Peachy!!

100%(백퍼센트)の記録♡ For all Perfection

[100%怨念解消インタビュー1]「相次ぐ悪材料、僕たちだけに集まってくる・・恨んだ」  

[MBNスターソング]
1_2014041421295921f.jpg

7人組としてスタートした100%は、リーダーのミヌの軍入隊とサンフンの脱退で、5人組で再整備された。
突然のチームの変化にファンはもちろん、メンバーたちまで大変な時間を費やす必要があった。
また、本来のカムバック予定だった1月を過ぎて、春になりようやく姿を現わすことができるようになった。

そんな彼らが、長い充電時間を終わらせて歌謡界に帰ってきた。
激動の時期を過ごした100%は心の中で言いたいことが多いように見えた。
これに対し、MBNスターは、言いたいことをすべてを吐き出す「怨念解消インタビュー」を行った。

◇話の多い、問題が多かったアルバムが出るまでの過程

「今回のアルバムがでるまでにいろんなことがありました。
なので、いろいろ考えてた時期でもありました。
「なぜ僕たちはアルバム出すたびに試練が来るのだろうか」
「練習生も長くした僕たちは、なぜこのように、続けて活動するのが難しいのか?」
などの考えが心をいっぱいにしました」 (チャンヨン、ロッキョン)

2_20140414213001b80.jpg

末っ子ラインのヒョクジンも、長い空白期に多くの心配があった。彼は、
「いつもの僕は、コメントのようなものに傷つくタイプではない。
しかし、空白期間の時に、
「できない子はできない」というコメントを見て、ものすごく傷を受けた」と回想した。

嵐のような時間が過ぎさって、100%はカムバックの準備に拍車をかけた。
しかし、カムバック準備さえ平坦ではなかった。
チャンヨンの場合は、MVの撮影中に、低体温症で緊急治療室に運ばれまでした。
人は、窮地に追いこまれれば、現在の状況を否定的に眺めるようになる。
100%に、「歌手になろうとしたことを後悔したことはないか」とたずねると、
「そうしたことはない」と、断固とした態度を見せた。

「僕がMVの主人公をすることができる機会だったので、さらに熱心にしたようです。
体が傷ついて後悔したことはありません。
アルバムを準備するにあたって、体が傷ついたことは後悔しない。
このように苦労しただけ、よりうまくいったら良いという感じです。」(チャンヨン)

3_20140414213003b09.jpg

ロッキョンは、
「それでも男が1つをはじめたら、終わりを見なければならないじゃない。
それでもっと一生懸命にしたと思う。
音楽をして、歌手になったことについて、後悔したことはない。」と声を高めると、
ヒョクジンは、
「他のことをして、これほどまでに一生懸命することはできないようだ。ハハー」と笑った。

彼らは、
「率直に言って、空白期が長くなってみると、会社に不満が生ずるしかありません。
僕たち自身もストレスをたくさん受けます。
しかし、しかし、良い曲をもらって、優れたコンセプトのためであれば、甘受することができます。
たくさん現れるよりは確実な方が良いようです。
僕たちは完壁主義者なので、歌を僕たちみんなが気に入ってこそ出てきます。
気に入らなければ、気乗りしません。」
と、歌に対する哲学を仄めかしたりした。

4_201404142130035d8.jpg

◇ “苦労してカムバックしたので、認知度を上げるのが急務”

一般大衆の認識の中には、100%はTEENTOPの兄弟グループというタイトルが強い。
彼らの記事が出れば、コメント欄には「この子たちはTEENTOPの兄弟グループじゃない?」
あるいは、「TEENTOPのために、どこかで聞いたことがある」などの内容が続々と見える。

「同じ所属会社の家族なので、仕方のないことだし、
それだけ僕たちが今まで席を占められなかったことのようだ。
僕たちは、認知度が低いから、そのようなことは何度もいわれるようだ。
ジャングルのようなアイドルの世界で、そのようなタイトルで、
僕たちを知らせることができればよいのだが、TEENTOP先輩たちがどのように思われるか(笑)
でも今は、もうそのタイトルを抜け出さなければならないようだ。
それだけ僕たちが多く知られなければならないようだ。」

100%は、「だから、今回の活動の最大の目標は「認知度上げる」」と目を輝かせた。

ヒョクジンは、
「100%というと、「こんなアイドルである」と考えてくださっても、成功じゃないだろうか。」
と言ったが、他のメンバーたちは、
「そうではない。僕たちのことを考えたら、それぞれ各メンバーの名前を知られるまで熱心に活動するだろう。」
と意志を確かめあった。

ロッキョンは、
「今回のアルバムを通じて、それぞれの声を知ってもらいたい。」として、
「歌一曲を聞いた時に、
「このラップは誰がして、この声なんだ」ということを認識させたい。」と付け加えた。


Special Thanks to 현주chan♡
記事ソース
関連記事

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ 
tb: --   cm: --

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

カレンダー

News!!

翻訳(Translation)번역

YouTube

100%の韓国デビューから

Birthday

100%掲載雑誌

ライブデコレーション📦

Korea

100%CD・グッズ

QRコード

全記事表示リンク