Peachy!!

100%(백퍼센트)の記録♡ For all Perfection

130617 100% Soompiインタビュー訳  

130617 Soompi[独占] 100% メンバーインタビュー
941665_563781240311048_915135879_n_20150327145755438.jpg

ホットなボーイズグループ100%は最近、彼らのファーストミニアルバム “Real 100%”から、
「Want U Back」をひきさげて、音楽シーンに熾烈に戻ってきた。
グループは、すべてのメンバーがスポーティな6パックの腹筋と
きわめて引き締まった筋肉ボディで、男らしく変身したと話題になった。

* six-packs・・ よく鍛えられた、6つに割れた腹筋。

彼らの甘いバラードソング “Guy Like Me”で、
グループの広い範囲と複数の才能ある一面を示した後、
カリスマイメージへのグループの復帰を示した。

100%は、それぞれがユニークな個性と役割のある、
リーダーのミヌ、ロクヒョン、ジョンファン、チャンヨン、チャンボム、ヒョクジン、
そして最年少のサンフンの7人で構成されている。
100%のファンは、Soompi’s exclusiveで書かれたインタビューを通して、
ファンが知らない、メンバーが誰を最高に考えているか、メンバーにどんなおかしい習慣があるかなど、
それぞれのメンバーについて詳しく知ることができる。


「今すぐ下記のインタビューを読んでください!

1. あなたたちは、6か月後にカムバックしたことをあなたたちのファンに対してどう感じていますか?

ミヌ
まず第一に、僕たちは、僕たちを長い間待っていたファンの方にとても申し訳ないと感じています。
僕たちがこのカムバックのために準備をしたのと同じくらい、
多様で積極的なプロモーション活動を通じて、ファンにお返しをしたいと思っています。
そして、僕たちははじめからもう一度デビューしているように感じています。

ロクヒョン
僕はとても幸せで興奮していますが、他方で緊張もしています。
僕はファンが僕たちのことを忘れているかもしれないと心配しています。
僕たちは再びデビュー・ステージをしようとしているようなものです。

ジョンファン
僕たちがダンスソングでステージに立つのは2回目ですが…僕たちは再びデビューするような感じです。

チャンヨン
私たちは長い休憩をしていたので、僕たちは再びデビューをするような感じです。
僕は興奮していて幸せです。

チャンボム
僕の中に、ファンがまだ僕たちのことを覚えているのかどうか、不安と疑問があります。
それとは別に興奮していて、再びファンに会うのが待ちきれません。

ヒョクジン
僕たちはまだルーキーですが、長い休憩があったので、
ファンが僕たちを忘れてしまったのではないかと恐れて心配をしています。
今僕たちはカムバックで一生懸命やっていて、再びデビューするかように、僕は最善を尽くしています。

サンフン
僕たちの休憩がとても長かったので、僕は僕たちが再びデビューしているように感じています。

2. どのようなコンセプトが1番好きですか?あなたは合っていると思いますか?

ミヌ
かわいくて楽しいコンセプトは快適です。しかし暗いコンセプトはもう少し楽しいです。
それはより僕たちの全体的なカリスマを際立たせると思います。

ロクヒョン
僕は、どんなスタイルやコンセプトでも扱うことができるようにしたいです。
それは、歌手がステージで表現することができる最高のイメージではないですか?

ジョンファン
僕はまだ本当に分からないです。僕は、将来的にはより多様なコンセプトを試してみたいです。

チャンヨン
でも、僕は僕たちの現在のコンセプトがよく僕たちに合っていると思います。

チャンボム
僕は、僕たちはどんなコンセプトでも扱うことができると思います。

ヒョクジン
デビューで、僕たちも男らしいコンセプトがあったので、
だから僕は、陽気で明るいコンセプトを試してみたいと思います。

サンフン
僕は、現在のコンセプトが僕にとって1番合っている思います。

3. リーダーは、1番年上であることからプレッシャーを感じますか?
(ミヌは1980年代に生まれた唯一の人です!)


ミヌ
全くありません。若いメンバーは、とてもよく僕の指導に従ってくれて、
僕に強さをくれる友人のようにいつも一緒にいます。
だから、僕は僕がリーダーであるというプレッシャーを感じません。
しかしながら、僕は僕がチームのために十分でなければならないと感じています。

4. あなたは、事務所で話したりぶらぶらする友達はできましたか?

ミヌ
僕たちはとてもよくうまくやっています!

ロクヒョン
僕たちは、それが問題になったほどよくうまくやっていっています。
僕たちは多くの冗談をしてそして休日には一緒にぶらぶらしています。

ジョンファン
アンディ兄はとてもよく僕たちの世話をしてくれます
そして、僕たちはまるで兄弟であるかように、TEENTOPのメンバーとそばにあります。

チャンヨン
はい。僕たちは、問題になるくらい親しいです。

チャンボム
僕たちはアンディ兄とTEENTOPとまるで家族のように親しいです。

ヒョクジン
はい。 僕たちは、家族と同じくらい親しいです。

サンフン
僕たちは、TEENTOP友達と、たくさん冗談を言い合ってぶらぶらしています。

5. グループで見かけが最高なのは誰ですか?

ミヌ
うーん... 僕は..それはミヌだと思います(?)

ロクヒョン
オルチャンだったミヌ

ジョンファン
彼らはみんないいです。でも個人的には、僕はサンフン、、僕たちの最年少が見て最もいいと思います。
彼は男らしい特徴を備えています。

チャンヨン
チャンヨン

チャンボム
ミヌ兄

ヒョクジン
ミヌ兄

サンフン
このメンバーから選ぶのは難しいです。

6. あなたは、アイドルとして誰に敬意を持ち、尊敬していますか?

