Peachy!!

100%(백퍼센트)の記録♡ For all Perfection

ビルボードライブ「WHITE LOVE」 まとめ  

BL8.jpg

<東京>2017年3月14日(火) 
Billboard Live Tokyo

(東京都港区赤坂9丁目7番4号 東京ミッドタウン ガーデンテラス4F)

昼公演:開演15:00(開場14:00)
夜公演:開演19:00(開場18:00)

★東京 昼公演セットリスト

★東京 夜公演セットリスト


<大阪>2017年3月17日(金) 
Billboard Live Osaka

(大阪市北区梅田2丁目2番22号 ハービスPLAZA ENT B2)

昼公演:開演15:00(開場14:00)
夜公演:開演19:00(開場18:00)

★昼公演セットリスト

★夜公演セットリスト


BL5.jpg

[edit]

category: 170314-17 WHITE LOVE

tb: --   cm: --

170328 【Special】100% スペシャル画像   

100% 日本公式ツイッター
MEDIA情報]
音楽情報サイト「Billboard JAPAN」にて100% Billboard Live時の
インタビューと公演レポートが掲載されました♪
詳しくはこちらから↓

https://100pct.jp/contents/89999

#백퍼센트 #ぺくぽ #100percent


Billboard JAPAN.com‏
【Special】100% スペシャルインタビュー
記事はこちら

top_2017032901510059c.jpg
photo1.jpg
photo2.jpg
photo3.jpg
photo4.jpg
photo5.jpg
present.jpg


Billboard JAPAN.com‏
【News】5人組K-POPグループ100%のホワイトデー・ライブ
【100% PREMIUM LIVE “WHITE LOVE”】をレポート
BL1.jpg
BL2.jpg
BL3.jpg
BL4.jpg
BL5.jpg
BL6.jpg
BL7.jpg
BL8.jpg


[edit]

category: 170314-17 WHITE LOVE

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ 
tb: --   cm: --

170317 ビルボード大阪 昼セットリスト  

一部 セットリスト

1、너와 나 (YOU&ME / ノワナ)


挨拶
HY「いつも大阪に来る時、いつもいつもあたたかくて力強く応援してくださるんですよね。
今日もお願いします。」
MN「向こう側のソファの席、とってもアットホームですね。」
HY「ボスの感じ。」
MN「今日なんか雰囲気があれですよね。会社みたいな感じで。僕たちは踊る新入社員。」
CY「みんなお久しぶりなので、メンバー各自、近況を聞いてみますか」
HY「僕は帰った後、お姉さん、家族に会って、病院に行ったりとか、
買い物をするとか、そういうことをしていました。」
JH「韓国で活動を頑張って、時間が少なかったんですよ。
少しの間のヒマな時間はメンバーたちと練習をしました。」
CY「韓国の音楽番組のスケジュールが終わったら、パーフェクションのことを考えました。
コンサートをとても楽しみにしていました。」
拍手
JH「一緒にゲームをしました。」
MN「僕はみなさんと最後のリリイベが終わって、韓国に帰って、(不明)とても忙しかったです。
ヒマな時間にあちこち美味しいものを食べに行ったりしていました。」
RH「最近すごいバタバタしていて、とても幸せだと思います。
日本パーフェクションの方に会えて、その後に韓国のファンの方にも会えて、
こうやって日本でもコンサートができて、本当に本当にうれしいことだと思います。」

MN「今日あたたかかったですよね。もう春なんですね。女性の方はドキドキしませんか。」
RH「女性の方は春になったらもっと雰囲気に乗っちゃうって言葉があるじゃないですか。」
MN「恋愛したくなりますよね。
僕たちも春になって、こうやってパーフェクションのみなさんとデートしに来ました。
今日僕たちとデートする気持ちで、一緒に楽しんでいただきたいと思います。
みなさんが女性の上司であって、僕たちが新入社員ですね。」

HY「ホワイトデーに、100%がくる~~~」
MN「そんなのは、前もって相談してくださいね(笑)
もう一度やるの?近づいてきて頼んでるけど、やるんじゃないよね?」

MN「東京でも言ったことがありますが、
僕たちが踊って歌う時にみなさんも楽しむ方法があります。
みなさんやりますか?腕をたくさん使ってください。」

너와 나 (You&me / ノワナ)に合わせてフリースタイルで踊るミヌさん

MN「たくさん踊ってストレス解消をしていってください!」


2、지독하게 (Better Day)

3、나쁜 놈 (BADBOY)

4、SNOW


HY「今聞いていただいた曲は、지독하게とデビュー曲나쁜 놈です。
最後の曲は、、日本のデビューシングルの収録曲SNOWです。」 ←日本語

MN「デビュー曲は毎回歌うたびに、胸がいっぱいになる気がします。気合いがちゃんと入ってて」

CY「僕はSNOWを聞いた時に、涙が出そうになりました。
パーフェクションの前でSNOWを歌ったら、感情を入れるのがもっとうまくなったと思います。」

MN「会場が席がつまってるので雰囲気がとてもいいと思います。」

(テーブルの食べ物や飲み物チェック
コーラ飲みたい、ウィスキー、日本酒、ビール。僕たちもください)
CY「仕事中だよ?」
MN「ノンアルコールください」

ノンアルコール100%カクテル登場!大喜びのメンバー
MN「アルコールありますか?ないってー」

MN「今日のためにつくった、オリジナルの飲み物らしいです。美味しいですか?」

MN「きれいなパーフェクションたちと100%の愛のために、乾杯!!」

RH「ストローが2本なんですね。カップル!?」

メンバー2人がカップル飲み

JH「今ちょっと酔っぱらいそう」

MN「みなさんと僕たちが飲んだり食べながらコンサートをするのが独特な気がしますね」

(ジョンファン一気飲み)

CY「次の曲に行きたいと思います」

(みんな焦って一気飲み)


5、Sweet Memories

6、WHY

7、예뻐서 그래(Cause You're Beautiful)

一度退場
映像メッセージ

8、ヒョクジンソロ ONE OK ROCK「Wherever you are」カバー
原曲 https://www.youtube.com/watch?v=V2Y-kLtNWUY

9、ロッキョンソロ back number - 「ハッピーエンド」カバー
原曲 https://www.youtube.com/watch?v=hzWDXge2ANM

10、全員 EXILE「Lovers Again」カバー
原曲 https://www.youtube.com/watch?v=XkhhAv5y5wk


ソロの感想
MN「僕はロッキョンの歌を聴くたびに胸がドキドキします。
僕たち、何年くらいだっけ?13年?
ロッキョンがすごいちっちゃい頃から知ってるんですけど、
その頃からロッキョンは歌が上手でした。ロッキョンの歌を聴いてきましたが、感動でした。」
CY「みんなで歌う曲も候補曲がたくさんありました。
この曲が流れた瞬間に、僕たちこれやりますと言いました。」

MN「座って楽しむ方法を覚えていますか?これからやります。
たくさん遊んだらいいんです。How to cryのかけ声を覚えていますか?」
練習


11、How to cry

12、エターナル

(一部二部ともに、ミヌさんがヒョクジンの口にキス)
「愛してる・・・君だけだ・・・」


MN「みなさん楽しいですか?暑いですね。みなさん一生懸命楽しんでて」
HJ「キラキラ可愛いです。」
CY「これがコンサートの後半だって」
HJ「時間が早いね」 ←日本語
CY「時間を巻き戻しますか?TIME LEAPしたいです。」
MN「スペシャルステージをご用意しました。僕たちの告白ソングを聴いてください。」

RHとCYが、ピアノの連弾で「ダイアナ」演奏


13、니가 예쁘다(U beauty)アコースティックVer

一時退場 スクリーン映像

14、어디 있니(どこにいるの)

MN「今の曲は、今回の韓国のタイトル曲어디 있니(どこにいるの)でした。」
MN「今回の韓国の新しいアルバムの紹介をお願いします。」 ←日本語!

