Peachy!!

100%(백퍼센트)の記録♡ For all Perfection

[SSインタビュー]「変身完了」100%「僕たちは満開をひかえたつぼみ」  

20149926139745155200_59_20140414140103.jpg
グループ100%が、
先月発売したミニアルバム「BANG THE BUSH」のタイトル曲「心がときめく」を発表して、
活発に活動している中、ソウル麻浦区合井洞にあるカフェ「청춘쓰리고」で会って、
愉快なおしゃべりの時間を持った。

[スポーツソウルドットコム]
「数歩歩くと見えるコーヒーショップのように、
 TVのチャンネルまわすだけで、100%が出てきたらいいです。」

(ヒョクジン・チャンボム)

味と香りがすべて違った原豆、エスプレッソ、アメリカーノ、モカ、ドリップ、カフェラテなど、
様々な種類のコーヒーのように、5人5色の魅力を持った100%
(ロクヒョン・ジョンファン・ヒョクジン・チャンボム・チャンヨン)が「充電完了」して帰ってきた。

盛んに活動に邁進して、人気を独りじめ中の100%を、
音楽とコーヒーの香りが歓迎するカフェ「청춘쓰리고/青春発電所」で会って、
コーヒードリップを学び、味わって、長いおしゃべりを続けた。

100%は、アメリカーノとマキアートなど、コーヒーを楽しむという。
コーヒーを飲むことができなくて、
グレープフルーツティーとアイスチョコで代わりをするヒョクジンを除く、全てのメンバーがコーヒーを好む。
コーヒーを飲んだ後に感じられる、口の中のすっきり感、苦味の後に感じられる香ばしさが好きだからだ。

特にコーヒーをよく飲むチャンボムとチャンヨンは、
コーヒーの魅力に「孤独と寂しさ」をあげて笑いを誘った。
彼らは「僕たちはサンナムジャ(男の中の男)なので、苦いコーヒーが好きだ」と冗談を言った。
メンバーたちはこれに対し、負けずに、「2人とも虚勢(見栄)が好きだ」と石の直球で、周囲を爆笑させた。

コーヒーと100%の共通点を問う言葉には、
コーヒーの味を知らないヒョクジンが一番最初に出た。彼は返事の代わりに、
「数歩歩くと見えるコーヒーショップのように、TVのチャンネルをまわすごとに100%が出たら良いだろう」
という希望を表わした。
コーヒーが誰でも楽しむ飲み物として定着したように、100%も国民的アイドルになりたい風だ。
ヒョクジンの言葉は、この日初めてであり、最後にメンバーたちの心が一つに統一されたコメントになった。
彼らはずっと首を上下にうなずいて、「本当に合う」と相槌を打った。

100%は、お互いにいたずらをかけて、殺りあうメンバー同士で残りのメンバーをからかうのに忙しかった。
一緒にドリップを学び、コーヒーの味を見ながらも、口が休む暇はなかった。

20143619139745155210_59_20140414140103.jpg

◆「練習と努力が今の100%をつくりあげた」

グループ100%は、先月17日、新しいミニアルバム「BANG the BUSH」を発売し、
タイトル曲「心がときめく」で活動している。
メンバーたちは「心がときめく」の舞台のために「フランケンシュタイン」に変身した。
男性美とキュートな魅力をまんべんなく見せてくれた彼らが、今度は決意して「強い男」になった。

舞台で最もキャラクターを表現しているチャンヨンは、
「実際に100%は強い男性像を表現して、カリスマを吹き出すキャラクターと1番よく合うチームだ」と説明した。

彼の言葉のように、100%の男性美は、
ボディー感がどっしりとしたコーヒーのように、より一層深まった。
パフォーマンスは、酸味が豊富な原豆のように、華やかさにストーリーテリングを加えて、
有機的なパフォーマンスへと進化した。

特に、彼らは今回の活動に先立ち、7人組から5人組でチームを再整備した。
入隊したミヌと、歌手ではなく、自分の人生を選択したサンフンが下車した。
感想を聞くと、彼らは「なつかしくて会いたい」と言いながらも、
「どこでもうまくやる友人だ。その場は離れているが、心はいつも共にするだろう。」と答えた。

5人のメンバーたちは、2人の空席を埋めるために動いて、はるかにたくさん練習する。
「努力と練習だけが答え」というロクヒョンの言葉のように、
メンバーたちは、空席を努力と情熱に代えた。
ドリップ方法によって味が変わるドリップコーヒーのように、100%では変形をはかりながらも、
5人組の魅力を開発し、一層成長した姿を披露した。

20141804139745155220_59_20140414140103.jpg
100%が、ドリップコーヒー抽出法を習った後、自ら作った最初のコーヒーの香りを嗅いでいる。

「歌謡関係者たちに最初に認められ、気持ち良いです。」

彼らの成長は、歌謡関係者たちが先に調べた。
音楽放送の現場スタッフらの称賛があふれていた。
表面上は強い姿の男性美を表現しながら、内側は感性的な姿で基盤を築いたのが的中した。

何よりも彼らを輝かせるのは、「CD飲み込んだアイドル」というニックネームができるほどの、
安定した歌唱力である。
彼らはデビュー時から、すべての振付を消化しながら、ブレのない歌唱力で注目を集めた。

