Peachy!!

100%(백퍼센트)の記録♡ For all Perfection

140403 ロクヒョン「中島美嘉の曲を聞いて共感し、私の心のような歌だ」  

[140403 インタビュー] ロクヒョン「中島美嘉の曲を聞いて共感し、僕の心のような歌だ」
201404021631161130_1_59_20140403080102.jpg

「BEAT(心臓が跳ねる)」を通じて、破格的なコンセプトと華やかなパフォーマンスを見せてくれた、
男性アイドルグループ100%が、約4週間の活動を通して感想をあらわした。

3月に、新しいアルバム 「BANG the BUSH」をもって帰ってきた100%は、
フランケンシュタインをオマージュにした、悲しい男の物語を描いた「BEAT(心臓が跳ねる)」で活動中だ。
音楽とパフォーマンスが絶妙に一体となったストーリーテリングのパフォーマンスを披露して好評を得ている。

100%は、今回の「BEAT(心臓が跳ねる)」でカムバックするまでには、かなりの紆余曲折があった。
メンバーのミヌが軍に入隊をして、末っ子のサンフンはグループの脱退を伝えた。
これにより、100%は7人組から5人組グループになり、残ったメンバーたちの心境も変化が生じた。

特にロクヒョンの場合は、5人組100%のリーダーの役割をするようになり、
大きな責任を背負わなければならなかった。
2009年、Jumperと呼ばれる男性デュオグループで歌謡界に足を踏み出したロクヒョンは、
去る2012年に100%のメインボーカルとして再デビューした。
そして、3年目にはメンバーからリーダーに昇格するなど、約5年間でいろいろな変更を経てきた。

これに関連し、ロクヒョンは、日本の歌手中島美嘉の曲を聴きながら、
大きく共感して感じたことが多いと告白した。
ロクヒョンは、中島美嘉の「LETTER(レター)」が「僕の気持ちのような歌だった」と紹介した。
「LETTER(レター)」は、中島美嘉自身の大変だった頃の心境を描いた曲だが、
彼女がスランプのためにステージに上がれなかった辛さと
移管開放症のために必然的に活動を中断しなければならなかった混乱の心情が込められている。

201404021631161130_2_59_20140403080102.jpg

「LETTER(レター)」の歌詞には、「歌うことに疲れていた」「まだ歌ってもいいの?」などの
直接的な内容が含まれていて人目を引く。

ロクヒョンが曲に感動することができた理由は、
彼も空白期の間、100%の活動と将来について、深く悩んでいたからである。
ロクヒョンは、
「僕たちは5人組になり、今後、確実な位置づけのあるようにならなければならないという考えが強かった。
だから、あれこれ考えをたくさんした」と説明した。
そして、このような考えは、ロクヒョンをはじめとする100%のメンバー全員を成長させ、
幸いなことに、以前よりも成熟した完璧な姿でステージに上がることができるようになる原動力となった。

ロクヒョンは、今回の活動についての満足感と物足りなさを同時に表わした。彼は
「「BEAT(心臓が跳ねる)」のカムバックステージが、
3週目くらいのできのいいステージだったなら良かったのにと思ったりする。
カムバック当時は「どのようにするつもりだ」と思いながら舞台に上がったが、
今では、自然ながらも、よりエネルギーあふれたステージを披露することができるほど巧妙した。
時間を戻せたら、もっとよりよいパフォーマンスをすることができるのに残念だ」と打ち明けた。

また、「でも、幸いなことに、僕たち100%というグループに対する大衆の期待は高まったようだ」と喜んだ。
実際に、彼らの華やかなパフォーマンスと揺るぎない歌唱力は、ネチズンたちの絶賛を着実に受けてきた。
ファンではないネチズンたちも、
「早く浮かんで欲しい」「大当たりだ。もう浮かび上がる時が来た」と彼らを評価している。

100%は当分の間、「BEAT(心臓が跳ねる)」の活動を継続して、ファンと会う予定だ。


「LETTER(レター)」 Nakashima mika
ロッキョン「letter」 「letter

元歌 You-tube
歌詞

記事ソース

번역 지원: 현주sister thanks♡
関連記事

[edit]

category: ★100%記事

tb: --   cm: --

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

カレンダー

News!!

翻訳(Translation)번역

YouTube

100%の韓国デビューから

Birthday

100%掲載雑誌

ライブデコレーション📦

Korea

100%CD・グッズ

QRコード

全記事表示リンク