CY「今回のミニアルバムのタイトルはスケッチブックです。
スケッチブックは愛する彼女のことを忘れないため、
常に愛しく思いながらスケッチブックに描くという意味です。」 ←日本語

拍手

JH「そして、スケッチユーは、僕たちのトレードマークの高音で、
せつなく別れた恋人に呼びかけるような悲しい歌です。
어디 있니どうでしたか?」」 ←日本語

拍手

CY「終わりが近づいてくる感じがして残念ですね。
僕たちがこれから日本語勉強をたくさん、もっともっと頑張ります。」 ←日本語

MN「頑張ります!次の曲はみなさんと僕たちと好きな曲です。너라서」


15、너라서 (君だから・ノラソ)

16、어제의 나를 만나다(昨日の私に会う)



MN「もう2曲しか残ってないね。
(略)
東京とテーブルの状態もちょっと違いますよね。
東京も一部は飲み物だけだったのに、二部は当然チキンやピザが出てて・・」
僕たち公演おわって会食をしてたんですけど、うちの社長がここに出てた食べ物を全部買ってくれました!」

CY「最後だから公演の感想を1人ずつ言ってみます。僕から先にいいます。
大阪でコンサートができて本当にうれしいです。
二部も楽しいコンサートがつくれるようにがんばります。」

HJ「東京に続けて、大阪でもコンサートができてとてもうれしいと思います。
大阪!本当に反応が良くて!二部も楽しみにしていてください。力をください!」

MN「こんなコンサート、めったにないですよね?
本当に今後、記憶に残りそうです。
みなさんの記憶の中にもこんなステージがあったなということが残って欲しいです。ありがとう」

RH「いつも感想を言う時はとても残念だと思います。
これからも今後会う日がたくさんあります。
時間を可愛くてきれいな思い出として残るようにみんながんばりましょう!」

JH「コンサート中にお酒を飲んで、なんか新しいです。
近くで公演することがドキドキです。今日本当に楽しかったです。」

MN「次の曲はアルバムの収録曲어느 날(ある日)と、
今日の公演の雰囲気に似合う나 같은 놈(Guy like me)です。


17、어느 날(ONE DAY/ある日)

18、나 같은 놈(Guy like me)


退場・アンコール

19、해몽(夢占い)
会場中を全員が歩いてハイタッチ

20、Only U
会場中を全員が歩いてハイタッチ

MN「楽しかったですか。ありがとうございます!100%でした!」


※トークはだいたいの概要です。雰囲気でお願いいたします。
※転載・SNSへの持ち出し禁止でお願いいたします<(_)>

[edit]

category: 170314-17 WHITE LOVE

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ 
tb: --   cm: --

170317 ビルボード大阪 夜セットリスト  

夜 セットリスト

1、너와 나 (YOU&ME / ノワナ)

「こんにちは!100%です!」
MN「大阪大阪大阪大阪!」
HY「こんばんは!ボーカルヒョクジンです。もっともっと!!!YEAH」
JH「ボーカル、ジョンファンです。」
CY「こんにちは!拍手を担当しているチャニョンです。拍手~!!!」
MN「どうも。ブルゾン ミヌです。あなた、その彼氏で大丈夫?
地球上に男が何人いると思ってるの?45億。あと5千万。 35億・・・」会場爆笑
RH「こんにちは!ボーカルロッキョンです。」
CY「これをずっと練習していました!」
HY「一部も来られた方いらっしゃいますか?おー」
CY「一部公演で印象的だったことや残念だったことなど」
ミヌ「大阪だから雰囲気がもっと熱い感じがします。
僕たちにもその熱さが伝わってきて印象的でした。」
HJ「ソロが1番いいです。」
CY「僕は自分の体が壊れるくらいに踊ろうと思ったけど、まだ壊れてないんです。
二部でこれから壊します。」
MN「僕が壊してあげるよ?」
JH「僕が印象的だったのが、乾杯。残念だったところがノンアルコール」
RH「僕は全部いいと思います。
だめだったところといいますと、二部がコンサートの最後の公演じゃないですか。
さらにもっと燃やしたいと思います。」
MN「OKOK! 35億・・・」
CY「スペシャルコンサートを準備しました。
カッコいいコンサートを用意していますので、たくさん期待してください。」
HJ「(メンバーに)一緒にやってくださいね! ホワイトデーに100%がくる~~~」

지독하게の紹介(How to cryの紹介をして失敗)


2、지독하게 (Better Day)

3、나쁜 놈 (BADBOY)

4、SNOW


CY「今聞いていただいた曲は、지독하게 (Better Day)と나쁜 놈 (BADBOY)、SNOWでした。
지독하게 (Better Day)と나쁜 놈 (BADBOY)を続けてやると大変ですよね。
MN「去年の日本のプロモーションが終わった時に久しぶりに歌った曲ですよね。」
CY「僕たちの曲は、1曲も抜かさず全部名曲だと思います。」
HJ「当たり前だよ!」
CY「今日、会場の雰囲気がとてもいいですね。なんか飲んでますか?ワイン!ワイン!」
JH「美味しいですか?」
MN「35億・・・」
CY「いろんなお酒がありますね。僕たちも少し飲みたいと思います。」

ノンアルコール100%カクテル登場
(少しでも多いドリンクを選ぶミヌと一気に飲むジョンファン)

RH「一部は僕たちのために乾杯したんですね。
二部は来てくださったみなさんのために乾杯しましょう。
パーフェクションのためにと言ったら乾杯するんですよ。パーフェクションのために!!乾杯!」

みんなで乾杯!

MN「いいね~」
CY「美味しい!甘いですね!これを早く飲んで次の曲に行きますか。」
HY「次の曲はなんですか?」
MN「日本でのデビューアルバムの収録曲です。
まだ全部飲んでないのでキープしてください。」
HY「後で全部飲みます。」


5、Sweet Memories

6、WHY

7、예뻐서 그래(Cause You're Beautiful)

一度退場
映像メッセージ

8、ヒョクジンソロ ONE OK ROCK「Wherever you are」カバー
原曲 https://www.youtube.com/watch?v=V2Y-kLtNWUY

9、ロッキョンソロ back number - 「ハッピーエンド」カバー
原曲 https://www.youtube.com/watch?v=hzWDXge2ANM

10、全員 EXILE「Lovers Again」カバー
原曲 https://www.youtube.com/watch?v=XkhhAv5y5wk

HY「胸が痛い~」
MN「大丈夫でしたか?ロッキョンは日本語うまかったですよね。」
CY「さすがロッキョン!」
MN「最近何日間のどの調子が良くなかったので・・(不明)」
HJ「さすがロッキョン!拍手~!」