ミヌ
僕は、父を尊敬しています。
いずれ、僕が結婚をして家族を持つ時、僕は僕の父のようになりたいです。

ロクヒョン
ビヨンセとクリスブラウン。
僕は、これら2人のアーティストを本当に愛しています。
僕は、彼らがすべての瞬間に最高のステージを見せるために、
一生懸命やっているのを見て驚くべきことだと思います。
彼らのライブとパフォーマンスはあまりにも素晴らしいです。

ジョンファン
僕は、パクジェボム先輩が本当に好きです。
彼がステージで示す自由は本当にカッコいいです。

チャンヨン
僕が尊敬する人々は、僕の両親です。 アイドルでは、E-Sens, Dynamic DuoとTygaです。

チャンボム
僕が尊敬する人は、僕の父です。 アイドルでは、G-Dragonです。

ヒョクジン
キウテウ先輩。

サンフン
絶対に、神話先輩です。僕は、僕たちのグループが神話と同じくらい長い経歴が欲しいです。

7. ミヌには、将来映画やドラマをするための計画がありますか?
(彼は以前に演技の経験を持っています。)


ミヌ
もし機会があれば、僕は本当に、良いプロジェクトに参加したいと思います。

8. あなたは自由な時間に何をしますか?

ミヌ
僕はメンバーと映画を見ます。
そして、僕たちの忙しいスケジュールのため、連絡を取ることができていない、
すべての友達や親戚を呼びます。

ロクヒョン
僕は映画を見ます、または、散歩に行きます。
僕は、歩くのが好きです。だから、僕は公園に行って歩きます。

ジョンファン
僕は映画を見たり、おいしい食べ物を食べることが好きです。

チャンヨン
僕は映画を見るか、いつものように寝ます。

チャンボム
僕は眠るか、映画を見ます。
僕もまた運動するか、first-person shooter (FPS)のゲームをします。

ヒョクジン
僕はカラオケに行くのが好きです。 行く時はストレスを解消するために3~4時間歌います。

サンフン
僕は運動するのが本当に好きです。
僕は、漢江に自転車に乗っていって、そこでバスケットボールをしたいです。

9. あなたが孤島で生き残るために、
1人のメンバーだけ連れて行かなければならない場合、それは誰でしょうか?
あなたが持っていくだろう、5つのものは何ですか?

ミヌ
サンフン、その生活を維持するために強力な能力がある?
おかしいチャンヨン? 選ぶのは難しいㅠㅠ
僕は、発電機、ノートパソコン、充電器、100箱のラーメン、そしてカメラを携帯します。

ロクヒョン
僕はチャンボムと行きます。彼はじっとしていることができないから、僕は退屈しません。
僕は、食べ物、通信機器、ボート、香水と化粧品類を携帯します。

ジョンファン
僕はサンフンと行きます。僕は、彼が一生懸命働いて多くのことをするだろうと思っています。
僕は、素敵な車と素敵な家を持っていくよ。
正直なところ、僕はこれについて考えたことがありませんでした。

チャンヨン
僕はみんな一緒に行きたいと思います。
7人のメンバーなので、僕たちはたくさんのことをすることができます。
僕は、食べ物、テレビ、ベッド、釣り竿とサッカーボールを携帯します。

チャンボム
僕はロクヒョンと行きます。
僕は、食べ物、コンピュータ、携帯電話、飛行機とシャワールームを携帯します。

ヒョクジン
僕はサンフンと行きます。
僕たちが一緒に行くなら、僕は僕たちは生き残ることができると思います。 ハハ!
僕は、釣り竿、ライター、腕時計、テントと本を携帯します。

サンフン
僕はチャンヨンを選びます。 彼は強いです。
僕は、ナイフ、食べ物、医療グッズ、水とライターを携帯します。

10. あなたは休暇で行ってみたい場所がどこかありますか?

ミヌ
ピピ島。 いつか、単独、または特別な誰かと、僕は絶対にそこに旅行がしたいです。

ロクヒョン
スイス、シドニーとグアム。
僕は本当にこれら3つの場所に行ってみたいです。
でも正直にいうと、場所はどこでもいいです。僕は旅行が好きです。

ジョンファン
オーストラリアと日本。

チャンヨン
僕はアメリカやイギリスに行きたいと思います。

チャンボム
僕は日本に行きたいです。

ヒョクジン
釜山。釜山が故郷なので、僕はそこで家族と一緒に時間を過ごしたいと思います。

サンフン
ヨーロッパ旅行!

11. メンバーの、ファンが知らない、いくつかのおかしい習慣は何ですか?

ミヌ
時々、寝ている時、僕はベッドから落ちます。
それが起こったら、僕は静かにベッドに戻ることがとても恥ずかしいです。
僕がこれを告白したのは初めてです。誰も知りません。

ロクヒョン
僕はそれがおかしいことだとは思わないけど、
僕は散歩に行く時、僕は、空と雲を見てしばらく止まっているのが好きです。
正直にいうと、僕は特におもしろい趣味を持っていません。

ジョンファン
僕は泳ぐことが好きです。

チャンヨン
僕は僕の眉毛に触れるのが好きです。

チャンボム
僕はチャンヨンと FPSゲームをするのが好きです。

ヒョクジン
僕は、面白い写真を真似するのが好きです。

サンフン
僕はさっき言ったように、運動が好きです。」



** おそらく疲れている時の取材で、後半は質問と答がまちまちでおもしろいです(^^;
記事ソース
関連記事

[edit]

category: ★100%記事

tb: --   cm: --

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

カレンダー

News!!

翻訳(Translation)번역

YouTube

100%の韓国デビューから

Birthday

100%掲載雑誌

ライブデコレーション📦

Korea

100%CD・グッズ

QRコード

全記事表示リンク