Peachy!!

100%(백퍼센트)の記録♡ For all Perfection

170226 10asia+StarJAPAN 創刊記念LIVE  

170226 10asia+StarJAPAN 創刊記念LIVE 10asiaJAPAN LIVE Vol.1

[一部]セットリスト
지독하게
어디있니
Snow
니가예쁘다
Howtocry

[二部]セットリスト
심장이뛴다
어디있니
Eternal
나쁜놈
Howtocry

[edit]

category: 170226 10asiaJAPAN LIVE

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン  ジョンファン  ミヌ 
tb: --   cm: --

170228 [The Real100%]「어디 있니」と帰ってきた100%の芸能界ニュース  

[The Real 100%] '어디 있니'로 돌아온 백퍼센트의 연예가 뉴스
[The Real100%]「어디 있니(どこにいるの)」と帰ってきた100%の芸能界ニュース


비위쥬 さんが日本語字幕を入れてくださいました!どうもありがとうございました!


※以前の芸能ニュースはこれのこと?



[edit]

category: 動画

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン  ジョンファン  ミヌ 
tb: --   cm: --

10+Star Japanジャパン創刊記念コンサート VID  


[edit]

category: 170226 10asiaJAPAN LIVE

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン  ジョンファン  ミヌ 
tb: --   cm: --

170228 ツイッター・インスタグラム訳  

100% 公式ツイッター
C5v1U4TUsAA-9e4.jpg
[#백퍼센트] 오늘 더쇼에 백퍼가 나온다던데...
안보면 무지무지 아쉬울 거라던데... ♡ 본방사수!
[#100%]今日ザショーにベクポが出るらしい。
見なければめちゃめちゃ残念なんだって... ♡本番死守!


THE SHOW ツイッター
C5v81_NVMAE08JB.jpg
[더쇼초이스후보] 더욱 애절하고 진~한 감성으로 돌아온 #백퍼센트 ☺️✨
#어디있니 어디있다가 이제 온거예욥!! 보고싶었쟈나요!!😘🎉
#더쇼 #THESHOW #THESHOW韩秀榜


100% 公式ツイッター
C5wWSSnU0AUQuHE.jpg
[#백퍼센트] 퍼펙션 덕분에 더쇼 초이스 후보에 올라갔어요ㅜㅜ
너무 좋핳 너무 좋핳 너무 고맙구 사랑해용ㅎㅎ
[#100%]パーフェクションのおかげで、
THE SHOWのチョイス候補に上がりました┬┬
とても嬉しいとても嬉しいとてもありがたくて愛してますㅎㅎ



[edit]

category: Twitter・Instagram

tb: --   cm: --

記事 100%の'スケッチブック'トーク #魅力 #風 #リアリティ②  

100%の'スケッチブック'トーク #魅力 #風 #リアリティ(インタビュー②)
1487780179988697.jpg

100%が22日に発表した新曲のタイトルは「'スケッチブック(SKETCHBOOK)'」
何でも描けるように白く空けておいた空間を意味する。

ただのアルバムだけではなく、100%の魅力もスケッチブックと同じようだ。
それぞれ異なる絵柄の5人のキャラクターが集まり、
100%というスケッチブックの中で、バランスを保ちながら、より美しく楽しい、そして大きな絵を作っている最中である。

10.アルバムのタイトル「スケッチブック」の意味は?

ヒョクジン:スケッチブックには何でも描くことができるではないですか。100%が絵の具と筆になって、
愛がはじまる瞬間から最後を迎える瞬間までの感情を5段階で描いたアルバムです。
タイトル曲ももちろんいいですが、収録曲も全部いいです。 それぞれの話が全部違います。

10.トラックが計5個だ。メンバー1人ずつ最も好きな曲とその曲の感じを色で紹介してみようか?

チャニョン:タイトル曲'어디 있니(どこにいるの)'は別れた恋人をせつなく探している曲です。
メロディーは明るいですが歌詞は悲しい。ボーカルのメンバーたちの高音がさらに切なく聞こえます。
僕は水色、灰色が少し混じった水色の感じです。雨がくる前の空のように。

ヒョクジン:2番トラック'ある日'は、愛の最初の段階です。告白に行く、いきいきとした気持ちを込めました。
ベビーピンクに近いのではないでしょうか?