MN「ロッキョンとヒョクジンとソロのエピソードを教えてください。」
HJ「前回のリリースイベントでファンのみなさんと約束したんです。
wherever you areを必ず聞かせてあげますと。守りました!」
RH「You-Tubeでこの曲の動画を初めて見ました。
韓国のストーリリミングサイトにも出てるんですよ。
ずっと聞いてて好きになって、この曲を必ず歌いたいと思いました。
CMソングですよね?」
MN「同じメンバーだから、ソロ曲とのステージとか1番近くで見られるんですよね。
とても光栄だと思います。」
HJ「この曲を選曲した理由も教えてください。」
CY「いろんな候補曲がありました。この曲を聞いた瞬間、僕たち決めました。これだ!
どうでしたか?」
MN「今までの静かな雰囲気を変えてみたいと思います。どう変えましょうか?」
JH「今まで静かな曲をやったから、動かなければいけません。かけ声の練習をしたいと思います。」
JH「TELL ME CRY」
客席「CRY!!」
MN「35億・・・」

HJ「次の曲はHow to cryです。How to cryは好きな女性と別れた男性の悲しい感情を込めた、
強いビートのカッコいいダンス曲です。」 ←すべて日本語
(拍手!)


11、How to cry

12、エターナル

(一部二部ともに、ミヌさんがヒョクジンの口にキス)
「35億・・・」

MN「パーフェクションが僕たちに染まっていくね。全部真似しますよね。」
HJ「今日からエターナルがこわいんだ!」 →日本語
MN「みんなで一緒に遊ぶ曲にしましょう!」
CY「エターナルをしながら頭から汗が出てきて。」
RH「エアロビクスかと思った。」
MN「パーフェクションも一緒に踊らないといけないからね。すごいおもしろいと思います」

CY「全員でピアノソロ曲をしましょう」
HJ 適当に
JH FALLING SLOWLYの「Once」、上手‼
MN とても上手でした!!!
CY かなり上手でした!! 
RH もちろん上手でした‼


13、니가 예쁘다(U beauty)アコースティックVer

一時退場 スクリーン映像

14、어디 있니(どこにいるの)

MN「今の曲は、今回の韓国のタイトル曲어디 있니(どこにいるの)です。
今回のアルバムの紹介をお願いします。」 ←すべて日本語!

CY「今回のミニアルバムのタイトルはスケッチブックです。
スケッチブックは愛する彼女のことを忘れないため、
常に愛しく思いながらスケッチブックに描くという意味です。」 ←すべて日本語

JH「そして、さっき歌った歌はスケッチユーです。
スケッチユーは僕たちのトレードマークの高音で、
せつなく別れた恋人に呼びかけるような悲しい歌です。」」 ←すべて日本語

日本語の進行に大拍手!

CY「オオオオオディンニ、(どもって会場爆笑) 
みなさんいかがでしたか?よかったね。」 ←すべて日本語

すべて日本語の進行に拍手!

CY「なにか活動中のエピソード何があったっけ」
RH「MVでミヌ兄さんが主人公じゃないですか。」
MN「すごいみんながからかうんですよ。来る直前にキスシーンをとりました。
僕が先に撮影していて、後からメンバーが来たら、普通お疲れ様って言うじゃないですか。
そしたら、「キスした?って!?キスキスキス!!」」
CY「男だからね!」
MN「ロッキョンもキスキスキスって!ノリノリで!」
RH「僕はキスの強さを聞きました。」
CY「見てないからね。」
MN「MVではすごい弱い部分がうつっています。ちょっと強めでしたよね。」
客席「えーーーーー!」
HJ「NGも出ましたか?」
MN「1回で成功させたよ。NGが必要だったら出しましたよ。
でもすごい長い撮影でしたので、NGがいらなかったんです。
監督がOKを言ってくれないんですよ。
キスが長すぎたから、女優さんとくちびるを少し離して、いつまでと言ったら、
女優さんが「もうちょっとしましょう。」って。
客席「えーーーーー!!」
CY「ここまでです!!」
RH「そんな話をしようとしたんじゃないんです!
すごい泣くシーンがあるからそれを言いたかったんです」
MN「うそつけ!」

CY「次の曲は、みなさんも好きで、僕たちも好きな曲です。너라서 (君だから)です。」


15、너라서 (君だから・ノラソ)

16、어제의 나를 만나다(昨日の私に会う)


RH「ロキです。」
CY「1人ずつ言ってみますか。」

HJ「本当に本当に感謝しています。今日が最終公演なので、すごい残念です。
先ほど歌った歌の歌詞が、歌いながら感じたんですが、
パーフェクションに言いたいことだと思いました。
たくさんお休みもありましたし、
それでもただ一つ、力になるのはあなたの記憶という歌詞なので、
こうやって応援してくれるパーフェクションのみなさまにすごい感謝しています。
明日も笑顔で会いましょう。ありがとうございます。」

※その歌詞は、 
단 하나 힘이 되는 건 너의 기억
ただひとつ 力になるのは あなたの記憶
(어제의 나를 만나다(昨日の私に会う))


CY「こうやってあたたかくはないですが、
春の1日を僕たちと過ごしていただいてありがとうございます。
最初に体が壊れるようにがんばりますって言ったじゃないですか。
壊れています。ちょっとだけたたかれたら・・
「ここでくたばるわけにはいかないんだ!!」物真似
ここでくたばるわけないはいかないんだ・・ ありがとうございます。」

JH「今日も本当に楽しかったです。
これからももっと頑張るから、愛してください!」 ←日本語

RH「今日楽しく最後までつきあってくださってありがとうございます。
・・・
考えたことがあったんですけど、言おうとしたら忘れちゃった。。
近くでパーフェクションのみなさんとコミュニケーションをとれるようなステージがまたやりたいです。
ただみんなパーフェクションが大好きです。」

MN「さっき歌う時に涙が出そうになったんですけど、
プロモーションの時に、나 같은 놈(Guy like me)を歌いながら、涙を流したことがありましたね。
その時の感情は、韓国や日本でもたくさんのお休みの期間がありましたので、
みなさん僕たちのことを忘れてないかなと、心配や不安を抱いていたんですね。
そこに集まってくださって、応援してくださるみなさんを見て、本当に涙が出そうになりました。
今日もこんなに貴重なコンサート場でみなさん来ていただいて、一緒にコンサートをやったじゃないですか。
とても幸せで完璧な1日だったと思います。本当にどうもありがとうございます。
これからも、パーフェクションと僕たち100%、幸せなことがたくさんあって欲しいです。」

HY「まだ終わりじゃないです。」
JH「次の曲は、今回のアルバムの収録曲어느 날(Oneday)と퇴근길(Missing you)です。」
MN「Missing you・・・(35億の言い方で)」


17、어느 날(ある日)

18、퇴근길(Missing you)


退場・アンコール

19、해몽(夢占い)
会場中を全員が歩いてハイタッチ

20、Only U
会場中を全員が歩いてハイタッチ

MN「みなさんありがとう!100%でした!」


※日本語でのトークが多く、すごく勉強したのが伝わるライブでした!
※トークはだいたいの概要です。雰囲気でお願いいたします。
※転載・SNSへの持ち出し禁止です<(_)>

[edit]

category: 170314-17 WHITE LOVE

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ 
tb: --   cm: --

100% Billboard Liveスペシャルインタビュー  

2016年10月6日に日本公式サイトをオープンし、2017年1月25日には日本デビューシングル 『How to cry』をリリース。日本での活動を本格的にスタートした韓国の5人組ボーイズグループ“100%”。ミヌ、ロクヒョン、ジョンファン、チャンヨン、ヒョクジンからなるこのグループは、高音まで歌いこなせる確かな歌唱力とピタりとハマるダンスパフォーマンス、そしてグループの絆の強さで日本での人気を急上昇させている。今回は、3月14日にBillboard Live Tokyoで行われたプレミアムライブに合わせて全員にインタビューを敢行。日本デビューを果たした、いまの気持ちや今後の目標までリラックスした雰囲気の中、話を聞くことができた。


ライブがないと寂しい感じがします

−−1月25日にシングル『How to Cry』でついに日本デビューとなりましたが、その反応はいかがでしょうか?

