Peachy!!

100%(백퍼센트)の記録♡ For all Perfection

[SSインタビュー]100%「可愛いvs男の中の男」の二重生活  

[SSインタビュー]100%「可愛いvs男の中の男」の二重生活

1_20140415024559720.jpg
グループ100%は、
「ステージの上では「強い男」が勝つようだが、ステージの下では「気楽な友達」になりたい」と話した。

最近の5人組に変身したグループ100%(ロッキョン、ジョンファン、ヒョクジン、チャンボム、チャンヨン)が
反転魅力で女性ファンたちの心を盗んでいる。

100%は、先月17日、新しいミニアルバム「BANG the BUSH」を発売し、
タイトル曲「심장이 뛴다(BEAT)」で活動している。
メンバーたちは「심장이 뛴다(BEAT)」のステージのために「フランケンシュタイン」に変身した。

「BANG the BUSH」は、100%の2番目のミニアルバムで、4番目に出したタイトル曲だ。
これまで100%は、甘い彼氏からセクシーな男性まで、八色鳥魅力を誇った。
これは、多様な魅力を見せてくれると同時に、自分にピッタリな服を見つけるためのプロセスである。
3回の練習を経て、100%は「強い男」というチームカラーを装着した。

メンバーたちは、
「複数回の試行を通じて、100%に最もふさわしいコンセプトが「強い男性像」ということが分かった」として、
「ファンも今回の僕たちの姿を一番好むようだ。」と説明した。

実際彼らは、フランケンシュタインを表現したパフォーマンスと「刃物群舞」「強烈な目つき」で、
ステージに「強い男」のスタイルを誇った。

しかし、100%の実際の性格は180度違った。
「微笑み」で、女子中学生ファンたちの支持を得ているヒョクジンとロッキョンをはじめ、
ジョンファンとチャンボム、チャンヨンは、茶目っ気たっぷりの間違いなく20代前半の男だった。

彼らのインタビューが進行される中々で、お互いをからかうのに忙しかった。
お互いの隙を公開して、記者をディスったり、あるいは「からかう熱戦」に引き込んだ。
一見すると冷たく見える彼らは、実際に会ってみると隣の弟のような感じを受けることができた。

100%がこのように粘っこいチームワークを発揮できたのは、
大変な時間によって、お互いの支えになっているからだ。
彼らのチームで「デビュー」という共通の目標を立てて、長い練習生活を一緒に過ごしてきた。
一歩遅れて会社に入社したTEENTOPが先にデビューして内心泣く時も、
彼らを慰め、あきらめず進む道を案内した、灯台の役割をしたのは、まさにずっとそばにいたメンバーだった。

チャンヨンは、
「最近入隊したミヌがいる訓練所に、友人が教官でいる」として、
「不可能かもだけど、それでも友人が休暇に出れば、ミヌ兄をよく見てくれという話をするつもりだ」と言いながら、
相変わらず粘っこいチームワークを自慢した。

神話より長く長生きするグループになりたいという、100%の夢がかなえられるように望む。

記事ソース

関連記事

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ 
tb: --   cm: --

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

カレンダー

News!!

翻訳(Translation)번역

YouTube

100%の韓国デビューから

Birthday

100%掲載雑誌

ライブデコレーション📦

Korea

100%CD・グッズ

QRコード

全記事表示リンク