Peachy!!

100%(백퍼센트)の記録♡ For all Perfection

181123 AsianStarˈs 独占インタビュー  

アジアスターズ、100%独占インタビュー[インタビュー]

「彼らは2012年にデビューし、彼らはいまだ完全です。リーダーのミヌがいなくても、彼らはパーフェクションのための100%です。ロッキョン、ジョンファン、チャニョン、ヒョクジンの人生と音楽活動はただあなたのためのものです。

slider_40fdd92e1bc462973b0b7c3d8521764a.jpg

韓国グループ100%の男の子たちは独占インタビューを私たちに提供することに同意しました。
2012年にアンディ・リー(神話)のトップメディアにて、7人のメンバーで100%はデビューしたけれども、今は4人で活動しています。あなたは彼らの魅力的な個性や興味深いキャリアについて、デビューから現在まで、私たちのページや会社の公式サイトでもっと詳しく読むことができます。
Twitter(@ top_100percent)、Instagram(@ 100pergram)、Facebook(@ Official100percent)、Youtube(youtube.com/user/Top100percent)でプロフィールを確認して、フォローすることを忘れないでください。
そして、AsianStarのための彼らの告白はどうですか? あなたは今読むことができます。

MC「こんにちは、100%! 私はAsianstar.czの編集者です。本当にあなたたちの音楽キャリアに関する2、3の質問をすることができてうれしいです。 まず私たちの読者に自己紹介をしてください。」
ロッキョン「こんにちは、僕は100%ロッキョンです。」
ジョンファン「こんにちは、僕はジョンファン、100%のボーカルです。」
チャニョン「こんにちは、僕はチャニョンです。」
ヒョクジン「こんにちは、僕は100%のボーカル ヒョクジンです。」

MC「あなたは2012年に韓国でデビューしましたが、デビュー前にも活動しました。あなたははじまりについて何か特別なことを覚えていますか?」
ロッキョン「デビューしてその年の年末授賞式に上がった瞬間を覚えています。とても嬉しかったのですが、氷点下15度という厳しい寒さに袖なしの衣装を着て、外で公演をしました。その日のことを思い出すと、笑いも出てきてなつかしいです。」
ジョンファン「ミュージックバンクでデビュー時に、TEENTOPが応援に来てくれた記憶がありますがうれしかったです。」
チャニョン「リアリティで先にデビューしたと思って良さそうです。TEENTOPと一緒にリアリティ番組を撮りました。」
ヒョクジン「もっとかっこよく見せるために、一生懸命やせたことを覚えています。」

f1b8ad32e432cfd0378fda8173a881d9.jpg


MC「2017年にはじまった日本での宣伝活動について教えてください。オリコンデイリーチャート、ビルボードトップシングルセール8位...ファンは本当に感動しました。うわー素晴らしい、おめでとう。」
ロッキョン「新しい場所での新しい出発はいつも震えて緊張します。でもとてもときめいたりもしました。挑戦が好きなこともあって、日本のファンの方々が僕たちを待っている姿がとても感動的でした。」
ジョンファン「みなさんの応援に力を受けてうまくすることができました。ありがとうございます。」
チャニョン「今度の5番目のタイトル曲「28℃」もたくさん愛してください。」
ヒョクジン「好きな歌を毎日歌うことができて良いです。」

MC「今年、あなたたちはパーフェクションを本当に幸せにした4回のカムバックをしました。あなたたちのこれまでに明らかにされた歌のうち、どれがあなたの絶対のお気に入りですか?理由は?」
ロッキョン「グランブルーです。大きな意味が込められた活動だったので、いつまでも記憶に残りそうです。」
ジョンファン「맘。サウンドが本当にいい歌。」
チャニョン「맘という曲ですが、本当に歌が完全にはまっていて好みを狙撃してます。」




MC「あなたたちは、いつもあなたたちの歌と個性を通じて、私たちの生活に愛をもたらします。私たちはまたあなたたちが作詞や作曲に積極的に参加することにとても感心しています。どのコンセプトがあなたたちにとって特徴的なものでしょうか?」
ロッキョン「名前の通り、すべての面で100%を見せるのが目標なので、僕たちは音源よりもステージ上でのライブを強みにしています。」
チャニョン「パフォーマンスを見せながらライブを完璧にこなしていくこと。」

MC「あなたたちはこのタイプのジャンルを続けることを計画していますか?または様々なコンセプトを探究したいですか?」
ロッキョン「はい。1つのコンセプトだけにこだわらず、常に新しい姿を見せたいです。」
チャニョン「新しいことに挑戦してみたい。」
ジョンファン「今のままでありながら、新しいものもたくさん試してみたいです。」

MC「あなたたちの最新のカムバックは本当に特別でした。私はあなたたちがまたデビューしたような気がしたと言ったことを覚えています。どうか私たちに理由を説明してください。」
ロッキョン「これまで以上に集中して準備をしました。4人で新しい挑戦でしたし、カムバックステージの時は本当にたくさん緊張しました。」
ジョンファン「心構えが格別だったようです。なにか新しくはじめる気がした。」

MC「そして、私たちはあなたたちのMVと優れた振付が大好きです。맘(Heart)を聞いてそのMVを見ているうちに、まだ夏のような気分です。素晴らしい。かつて振付は本当に難しいと言いました。どうかそれを私たちのためにそれを表現できますか?あなたたちの怪我にもかかわらず、あなたたちのステージとダンスの練習ビデオは印象的で、私たちは本当にそれを楽しみました。」
ロッキョン「動きは大きくないですが、本当にきめ細かく集中して踊らなければ、このダンスを完璧に踊ることはできません。そのためなのか、1度踊った後は精神がなかったです。」
ヒョクジン「体に力が入って続いていくダンスなので本当に大変だった。」



MC「よく音楽業界で働く人々は子供の頃から音楽に情熱を持っていると言われています。あなたたちはいつも音楽キャリアを追うことを夢見てきましたか?」
ロッキョン「はい、僕は生まれ変わっても歌手をしたいです。疲れてつらい時も、音楽で力を得ているようです。」
ヒョクジン「幼い頃から姉と一緒にテレビの中の歌手をたくさん見た。アニメよりも音楽番組が良かったし、友達はゲームに行っても僕はカラオケに行って歌を歌って遊んだ。」

MC「ロールモデルはありますか?」
ロッキョン「パクヒョシン先輩です。」
チャニョン「神話先輩です。長い長寿グループになりたいです。」
ヒョクジン「GOD キムテウ先輩。」

1df54a7fc817c06dcaea18711fe7a455.jpg

MC「あなたは自由時間に何をしますか? 趣味や特別でめずらしい興味がありますか?」
ロッキョン「映画、マンガ、ドラマを観ますね。」
ジョンファン「ドラマをたくさん観ました。」
チャニョン「ゲームをしたり、最初から頭を空っぽにして何も考えません。」

MC「私たちはあなたたちは映画を観るのが好きだと聞きました。もしあなたたちが歌手になれる機会がなかったとしたら、あなたたちは何をしていたでしょうか?かつて演技をしようと思ったことはありますか?どうかどのような映画またはドラマでもいいので私たちにおすすめしてください。」
ロッキョン「演技のチャンスが来たら挑戦してみたいです。また見ても素晴らしいのは映画タイタニックです。」
チャニョン「はい。機会さえあれば演技してみたいです。おすすめの映画は「죽은 시인의 사회(死んだ詩人の社会)です。」

MC「あなたたちが達成したい最大の夢は何でしょうか?ミュージシャンとして、またあなたたちの私生活においては?」
ロッキョン「僕が誰かのロールモデルになることです。」
チャニョン「僕たちの歌を全ての人に知ってもらうこと。」