ジョンファン:3番トラックは'夢占い'です。
彼女が別れようという言葉をいう夢を見て「これは現実か? 夢か?」こんがらかる、かわいい歌です。
色は赤色。(100%:赤い色だって?) そうです。リンゴの赤です。
歌詞もメロディーもかわいいし、赤ちゃんのようなまた少し馬鹿のようでもある感じです。
それでリンゴを思い出しました。 (ヒョクジン:僕はLEDのようにいくつかの色が輝く感じでした)

ロッキョン:4番トラック'ゴージャス(GORGEOUS)'は、自信あふれる曲です。
好きな相手に勇気を出して告白する気持ちを込めました。 緑が似合います。
濃い緑のペンキのように光沢がある感じ?

ミヌ:最後のトラックは'昨日の私を会う'です。ロッキョンとヒョクジンが歌ったユニット曲です。
別れた男が感じる虚しさや寂しさを歌いました。
泣き叫ぶ感じはなくごつんと下ろした感じと言えます。
成熟した悲しみが感じられて僕はシルク素材の紫を思い浮かべました。

1487780260563743.jpg

10.最近最も幸せだった'ある日'は?

ミヌ:日本デビューシングルを発売した初日、ファンたちとのイベントがありました。
その夜にオリコンデイリーチャートが発表されました。
公演をしているのに、社長が呼びました。
行ったところ、デイリーチャート7位に僕たちが上がったというのです。
聞いた瞬間、嬉しかったり安堵感も入って幸せでした。

ヒョクジン:メンバーたちみんなとても喜びました。
ミヌ兄は涙も見せました。

ミヌ:感動を感じる時、涙をよく流します(笑)

10.日本デビューまでしましたが、今年両国で忙しく活動する。

ロッキョン:とりあえず3月にビルボードジャパン公演のステージに立つことになりました。
デビューしたばかりの僕たちが上がることができるというのが光栄です。
倖田來未など、日本の有名なアーティストたちがたくさん参加したステージです。
まだも僕たちがその公演に一緒するというのが実感ができません(笑)

10.最近思い出す夢を「夢占い」してみよう。

チャニョン:僕ができます。この前夢の中でジョンファン兄と戦いました。起きて兄に話したところ
「チャニョン、兄は君を愛してるのになぜそのような夢を見た?」でした(一同笑)

ジョンファン:2日前のことです。

ヒョクジン:夢の中で不思議なことがありました。明らかに夢でしたが、僕の目がカメラでした。
僕は出てこず、屋上、電柱などにまたがる空だけずっと出てきたよ。

ロッキョン:目を開けて寝たんじゃないの?(一同笑)

ヒョクジン:もう100%が空高く上がるという意味ではないでしょうか!(笑)

10.今度は隣の席に座ったメンバーの「ゴージャス(gorgeous、とても素敵な)」部分をあげてみよう。

ヒョクジン:ミヌ兄が「어디 있니(どこにいるの)」のミュージックビデオで演技をしましたが、
100%のメンバーだから忘れていたミヌ兄の俳優としての姿を発見しました。 かなり素晴らしかったです。

ミヌ:どれほどつまらなく見てたの?(笑)
ロッキョンの素敵な部分は、いつも自分を管理する節制美? 常に努力する友人です。
体に努力が染みていて、その努力で結果を作成するのに慣れている友人です。
偶然の幸運を望まず、努力で何かを得る姿がかっこいいです。幼い頃から見ているが、本当に正直な友人です。
気に入った?

ロッキョン:気に入った(笑)
チャニョンは責任感がとても強い友人です。
今回全曲ラップメイキングをすべてしましたが、その短い時間に5曲のラップを3回修正しました。
ストレスが少なくなかったはずなのに、いつも1人で練習室に先に出てきて、また最後まで残ってラップメイキングをしました。
こうして完成したパートを録音する姿が心強くて素晴らしかったです。

チャニョン:ジョンファン兄は、踊る時とてもかっこいいです。
(ヒョクジン:今回の活動はダンスがないじゃん!)
踊る時男らしいというか、そんなパワフルな魅力があり、また動作ごとに体をきれいに扱うことができます。
ところが、またギターを弾く時は教会のお兄さんのような柔らかさがあります。
男らしい面と柔らかな面を同時に備えています。

ジョンファン:ヒョクジンはやっぱり歌う時が1番かっこいい。また情が多いです。
いつもささいな部分で、ヒョクジンが僕のことを思って、こんなに配慮してくれるんだと感じることが多いです。

10.今度は反対に、このメンバーに望むことは?