チャンヨン:とてもいい反応をもらえました!
ミヌ:僕たちが予想したより大きな反響があって僕たちも驚いています!約2年という長い充電期間があって、みなさんが僕たちのことを忘れていないかなという不安を抱えてのカムバックだったんですけれど、日本でも韓国でも僕たちのことを覚えてくれている方がたくさんいてくれて本当に嬉しいです!



−−今日はそんなファンの方たちに会えてどうでした?
※インタビューは3月14日に実施

ヒョクジン:今日の会場は、ファンのみなさんととても近いので、逆に僕が恥ずかしくなるかなって思いましたが、一緒にステージに立っているような感覚になって。とてもいいライブになったと思います!
ジョンファン:今日のライブは、コンセプトもいつもと違ったのでそれも新鮮でした。
ミヌ:今日はみなさんとデートをしている気分でした!ひとりひとりとアイコンタクトをすることができたので、まるで全員が彼女になったみたい(笑)
ジョンファン:浮気者です!(笑)
一同:笑

−−まあそれは冗談だとして(笑)日本のファンの反応って韓国と違いますか??

ミヌ:やはり違いますね。韓国は「キャー!!!」という感じで、日本は見つめるようにじっくり楽しんでくれているような感じ。
ロクヒョン:どちらの反応もとても嬉しいです!
一同:うん、うん。嬉しいね!

−−よく「日本人はシャイ」って言われているんです。

ミヌ:リリースがある度にイベントを行っているんですけど、そこで掛け声の練習をしています。日本のファンのみなさんもその練習を通してどんどん熱くなってくれていると感じています!
ジョンファン:ミヌさんが応援隊長で盛り上げています!

−−イベントではライブを行うことも多いと思いますが、“100%のライブはここに注目してほしい!”というポイントはどこでしょうか?

ヒョクジン:僕たちのライブパフォーマンスはとても安定していると思います。それと、かっこいいパフォーマンスがある曲もありますが、みなさんの心を動かせるようなバラードなどいろいろな曲を持っています。それをしっかりと表現できるのが魅力だと思っています。
ミヌ:僕たちは、レコーディングをしてCDを出して終わりじゃなくて、それをライブで聞いてもらうときに、どうすればもっとみなさんが喜んでもらえるかをずっと考えていています。パフォーマンスの質を常に上げて、それをライブで発揮できるのが自分たちの強みだと思います。

−−では、みなさんはライブが好き?

一同:もちろん!
チャンヨン:とにかく生で見てもらいたいです。ライブがないと寂しい感じがします。

−−もはやライブはライフワークですね。パフォーマンスに自信を持っているのがとても伝わってきます。日本にはこれまでどれくらい来ているんでしょうか?

ジョンファン:もう数えきれないくらいは来ています。クリスマスコンサートを日本でやったこともありますね。

−−では日本の印象を教えてください。

ミヌ:美味しいものがたくさん!(笑)
ヒョクジン:日本の食べ物ってお腹いっぱいでももっと食べたくなるくらい美味しい!だから太るんです。来るたびに太る(笑)
ジョンファン:国が近いこともあって、無理しなくても過ごしやすいアットホームな感じがします。
チャンヨン:温かく迎えてもらえるので自分の家みたいに感じますね。
ロクヒョン:韓国と近いので親近感がとてもあります。あと、小さくて可愛いものがたくさんあるイメージですね(笑)ぬいぐるみとかアニメグッズとかインテリアとか。ずっと「行きたい」と思える場所です。それとライブ文化が発展しているなと感じます。韓国と比べて、会場だったり音響だったりが良いのでいろいろなことができていいなとも思いますね。

−−韓国はライブ会場があまりないんですか??

ミヌ:会場自体は少なくないと思うんですが、1アーティストに対して各会場年に1~2回しか使えないんです。それに比べると日本はたくさんライブできるのでいい文化だなと思います。

−−韓国と日本以外でもライブしたいですか?

ミヌ:チャンスがあればワールドツアーをしたい!
一同:したい!したい!

−−最近の韓国の音楽シーンは何が流行っているんでしょう?

ヒョクジン:最近は新しいガールズグループがたくさん出てきています。
ミヌ:昔から韓国の音楽シーンはアイドルグループの比重が大きいんです。けど最近少し変わったのは、アイドルはそのまま強いんですけど、インディーズシーンがじわじわと人気になっています。
ロクヒョン:アイドルやロック以外にも変わったジャンルのアーティストが出てきていますね。韓国は音源の販売よりもストリーミングサービスの方が主流になっているんですけど、そこの1位にあがってくるようなインディーズアーティストが出てくる、そんな流れがあります。

−−なるほど、インディーズシーンが盛り上がってきているんですね。ちなみに好きな日本のアーティストっていますか?

ヒョクジン:ONE OK ROCKさんはほんとにかっこいい!イケメンだし声もいいし、大好きです!
ロクヒョン:初めて聞いた日本人アーティストは中島美嘉さん。中島さんの曲をたくさん聞いてJ-POPを好きになりました。あとレミオロメンさんの「粉雪」の動画を見たときは、本当に悲しい気持ちになりました。同じ男から見ても歌っている姿がとてもかっこいいですね。
ミヌ:僕は宇多田ヒカルさん。初めて見た日本のドラマ『魔女の条件』の主題歌になっていたのでそこから好きになりましたし、日本のドラマも見るようになりました。
ジョンファン:EXILEさんがかっこいいです!歌もダンスも本当にいいですね。
チャンヨン:僕はケツメイシさんです。「さくら」を聞いてとてもかっこいいなと思いました!

−−みなさんが日本のアーティストに興味を持ってくれていて嬉しいです。では、日本で今後どのような活動をしていきたいですか?

ミヌ:ライブの時にいつも言っていることなんですが、いつかは東京ドームで!その時にやってみたいことがあって、「アーリーナー!!」って叫びたいです(笑)
一同:笑
ミヌ:「1階も2階も盛り上がっているー!?」ってこれも言いたいです(笑)
一同:笑
ミヌ:浜崎あゆみさんのライブ映像を見て、僕もやりたいって思いました!
ロクヒョン:ファンの方たちにたくさん会いたいというのもあるんですけど、僕たちはライブに力を入れて活動しているので、みなさんから僕たちの歌やダンスに対する期待は大きいと思っています。だから、みなさんにもっともっといいライブを届けるために、たくさんライブをやっていきたいです。

−−場数を踏んでライブパフォーマンスを上げていきたいということですね。これまで日本で行った場所は?