MC「今年と将来のあなたの計画はどうですか?」
ロッキョン「ファンの方々に早く会いたいです。」
チャニョン「もうすぐ日本で5番目のシングルが出ますから、たくさんの愛をお願いします。」
ヒョクジン「曲を一つは必ず書いて完成させたい!」



MC「チェコおよびスロバキアのファンは、あなたたちに会うことを待つことができません。あなたたちは私たちの国、スロバキア共和国やチェコ共和国について何か知っていますか?スロバキア共和国やチェコ共和国を旅行で訪れるのはどうですか?あなたたちはかつてここに来たことがありますか?」
ロッキョン「完全です。すぐにも行きたいです。」
チャニョン「名前からとても素敵な国だと思います。ぜひ行きたいです!」
ヒョクジン「海外旅行をちゃんとしたことがないようです。ぜひ行ってみたい。」

MC「お時間をいただき、質問にお答えいただきありがとうございます。私はあなたたちにおたずねしたいことはもっとたくさんありますが、今後100%についてより大きくポジティブなニュースを聞くことができれば幸いです。あなたたちがチェコとスロバキアのファンに伝えたいことはありますか?」
ロッキョン「機会があれば伺いしますから、100%をたくさん愛してください。チェコのファンの方々愛しています。」
ジョンファン「いつかファンのみなさんに会う機会があればいいと思います。」
ヒョクジン「遠く離れていますが、パーフェクションのみなさん、愛しています。」
チャニョン「君の瞳に乾杯」

59e94ddc0e6c0117266633336822c6e7.jpg
3c08e41cf379dd82b528c039bca5fed0.jpg
2cf214e82bb57b5ee01ec582835c4f77.jpg
be167fd3a9fa9db217cccfe90e3b700b.jpg

私たちはあなたたちの将来の計画のすべてでベストを祈り、あなたたちの夢が実現することを願っております。本当にありがとうございました。インタビューを電子メールで仲介して、私たちが100%に出会うのを手伝ってくださったトップメディアPR&マーケティング部のメンバーに感謝したいと思います。 本当にありがとう。もう一度ありがとう。」

記事ソース

※ロッキョンが話されている授賞式は「2012131-130101 MBC 歌謡大祭 」のことです。
※チャニョンがいわれているリアリティ出演番組はこちらです。

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  ジョンファン  チャンヨン  ヒョクジン 
tb: --   cm: --

Naver記事「100% - この秋夕にはこのようなめんこ遊びはいかがですか」   

この秋夕にはこのようなめんこ遊びはいかがですか。
100%ビッグマッチ、神めんこ VS プチプチめんこ!


こんにちは、パーフェクションのみなさん♡
民族固有の名節、秋夕が帰ってきました! 秋夕といえば、やはり大切な人たちと集まって楽しい時間を過ごすべきでしょう?
家族のような雰囲気の100%のメンバーたちも一緒に集まって楽しい時間を過ごしました!

IMG_8637.jpg
IMG_8704.jpg
IMG_8753.jpg

100%のように、秋夕を楽しく過ごすのは難しくないです~100%が推薦する方法を見てみましょうか?

STEP 1. 一緒に事前ゲームを決める!
IMG_8887.jpg
IMG_8893.jpg
IMG_8926.jpg

めんこを折る材料を獲得するために、事前のゲーム会議を開いた100%!
(会議間の可愛いロッキョンの姿はパーフェクションのためのボーナスプレゼント~)

ユンノリ、石投げ、チェギチャギ みんな良いです! 100%はチェギチャギに決めました~

この対決でチェギを最も多く満たした人が材料の優先権を獲得することになり、 誰がどんな材料でめんこを作ったのか見てみましょう

STEP 2.、ユニークな材料でめんこを折る!
事前ゲームを通じて、めんこ材料を獲得した100%!
このような材料でめんこを?! したい材料もあったそうです~

IMG_8952.jpg
IMG_8949.jpg
IMG_8953.jpg

ロッキョンは新聞紙、ジョンファンは色紙、そしてチャニョンは段ボールを選択!
チェギチャギ、上位は最強のめんこを作るための材料を選定しましたが それなら残りの人たちは?!

IMG_8957.jpg
IMG_8947.jpg

ヒョクジンはクッキングホイルを、ミヌはプチプチを選択したそうです!
"これ めんこの材料で合ってる? これ可能ですか?!"

腹をたてたけど、ゲームはしてみてこそ分かるもの! 最後まで一度見てみましょう~

STEP 2.5 合間のめんこ自慢TIME!
AS8A9898.jpg
AS8A9891.jpg
IMG_9022.jpg

新聞紙で作った最強のめんこから色とりどりにカラフルな色紙のめんこ、 そして、戦闘型 段ボールめんこまで完成!

AS8A9910.jpg

"アルミホイルの中に巻き紙で作ってもいいですか~?"
発想の転換で、新しい材料をGet! ヒョクジンの巻き紙めんこ

AS8A9907.jpg
IMG_8993.jpg

紆余曲折の末に誕生したミヌの大切なプチプチめんこ!
初めの途方にくれた様子はどこ?
大切なようにプチプチめんこを腕の中から放しません!

さあ めんこ自慢までしたのだから、今回は...

STEP 3. めんこ対決をする!
みんな作ったので、実戦ゲームをしなければならないでしょう?
100%のメンバーたちが競技が最も期待される選手たちを選びました!
そしてその投票結果、

IMG_9047.jpg
IMG_9079.jpg
IMG_9089.jpg

口をあんぐりと開ける結果が出たというが、その結果は映像で確認してみましょうか?

100% - 中秋節 めんこ(feat.プチプチ)

http://tv.naver.com/v/2126972

このように100%も楽しい秋夕を過ごしました
ミヌの推薦のように、プチプチめんこを作って一緒に楽しむならば、もっと豊かな秋夕になるでしょう?

AS8A9834.jpg

みなさん楽しくて豊かな秋夕を過ごしてください~ これまで100%でした!


記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ミヌ  ロッキョン  チャンヨン  ジョンファン  ヒョクジン 
tb: --   cm: --

記事 「怪しい歌手」本物の歌手ジャックは100%のヒョクジンだった。  

※ 「怪しい歌手」は、ステージ上の人気スターがステージ裏の隠れた実力者の複製歌手として憑依し、
熾烈な対決を繰り広げる、奇想天外な音楽バラエティー番組です。
※ 수상한가수 「受賞した歌手」と「怪しい歌手」どちらの意味もあり、
言葉をかけているとは思いますが、英語のタイトルを見ると「怪しい歌手」でしたので修正いたします<(_)>
当日の映像はこちら

[ヘラルドPOP]アンディがプロデュースしたアイドルグループ、
100%のボーカル ヒョクジンのステージは切実なものだった。


18日放送されたtvN芸能プログラム「怪しい歌手」(演出ミン・チョルギ」では、
複製歌手の後、隠れた実力者歌手の熾烈な対決が繰り広げられた。

ジヌンが複製したシャドウ歌手‘ジャック’の正体は、
アイドルグループ100%のボーカル ヒョクジンと明らかになった。
パク・ソヒョンは、
「100%は今でもパフォーマンスがあまりにも優れており、
今後も逆転する機会がいくらでもあると確信している人なので、まっすぐに進んでいただきたい」
として惜しみない称賛と激励をした。

さらに、ヒョクジンの怨念解消ソングのステージが繰り広げられ、
ヒョクジンはステージが本当に恋しいとして、死ぬまで歌を歌うことみたいですと話して、感動を与えた。
怨念解消ソングが終わって、チョンジヌンはステージ下でヒョクジンをぎゅっと抱きしめた。

記事ソース


「怪しい歌手」ヒョクジン
「長い空白期 100%を知らせることができ、胸がいっぱい」(インタビュー)


[スポーツワールド]ボーイズグループ100%のヒョクジンが
「怪しい歌手」を通じて強い印象を残した。

100% ヒョクジンは、18日放送されたtvN「怪しい歌手」に
複製歌手チョン・ジヌンと共に出演した。
「怪しい歌手」は、夢を歌うステージの裏実力者と、
彼らの夢を応援するステージ上のスターサポーター(複製歌手)が
幻想的な呼吸を作り出す音楽芸能番組.