チャニョン:僕が最初にします(一同笑)
ロッキョン兄はメッセンジャーをちょっとよく読んで。
実際ヒョクジンも似ているけど、2人がメッセンジャーをよく読みません。
グループチャットでは常に答えが遅れます。
食事はメニューをしなければならないが1人返事をしないから電話をします。

ロッキョン:携帯電話に気を使いません。もっと早く電話をくれたら(笑)

ミヌ:そうしておいて、自分の言いたいことがあったら、チャットルームで1人ですごく楽しくするじゃないか。

ロッキョン:とにかくこれから努力してみます(笑)
ミヌ兄に望むことは、今回の「スケッチブック」の活動をして、また日本活動も続くだろうから、
チームをよくリードして欲しいということ。 今のように今後ともよろしくお願いします。
実はいつもとてもよくしてくれていて望むところがありません。
あ、そしてヒョクジンと約束したことがあります。宿舎をきれいにしてください(一同笑)

ミヌ:最近のタイトル曲「어디 있니(どこにいるの)」で詩を作ったことがあります。
「ヒョクジンよ、約束の時間になったがどこにいるの」が一節でした(一同笑)
ヒョクジンタイムがあります。いつも10〜20分遅れます。
それに伴う理由がありますが、自分の生活習慣のためにそうなっています。

ヒョクジン:不思議です。10分早く出て行けば、必ず地下鉄が3分さらに遅く来て、財布を置いてきて。
遅刻を減らそうと努力しています。
僕が過度に遅いならば、ジョンファン兄は過度に速い。少しゆるめて欲しいです。
移動する時に「早く行こう」と促した場合、僕の心臓がドキドキドキドキ走る。僕はあまりにも手一杯で。
(チャニョン:残りのメンバーは2人の中間です。僕たちのようにすれば遅くもなく早くもないよ)

ジョンファン:僕はメンバーみんなにいいたいと思う。 今後も今のように楽しく活動したらいいでしょう。

ロッキョン:僕はチャニョンに一言言いたい。僕たちは一生懸命宿舎を片付けましょう。
僕たち2人、それなりにきちんとした方です。

ジョンファン:それならヒョクジン、僕たちは一生懸命散らかしてみよう(一同笑)

10.100%が叶えたいことを言ってみよう。

ミヌ:数値的な目標は、実際意味がなかったよ。
長い空白期を持ちながら、100%が今後進むべき方向について、僕たちの間でたくさん話しをしました。
短期間の順位にこだわることよりも、僕たちがやりたい音楽を心を集めていくのが夢です。
その過程を楽しみながらしたいです。

ヒョクジン:僕はカラオケに100%の収録曲も上がってほしいという夢があります(一同笑)
僕たちの歌は高音に相当するのではないでしょうか。
男性の方たちが高音を歌うことを好む傾向があります。
たくさん歌っていただいて、愛唱曲チャートに上がっていって欲しいです(笑)

10.最後に、今回の活動の覚悟を言ってほしい。

ジョンファン:天気が相当寒いのではないでしょうか
みなさんの心に100%だけの暖かい色を着せてあげたいです。

ミヌ:愛してくださるファンの方々に常に感謝をして、
これからも一緒に僕たちの「スケッチブック」を韓服の水彩画のように美しく満たしたいです。


記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン 
tb: --   cm: --

記事 100%「ユ・ヒヨルのスケッチブック」に出演したい①  

100%「ユ・ヒヨルのスケッチブック」に出演したい(インタビュー①)

170223 (6)

100%は22日新曲「スケッチブック(SKETCHBOOK)」を発表した。
100%の声とハーモニーが筆と絵の具になって、愛に対する感情をまた上塗りした。

100%に会ったのは、まさに音源発表前日の21日午後。
タイトル曲「어디 있니(どこにいるの)」についてたずねると、
「曲がとてもいいです。ちょっと聞いてみられますか?」とびっくり先行公開をプレゼントしてくれた。
やがて前奏がはじまると、みんな息を殺した。