チャンヨン:東京、大阪、名古屋、福岡ですね。

−−今後、他に行ってみたいところはありますか?

ロクヒョン:沖縄!前から行きたい思っていたんですけど、せっかく日本で活動していくので沖縄にも行ってみたいです(笑)
ミヌ:僕も沖縄に行けるのを夢見ています!あと“ドン・キホーテ”が大好きなので、日本全国の店舗に行きたい(笑)品揃えがお店によって違うんです!
一同:笑

−−では最後に、100%はグループとしてどんな目標を持って活動をしていきますか?

ミヌ:僕たちは、順位などの成績にこだわるよりは、世界各地の方に100%の魅力を知ってもらうために、いろいろなところでライブをしたいですね。世界で通用するように、歌やダンスなどのパフォーマンスをこれからもどんどん上げていきます!



記事ソース
掲載期間 3/28(火)~4/10(月)

[edit]

category: 170314-17 WHITE LOVE

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ 
tb: --   cm: --

記事 100%、日本ビルボードライブのステージにあがり...「身に余る光栄」  

100%、日本ビルボードライブのステージにあがり...「身に余る光栄」
2017031502393_0_201703152246566ed.jpg

100%が日本'ビルボードライブ'のステージに上がった。

去る14日、100%は、100%PREMIUM LIVE"WHITE LOVE"'公演を盛況のうちに開催した。
同日、100%はBANG the BUSHの収録曲'너와 나(YOU&ME / ノワナ)'でステージに登場して、
激しいパフォーマンスの'심장이 뛴다(BEAT)'と'지독하게 (Better Day)'で雰囲気を熱くさせた。
さらに、100%の様々な感性を感じられる'SKETCHBOOK'のタイトル曲'어디 있니(どこにいるの)'で、
超絶頂高音を贈り、日本デビュー曲'How to cry'と日本デビューアルバムの収録曲を披露した。

また、100%の甘美な声をより集中して聞くことができる、
'니가 예쁘다(U beauty)'アコースティック・バージョンのステージで大きな反響を得た。
単独コンサート会場の雰囲気で楽しい時間を披露した100%は、
合計20曲の歌にも崩れない、しっかりとしたボーカルを披露し、東京公演を盛況のうちに終えた。

2017031502393_1.jpg

ステージで公演を終えた100%は
「僕たちが有名なビルボードライブのステージで公演をすることになって身に余るとても光栄です。
僕たちの歌を聞いて帰って家でも100%の歌をずっと思い出してもらいたいです」と感想を伝えた。

100%がステージを行った'ビルボードライブ'は、100年以上の歴史を持っている、
世界で最も信頼される音楽ブランドであるビルボードが厳選した世界的なミュージシャンと
日本のトップクラスの有名アーティストが訪れ、日本のアーティストでは倖田來未、大塚愛、
Crystal Kayなどがステージに立っており、5月にはボアのツアーも予定されている。

一方、100%は先月25日に発売した、日本デビューシングル'How to cry'で、
日本最大のレコード会社のタワーレコード渋谷店、デイリー、総合チャート1位、
また、関ジャニ8、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEなど、日本の有名歌手たちと一緒に順位圏に進入し、
日本初のデビュー後、オリコンデイリーチャート7位という良い成績を示している。

来たる17日には、大阪ビルボードライブで開催される'100%PREMIUM LIVE"WHITE LOVE"'公演を控えている。

2017031502393_2.jpg
2017031502393_3.jpg


記事ソース

記事内容ほぼ同一、写真同一分
記事ソース
記事ソース
記事ソース

[edit]

category: 170314-17 WHITE LOVE

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ 
tb: --   cm: --

170314 ビルボード東京 夜セットリスト   

<東京>2017年3月14日(火) Billboard Live Tokyo
昼公演:開演15:00(開場14:00)
夜公演:開演19:00(開場18:00)



二部 セットリスト

1、너와 나 (YOU&ME / ノワナ)


挨拶
MN「二部のコンサートが初めての方もいらっしゃると思うので、
韓国の活動を終えて日本ではじめてのスケジュールじゃないですか。
どのように過ごしていたか近況を話したいと思います。」
RH「活動が終わってすぐ僕の誕生日でしたよね。
ミヌさんが家に1人でいるらしくて、外に出ようとなって。その日記憶がないですよね。」
RH「僕は記憶がとんだら家に帰るみたいです。」
MN「その日は僕の家に泊まることになってたんですけど、
朝起きたら、家に1人で起きて、ロッキョンに電話をしたら
「どうして僕は家なの?」
2人の記憶がなかったです。すごく楽しく遊びました。」

JH「僕は・・・ 二部のちょっと美味しい匂いが・・・ チキンが・・ 美味しいですか?」
RH「みなさんビールを飲んでましたよね。一部よりもっと明るいですね。」
JH「活動でスケジュールをこなすのが忙しかったですね。その間にちょっとゲームをしました・・」
HJ「僕は近くに姉のうちがあるのでみなさんに会って、
病院とか、スケジュールで行けなかったところにたくさん行きました」
CY「僕は어디 있니(どこにいるの)の音楽番組のモニターをしました。
家でもモニターしました。」

MN「もう春ですよね。春を迎えて、ホワイトラブというコンサートでみなさんに会えてうれしいです」

今日は何の日?あめもらいましたか?誰に?
お父さんですか?
彼氏いますか?
会社の同期?
あめもらった方いますか?
みなさん彼氏いないですね!
彼氏いる人~?
みなさんと一緒にデートしようと思って今日の公演を受理しました。
あめもらってないですよね?

一部やってみて、会場の雰囲気が独特なので、踊りながらみなさんとアイコンタクトをしてて、
彼女の前で踊ってるような気分になりますよね。」
RK「告白をしようと思ってステージにあがった気分ですよね。」
HJ「好きです!」
MN「みなさんのまなざしがとても・・
みなさん僕たち100%とデートするつもりで、このコンサートを楽しんでくださいね」
JH「僕は・・チキンが人気ですね」
爆笑
JH「仕事中だから」
MN「今日みなさん座って美味しいものを食べているじゃないですか。
だから、ステージを見ながら一緒に踊って楽しむんですよ、みなさん
二部が初めての方もおられるようなので、僕が説明します。
座って踊ることはとても慣れてる人じゃないと難しいです。
体を全身動かすんじゃなくて・・腕をたくさん使って・・  歌ってください」
(デモ)
MN「どれだけ楽しむか僕が見守るから」
HJ「ホワイトデーに100%がくる~~」


2、지독하게 (Better Day)

3、심장이 뛴다(BEAT)

4、SNOW



MN「先ほど聞いていただいた曲は「지독하게 (Better Day)」「심장이 뛴다(BEAT)」「SNOW」です。」
CY「もともと、ステージでは他のことは考えないんですけど、
僕、SNOWを歌いながら少し他のことを考えていたんですね。ああチキンが・・」
HY「僕、歌がうまかったら一口くれますか?」
MN「ピザ食べたんじゃないの?」
JH「これはチキンです」
MN「チキンがいつも一番です・・」