日陰にいるにはもったいない実力者を知らせるために、スターサポーターは、
年齢、職業、家族関係、性別、趣味、事情など、
実力者に関する全てのものを把握して、完全にその人になって、
インタビューからステージ上のパフォーマンス、歌リップシンクまでリリースして、
大衆の視線をひきつける。

この日、キム・ゴンモの「カッコウの巣の上に飛んでいった鳥」で、
審査員と観客の肩が揺れるステージをプレゼントしたヒョクジンは
顔が公開された後「怨念解消ソング」で、K2の「彼女の恋人に」を熱唱した。
趣あふれるステージとともに、甘美なステージを同時にプレゼントしたヒョクジンは
実力派ボーカリストとして注目をあびて良い反応を得た。

早くステージが終わって残念だったけど、100%の名前を知らせることができたし、
チョンジヌンと特別な思い出を積んできたとして喜ぶヒョクジン.
そのせいか、彼の音楽の歩みがさらに一層待ち遠しくて期待される瞬間だった。

-「怪しい歌手」に出演しました。 ユニークな経験だと思えます。

「長い間の空白期によって、多くの方が'100%'というグループをよく知りませんでしたが、
良い趣旨を持っている番組「怪しい歌手」に出演して、
'100%'を知らせることができる機会が与えられてとても良かったです。」

-名前も顔も露出しないまま裏で歌った。 気持ちはどうでしたか。

「何か気持ちが妙だった。
うれしいのに、一方ではじぃんとして色々な感情が複合的に吹きつけました。
それでも、ジヌン兄さんが走れば、僕も一緒に走っておもしろく呼吸を合わせました。
満足しました。」

- '複製歌手チョン・ジヌンはステージに上がる前どんな話をしましたか。

「本当に全部置いて楽しもう!」「興奮してピッチが出てもいいから楽しく楽しんで歌ってほしい」
「一緒に遊んでこよう!」と言ってくれました」

-顔が公開された時の感じはどうでしたか。

「ドアが開くのにとても震えました。
ステージ裏から僕を知らせるために歌を熱心にしたとすれば、
公開された後にステージに上がった時は、
人をすべて見せて確実に知らせる場であり、とても緊張しました」

-長い空白期を持ったので、歌を歌ってステージに立つという感じが特別なようですね。
ヒョクジンにとって音楽とステージというのはどんな意味ですか。


「一度ステージに上がった人は、ステージの味を忘れることはできないようです。
空白期に多くの理由で大変な状況が多かったですが、
その中でも一番大変なのは、ステージに切実なほど立ちたかったけど、
心とともには簡単にはならない現実と、ステージに対する恋しさが一番大きかったです。
音楽は僕が息をしながら生きていく基本的な行動のようにそのもの。
僕の体の中の一部分です。」

-どんなボーカリストで大衆の記憶に残ったらと思いますか。

「僕のロールモデルはキム・テウ先輩です。
チーム活動をしながらも、独歩的なボーカルを大衆に認められたし、
ソロ活動にも大衆みんなが楽しめるヒット曲を排出して旺盛に活動されています。
また、オーディション番組から審査委員まで引き受けて、
すべての人に歌手での能力を認められているので、
僕も必ずそのように多くの人々の記憶の中に残ったら良いと思います。」

-今年の下半期の100%の活動計画は?

「国内でも海外でも、音楽放送やよび各種番組に出演して、
旺盛な活動を通じて、ファンの方々をたくさん訪ねようとします。
もしも過ぎ去って偶然に100%の活動の姿を見ることになれば、
多くの応援と関心お願いいたします。」

-最後に、活動の覚悟は?

「すべての方々に僕の経験、僕の感情、そして共感、祝賀など
歌で一つになって近付いていく歌手になるために、一生懸命瞬間すべてに積極的に歌いたいです。」

記事ソース


「怪しい歌手」 'チョン・ジヌン敗。100% ヒョクジンが本物の歌手

[OSEN] 「怪しい歌手」本物の歌手ジャックは100%のヒョクジンだった。

18日放送されたtvN「怪しい歌手」で、
複製歌手チョン・ジヌンは、ヒョクジンの代わりにジャックという名前でステージに立った。
キム・ゴンモの歌を情熱的に歌ったが、複製歌手ジャンドヨンに負けてしまった。

バックステージで登場した、本物の歌手はヒョクジン。
彼は「絶え間なく分からない空白期が長くて難しい時期がありましたが、
もう一度やってみようという気持ちで、昨年10月から活動しています。
一生懸命しているのできれいに見ていただけたらと思います」と感想を述べた。

パク・ソヒョンは「今後、逆転のチャンスはいくらもあると確信しています。
あきらめないで直進してください」と激励した。
チョン・ジヌンも「僕のために負けたようでごめん」として、「これからも歌い続けてほしい」と微笑を浮かべた。」

記事ソース


[エクスポーツニュース] 「怪しい歌手」'ジャックの正体は100% ヒョクジンだった。

18日放送されたtvN 「怪しい歌手」には、100%のヒョクジンが出演して歌唱力を誇った。

デビュー前から、ファンカフェ会員が2万人だったと明らかにしたジャックは、
「デビュー6年目ですが、まだ新人アイドルの扱いを受けます。
音楽番組に行けば「あの子たちは誰なの?」という声を聞きます。
2年間休んでチームが解散したといわれる方たちもおられました」と話した。

引き続き、ジャックは、キム・ゴンモの「カッコウの巣の上に飛んでいった鳥」を選曲して、
きれいな高音を披露しながら楽しいステージを作った。
複製歌手チョン・ジヌンのダンスが加わり、さらに一層楽しいステージが繰り広げられた。

しかし、最初の対決でオーディション 番組TOP4出身の장수に会ったジャックは、
1ラウンドで惜しく敗れた。
公開された彼の正体は、神話のアンディが製作したアイドル グループ、
100%のボーカル ヒョクジンだった。

彼は出演理由に対して、
「絶え間なく分からない空白期が長くて難しい時期がありましたが、
もう一度やってみようという気持ちで、昨年10月から活動しています。
一生懸命しているのできれいに見ていただけたらと思います」と震える感想を述べた。」

記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 100%  백퍼센트  ペクポ  ヒョクジン 
tb: --   cm: --

記事「100%、日本タワーレコード3位・オリコン8位達成!」  

100%、日本タワーレコード3位・オリコン8位達成!