100%は歌を歌った彼らだから、何十回、いや何百回より聞いた歌だろうに、一緒に耳を傾けた。
メンバー各自集中したり、またリズムを乗って歌を楽しんだ。
期待とときめきの空気が一緒に漂った。
歌が終わって、「広い海のパノラマを眺める感じだった」と感想を出すと、100%は明るく笑った。
精魂を込めた結果に対する誇り、見る人まで満たされるようにさせる笑いだった。

10. 4ヶ月ぶりにカムバックである。
昨年10月に「チドカゲ」で活動した後、比較的短い時間で、今回のアルバムを準備しなければならなかった。

ミヌ:そうです。「チドカゲ」の活動が終わった後、すぐに日本で正式デビューアルバムを出しました。
関連イベントやコンサートをしながら、忙しく過ごしてすぐ韓国活動をすることになりました。
日本でも「スケッチブック」の準備を地道にしました。日本で新曲を練習して、韓国で録音して、また修正して。

ヒョクジン:韓国に戻ったら録音スタジオに暮らしたも同然でした。1週間あれば6日は録音スタジオにいました

チャンヨン:落ち着かなかったけど、早くファンのみなさんにお会いすることができるという考えで喜んで臨みました。

ミヌ:実際に韓国で私たちを長く待ってくださったファンの方々がいるでしょう。
僕たちは、韓国での空白期に日本でも活動をしていますが、韓国のファンの方々は不安な気持ちでした。
今回のカムバックで安心させてあげることができたようです。 今年休む暇もなく活動したいと思います。

10.今回のタイトル曲「어디 있니(どこにいるの)」は、デビュー後初めてリリースするバラード曲だ。

ミヌ:そうです。 だから、より反応が気になりました。曲があまりにも良くてたくさん聞いてもらいたいです。

ロッキョン:もともとこの曲にも振りつけを入れるつもりでしたが、準備の過程で振りつけよりは、
歌に集中してボーカル的な面で勝負をかけてみようという話が出ました。
だから、ライブの練習に集中しました。

10.個人的に「어디 있니(どこにいるの)」を聞いたらすぐに浮かんだのが、海のパノラマであった。
クールな感じというか。メンバーたちは「어디 있니(どこにいるの)」の第一印象はどうだったか?

ミヌ:過去のタイトル曲「チドカゲ」を聞いた時も「これができるだろうか?」だったけど、
ロッキョンとヒョクジンがそれをやり遂げました。
「어디 있니(どこにいるの)」も同じでした。「できるだろうか?」だったが録音して出てきて、
僕たちのメンバーたちの声とよく合うようでした。

ジョンファン:まず高音が高くて(笑)歌がすごくいい気がしました。
同時にパフォーマンスを作るのが難しいという考えになりました。
少しバンドの音楽のような感じもありました。

10.スイチュンと2度目の作業である。

ミヌ:スイチュン兄が僕たちの各自の個性と長所を生かすよう、たくさん見守ってくれてお任せくださった。

ヒョクジン:僕は主にディレクティングする席に座っていました(笑)

10.録音エピソードが気になる。

ヒョクジン:ジョンファン兄はディレクティングを短く与えなければなりません。
長くなると、さらに混乱に陥ります(笑)

ロッキョン:チャニョンが1人でラッパーだから、残りのメンバーが希望する感じにラップの歌詞を多く書きました。

ジョンファン:特にチャニョンに対する期待値が大きいため、要求事項も多かったようです。
ストレスも受けたはずなのに、よくやってくれました。

10.100%の歌は高音を抜きにして話をすることができない。メインボーカルのロッキョンヒョクジンの功労が大きい。

ロッキョン:「チドカゲ」が特に高かったです。1度したからこそ鍛えられました。
一段階発展をして「어디 있니(どこにいるの)」の録音する時は「チドカゲ」より簡単でした。
喉に無理がいかないラインで音を楽に出す方法を体得しました。

ヒョクジン:最初は実は難しかったです。
毎アルバムを出すたびに、クエストを破る気持ちなのに、練習してみると良かったです(笑)

2017021511082480867-540x360_99_20170222154703.jpg

10. 2月のカムバック大乱に集中しなければならない。
今月とりわけ多くの人気歌手たちのカムバックが続いている。

ミヌ:僕たちがカムバックする時はいつもそうでした(一同笑) かえってチャンスだと思います。
音楽放送番組に出ると、他の歌手たちを見にいらした方々にまで、僕たちのステージをお見せすることができるじゃないですか。

10.芸能番組でもたくさん見たいと思う。

ミヌ:JTBC「知っているお兄さん」に出たらうまくできそうです。お兄さんらと一緒におもしろそうです。

チャニョン:僕は僕たちの間でリアリティ番組を撮ってみたいと思います。
tvN「三食ご飯」のようなコンセプトで、僕たち同士で料理してご飯を食べて、こんな内容?