HJ「SNOWはいつ歌ってもいい曲だと思います。そうですよね?」
RH「「(客席をみて)元気ですか。セーラームーンだね!変身!
セーラームーンは返信が1番大事です。変身!」
JH「ほんとにかわいい」
MN「ほんとに。セーラームーンをしてますが、次の曲はSweet Memorisですよね。
僕は次の曲のためにあまり話さなかったんです。」
JH「チキンとセーラームーン見ますよね。


5、Sweet Memories

6、WHY

7、예뻐서 그래(Cause You're Beautiful)

一度退場
映像メッセージ

8、ヒョクジンソロ ONE OK ROCK「Wherever you are」カバー
原曲 https://www.youtube.com/watch?v=V2Y-kLtNWUY

9、ロッキョンソロ back number - 「ハッピーエンド」カバー
原曲 https://www.youtube.com/watch?v=hzWDXge2ANM

10、全員 EXILE「Lovers Again」カバー
原曲 https://www.youtube.com/watch?v=XkhhAv5y5wk


MN「ロッキョン、なに考えてたんですか?」
RH「タイミングを逃しました」
MN「びっくりしましたよ。」
ソロの感想

MN「みなさん大阪のステージもハンパないと思います。来ないと後悔するよ?」
RH「大阪もこういう会場ですよね?
僕が選曲した歌が・・ これはCMソングですよね?」
JH「あまり有名じゃないのかな?」
MN「どんなCMなのか思い出さない」
RH「悲しそうな女性が写真が・・」
MN「それを見て気に入ったんですか?」
RH「それを気に入ったから選曲したんですね。そのシーンがとても良かったです」
HJ「僕はリリースイベントでファンの方と約束をしました。約束を守りましたよ」

JH「僕たち今までEXILEの曲をたくさんカバーしてきましたよね。」
MN「EXILEさんはとてもカッコいいパフォーマンスの曲もたくさんあるんですけど、
こんな悲しいバラード、いい曲がたくさんあるので、
僕たちもそれを見習っていけるじゃないかと思います。
・・みなさん食欲がないですね?」
CY「おめしあがりください!」
MN「食べてる姿がとてもかわいいです。こういうチャンスはあまりないですよ、みなさん。
みなさんと僕たちが一緒にいる時に美味しいものがあれば。今召し上がってください」
食べ物がたくさん残っていますよね。踊りながら、食べられる気がします。」

How to cryのかけ声練習


11、How to cry

12、エターナル



MN「コンサートの後半らしいですよ」
JH「ロッキョンさんのピアノソロがあります。」
MN「みなさんへのプロポーズソングと思って聞いていただければ・・」


13、니가 예쁘다(U beauty)アコースティックVer

一時退場 スクリーン映像

14、어디 있니(どこにいるの)

うわー夜景がきれいですよー
MN「わー本当にビルボードライブという会場でライブができてとても光栄です。
みなさんとこんなきれいな夜景を一緒に見れてうれしいです。」
CY「写真とりたいね」

先ほどの曲はなんですか?
CY「今回のミニアルバムのタイトルはスケッチブックです。
スケッチブックは愛する彼女のことをわわわ忘れないため、
常に愛しく思いながらスケッチブックに描くという意味です。」 ←日本語

拍手

JH「そして、聴いていただいた歌はSketchUです。
SketchUは、僕たちのトレードマークの爽快なトーンで、
せつなく別れた恋人に呼びかけるような悲しい歌です。」 ←日本語
MN「「みなさんSketchUどうでしたか?僕たちもこの曲はすごいお気に入りです。」
今雪が降ってますね?
雪!雪!照明があたって・・・
雨だって、すみません! きれいだね!


15、너라서 (君だから・ノラソ)

16、어제의 나를 만나다(昨日の私に会う)




HJ「この曲を歌うたびにすごく集中できて
CY「どうでしたか?」
HY「ごめんね~♪」 ←日本語
JH「ごめんなさい~♪」
MN「みなさん、あと2曲しか残ってないですね」
MN「いやですか? 僕もいやです」
RH「時間が過ぎるのが早いですね。」
MN「今日はとてもきれいな日ですね。」
CY「ホワイトデーに夜景がみえるところで、雨もふって、ステージが過ぎていきます」
MN「雨が降ってちょっと嫌いですけど、今日は好きです。
コンサートに来てくださったパーフェクションのみなさんありがとうございます。
これからもがんばってみなさんにいい姿をお見せします」
JH「ホワイトデーに、僕が感じたことをいいます。
ホワイトデーにパーフェクションのみなさんと夜景を見ていて、自分がとても不思議です。
運がいいです。こういうコンサートをたくさんしたいです。ありがとうございます」
MN「1日に2回コンサートをしたら疲れると思うんですけど、全然疲れてないんです。」
JH「今日はダンスが・・・・・ 残念ですね」
MN「僕たちを今座って見てるじゃないですか。
僕たちアットホームな感じで公演をやっていて、いい感じにステージを作れたかと思います。
ありがとうございます」
CY「とりあえず、←日本語
爆笑で聞こえず?
うれしいです」 ←日本語
これからもプロモーションがたくさん残っているので、
楽しい思い出をたくさん作りたいと思います」
HJ「ここに座ってて美味しいものも食べて、友達の家に遊びに来た感じですね。」
CY「ヒョクジンは食べ物しか見てないですね!」
HJ「チキン・・・ 後で僕も食べます。
いい雰囲気でコンサートができて本当にうれしいです。
大阪が楽しみです。もっと楽しくやってみます。ありがとうございます」
RH「とりあえず、
今日、音楽番組に出ていて、久しぶりにみなさんと会えたんですけど、
なんかみなさんと会話をしているようなコンサートになったと思って、
意味深いコンサートだったと思います。

イベントがある時は必ず一緒に過ごしましょう」
HJ「クリスマスも!ありがとうみなさん!」

MN「次の曲はアルバムの収録曲어느 날(ある日)と「퇴근길(Missing you)」


17、어느 날(ONE DAY/ある日)

18、퇴근길(Missing you)


退場・アンコール

19、해몽(夢占い)

↑↓ ハイタッチをしながら会場をまわるメンバー
ミヌさんはわざわざ5階まで上がって来て、2往復してくれました。感動‼

20、Only U

MN「ありがとうございました!100%でした!」


※トークはだいたいの概要です。雰囲気でお願いいたします。
※転載・SNSへの持ち出し禁止でお願いいたします<(_)>

[edit]

category: 170314-17 WHITE LOVE

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ 
tb: --   cm: --

170314 ビルボード東京 昼セットリスト   

<東京>2017年3月14日(火) Billboard Live Tokyo
昼公演:開演15:00(開場14:00)
夜公演:開演19:00(開場18:00)


一部 セットリスト

1、너와 나 (YOU&ME / ノワナ)


挨拶
JH「飲みたい・・」
CY「久しぶりに日本に来たじゃないですか。
その間なにをしていたか、メンバー同士で話し合いましょう。」
MN「活動がすごい忙しかったですよね。みなさんどうでしたか?
今回バラード曲で活動しましたので、体がすごく楽でした。
各自なにをしていたか話し合いましょうか。」
CY「ゲームをしました。」
RH「一緒にしました。」
CY「ロッキョンさんとジョンファンさんとスケジュール終わりにゲームをしました。」
RH「でもあきらめました。」
MN「すごいと思いました。その情熱があればなんでもできると思いますよ?」
HJ「お姉さんが近くに住んでいるので、会いに行ってきました。
ステージで踊るのはすごい久しぶりなので不思議です。」
MN「いい加減なやつなのに!
体が踊りたくてしょうがなかったです。」
CY「SketchUの韓国活動中にすごい踊りたいと思って、
他のグループの順番に踊っていました。」
TWICE

