨン(左)とヒョクジン(右)/TOP MEDIA提供

特に、今回の「니가 예쁘다(U Beauty)」の舞台は、足を裂く振りつけが特徴である。
彼らの舞台を見て、「これまで本当大変そう。」という言葉を言うと、
すぐに振りつけの話があふれ出した。
チャンボムは、
「振りつけを初めて受けてみて、「変えてくださるだろう」としか考えてなかった」として、
「できない、できない」と言ってもみた」とばか笑いをみせた。
続いて、ヒョクジンは、
「実は、初放送の前に、昌原で初めての舞台を披露しました。
実際、誰も「니가 예쁘다(U Beauty)」を知らない状況なのに、
足を裂く振りつけで歓声があふれ出た」と、
観客にたっぷり印象を残した今回の振りつけに愛情を表わした。
これに対し、チャンボムも、「本来は、グループ内で、代表が1〜2人がする振りつけを、
全員がするから驚いたと言われた」とあいづちをうった。

「元々は、準備しておいたバラード曲が多いです。
事実、アルバム内の曲収録の組み合わせも重要じゃないでしょうか。
タイトル曲と後続曲をはじめとして、収録曲まである程度よく合うべきだと思うのですが、
ポイントを探すのが難しいです。
だから、残念ながら、そっと後に延ばされた、悲壮のバラード曲が何曲かあります(笑)
その中の1曲は、ラップとボーカルがよく交わる、独特の魅力を披露することができる曲です。
機会があれば、このような100%のバラード曲をお見せしたいです。
その時のために、メンバーがきちんきちんと準備をしています」(ジョンファン

実は100%は、パフォーマンスを先立たせるが、ライブの実力も漏らすことができない。
先だって売り出したアルバムの収録曲の中のバラード曲は、100%が見せることができる、
特有の切なさと感性的な魅力を精一杯に発散している。
メンバーたちは、アルバム収録曲だけではなく、各種のSNSを通じて、
ファンソングやカバーソングを提示して、感性的な魅力と、彼らの実力を見せてくれた。

2014080108383522206_5.jpg
100% ジョンファン/TOP MEDIA提供

公開された彼らの映像が、オンライン上で熱い人気を得ると、
当然のことながら自作曲に対する関心も集まった。
100%内で、作曲を勉強して、たびたび自分で作った曲を披露しているジョンファンは、
「いつも試みてはいる」と期待感を伝えた。
続いてチャンボムとロクヒョンが、
「正規アルバムの時は必ず自作曲を収録したい」として、
「事実は惜しんでいます」とこっそりほのめかした。

100%は、特に空白期が長いグループに挙げられる。
彼らは空白期を、100%のための「発展」の時期と考えているようだった。
チャンヨンは、
「僕たちはすぐにも出ていきたい心が大きかったが、欲の心を後回しにする」として、
「何よりも、100%のために練習をして、個人的な技量を高める」と、
空白期の生活を説明した。

「ライバルですか? 他のグループは当然気になります。
しかし、他の方々を見て不安だというよりは、僕たちの「前(これから)」が心配になります。
次のアルバムが出てきた時に、
「僕たちもうまくいったら良いし、将来が明るかったら良いだろう」という思いを持っています。
僕たちは、「僕たちは僕たちの時があるだろう」と思っています。
毎回アルバムを準備して、オールインをするタイプなので、
率直に僕たちの「前(これから)」だけを見ています。
他を考える暇がないですね、今は。」(ロクヒョン)

「니가 예쁘다(U Beauty)」の活動を終える今、100%は最も惜しい点として「ファン」を挙げた。
微笑みが魅力的なヒョクジンは、
「ファンに会えばとても面白い。
ファンサイン会をたくさんする方だけど、いつも終わって宿舎に帰る途中には、
アイラインが頬まで降りている」として、
「ファンたちと疎通するその時間は、幸せで自然に笑いが出て仕方がない」と、
ファンバカの様子をあらわした。

2014080108383522206_2.jpg
100% ロクヒョン(左)とチャンボム(右)/TOP MEDIA提供

「早く次のアルバムを出したいです。
素直に「次はいつ出るだろうか」という心配があります。
それもそのはずで、いつも空白期が長かったじゃないですか。
事実、今回の活動は、「심장이 뛴다(BEAT)」以来、2カ月ぶりに出たから、なおさら不安です。
何よりもファンたちに早く会いたい気持ちが大きいです。」(チャンボム)


100%に会いにいった週末、音楽番組をつけていたTVで、
全力を尽くして、歌を歌う彼らの舞台がリビングルームに満ちた。
誰よりも幸せに笑う5人の目を見て、
控室で直接伝えることができなかった言葉を今でも伝えたいと思った。

「100%の時が来る時まで、落ち着いて、我慢強く見守っているから、不安に思わないでね」と。
だから長い間、「分別がついた」100%を応援しなくちゃいけない。


記事ソース
special thanx:현주sisiter♡
関連記事

[edit]

category: ★100%記事

tb: --   cm: --

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

カレンダー

News!!

翻訳(Translation)번역

YouTube

100%の韓国デビューから

Birthday

100%掲載雑誌

ライブデコレーション📦

Korea

100%CD・グッズ

QRコード

全記事表示リンク