ミヌ:ファンの方々にもまだお見せしていない僕たちの可愛げがあります。
野生バラエティーをすれば、お見せすることができる魅力が多いようです。
山に閉じこめて(100%:山より海か!)
無人島に閉じこめて、ジョンファンに肉を捕ってこい(魚を釣ってこい)と注文すれば、よく捕ってきそうです。

ジョンファン:僕はtvN「SNLコリア」に出てみたいです。コミックコント演技に自信があります。

10.デビュー6年目、100%の色は何ですか?

チャニョン:デビュー時は強烈なパフォーマンスをお見せしたとすれば、今はダンス曲だけでなく、
バラードなど、様々なジャンルを消化することができるようです。
1つのことに限定されていない虹の色といえます。

ミヌ:白色であるようです。いくつかの色も着てみて、真っ黒にもやってみて、
結局再び最初に戻って、別のジャンルを消化することができるチームです。

ジョンファン:それなら僕は茶色です。可愛いプードルの色です。みんなよく見ると可愛い(一同笑)
ファンの方々が僕たちを可愛がってくださるが、ひとまず僕も可愛く、メンバーも可愛い。
デビューの時より、むしろ今がもっと可愛いようです。

10.「スケッチブック」を通じて達成したい目標があるならば?

ロッキョン:音楽で大衆の方々と多くコミュニケーションができるグループになりたいです。
「信じて聴く」グループになるための一歩になることを願います。

ミヌ:今回のアルバムが橋渡しの役割をしたらいいね。 僕たちのスペクトルを広げて、
様々な音楽でアルバムをいっぱいに満たすことができるグループという信頼を大衆の方に知らせたいです。

ヒョクジン:アルバムタイトルが「スケッチブック」ではないですか。
KBS2「ユ・ヒヨルのスケッチブック」に必ず出たいです(一同笑)

ロッキョン:以前に、最後の順番で出演したことがあります。 僕たちのステージの途中でエンディング字幕が上がりました(笑)
再び「ユ・ヒヨルのスケッチブック」で歌を歌う機会ができたら良いと思います。
②に続く

★インタビューで出てきた字幕が途中で出てきた出演回です(HDあり)

130112 100% Guy like me Sketchbook 投稿者 100forever

記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン  ジョンファン  ミヌ 
tb: --   cm: --

記事 "音楽放送リハーサル、気力戦がある...僕たちは高音で勝負"  

[XPインタビュー②】100%"音楽放送リハーサル、気力戦がある...僕たちは高音で勝負"

1487780179988697.jpg

グループ100%が4ヶ月ぶりに新曲'どこにいるの'で帰ってきた。
相変らず見せてくれることも、見せてあげたいものも多い100%は
今回の活動でファンたちには新しい姿を、大衆にはチームの名前を
確実に知らせるという目標をたてた。

100%は去る22日、4回目ミニアルバム'スケッチブック'を発表して活動に乗り出した。
タイトル曲'どこにいるの'をはじめとして収録された5曲は愛のはじまりと別れ、
その後まで、男の心の中で保管された彼女に対する話を盛り込んだ。

100%に各自好きな曲を聞いてみたら、まるで謀られたように
「タイトル曲'어디 있니(どこにいるの)'が最も良い」と異口同音に答えた。
タイトル曲を除けば、メンバーたちはそれぞれ違った曲を選択した。