MN「放送局の楽屋の中に大きいモニターがあるんですね。
他のグループがステージをやってるのを僕たちは見れるんです。
ロッキョンが1番一生懸命見ていましたよ!
目が離せないみたいに!練習もしていましたよ!」

MN「今回の活動の中で大きいミスをしたことがあります。
同じステージの上でミスをしました。
僕は1節と2節の歌詞をまぜてしまって、ロッキョンさんは未知の音を出しました。
韓国活動、楽しかったよね。」

MN「今日ホワイトデーですね、みなさん。
みなさんラッキーな女性ですよね。僕たちとデートしているようですよね。」

JH「こういうステージはとても不思議ですよね。」
CY「座ってご飯食べてて・・・」
JH「美味しそうだね!」
MN「今日ホワイトデーでデートしたいと思って、
ホワイトラブというスペシャルコンサートを準備しました。
照明がピンクだから、みなさんをみても桜のように見える。」
CY「甘いステージも用意していますので・・」
HJ「ホワイトデーに100%がくる~~!!」
MN「今日本当に楽しいステージがたくさん用意されていますので、座って踊ってくださいね。
座って踊る方法を教えてあげます。体がたくさん動くとあまりカッコよくないんですよ。
手をたくさん動かしてください。分かりましたか?楽しむ時に手を振ってください!」


2、지독하게 (Better Day)

3、심장이 뛴다(BEAT)

4、SNOW


CY「今聞いていただいた曲は、
지독하게と심장이 뛴다(BEAT)、SNOWです。
みなさん、久しぶりにSNOWを聞いたんですよね?
SNOWはいつ聴いても涙が出そうになりますよね。
この曲を聞きながら涙をふきました。どうでしたか?」
JH「2月の10ASIAのコンサートのことを思い出しました。」
HJ「いつ歌ってもいい曲だと思います。」

MN「うれしいんですけど、お客さんが近すぎて・・・・・(笑)」
RH「심장이 뛴다(BEAT)を歌う時に笑い出しそうになって、すごいアイコンタクトをして」

RH「次の曲も集中して歌わないといけない。」
MN「悲しい曲を思い出しましょう、みなさん。何が1番悲しかったの?
昨日ご飯食べなかった時?甘い記憶でもいいよ?」
MN「次の曲はSweet Memories・・(笑)」
JH「悲しい曲」


5、Sweet Memories

6、WHY

7、예뻐서 그래(Cause You're Beautiful)

一度退場
映像メッセージ

8、ヒョクジンソロ ONE OK ROCK「Wherever you are」カバー
原曲 https://www.youtube.com/watch?v=V2Y-kLtNWUY

9、ロッキョンソロ back number - 「ハッピーエンド」カバー
原曲 https://www.youtube.com/watch?v=hzWDXge2ANM

10、全員 EXILE「Lovers Again」カバー
原曲 https://www.youtube.com/watch?v=XkhhAv5y5wk


MN「どうでしたか?ヒョクジンさん」
HJ「歌えてとても気持ちが良くて・・」
MN「なにかミスしてないですか?」
RH「うまかったよ!」
MN「ロッキョンはどうでしたか?」
RH「こういう歌は初めて歌ってみました。
息ができないくらいにずっと歌うジャンルは初めてです。
曲がすごい良かったんです。練習してきたんですけど、どうでしたか、みなさん。」
拍手
HJ「僕は前のリリースイベントで僕はファンのみなさんと約束していたんですよ。」
CY「元々いろんな候補曲があって、
この曲を聞いた瞬間にこれにしますと言ったんです。」
HJ「イントロ10秒くらいでこの曲にしますって言ったんです。」
CY「はまっちゃってこの曲にしました。」

RH「今までバラード曲をずっと歌い続けてきたので
雰囲気を変えていきたいと思います。」
MN「今みなさん眠たいようなので。ちょっと疲れてるようなので。」
MN「ちがうちがう!みんな酔ってる?」
JH「大阪!!」 ←(※ここは東京)

MN「照明のピンクピンクのような雰囲気ですけど。
みなさんすごいお酒飲んでそうですよね?すごい踊ってましたよね?見ましたよ!」
JH「わーすごいすごい」 ←日本語
MN「みんな酔ってるんじゃないですか?」
JH「ちょっとよっぱらそ?よっぱらそ?ちょっとよっぱらそ? 
僕もお酒ください!!」 ←日本語
CY HJ「だめだよ!?仕事中だよ!?」 ←日本語
HJ「楽しくやります!」
MN「みなさん、前回練習していただいた、かけ声を聞きたいと思います。
覚えてないの?How to cry?
ビルボードライブ会場で、1番大きい声を声援を」
HJ「くる~~」


11、How to cry

12、エターナル

MN「雰囲気がすごいいいですね。
JH「大丈夫ですか。」
MN「酔っぱらってるんですか?」
これいくつ?これはなんこ? 見えないんですか?」
JH僕たちは誰ですか?」 ←日本語
MN「ここはどこですか?分かりますか?」
JH「ここはビルボードライブです!」 ←日本語

CY「僕たちはまだ酔ってないけど僕たち。
パーフェクションだけちょっと酔ってるね。
仕事中なので飲みません~」
MN「みなさん飲んでるのはアルコールですか?アルコール?
分かりますよ、アルコールを飲んでる人は。顔をみれば顔が赤いです(笑)」
雰囲気がいいですね、とても。」

ピアノ

MN「スペシャルなステージを用意しました。
今日はホワイトデーだから、みなさんと僕たちとラブソングです。
飲みながら聴いてください!」


13、니가 예쁘다(U beauty)アコースティックVer

一時退場 スクリーン映像

14、어디 있니(どこにいるの)

CY「今回のミニアルバムのタイトルはスケッチブックです。
スケッチブックは愛する彼女のことをわわわ忘れないため、
常に愛しく思いながらスケッチブックに描くという意味です。」 ←日本語

拍手

JH「そして、聴いていただいた歌はsketchUです。
SketchUは、僕たちのトレードマークの爽快なハイトーンで、
せつなく別れた恋人に呼びかけるような悲しい歌です。」 ←日本語

拍手

MN「どうでしたか?
僕たち、バラード曲でカムバックして活動したのは初めてでしたよね。」
僕たちに似合わないかと思って、最初は心配しました。」
HJ「僕たちに似合う曲はないでしょ?」
MN「そうだね」

JH「僕は(かけ声の)ヨギソ!が好きです!」 ←日本語
MN「みなさんがこんな大きな声でかけ声をしてくださると思わなくて!」
RH「僕たち日本語を頑張ってコミュニケーションをとらないとですね!」
MN「僕たちの日本のステージは全部日本語でできるように・・」
僕「今日はMCをやりたかったですよ。
MN「二部はヒョクジンがやって!ホントにホントに!」
HJ「できるように、もっともっと勉強します!」
MN「次の曲は僕たちも、皆さんもすごい好きな曲。なんでしょうね?너라서 !」