特に、100%の実力は、先月8日に放送されたKBS2「不朽の名曲」(以下「不朽」)で如実に表れた。
彼らはこの日、俳優のヤン·ヒギョンとチェリーフィルターの「ロマン猫」を再解釈した。
派手なパフォーマンスと、訴える力の濃厚なボーカルで、
お茶の間の視聴者たちの目と耳の両方を満足するようにして、
結局、この日の最終優勝をつかんで「話題」を集めた。

一緒に出演した海は、SNSに、
「実力派アイドルの後輩100%!見れば見るほど彼らの実力に驚きを禁じえない」と絶賛した。
ジョンファンは、
「歌の上手なヤン·ヒギョン先生のおかげで優勝できた」と謙遜の美徳を示し、
インタビュー現場の雰囲気を温かくした。

20149066139745155230_59_20140414140103.jpg
100%は、普段にも「コーヒーを好んで飲む」として、
「コーヒーのように、大衆に快適で、必要不可欠な存在のアイドルグループになりたい」と話した。

◆「僕たちは団結した時、より強くなる」

メンバーたちは肯定的である。
今回のアルバムからのリーダーを務め、真剣なロクヒョンを除いて、
メンバー全員エネルギーがあふれていた。
すべての言葉は、能動的であったし、考えは健全だった。

「僕たちには代表ビジュアルはありませんが、、平均ビジュアルは大丈夫ですか?」(チャンヨン)

確かなビジュアル担当があって、全天候型で、チームを知らせる一般的なアイドルとは異なり、
100%は、全員攻撃 電源守備のトータルサッカーを戦略的に打ち出している。
チャンボムは、
「外見は言うまでもない。僕たち大丈夫じゃなかったのか?」と反問した後、反応がないので、
「単純な顔つきより、魅力で勝負している」と説明した。

チャンヨンは、
「僕たちは、満開することだけが残ったつぼみだ。
 既存の曲である「悪い奴」「僕のような奴」「want U back」舞台を通じて、
多くのことを学び、僕たちに最も適した服が何なのかを悟るようになった。
「心がときめく」はまさにそれだ。まだ見せたいものが非常に多い」と強調した。

チームでラップを担当するヒョクジン(* チャンボムの間違い?)とチャンヨンは、
「ボーカルラインに遅れをとらないように、熱心に練習している。
 ラップをして、短い時間で実力と魅力をすべて見せるために、
 毎日のように呼吸を合わせてアイデア会議をしている」と明らかにした。
実際に2人のメンバーは、舞台の上で歌と緊密に合致するパフォーマンスでファンに確実に存在を知らせている。

20143915139745155240_59_20140414140103.jpg

◆スワッチ(SWOT)分析で見た100%

* SWOT分析・・目標を達成するために意思決定を必要としているものにおいて、強み (Strengths)、
 弱み (Weaknesses)、機会 (Opportunities)、脅威 (Threats) の4つのカテゴリーで要因分析する方法。 


メンバーたちと即興で、100%のSWOT分析を試みた。

1番最初に、100%の強み(Strength)は、
激しい振りつけの中でもブレないライブの実力とボーカルとラッパーの音色の組み合わせを挙げた。

2番目に、弱点(Weakness)では、代表的に認知度が高いメンバーがないという点を指摘した。
ほとんどのアイドルが代表メンバーを決めて、芸能などに出演し、チームを知らせる役割をするが、
まだ100%ではこれらのメンバーがいない。

次に100%は、機会(Opportunities)で、一人一人の実力が現れなかった点を選択した。
相対的に露出頻度が少なかったので、残りのイメージと出せなかったキャラクターが多いという点が、
今後の様々な活動で積極的に作用するという考えである。
そのような点で、メンバーたちは、リアリティ番組に出演したいと何度もアピールした。

最後に、100%の脅威(Threat)する要素としては、過度に多くのアイドルグループだった。
小さなパイを大勢で分けなければならないという負担と過度の競争に、
それさえも得ることが困難なのが、最近の歌謡界の現実である。
このようなデータをもとに、100%は、近いうちに新たな戦略を立てると約束した。

20144415139745155250_59_20140414140103.jpg

◆ 「本当の僕たちの姿で、ファンたちと疎通したい」

100%は「僕たちの心臓を、最も早く走るようにするのは、まさにファンたちだ」と口をそろえた。
彼らはこれからも「heart to heart」にファンたちに会う予定だ。

ファンに受けた愛に報いるための努力をする100%は、今日も練習室で汗を流している。
チャンボム、ヒョクジン、ジョンファンは、
「舞台の上にある時に歓声を聞くと気分がとても良くなる」とし、
 ファンに報いることは、良い曲とパフォーマンスでファンたちを楽しませることだ」と話した。

最後に、100%は数百度以上した言葉、ファンに伝える感謝の挨拶を伝えた。

「長い時間待ってくれて、心からありがたく感謝しています。
 これからも熱心に努力して、心からファンと疎通する100%になりますね。愛しています。」


記事ソース
関連記事

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ 
tb: --   cm: --

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

カレンダー

News!!

翻訳(Translation)번역

YouTube

100%の韓国デビューから

Birthday

100%掲載雑誌

ライブデコレーション📦

Korea

100%CD・グッズ

QRコード

全記事表示リンク