ロッキョン「'夢占い'を録音しながら愛情が混ざる感じでした。
録音が終わっても楽しく探しています」

ヒョクジン「'昨日の私に会う'という本当に苦労して出てきた曲です。
何度も録音したのをやり直して、またやり直しました。
そのため、もっと愛着があります。」

ミヌ「'ゴージャス(Gorgeous)'は遊ぶ男の感じで、1度してみたかったコンセプトの曲です。
いつか1度このような曲で活動をしてみたいです。」

ジョンファン「ガイドを聞いた時から'夢占い'が本当に良かったです。
歌詞を合わせてからも最も良いようです。」

チャニョン「'ある日'のいきいきとした、幼い少年の告白感性を好きです。
高校生であるロッキョンの妹もこの歌が最も好きだといいましたよ。」

1487780260563743.jpg

高音には鍛練されているという100%だが、音楽放送の朝リハーサルは依然として手にあまる。
特に、前の出演陣がインイヤーを差し込み、歌を聞くとさらに気になる。

ロッキョン「一緒に歌を歌ってステージする人々であるから、
実際にアイドル グループの間に競争は必要だと思うんですよ。
そのせいか、朝のリハーサルの時、もっと上手くやろうと努力します。」として、
はにかむように勝負欲を表わした。 ライバルは誰かとたずねると、すぐに、
「前のチームと後のチーム」と冗談を言って笑いを誘った。

ミヌは「僕たちだけが感じることもありますが、
朝のリハーサルの時、お互いに気力の戦いがあります。
ダンスだったら余計にパワフルに踊って、高音もずっと上げるほうだ」としながら、
「僕たち同士の誇りならば、僕たちはMRを多く敷かないで、
ほとんどライブで勝負するということでしょう」と胸いっぱいに表わした。

デビュー5年目、同居同楽していたメンバーが脱退し、紆余曲折を経て、
長い空白期を持っていた100%。 まだ連絡を取り合うのかとたずねると
「たまにしてます。オンラインゲームでも会って一緒に楽しんでます」と
クールな回答を示した。

現在一緒にしているメンバーに一言を残してほしいと言うと、
手足が縮みあがるような表情をしていた100%は、
それでも勇気を出して、お互いに対する気持ちを告白しはじめた。

ミヌ「本当の家族だと思います。
空白期を過ぎてから、僕たち同士粘っこくなった感じがはるかに大きくなって、
本当にありがたいし、愛しています。
急いで過度な欲を出さなくても、ゆっくりと歩いて一緒に行きたいです。」

チャニョン「大変な時期もありましたが、あきらめずに一緒にできるということが、
本当にありがとうございます。」

ヒョクジン「終わりが分からないほど継続して家族でいたいです。
もっと几帳面な性格の末っ子がなりますね。」

ロッキョン「今新たなスタートを迎えたから、新しいことがたくさんできたらいいですね。
大変なことも嬉しいものでも、過去はみな忘れて新しくはじめたいです。」

ジョンファン「今のように楽しく活動したらいいですね。
良い成績も重要ですが、楽しくすることがもっと重要なようです。」


最後に、ファンに言いたいことをお願いすると、100%はより真剣な眼差しで言葉を選んだ。
最大限、前のメンバーが言った言葉と重複をしないように慎重な姿を見せた。

ロッキョン「僕たちがアルバムを出せば、ファンは「また1年後にくるだろう」といつも考えましたが、
今回は4ヶ月ぶりに出てくるようになってサプライズだったようです。
ステージでも驚くほどの姿を見せてあげたいし、
今回の活動では必ず良いニュースをプレゼントしたいです。」

ミヌ「1つずつ一緒に思い出を作るという感じで、焦らないで一緒に歩いていったらいいですね。
僕たちを信じてついてきてほしいです。」

ヒョクジン「問題も多く、空白期も長く、順調ではないのに、
僕たちのそばに残ってくれて見守ってくれて、本当にありがとうございました。
他に素敵な歌手の方々が多いですが、僕たちのそばに残ってくださって本当に感謝して、
今回のアルバムも楽しくしてみましょう。愛しています。」

ジョンファン「いつも感謝の気持ちが大きいです。
「チドカゲ」は強烈なコンセプトでしたが、今回は暖かいんですよ。
もっと暖かい感じで花冷えの寒さに勝ったらいいですね。」

チャニョン「2017年の開始を早くできることに感謝して、ファンたちと思い出を作るという考えです。
これからもファンの方々が僕たちを好んで下さるように、僕たちも良い姿をたくさんお見せします。」


記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 100%  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン  ジョンファン  ミヌ  백퍼센트 
tb: --   cm: --