DDX2BNaUAAAelx3_20170630203055a0e.jpg

「グループ100%の二回目の日本シングル'「Warrior」が、
'タワーレコード'デイリーシングルチャート3位に上がった。

100%が去る28日に発売された二回目の日本シングル「Warrior」で
日本最大のレコード会社のタワーレコード、
デイリーチャートで3位、オリコンデイリーチャートで8位を占めた。

「Warrior」が発売になってすぐ、
タワーレコード渋谷店、総合チャートには100%が2位に上がっており、
日本の女性アイドル「まねきケチャ」が1位、国内ガールズグループTWICEが3位、
スーパージュニアのイェソンが4位に上がった。
そして、オリコンデイリーシングルチャートでは8位という良い成果を見せた。

100%は去る1月に発売した日本デビューシングル「How to cry」で、
日本最大のレコード会社のタワーレコード渋谷店で、
デイリー、総合チャート1位、オリコンデイリーチャート7位に進入して、
日本のファンの愛を一身に受けており、
韓国では、この2月に発売された4枚目のミニアルバム「スケッチブック」のタイトル曲
「어디 있니(どこにいるの)」を通じて、ライブの実力を認められた経緯がある。

タイトル曲「Warrior」は、愛する彼女を守るために、
戦士のように強くなるという強烈な歌詞のパワフルなアップテンポ曲だ。
強烈な曲の雰囲気に見合うパワフルな群舞で、
甘美なバラードを歌う100%の姿とはかけ離れた反転魅力を見せてくれている。

二回目の日本シングルの活動を開始したグループ100%は、
去る28日、日本東京で「Warrior」アルバム発売記念ショーケースを開催した。」

記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ 
tb: --   cm: --

[ポップインタビュー③】100%'感謝の挨拶"味方でいてくれてうれしい"  

[ポップインタビュー③】100%が伝えた'ごにょごにょ'感謝の挨拶"味方でいてくれてうれしい"

インタビュー②から続き

100%という名前の前には「実力派グループ」「ボーカル金持ちグループ」という修飾語がついてまわる。
それだけ100%にはボーカル的な面で、どのグループにもひけをとらない実力を持っている。
だからといって、パフォーマンス力が他のグループに比べて劣ることもない。
このようにしっかりとした実力は、ファンに100%の歌を探して聞いてステージを見させる。
しかし、何よりも100%の最大の強みは、まさに粘着性があるチームワークだった。

201703080946503764930_20170308142647_01_20170308145011346.jpg

デビュー6年目になり、一緒にした時間もそれだけ積もって、
依然として宿舎生活をしながら、日常を共有している。
グループのメッセンジャールームが静かな日はないという彼ら。
それぞれチームでどのようなポジションを担っているのかと聞くと、
お互いに「悪口」発言もはばからず、メンバーたちのあふれる遊び心と絆の強さを表わした。

特にチーム内の「時計」の役割をしているというチャニョンは、
ヒョクジンと日本の宿泊施設を一緒に使ったエピソードを伝えて、
「僕はもう用意ができなくて。僕が必ず6時に一緒に起きて、
荷物をまとめるのを手伝ってくれと言ったが、翌日6時に起こしたら
「僕は20分から準備するね。」と言ってずっと寝てるのです。
そこで腹が立って「僕はアラームか?」そんな気がして」と言って、メンバーを爆笑させた。

ここで他のメンバーたちも言葉を加えた。
お互いによく知ってて親しいだけに、メンバーたちについてしたい話が絶えない様子だった。

ミヌ
「ヒョクジンと同じ部屋を使う状況を経験してみたくないけど、
宿舎生活をするからか明らかに知っています(笑)
メンバーの性向が少しずつ違って、本当に耐えられない性向があります。
ヒョクジンは服を壊すように脱いで置いて行ってこそ、心に安定が生じるようです。
部屋の中に入ってみるとびっくりするほどです。僕はそういうのに耐えられません。
ジョンファンも日本で同じホテルの部屋を使いましたが、汚名をきましたよ。
それでもあの程度なら、僕が後ろからついてまわりながら準備してあげられますが、ヒョクジンは...」

ジョンファン
「最近直そうと努力しています。」

ヒョクジン
「ありがとうございます。さらに一生懸命頑張ります。賞賛を食べて育ちますね(笑)」

末っ子ヒョクジンを「ディス」っていたメンバーたちに、お互いの賞賛を再びお願いした。
グループ内に1人ずつはいるという、
いわゆる「イプドク妖精(多くの人がファンになるきっかけとなるメンバー)」、100%では誰か聞いてみた。

ミヌ
「僕が見た時は、ジョンファンのようです。若干アイドル上位です。かわいい顔で。
だから、最初はジョンファンをお好きになる方が多いんですよ。
ところがジョンファンを見て好きになったけど、最終的には僕でしょう(笑)」

ロッキョン
「人はあのように自信がなければなりません。」

ジョンファン
「僕は大丈夫です。僕は個人だと考えません。
僕を見て入ってきたけど、グループ内の他の人を好きなのはかまいませんよ。」

ミヌ
「確かに、ジョンファンがパフォーマンスを担当しているので目がいくようです。
ステージの上で可愛いながらも、カリスマあってセクシーで、
そのような部分がぴったりアイドルに合っていることのようです。」

201703080946503764930_20170308142655_01_20170308145011372.jpg

100%はリーダーミヌから末っ子ヒョクジンまで、実の兄弟以上に厚い関係を維持していた。
メンバーに「喜劇人」「しょうもない」をつとめているという評価を聞いたミヌは、
このようなメンバー間の関係にほほえましさを表わした。

ミヌ
「僕は日ごとにしょうもなくなるようです。
でも口先だけの言葉ではなく、しょうもなくなるほど良いです。
初めてデビューした時は、僕たちの間だけでもルールが必要で、
特に僕はメンバーと年の差があるから、規制もなくてはならないと思いました。
でも今は分かってみんなうまくやるじゃないですか。
また僕たちの間だけでもとてもよく分かってるから、いらない規制をするよりも、
みんな友達のように過ごしています。ところが日増しに立ち並びますね(笑)」

100%は、過去2012年のシングル「WE、100%」でデビューした。
以後デビュー曲「나쁜 놈 (BADBOY)」をはじめ、「나 같은 놈(Guy like me)」「Want U Back」
「심장이 뛴다(BEAT)」「니가 예쁘다(U beauty)」などの曲で活動して、認知度を積んできた。
しかし、いくつかのメンバーがチームを去り、リーダーミヌが軍に入隊するなど、
メンバーたちに、2年以上の長い空白期が訪れた。
その苦労を持ちこたえさせた原動力はまさにメンバーだった。

ロッキョン
「お互いの夢と目標が同じなので、持ちこたえられたようです。
1つになった時に、相乗効果が出ますが、それがよく合って今まで来られたようです。
ただ幸せなだけではないから、苦しくても、その夢や目標を考えて持ちこたえるじゃないですか。
正直に言って、僕たちは苦しい時期をあまりにも多く経験してきて、
お互いの大変ないくつかの点をよく分かっているし、
それと共に、お互いのそばを守ってくれたことが、つらい時期を耐えられるようにしてくれました。」

ミヌ
「空白期があった時も、僕たちはなんとか耐えてみようとしていたのではなく、
そのまま大変なら大変なようにぶつかりました。
そのような形でしていたら、より(絆が)固くなったようです。
お互いに望む方向とか未来が同じなのだから、一緒に持ちこたえることができたと思います。」

201703080946503764930_20170308143222_01_20170308145011383.jpg

100%に最もつらかった2年3ヶ月の時間。
その時間を回顧する100%の一言一言には、メンバーに向けた感謝の気持ちがにじみでていた。
変わらずに、お互いのそばで同じ夢を見ているメンバーたちに対する愛情も感じることができた。
しかし、普段からささいないたずらはたくさんしても、くすぐったい言葉はできないという100%。
お互いにありがたかった点を話す機会を与えると言うと嫌がるようだった。
しかし、すぐに最年少のヒョクジンを皮切りに、慎重に本音を打ち明けた。
慣れていないメンバーの言葉に、多少ぎこちなかったりもしたが、
ミヌは「早く話して。僕今くすぐったいから」と言ってほほ笑みを隠すことができなかった。