15、너라서 (君だから・ノラソ)

16、어제의 나를 만나다(昨日の私に会う)



HJ「収録曲なんですけど、어제의 나를 만나다(昨日の私に会う)という曲です。」
JH「ごめんね~♪ごめんなさい~♪」 ←日本語
MN「みなさん、あと2曲しか残ってないです。」
MN「寝ちゃだめですよ?」

MN「今日ホワイトデーに、
僕たちと一緒にカッコいいステージを作ってくださってどうもありがとうございます。」

JH「この甘いホワイトデーにパーフェクションのみなさんと愛を分かち合ったと思います。
来年のホワイトデーも一緒に過ごしましょう!」
MN「来年のホワイトデーはちょっと違うように。
パーフェクションがどこで過ごすか分かりませんが」

HJ「次のコンサートでも歌、パフォーマンス、全部、
みなさんにカッコいいステージをお見せできるようにたくさん練習します。
そのために、もっともっと勉強して、たくさんお見せします。」

MN「最近、覚えている未熟な単語ですが、
日本語をちょっとずつまぜてトークすることも可能ですが、流れがスムーズではないので・・。
今日のステージはあまり日本語で話してるわけではないですけど、
次回のステージは日本語で話すようにします。」

CY「僕はこの新しい会場で楽しい時間を過ごせてとても良かったと思います。
ロマンティックなとこが多いですよね。
ロマンティックな時間をみなさんと過ごしたいと思います。」
2部も必ず戻ってきます!!」

RH「最後に順番がまわってくる時がとってもつらいです。
みなさんともっと近くなったような気がして。
前の会場で歌う時は、みなさん立ってらっしゃるから、足が痛いって言ってるから。。
今日は、体はテーブルに向って横で、首だけ前を見ていてみなさん首が・・・(笑)」
MN「首の運動になりますね(笑)」

MN「ニコファーレでは、楽屋からモニターで客席を見れるんです。
みなさんがお帰りになる様子が見えるんです!

~ファンが腰をおさえて帰る様子を再現~
MN「みなさんお帰りの時とてもおもしろかったです。」

RH「こういう会場での公演をたくさんやりたいです。
近くでしたいです。全てがよく見えますよ。」
MN「1人1人の顔が全部よく見えていいですよね。」
NH「明日から日本のプロモーションがはじまりますよね。たくさん来てください」

MN「次の曲はアルバムの収録曲어느 날(ある日)と、
今日の公演の雰囲気に似合う나 같은 놈(Guy like me)です。


17、어느 날(ONE DAY/ある日)

18、나 같은 놈(Guy like me)


退場・アンコール

19、해몽(夢占い)

20、Only U

MN「100%でした!最高!」


※トークはだいたいの概要です。雰囲気でお願いいたします。
※転載・SNSへの持ち出し禁止でお願いいたします<(_)>

[edit]

category: 170314-17 WHITE LOVE

tag: 백퍼센트  ペクポ  100% 
tb: --   cm: --

ビルボードライブ「WHITE LOVE」ライブ記念カクテル  

ビルボードライブ「WHITE LOVE(ノンアルコール)」記念カクテル

755314.jpg

「イベントタイトルにちなんだ、本日限定のカクテル「WHITE LOVE」をご用意。
ヨーグルトをベースに、ピーチとアーモンドのフレーバーが加わった、
微炭酸のノンアルコールカクテル。
ミルキーな口当たりとピーチの果実味がほんのりと香ります。
1,200円(税込)
75544.jpg

※数量限定。ドリンクカウンターでのみ販売となります。

★フード・アルコール、ノンアルコールともに別料金
ドリンクメニュー
ビルボードライブ東京
ビルボードライブ大阪

3階まではテーブルにオーダーを聞きに来てくれますが、4階後方からは各自カウンターでの注文となります。
ドレスコードなし。かけ声可能。

[edit]

category: 170314-17 WHITE LOVE

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ 
tb: --   cm: --

[♥]100% PREMIUM LIVE決定‼会場について  

2017年3月・100% PREMIUM LIVE 開催決定‼

チケットの申し込み・詳細はこちらから!
【販売価格】¥8,800-(税込み)
※未就学児童入場不可(ご入場されるお客様すべてにチケット必要)
※ドリンクフード別
※お1人様各公演4枚までご購入可能
※座席は選択出来ません。ランダム抽選となります。
※ボックス席、テーブル席等で、相席になることもございます。ご了承下さい。

<注意事項>
客席はサービスエリアと、カジュアルエリアに分かれております。
カジュアルエリアはセルフサービスとなり、お食事は軽食のみとなります。
チケットお申し込み時に、サービスエリア・カジュアルエリアの指定が出来ませんので、予めご了承ください。


<東京>2017年3月14日(火) キャパ300人
Billboard Live Tokyo(※リンク先は公式サイト)
140804_1829-01.jpg

座席表ページ
0000.jpg

(東京都港区赤坂9丁目7番4号 東京ミッドタウン ガーデンテラス4F)
昼公演:開演15:00(開場14:00)
夜公演:開演19:00(開場18:00)
※開場/ 開演時間は変更になる場合がございます。

★アクセス方法 リンク

tokyo_accessmap_1.gif
★「東京ミッドタウン」ガーデンテラス4Fにあります。
・都営大江戸線 「六本木駅」8番出口より直結
・東京メトロ日比谷線 「六本木駅」より地下通路にて直結
 ※ 途中、段差があるため車椅子・ベビーカーにてお越しの場合、 4a出口より地上に出てお越しください。
・東京メトロ千代田線 「乃木坂駅」3番出口より徒歩約3分
・東京メトロ南北線 「六本木一丁目駅」1番出口より徒歩約10分


<大阪>2017年3月17日(金)  キャパ320人
Billboard Live Osaka(※リンク先は公式サイト)
f5.jpg

座席表ページ
osaka_floormap.gif

(大阪市北区梅田2丁目2番22号 ハービスPLAZA ENT B2)
昼公演:開演15:00(開場14:00)
夜公演:開演19:00(開場18:00)
※開場/ 開演時間は変更になる場合がございます。

★アクセス方法 リンク
osaka_accessmap.gif
ハービスPLAZA ENTのB2Fにあります。

●阪神「梅田駅」西改札より徒歩すぐ
●阪急「梅田駅」より 徒歩約12分
●JR「大阪駅」桜橋口より 徒歩約2分
●JR東西線「北新地駅」西改札より 徒歩約4分
●地下鉄四つ橋線「西梅田駅」北改札より 徒歩すぐ
●地下鉄御堂筋線「梅田駅」南改札より 徒歩約5分
●地下鉄谷町線「東梅田駅」北改札より 徒歩約6分
※各ターミナルとも地下で連絡


[edit]

category: 170314-17 WHITE LOVE

tag: 백퍼센트  100%  ペクポ  ロッキョン  ヒョクジン  チャンヨン  ジョンファン  ミヌ 
tb: --   cm: --

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

カレンダー

News!!

翻訳(Translation)번역

YouTube

100%の韓国デビューから

Birthday

100%掲載雑誌

ライブデコレーション📦

Korea

100%CD・グッズ

QRコード

全記事表示リンク