記事 10asia+StarJAPAN創刊記念LIVE  

「100%が3月26日(日)、埼玉・大宮ソニックシティ大ホールにて行われた
「10asia+StarJAPAN創刊記念LIVE vol.1」に集結した。

本イベントは、韓国経済新聞社グループから創刊されている
韓国とアジアのエンタメを紹介する人気雑誌
「10asia+Star」の日本版の創刊を記念したもので、
日韓で活躍する4組のアーティストが1日2公演のステージに登場した。

第1部のオープニングを飾ったのは、5人組グループの100%。
今年1月に日本でデビューしたばかりで、
「今日は僕たちを初めて見る方にも魅力を知ってもらえるように頑張ります!」と
初々しく宣言すると、日本デビュー曲「How to cry」や「snow」などをパフォーマンス。
「U Beauty」ではステージから客席へ降りるひと幕もあり、
ファンとハイタッチなどをして交流を深めていた。」

104536_27_R.jpg
104536_26_R.jpg
104536_25_R.jpg
104536_24_R.jpg
104536_23_R.jpg
104536_22_R.jpg
104536_21_R.jpg
104536_20_R.jpg


記事ソース

[edit]

category: 170226 10asiaJAPAN LIVE

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン  ジョンファン  ミヌ 
tb: --   cm: --

記事 100%"喜びの涙、日本単独コンサート予定"  

[10+STARJAPAN LIVE]100%"喜びの涙、日本単独コンサート予定"
2017022717480074553-540x304.jpg
「10+STARJAPAN LIVE」コンサートで熱唱中の100%

「多くの方々の前で歌を歌うことができて嬉しい。」
グループ100%の言葉だ。

100%は去る26日午後2時と6時、
日本の埼玉県大宮ソニックシティ大ホ-ルで行われた
グローバルマガジン10+STAR日本版「10+STARJAPAN LIVE」に参加した。

今回「10+STARJAPAN LIVE」コンサートは、
グローバルマガジン10+STARを発刊するコリアエンターテイメントグループと
日本のIS FIELD、代表嶋田豪さん)が共同で主催した。

公演の火ぶたを切った100%は、昨年10月に発表した「チドカゲ」を熱唱、公演の火ぶたを切った。
また、去る22日に出した新曲「スケッチブック」のタイトル曲「어디 있니(どこにいるの)」を歌った。
また「Snow」「나 같은 놈」「니가 예쁘다」なども相次いでプレゼントした。

それだけでなく、彼らは日本語の曲も滑らかに消化し、ファンたちの熱い歓声を導いた。
「How to cry」がそれだ。

100%は、10+STARJAPANの創刊記念コンサートに、
「ハンビョル、マイネーム、ソンジェと一緒にステージに立つことができて光栄です」と所感を伝えた。

続いて「みなさんに僕たちの魅力を見せることができるように努力します」と覚悟も固めた。
すべて日本語で消化し、ファンとの積極的なコミュニケーションに集中した。

彼らは、優れた歌唱力に派手なパフォーマンスを披露しながら、
完成度の高いステージを整えた。
またファンの反応を自然に誘導し、客席の雰囲気を盛り上げた。

ステージが続く中、ロッキョンは
「多くの方々の前で歌を歌うことができてとても嬉しい」と
手に余る感想を伝え、他のメンバーも
「嬉しくて涙が出そうだった」と口を揃えた。

日本デビューシングル「How to cry」を歌い、ステージを終えた100%。

最後にミヌは、
「100%のニューアルバム「スケッチブック」の日本プロモーションが3月から行われます。
東京と大阪でコンサートも開く計画です」と明らかにしてファンの歓声を得た。


記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン  ジョンファン  ミヌ 
tb: --   cm: --

[The Real 100%]'どこにいるの'カムバック報告ハイタッチ!  

[The Real 100%] '어디 있니' 컴백 무대 보고 하이터치!
[The Real 100%]'どこにいるの'カムバック報告ハイタッチ!

[edit]

category: 動画

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン  ミヌ 
tb: --   cm: --

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

カレンダー

News!!

翻訳(Translation)번역

YouTube

100%の韓国デビューから

Birthday

100%掲載雑誌

ライブデコレーション📦

Korea

100%CD・グッズ

QRコード

全記事表示リンク