ヒョクジン
「足りない僕を導いてくれるチームメンバーに、率直にごめんなさい。
僕も短所を直したいですが、それが思うようにうまくできなくて。
それで僕もイライラして、メンバーたちも同じ話をどれほどされたでしょう。
それを理解してるから、申し訳なくて...。
それが繰り返されるから、メンバーたちの顔色をみることになりました。
でも僕は耐えられませんでした。
顔色を見ないために、僕は強引にして、なんとか神経を使わないふりをしましたが、
そうしながらも、心の中では申し訳ないと思います。
もっと発展する末っ子になるから、僕に厳しい発言をたくさんしてください。賞賛もしてください。」

ジョンファン
「今のように、こんなに楽しく活動できる雰囲気を一緒につくってくれてありがとうございます。」

ミヌ
「僕はちょうどこの4人が僕たちのメンバーで良かったし、ありがとう。
他でもないこの4人が僕のメンバーなので感謝して、ありがたくて良かったです。」

チャニョン
「みんなレコーダーをつけて、僕が話すから(笑)
僕は生まれて1番良かったことが1つあります。
それはまさに僕たちのメンバーたちに会ったということ」

ロッキョン
「音楽をすることもとても幸せなのに、一緒に仕事をしながら笑って楽しんで、
大変な時期に、お互い応援してくれて、
言葉に出さなくても最初に気づいて用意をしてくれるメンバーがいて幸せです。
いつもたくさん愛して、一緒に隣で友達のように、いたずらすることができるメンバーがいて、
1日1日楽しくて、笑って楽しめる人がそばにいるというのが、僕の味方がいるというのがとてもいいですね。」

201703080946503764930_20170308142859_01_20170308145011409.jpg

このようなメンバーたちの義理と友情が100%というグループを守ってきた。
しかし、100%の名前を守ったのは、メンバーだけではなかった。
長い空白期を待ってくれ、再び戻ってきた彼らを歓声で迎えてくれたファン
「パーフェクション」(100%ファンクラブ名)も100%を守ってくれた人たちであった。
100%にメンバーたちと同様ありがたいファンたちだった。

チャニョン
「「지독하게 (Better Day)」で活動する時に、これから本当にたびたび会おうと言いましたが、
その約束を守り続けたいです。」

ミヌ
「僕たちを誇りに思ってくださって、応援してくださって、
力になってくださる視線が感じられます。それにあまりにも感謝します。
僕たちは目立った成果を見せられなかったけど、
いつも心の中で僕たちをベストと考えていただいて応援してくださって、心強く守ってくださる方々が、
どこへ行っても、僕たち堂々とステージに立つことができるようにしてくれる原動力であると思います。
だからとても感謝します。
これからも、どこでもカッコよく堂々と100%だけのステージを披露できるように最善を尽くしますから、
いつも僕たちのそばにいて欲しいです。」

ロッキョン
「僕たちが再起動して、一生懸命に活動をしていますが、ファンの方々も自信を持ってたらいいですね。
僕たちを好きなように堂々としていたらいいですね。
そのような歌手になろうと僕たちも努力しなければでしょう?
ファンの方々も僕たちを好きなら堂々としてもらえたら嬉しいです。」

ミヌ
「パーフェクションであることを誇りに思っていられるよう、さらに努力しますね。
ファンの立場で考えた時に、人数が少なければ、少し萎縮して恥ずかしいこともあるじゃないですか。
そうしないためには、僕たちがもっと努力して、たくさん団結できるように活発に活動しますよ。
ファンの方々がしょげないように、僕たちもさらに努力するし、
ファンの方々もいつも僕たちをそう思ってくださってることに感謝して、
そのようにお互いに励ましあいながら、大きくなっていくことができたらいいですね。」


記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ミヌ  ヒョクジン  チャンヨン  ジョンファン  ロッキョン 
tb: --   cm: --

[ポップインタビュー②]100%「僕たちの音楽色?白になるよう願います」  

[ポップインタビュー②]100%「僕たちの音楽色?白になるよう願います」

①の続きです。

5年という時間が流れた。年次に計算したら既に6年目のグループになった。
過去2012年のシングル「WE, 100%」でデビューした100%は、
いつの間にか音楽放送の控室に行けば、最も年次が高い先輩になっていた。

しかし、空白期が長かったからだろうか。100%は自分たちがまだ新人のようだと話した。
自分たちは常にデビューする気持ちで活動をしていますが、放送局を訪ねて行く時は、
多くの後輩たちに挨拶を受ける先輩の立場というものがぎこちなく感じられもした。
また、物足りなさも大きかった。

201703061349533469188_20170308142127_01_20170308150511337.jpg

「何か残念だったという感じもあります。時間だけが6年満たした感じということでしょうか?」
(チャニョン)

「僕たちを6年目に見てくれるのだろうかと思って... 。僕たちは見せられるのも多いですが、
「あの子たちは6年目なのに、あの程度しかできないの?」と見られるかと思って、心配になったりもします。」
(ロッキョン)

「僕たちは、年次に対する考えをしない方がいいという感じです。
僕たちがデビューして5年になりましたが、活動をした時間に計算すれば、
本当に少しにしかなりませんでした。」(ミヌ)

100%は自分たちが消化可能な音楽の色についても、無限の可能性を残しておいた。
リーダーミヌは、100%の音楽の色について、
「白ならばいいですね。どんな色にでもなることができるでしょう。
事実僕たちが、100%を思い出した時にどのような色が浮かぶかを認識させることができないほど、
活動がなかったため、それが僕たちの強みだと思って、
いろいろな試みをしてみなければならないようです。」と率直に語った。
まだ聞かせる音楽と見せてくれるステージがさらに多いということだ。

「「ゴージャス」程度、遊んではいけません。徹底的に遊ばなければなりません。
クラブから本当にうまくやってる兄さんのように出てきて
「今日僕が最高だ」こんなコンセプトのステージがしてみたいです(笑)」
(ミヌ)

それなら、100%が持つ強みとは何だろうか。 毎日のように歌手たちのカムバック記事があふれて、
歌謡界のシーズンとオフシーズンを区分することが意味ないほど、
新しいグループが新しい曲を続けて発表する。
100%と同時期に活動しているボーイグループだけを見ても、
BTOB、防弾少年団、SF9、クロスジーン、VAV、ビクトン、NCT DREAM等がある。
ボーイグループ洪水ともいえる状況の中で、100%だけが持っている強みに対してたずねた。

「いつも話すことですが、僕たちの強みはステージ上のライブだと思います。
うん、他に何があるでしょうか(笑)」
(ヒョクジン)

「他のグループも本当に上手ですが、僕たちは今回ボーカルの成熟さと多様性をお見せしようしました。
今回みんなパフォーマンスに重点を置いて出てきましたが、
僕たちだけ他の色で出たんですよ。そこに集中して見ていただきたいと思います。
僕たちもそれなりのパフォーマンスをしながらライブを見せるグループでしたが、
今回はボーカルに重点をおこうして、パフォーマンスを除いたんですよ。」
(ロッキョン)

201703061349533469188_20170308142251_01_20170308150511377.jpg

100%は新曲「어디 있니(どこにいるの)」のステージをひたすらメンバーたちの声だけで満たした。
パフォーマンスはしばらくおろした。初めて試みたステージを自分たちではどのように見たのだろうか。

「事実、負担に少しなります。ひたすら声だけでステージを満たさなければならないので、
ちょっと心配になって、少しぎこちないです。体を動かしながら表現している途中で、
歌声と表情だけで感情を伝えなければならないのが、最初はぎこちなかったんですよ。」
(ヒョクジン)

「メンバーは素晴らしかったんですよ?メンバーみんな上手だと思いました。」
(チャンヨン)

「みんな客観的にモニタリングする方です。見ながら「かっこいい」「変だ」すぐに言ってくれます。
僕の場合には、眠そうに見えるという声を多く聞きました。元々目がちょっと眠いようにみえますが、
感情に没頭するともっと瞳を閉じるようになって、目を開けなさいと言うんですよ(笑)」
(ジョンファン)

「僕は、チャニョンがラップしながら出てくる時素敵でした。なんだかほろ苦いようです」
(ヒョクジン)

特にチャニョンがロッキョンの姿を真似して
「ロッキョン兄さんがアドリブをする時、体をちょうどポッピンします。」
と言うと、メンバー全員笑いを噴き出した。これにロッキョンは少し顔を赤くして、
「音楽番組が終わって出ますが、メンバーが他の方々もおられるエレベーターの前で
「ああ、ロクチャ(ロッキョンのニックネーム)ポッピンする?」と言いながら、
4人が突然ダンスを踊るんです。(...) 若干リズムのあるアドリブなので、
僕がそのリズムに乗らなければ声がそんなに感じられないようでした。
だから、自然にすると言ったけど….ちょっと恥ずかしかったです。」と言って、メンバーたちをさらに笑わせた。

「ロッキョンが歌に集中してるのがわかります。
僕たちは面白く真似しましたが、客観的に見た時、とてもかっこいいです。」
(ミヌ)

「ああ、僕はミヌ兄さんがヘアスタイルも金髪にして、
センターで顔がよく見えるように、5対5でぴったりわけて
「僕がビジュアルだ」このように出てくるのがカッコいいんですよ。
MVでも兄さんが女性主人公とせつないドラマを撮りましたが、
今回兄さんの「カッコよさ」は見えないかと思います。」
(ジョンファン)

201703051026771948_58bb6dc59b5a8_99_20170305111603_20170326222056f5a.jpg

その後もメンバーたちは、愉快にお互いの自慢話を続けた。
いたずらをしたりもしながら、インタビューの間ずっと笑いが絶えなかったし、
気持ちの良いエネルギーにあふれていた。 この気勢がファンにも伝えられたはずだ。
ミヌは、自分自身が聞いた気持ち良いほめ言葉の一つで、
「'愉快なエネルギーを与えるグループ」という言葉をあげた。

「僕たちの公演を見てくださった言葉をみると、エネルギーを注いでくる感じではなく、
受けてくる感じで若返るようですという方が多かったんですよ。
「僕たちがエネルギーを差し上げようと努力するだけに、
それを受け入れてくださるんだな、伝わっているんだな」そんな感じがしました。
観客の方々にエネルギーを差し上げているようで、今後もそういう言葉をたくさん聞きたいです。」
{ミヌ)

それなら、今後聞きたい賞賛や修飾語はどのようなものだろうか。

「「信じて聞く」100%です。「100%の歌は信じて聞くだけのことがある」
それとともに聴いていただけたらいいですね。
事実アイドルグループの歌に対する忌避がある方もいらっしゃるんですよね。
そんな先入観を僕たちは避けることができたら良いという考えです。
100%の歌は、アイドルグループだけど、
良くて聞くだけのことはあるという言葉を聞くことができるグループになりたいです。
100%は歌だけでステージをいっぱいに満たして、
私たちの耳を楽しませることができるんだ、そんな感じになれば、それが僕たちの成果だと思います。
それが今回のアルバム発売前に立てた目標でもあります。
それでも今回のアルバムを聞いてくださった方々の反応を見ると、
そのように受け入れてくれてくださっているようですね。
とても感謝して、これからもそう聞いていただきたいですね。」
(ミヌ)

③に続く(近日中にします<(_)>)


記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ 
tb: --   cm: --

記事 [スターの音楽]100%ミヌのおすすめ曲は?  

【スターたちの音楽]100%ミヌ - 、リーダーたちの推薦曲は?
※明日ライブで時間がなくてペクポだけ訳します、どうもすみません<(_)>

thumb_4hny4201703161908161144.jpg

★スターたちはどのような音楽を好んで聴いているか。
音楽は私たちの生活と密接につながっている。
朝、目覚めた時から眠るまで、道を歩いていても私たちのそばに留まっている。

それなら、大韓民国の芸能界スターたちが好んで聞く曲は何だろうか。
そして彼らが推薦する曲はどんな音楽だろうか。
このような疑問を解決しようと、イシュー・デイリーは'共通点'を持ったスターに聞いて
'スターたちの音楽'を聞かせたいと思う。

今回はTOP MEDIAに属している100%の輝くリーダーの推薦曲である。
100%はリーダーミヌを中心に、
ヒョクジン、ロッキョン、チャニョン、ジョンファンの計5人のメンバーで構成されている。
2012年シングルアルバム'WE、100%'でデビューした彼らは、
2014年'U Beauty'活動後、約2年の空白期を破って、再び歌謡界に戻ってきた。
最近では、日本で成功的なデビューを行って'韓流アイドル'として翼を広げている。

TOPMEDIAの100%。
チームのリーダーが推薦する曲は何だろうか。
1日1曲からファンに必ずおすすめしたい曲まで調べてみよう。

★1日1曲
100% ミヌ: 「I Could Give You Love」Lasse Lindh


ドラマ「ロマンスが必要2012」のOSTに収録された曲。
夢幻的なメロディーにアコースティックな演奏と歌詞が映像とマッチしている。
「一日をはじめる時や移動中の車の中で聞くと、わけもなく気分が良くなりますよ。
特に天気の良い日に聞けばドキドキするようになります。」


★つらい時に自分をなぐさめている曲
100% ミヌ: 「내 입술 따뜻한 커피처럼」 샵(THE S#ARP)


~泣かないで もう過ぎたことだよ 人生という線の上じゃただの点だよ
生きていれば誰しもが経験することだよ 大人になるための過程にすぎないよ~

「大変で、すべてをあきらめてしまいたい時に、この歌、特にその部分を聞くと、
なだめてくれるかのように、疲れた心を癒してくれるような気がします。」



記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: ペクポ  백퍼센트  100%  ミヌ 
tb: --   cm: --

記事 【ホワイトデーおすすめの曲①】100% #Only U  

【ホワイトデーおすすめの曲①】100% #Only U

2017031401822_0_99_20170314151503.jpg

「여자친구 GFRIEND と100%が'ホワイトデーとよく合う歌を推薦した。

여자친구 GFRIENDは去る6日、4枚目のミニアルバム'THE AWAKENING'の発売を記念して
インタビューを行っており、
100%も先月22日にミニアルバム'スケッチブック'発売記念インタビューを進めた。
この両チームにそれぞれ、14日ホワイトデーが近づいてくるだけに、
自分たちのアルバムの収録曲のうち、ホワイトデーと似合うおすすめの曲をお願いした。

여자친구 GFRIENDの推薦曲は '화이트'と '물들어요'
(説明略。すみません<(_)>)

2017031401822_2_99_20170314151503.jpg

◆ミヌの推薦曲「Flavor」
Flavor 100% 日本語字幕

100%の最初のミニアルバム「Real 100%」に収録された「Flavor」は、
100%の感性バラードを望んでいたリスナーが好むようなせつない曲で、
メンバー1人1人のせつないボイスと個性的なラップが調和を成している。
ミヌは該当曲を推薦しながら、
「ベタベタすることはありますがホワイトデーだから」という言葉を残し、
これに対しロッキョンは、「ミヌ兄はベタベタしなければ好きじゃない」と石の直球を飛ばして笑いを誘った。


◆ロッキョンの推薦曲「예뻐서 그래」
100%V - 예뻐서 그래

声に重点を置いて結成したユニット「100%V」の最初のシングルアルバムに収録された曲である。
Vは、Voice、Victoryの意味で、100%のメンバーの中で、
ロッキョン、ヒョクジン、ジョンファン、チャンヨンで構成された。
収録曲である「예뻐서 그래」は「彼女がきれいなので、たびたび見つめることになる」という歌詞が印象的な曲で、
はつらつとした歌詞くらい明るいメロディーが、愛がはじまった時のときめく感情をそのまま伝える。
誰かに必ず聞かせたい、また聞きたい告白ソングである。


◆チャニョンの推薦曲「Only U」
백퍼센트(100%) Only U M/V

100%の最初のミニアルバム「Real 100%」に収録された「Only U」は、
軽快なダンス曲で恋に落ちた男の胸のときめきを表現した歌詞が耳をひきつける。
はつらつとしたメロディがアコースティックなギターの旋律とあいまって、誰でも恋に落ちたくなる。」




記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ 
tb: --   cm: --

記事 100%"ボーカル的な長所、他のグループにも認められて"  

[ポップインタビュー①】
100%"ボーカル的な長所、他のグループにも認められて"


グループ100%が4ヶ月ぶりにカムバックした。
2年3ヶ月という長い空白期、ファンたちの待つことを償ってくれるかのように、
あるいは渇きを満たしてくれるとでもするかのように、100%は日本活動を終えるやいなや、
国内カムバックのお知らせをサプライズ発表をして新しいアルバムを公開した。

100%は現在の新曲‘어디 있니’で活動中だ。
昨年10月発表したアルバム‘TIME LEAP’以後、4ヶ月ぶりだ。
当時100%はタイトル曲‘지독하게 (Better Day)’で長い空白期を破って活動を再開したし、
日本に渡っては、ショーケースをはじめとするプロモーション日程を消化してファンたちに会った。
その後の海外日程が終わるやいなや直ちに国内で再び新曲活動をはじめた。
忙しい日程だが、メンバーの顔はこれまで以上に明るかった。

201703051026771948_58bb6dc59b5a8_99_20170305111603.jpg

「今、休む暇もなく活動を続けていますが、それが本当に気持ちいいです。
僕たちは空白期が長かったでしょう。本当に活動したかったです。
このように忙しく動くのが、長い間望んできたことなので、忙しい渦中でも幸せです。
また「어디 있니」初放送以来、歌が良いと言ってくださる方が多くて、本当に気持ちいいです」(ミヌ)

「僕たちがダンス曲をしている中、今回はステージで歌だけなんですよ。
準備する時も、新しい気持ちで準備をしたし、自然に歌に感情を被せなければと思って活動を準備しました。
うまくいったようで気持ちがいいです。」(ジョンファン)

アルバムタイトル「スケッチブック」には、100%が絵の具と筆になって、
愛がはじまる感じと終わる感じをすべて描くという意味を込めた。
また愛する恋人との瞬間を忘れたくなくてスケッチブックに記録しておくという意味も持っている。

特に、タイトル曲「어디 있니(どこにいるの)」は、100%の声を聞かせることに重点を置いた曲だ。
ステージの上でパフォーマンスを最小限に抑え、ひたすらメンバーたちの声に集中するようにした。
「ボーカル金持ちグループ」という修飾語があるほど、
ボーカルのほうに特化されたグループであるだけに、その強みを十分に生かした。

「僕たちはこれまでダンスをしてライブを一緒にお見せしましたが、
今回は歌だけ聞かせて差し上げるステージを準備する必要がありました。
アルバム全体的に歌に神経をたくさん使いました。
僕たちの強みをよく見せしようとするには、耳に集中できることに気を使われなければと思って、
録音も修正を繰り返しながら心血を注ぎました。」(ミヌ)

「歌がとても高音です。
だから、高音部分が持つ訴求力のようなものを、さらに感じられるように気を遣いました。」(ヒョクジン)

「今回はダンスがないので、感情を見せる演技にさらに集中をたくさんしました。」(チャニョン)

100%が挙げた「어디 있니」の「キリングパート」は、
耳がぱっと晴れたさわやかな高音部分と、メンバーの声が持つ魅力が際立つ部分だった。
ヒョクジンは「高音にポイントを合わせようとするなら、最後の前兆になる部分がキリングパートだと思います。
2節では、前兆となって音がより高くなるんですよ」と説明して、
ロッキョンは「僕はミヌ兄の部分が本当によく聞こえます。
兄がぱっと盛り上げてくれて、ステージを集中して見たら本当によく聞こえるんです。」と伝えた。

2017030702636_0.jpg

100%は昨年「지독하게 (Better Day)」でカムバックし、「超高音」と「毒群舞」を打ち出した。
それだけ得意のボーカルラインの高音を存分に誇り、
ファンの耳を完全に虜にする、魅力の強いステージを見せてくれた。
今回の新曲「어디 있니」もメンバーが「朝に歌うのは少しきつかったです」とふざけて言うほど、
とても高い音域で成り立っている。
だから、ファンはボーカルラインのメンバーたちの喉の状態を心配したりもした。

「「TIME LEAP」のアルバム収録曲も高音だったけど、今回の曲はより高音です。
「지독하게 (Better Day)」の歌を初めて聞いた時も「どうしよう」と思ったけど、
熱心に練習をするからライブをする時楽に歌いました。
今でも練習をたくさんして鍛錬になったようです。」(ヒョクジン)

「ドライリハーサルする時、緊張をたくさんして上がります。
リハーサルの時、他のアーティストの方々も待っておられるんですよね。
他の歌手の方々が聞いておられるからさらに緊張します。
お互いに少し競争意識があるから、上手にする姿をお見せしたい気持ちがあります。
前後のチームはインイヤーで聞いているんですよ。
僕たちはボーカルを強みに押すグループなので、その方々にも認められたいのです。

GOT7のジャクソンと知り合いですが「지독하게 (Better Day)」活動時に、
「兄大当たり、超かっこいい」といってくれて良かったです」(ロッキョン)

100%の新しいアルバム「スケッチブック」を最初から最後のトラックまでずっと聞いていると
特異な点を発見することができる。
歌詞とメロディが反転されている曲たちが聞く楽しさを倍増させてくれるという点だ。
タイトル曲「어디 있니(どこにいるの)」だけを見ても、
別れた恋人をしのぶ別れの曲だが、メロディは明るい雰囲気で美しい。
「ある日」は沈んだような雰囲気を醸し出すメロディーが胸が痛い愛の物語を歌うようだが、
歌詞を見ると告白を控えたときめきを話している。
3曲目「夢占い」は、別れを否定する内容であるがメロディーは軽快である。

「盛りだくさんの感じがあるアルバムであり、そのままで聞けば憂鬱なアルバムかと思えるのに、
その中に告白の歌もあり、可愛いところが隠されている曲もあります。
僕たちも歌いながらとても楽しかったアルバムです。」(ミヌ)

「タイトル曲は、別れた恋人をせつなく歌って探す悲しい内容なのに、メロディーは明るくて歌詞は悲しい。
ボーカルの高音のために、さらにせつなく聞こえるのがポイントである曲です。」(チャニョン)

「タイトル曲もいいけど、今回のアルバムは特に収録曲にも神経をとてもたくさん使いました。
録音も修正もたくさんして歌がみな良いです。」(ヒョクジン)

201703061348323396596_20170308141526_01_20170308145711327.jpg

「タイムリープ」のアルバムも同じでしたが「スケッチブック」のアルバムは、
メンバーが自信を持つほど、聞く人々の感性に触れて、耳元にぐるぐるまわる曲で満たされた。
アルバム収録曲の話をして、「ある日」で「特別な休みの日ではないけど、
あなたがする返事によって、多分最も素晴らしい日になるだろう」という部分が特に良かったとほめると、
「僕たちは味気ないと考えました。
「なぜ特別な休みの日を考えながら告白しなければならない?」と思いました。」(ジョンファン)
「僕たちはちょっと自信感のある歌詞だったら良いのに、しきりに子供のように恥ずかしがって、
臆病な男の心情を描いた歌詞じゃないですか。
録音しながら「もっと幼くなる」と笑いました。」(ロッキョン)と愉快に自分の感想を伝えた。

このように「スケッチブック」のアルバムは、
全曲がタイトル曲といってもおかしくないほど良い曲がトラックを満たしている。
その中で「어디 있니(どこにいるの)」がタイトル曲に選ばれた理由は何だろうか。

「インパクトがありました。
1度聞いた時に「어디 있니(どこにいるの)」という歌詞が僕たちに残ったことのようです。
また、僕たちが前に出すことができる強みが高音でボーカルなので、
そのような点をアピールする良い曲だと思いました。」(ロッキョン)

「僕たちは少し壮大な重い曲が好きなようです。
僕たちの家族が「なぜお前たちはみな重くて壮大な曲を好きなんだ?」といいましたよ。」(ヒョクジン)

「僕たちはまだそんなに認知度があるグループではないから、
静かな歌を歌えば、大衆の方々が僕たちを覚えられないようです。
だから、ポイントとなる部分を聞かせてあげられる曲を探すことになることのようです。」(ロッキョン)

「ステージをした時にぴったり爆発する感じがあってこそ、目がいくんですよね。
「어디 있니」を初めて聞いた時、「これタイトルだね」と思いました。
僕たちは、実際に100%を先にお知らせして、歌を聞くようにする認知度はないと考えて、
歌で最初にアピールして、100%を見つけることができるようにするには、
耳にすっぽり入ってくる曲をしなければならないと考えました。」(ミヌ)

②に続く

記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン  ジョンファン  ミヌ 
tb: --   cm: --

記事 100%"先にデビューしたTEENTOP、喪失感が大きかった"  

[ささやかなインタビュー]100%"先にデビューしたTEENTOP、喪失感大きかった"
2017030702636_0.jpg

「画用紙といえるようです。白い画用紙にはどんな色にも染まることができるでしょう。
今回はバラードを持って出てきたように、いくつかの取り組みをして、
いくつかの色をよく消化していると思います。」

100%の色をたずねた質問に、悩んだ末に出した答えだった。

「いろいろな色を消化することができる」という言葉のように、
100%はインタビューの間中ずっと盛りだくさんの魅力で愉快な時間を作ってくれた。
歌を歌う100%を見るのとは明らかに違った楽しみだった。
このインタビューでは、本インタビューですべて入れられなかったささやかなエピソードをここに入れた。

インタビューを回っているが、大変な点はないですか?

「すごく面白いです。 早い時間だから、メンバーが眠たがる感じはありますが、
普通のインタビューをすると、騷いでふざけて笑っているうちに終わっています。」

(インタビューに点数を付けたら?)

「僕たちの100点のようでありますが、
必要とされて差し上げなければならない情報をすべて差し上げながら楽しんでいます。
一緒にインタビューした方々皆ファンになりました。」

- TEENTOP、UP10TIONと比較した場合、事務所内での位置づけは?

「すべてのアーティストの中で、
最も年次が古いアンモナイトと始祖鳥のようなメンバーが2名存在していて、簡単に触れられない感じ?
最初、先にデビューを準備しましたが、後に練習生として来たTEENTOPが先にデビューしました。
喪失感も大きくて大変でしたが、僕たちが事務所に長くなってみたら、
その方々なりに、僕たちを大切にする方法だったようです。
おそるおそるうまく作って出したい気持ちでそうしてくださったようです。
アピールできる部分を会社に話しやすいです。」

(会社で意見をよく聞きいれるほうですか?)

「そんなこともないけど、言われたことはするほうです。」

2017030702636_1.jpg

- お互いに力になったメンバーの言葉がありますか?

「言葉よりは、僕たち同士で旅行に行きました。
「僕たちこれからうまくやっていこう」「一生懸命やってみよう」と
固める旅行に出発したのに、その時お酒を飲みながら、
これからもうまくやっていこうと言った一言が多く届いたようです。」

(旅行で記憶に残るエピソードはありますか?)

「一日一日が面白かったです。元々僕たち本当に笑わせるんですよ。
旅行に行った時は、旅行という気持ちからもっとおもしろいですね。」

- 「リーダー」を任せてもかまわないほど信頼できるメンバーは?

「ありません(笑)
実は僕も、僕はリーダーとして適していないと考えて、お互いに助け合いながら足りない部分を満たしています。」

(悩みがあったとき打ち明ける人は?)

「困難が生じた時、探す分野で違います。
ロッキョンは長い過ごしてきたし、事務所の中での過酷な状況やチームの方向について話をして、
ジョンファンとは何か不満が生じたり、過ごして大変な点を話します。
このようなことから感じる理性的判断、考えが似ています。
賢明ではっきりしている友達にアドバイスを聞くこともあります。
チャニョンはこのような場合、仕事的な部分の他に、ストレスを受けた時に、予想できないエネルギーをくれる友達です。
反転の魅力があって、頼ろうとしなくても「リフレッシュ」させてくれます。
ヒョクジンは僕が見てヒーリングを受ける友達です。末っ子で可愛い性質で、
故郷が慶尚道のほうなので、他の土地から遠くに来た同質感もあります。」(ミヌ)

-メンバーたちと一緒にしたい番組があるなら?

「昔、神話放送のようなリアリティー番組を僕たち同士でしてみたいです。
単独で、メンバー同士でやってみたことないので、1度ぐらいはしてみたいです。
僕たちを無人島のようなところに投げて(?) 過ごすようにして、
カメラだけがぽつんとあって、狩猟もして、ご飯もして、そのような姿を見せたいです。」

-ロールモデルがあるならば?

「デビューの時は東方神起先輩でしたが、これからは僕たちの色を作って、
後輩たちが僕たちをロールモデルにしてくださったらという希望ができました。
そのような素敵な先輩になりたいです。 それほど素敵なことがどこにあるでしょうか。」

2017030702636_2.jpg

-最後に、必ず言いたかったことや、受けたかった質問がありますか?

「言いたいことはここ(100%20問20答)にありました。」↓


-100%知っていくこと(メンバー別 20問20答) 
★これはかなり正確に伝えたかったので、비위쥬 さんに訳を頼みました。後日また貼りますね!★

100%、ミヌ"冷笑的表情、誤解を受けることが多いです"
http://thestar.chosun.com/site/data/html_dir/2017/02/28/2017022801793.html

100%ロッキョン"歌手となったきっかけは? 周りの友達の推薦"
http://thestar.chosun.com/site/data/html_dir/2017/02/28/2017022801839.html

100%ジョンファン"脳がセクシーな方が理想"
http://thestar.chosun.com/site/data/html_dir/2017/02/28/2017022801947.html

100%チャニョン"好きな芸能人がげっぷをしたらどうですか。"
http://thestar.chosun.com/site/data/html_dir/2017/02/28/2017022801955.html

100%ヒョクジン"趣味は歴史の勉強すること"
http://thestar.chosun.com/site/data/html_dir/2017/02/28/2017022801985.html


記事ソース

[edit]

category: ★100%記事

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ 
tb: --   cm: --

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

カレンダー

News!!

翻訳(Translation)번역

YouTube

100%の韓国デビューから

Birthday

100%掲載雑誌

ライブデコレーション📦

Korea

100%CD・グッズ

QRコード

全記事表示リンク